SVW:SportsVolunteerWriter's blog “アベログ” 写真で綴る秋田ノーザンハピネッツ回顧録

血脈(長谷川誠メモリアルゲーム)オールスター秋田開催(1)

このエントリーをはてなブックマークに追加

職人の手仕事、技術をあらわすような指先のカタチ。
sv-writers-460017.jpg

「長谷川誠メモリアルゲーム」の様子です。
sv-writers-460018.jpg
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/bjstaff/article/583

オールスターゲーム前日(25日)に開催されたアリーナエンターテインメントの一環。
sv-writers-460019.jpg

「一夜限りの『夢のアリーナ』へ」の序章。
sv-writers-460020.jpg

長谷川FRIENDS対母校能代工高。
sv-writers-460021.jpg

能工バスケ部の強化試合の側面もあるとのこと。
sv-writers-460022.jpg

暮れの選抜で緒戦敗退し、先日は46年ぶりに県内の高校に敗戦した伝統校。
sv-writers-460023.jpg
その立て直しになんとか繋がってほしいものです。

会場の横断幕
sv-writers-460024.jpg

サッカーでいうところのカズ(三浦知良)のような存在だとのコメントがセレモニーで聞かれました。
sv-writers-460025.jpg
いわゆる「レジェンド」。

吉元、現球団スタッフのダンマクもあります。
sv-writers-460026.jpg
(チアさんが素敵だったのでつい真ん中に・・)

水を得た魚のようにイキイキして見えました。
sv-writers-460027.jpg

加藤(元)選手も、もったいねーなー。と、まだ思わせられる。
sv-writers-460028.jpg

おエライさんがたも終始笑顔。
sv-writers-460029.jpg

河内コミッショナーに至っては何度も爆笑(?)していました。
sv-writers-460031.jpg
ホントに楽しそう。

夢のアリーナですからね。
sv-writers-460032.jpg

いっぽう能代工業には佐藤監督の檄がとびます。
sv-writers-460034.jpg

当然というかスピードとスタミナではこちらが優勢。
sv-writers-460036.jpg

技術とパワーの長谷川FRIENDSと好ゲームを展開し会場を沸かせます。
sv-writers-460038.jpg

合間にカラダをいたわりながらプレーする秋田ノーザンハピネッツの長谷川TD(テクニカルディレクター)。
sv-writers-460039.jpg

今後は指導者として、
sv-writers-460040.jpg

だけではなく。
sv-writers-460041.jpg
オピニオンリーダーとしても、

バスケットボール界の将来を担う存在になります。
sv-writers-460042.jpg

FRIENDSとともに。
sv-writers-460043.jpg

こちら大場GM。
sv-writers-460044.jpg

キツそう。でも、楽しそう。
sv-writers-460045.jpg

大場GMの横断幕も。
sv-writers-460046.jpg

左から秋田市章、秋田県旗、日本国旗、リーグのロゴマーク、そしてハピネッツのチームロゴ。
sv-writers-460047.jpg

見守る河内コミッショナー。
sv-writers-460048.jpg

表現が適当かどうかわかりませんが、草野球のベンチみたいなフンイキ。
sv-writers-460049.jpg
観客席からもあたたかいヤジがとんでいました。

コートへの未練が無くなることはないでしょうが、
sv-writers-460050.jpg

時間は過ぎて試合終了。
sv-writers-460051.jpg
市立体育館の天井から吊るされた仮設センタービジョン。

と、電光式スポンサーパネルが今回のアリーナのアイコンになっています。
sv-writers-460052.jpg

双方立派。
sv-writers-460053.jpg

伝説を語る、語る、秋田いすゞのみならず全日本を率いた小浜氏。
sv-writers-460055.jpg

正面には加藤元能代工高監督。
sv-writers-460056.jpg

人によってはオールスター本番より、こっちの面子がスゴく感じるかも。

あらためてセレモニー。
sv-writers-460057.jpg

指導者の道への決意を語る。
sv-writers-460058.jpg

見守る後輩たち。
sv-writers-460059.jpg

そして会場を一周。
sv-writers-460061.jpg
オールスター前日のメモリアルデーはこうして終わった、

かと思いきや。

同姓でキャプテンナンバー4を背負う長谷川くんの会見終了後、
sv-writers-460062.jpg

小浜氏の話を聴いて勉強しろとばかりに取材陣の後ろを包囲。
sv-writers-460063.jpg

それに応える小浜元孝・元ヘッドコーチ。
sv-writers-460064.jpg
この辺でもう自分的にはスゲー・・とか思ってたのに、

小浜氏の会見終了後、円座になって講話。
sv-writers-460065.jpg

真剣に聴き入るバスケ部員。
sv-writers-460067.jpg

長谷川TDの会見が始まって、
sv-writers-460068.jpg

全日本の監督の話を聴く最多優勝能代工バスケ部の反対側では
sv-writers-460069.jpg
代表も務めプロバスケを引っ張ってきた選手の記者会見、という

それは濃ゆい空間。

大きなハコ(会場)が無くても秋田にはこの伝統がある。
sv-writers-460070.jpg

少なくとも自分にとってはこのときすでに「夢のアリーナ」にドップリなのでした。

それでもさらに、オールスター本番も盛り上がるのですから、
(語彙が貧困ですが)スゲースゲー週末になっていくのですが、

まずはここまで。このあとのレセプションからオールスター当日の様子に続きます。






1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オールスター
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

オールスター ゲーム WEST選手コメント【 bjリーグ最新情報ブログ】

オールスター ゲーム EAST選手コメント【 bjリーグ最新情報ブログ】

bj league 2013-2014 season ALL STAR GAME in AKITA【大志を抱け! バンビシャス奈良】

ブロガープロフィール

profile-iconsv-writers

bjリーグの終わりとともにこのブログの更新も終えました。結局、尻切れトンボになってしまい反省しています。

過去記事は当分の間は公開のままですがそのうち消えることがあるかもしれません。

以下は当時の記述のままです。これまでご支援・ご理解を賜り関係各位へ感謝申し上げます。


 男子プロバスケットボールTKbjリーグ 秋田ノーザンハピネッツの公認スポーツボランティア(SV)団体「秋田SV-ハピネッツ」のブログ(SVブログ)からスピンオフして、2013-14シーズンからスタートしたブログ。

 これからはSVブログの内容はスポーツボランティア関連に特化しながら継続し、いっぽう試合(主にホーム)とチームについての記述はこちらに移りました。

 オフィシャルカメラではありませんが、これまでどおり球団公式とも、報道機関とも、ファンブログとも違う目線でシーズンを記録しながら表現し、伝え、記録していきたいと思います。

 プレスエリアにカメラで入ることは、元々は2010年に、特定非営利活動法人トップスポーツコンソーシアム秋田(スポコン)のボランティアライターの企画から始まったものでしたが、そうしながら5季目にも入ったので、従来とは違った新機軸も採り入れていけたら、と思っています。

 「SVW(SVライター)」もSV(スポーツボランティア)の活動のひとつとして、また平時は秋田SV-ハピネッツの事務局も務めつつ、これからも、ともに非日常空間へ。
  • 昨日のページビュー:19
  • 累計のページビュー:541307

(11月09日現在)

関連サイト:秋田SV-ハピネッツ ブログ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. The NEW HORIZONs(統一新リーグ=NPBL1部参入決定記者会見)
  2. 血脈(長谷川誠メモリアルゲーム)オールスター秋田開催(1)
  3. TKbj-league ALLSTAR 2015-2016 SENDAI(※秋田目線)
  4. 3/6 東地区セミファイナル 2nd/2(4/6 決定戦 3rd/3)
  5. Big and charming and, and so on.(谷口大智選手入団会見)
  6. プレシーズンゲーム大仙市大曲(秋田80-90千葉)
  7. 白ハピ vs 黒ハピ(公開練習/潟上市天王)
  8. パパのダンク(秋田86-76群馬)
  9. ファイナルシーズン開幕 (秋田77-56埼玉)(秋田91-70埼玉)
  10. He's back.(秋田79-63富山)(秋田82-89富山)

月別アーカイブ

2016
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2014
11
10
09
07
05
04
03
02
01
2013
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss