SVW:SportsVolunteerWriter's blog “アベログ” 写真で綴る秋田ノーザンハピネッツ回顧録

Playoff1stRound-2/2 (秋田84-80青森)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームゲーム最後の采配を勝利で飾った指揮官は、

その72歳の肺活量を精一杯使いながら、何度も言った。

  「今日の勝利は、あなたがたのおかげです。」

  「秋田のブースターは世界一だ。」


観客動員3,622・・!
sv-writers-480296.jpg

この日、各地で開催されたプレーオフファーストラウンド4試合のうち、
ただ1試合だけ、決定戦(第3試合)を経ずにセミファイナル進出を決めた。
sv-writers-480297.jpg

それが示すかのように、特段、あとあと語り草になるようなシーンは無かったように思います。
sv-writers-480298.jpg
いい試合でしたが・・、あくまで私見です。

個々で数字の多寡や波はあれども、やはり全員で戦った2試合だったのではないでしょうか。
sv-writers-480299.jpg

前日、最高の外国選手陣とコメントされた彼らが今日の主役で,
日本人選手の数字はいまひとつな日でしたが、
sv-writers-480300.jpg
その逆の日もあるでしょうし、つまり様々なスタイルで勝てるチームになっているということでしょう。

しいてあげれば、接戦の場面で青森のクライバー選手がスリーショットを得て3本とも外したシーン。
sv-writers-480301.jpg
これをして冒頭のカズさん(中村HC)の言葉のとおり「ブースターのチカラ」になっていたと思います。

その直後の秋田のフリースローは堅実になっていったのが対照的でした。
sv-writers-480302.jpg
(試合終了後、青森側にエールを贈るシーン。)

試合開始直前、円陣の中心は菅澤選手。
sv-writers-480303.jpg

この日はまさに外国人選手デーでした。

ダブルダブルのボイキン選手。
sv-writers-480304.jpg
17得点、11リバウンド。 リバウンド王ですからね。

スコアリーダー28得点、ロビー選手。
sv-writers-480305.jpg
青森・棟方HCいわく、あのフィニッシュの強さが青森の選手にも欲しい。
カズさん(中村HC)いわくは羽根が生えているよう。

見ていた自分もなんて優雅なステップだろう、と思っていました。

ロビー選手、そしてマクファーランド選手もファウルアウトでの退場でホームでの仕事を終えましたが、

青森も退場2名。競っていたからこそのファウルアウトでした。

出場してファウル(すら)もしてこない「  」(中村HC)という言葉があるようです。

「  」の中にはNGワードが入るのですが、フィルタに引っかかってブログが自動でアップできなくなるので伏せます・・。

13-15-41、見慣れたこの頼もしい背番号のユニフォームたち、見納めかも。
sv-writers-480306.jpg
次の試合からは白地にピンクです。

きっと、22番と同じくらい忘れないと思う。
sv-writers-480307.jpg

そしてショーン(スティーブンス選手)。
sv-writers-480308.jpg

君がいてよかった。
sv-writers-480309.jpg

いっぽう、日本人選手。

前日MVPの富樫選手はフリースローのみの5得点に終わりました。
sv-writers-480310.jpg
フリースローを外して怒られるところ。(ここもNGワード)

そのあとのことは覚えていない。(富樫選手)
sv-writers-480311.jpg
特にシュートタッチが悪いわけではなかった。(富樫選手)
シュートが決まらないまま、その上で40分フル出場。
忘れられない悔しい経験になるのでしょうか。

田口はひどい(無得点)。レイアップを外すのだから信じられない。(中村HC)

なので深刻に捉えていると思いきや、「こんな日もある。」(中村HC)と。

ただ日本人選手はいい経験をした。前向きに捉えられるのがこのメンバーのいいところだ。(中村HC)

MVPはロビー選手。
sv-writers-480312.jpg

と、外国人選手の生活面のヘルプも担当していた山沢アシスタントマネージャーの活躍を称えました。
sv-writers-480314.jpg
ロビー選手の活躍の何割かは彼のものだ(中村HC)と。笑う選手たち。

続いて伊藤アシスタントコーチも。
sv-writers-480315.jpg
初めて会ったときは少年のようでしたが最近はカンロクが出てきましたね。

優勝を目指して青森のHCを請け負ったが成長が間に合わなかった。
sv-writers-480316.jpg
初年度から秋田さんと競ることができていい経験になったと思う。
(以上、棟方HC)

ホームで最後の采配、と問われて、
sv-writers-480317.jpg
「何の感慨もない、おもしろいほど。そうゆう仕事だから。」(中村HC)

「1万人の観客が入った有明はもっと素晴らしい。」とも。

青森は強かったがそれに勝った秋田はそれ以上だと思うしこの勢いで岩手戦に臨みたい。
sv-writers-480318.jpg
インサイドの仕事ができてきたことがアウトサイドの復調に繋がった。
(ボイキン選手)

レギュラーシーズンからプレーオフのつもりでやってきた。
sv-writers-480319.jpg
そのおかげで今こうしている。(ロビー選手)

ビッキーは、おつかれさま。
sv-writers-480320.jpg
今季もありがとう。

チアさんも。盛岡では観戦できるのでしょうか。
sv-writers-480321.jpg

さあセミファイナル、アウェイ岩手です。

留守番をよろしく。またねー。
sv-writers-480322.jpg


ちなみに。2年前のファーストラウンド(対仙台/秋田市立体育館)
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/bbakita/article/489


去年。
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/bbakita/article/573
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/bbakita/article/574


それから、過去のブログの元秋田の青森の選手の写真を探してみました。
お時間がありましたら。

[澤口選手]
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/bbakita/article/317
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/bbakita/article/396

[北向選手]
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/bbakita/article/366

[ケント選手]
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/bbakita/article/526
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/bbakita/article/525

[山口選手]
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/bbakita/article/512
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/bbakita/article/558

[オシッティ選手]
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/bbakita/article/449


岩手も青森も強くなって、ライバル仙台に加え福島も参戦。
東北がホットコーナーになってきました。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ポストシーズン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第2回 スキルアップ公開テスト実施!参加者募集!【bjリーグアカデミー ~楽しく上達するバスケット~】

激突!プレイオフ!【「ビバ!だらだら」 湖国スポーツ】

「第5回50mダッシュ王選手権in奈良」にバンビーナスが出演【大志を抱け! バンビシャス奈良】

ブロガープロフィール

profile-iconsv-writers

bjリーグの終わりとともにこのブログの更新も終えました。結局、尻切れトンボになってしまい反省しています。

過去記事は当分の間は公開のままですがそのうち消えることがあるかもしれません。

以下は当時の記述のままです。これまでご支援・ご理解を賜り関係各位へ感謝申し上げます。


 男子プロバスケットボールTKbjリーグ 秋田ノーザンハピネッツの公認スポーツボランティア(SV)団体「秋田SV-ハピネッツ」のブログ(SVブログ)からスピンオフして、2013-14シーズンからスタートしたブログ。

 これからはSVブログの内容はスポーツボランティア関連に特化しながら継続し、いっぽう試合(主にホーム)とチームについての記述はこちらに移りました。

 オフィシャルカメラではありませんが、これまでどおり球団公式とも、報道機関とも、ファンブログとも違う目線でシーズンを記録しながら表現し、伝え、記録していきたいと思います。

 プレスエリアにカメラで入ることは、元々は2010年に、特定非営利活動法人トップスポーツコンソーシアム秋田(スポコン)のボランティアライターの企画から始まったものでしたが、そうしながら5季目にも入ったので、従来とは違った新機軸も採り入れていけたら、と思っています。

 「SVW(SVライター)」もSV(スポーツボランティア)の活動のひとつとして、また平時は秋田SV-ハピネッツの事務局も務めつつ、これからも、ともに非日常空間へ。
  • 昨日のページビュー:4
  • 累計のページビュー:541323

(11月14日現在)

関連サイト:秋田SV-ハピネッツ ブログ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. The NEW HORIZONs(統一新リーグ=NPBL1部参入決定記者会見)
  2. 血脈(長谷川誠メモリアルゲーム)オールスター秋田開催(1)
  3. TKbj-league ALLSTAR 2015-2016 SENDAI(※秋田目線)
  4. 3/6 東地区セミファイナル 2nd/2(4/6 決定戦 3rd/3)
  5. Big and charming and, and so on.(谷口大智選手入団会見)
  6. プレシーズンゲーム大仙市大曲(秋田80-90千葉)
  7. 白ハピ vs 黒ハピ(公開練習/潟上市天王)
  8. パパのダンク(秋田86-76群馬)
  9. ファイナルシーズン開幕 (秋田77-56埼玉)(秋田91-70埼玉)
  10. He's back.(秋田79-63富山)(秋田82-89富山)

月別アーカイブ

2016
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2014
11
10
09
07
05
04
03
02
01
2013
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss