スポーツ隅々

モンゴル相撲で意地をぶつけあった両横綱、さて来場所は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

時間経ちましたが、この視点の意見を余り見ないので書きます。
立会いから、朝青龍の左の巻変えを白鵬が防いで、青を左上手取れず、白は右上手がっちりで、勝負あった! と思いました。白が勝ちにいくなら、左からの出し投げやら、右を浅くして、青に絶対上手を与えないのが、多分常道。

ところが、白は正面から寄りにいって、腰を青に近づけて、上手をわざわざ与えてします。そう、ここで、両者まわしを取って始まる「モンゴル相撲」の型になった訳です。

ここから、両者、渾身の力を込めての引き付け/つりの力勝負。でもその前に、「がっぷり四つ」は、普通は、体格的に白が優位なはず。であれば、青は、スピード活かして、白の上手を切りにいくか、なんとか崩すか、頭を付ける体勢にするのが、多分常道。が、青は、真っ向力勝負を選択しました。「まだまだ、力を俺が上なのを見せてくれるわ!」だったのでしょう。

で結果は、青が、白を吊り上げ、「おお!!」となりましたが、吊りきれず、力が抜けた処を、白に、豪快に裏返されました。屈辱的な負け方。

この辺の両者の意地のぶつけ合いが、青の支度部屋での口惜しさや、白の満足そうな笑顔だったんでしょう。

さて、来場所。青が「大相撲の勝ち」にいくなら、組まずに離れてとって、動きの速さで勝負するはず。が、しかし、私の予想は、「青は、もう1回、がっぷり四つのモンゴル相撲で、力勝負に挑む」と見ました。青の気性の激しさは、相当と聞いてますので。さて、どうなる事やら楽しみです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

モンゴル相撲で意地をぶつけあった両横綱、さて来場所は?

千秋楽までの取り組みでも散々指摘されていたように、朝青龍の出足やぶつかりが弱くて自分の型に持ち込めなかったのが敗因でしょうね。本来であれば朝青龍は先手を取っての速い相撲で決めたかったんだろうと思います。朝青龍の悔しさには本来の自分の相撲の型に持ち込めなかったこともあったのではないでしょうか。
次の場所では相手の持ち味を殺す上手い相撲で圧倒するのが朝青龍らしいと思いますけどね。

モンゴル相撲で意地をぶつけあった両横綱、さて来場所は?

組めばなんでもモンゴル相撲かww

モンゴル相撲で意地をぶつけあった両横綱、さて来場所は?

白鵬の親父は超有名なモンゴル相撲の横綱だけど、
白鵬自身は来日するまであんまりモンゴル相撲の経験はなかったんじゃなかったっけ?

モンゴル人のやることを何でもモンゴル相撲に結び付けるのはいかがなものか。

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconsumisumi

偶に更新のはずが、写真ニュース引用にはまり頻繁に。実質1ヵ月半で10万アクセスは、皆様とスポナビに感謝です。
テーマは、フィールド内だけでないスポーツの色々。
ベストエントリは「石原知事、五輪よりアメリカズ・カップお願いします」  http://www.plus-blog.sportsnavi.com/sumisumi/article/33
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:141097

(09月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. フェデラーvsナダルの芝・クレー半面マッチって、左右じゃないんだ
  2. 東京北砂、堂々の世界2位リトルリーグ
  3. 仰ぎ見る棒高跳び 迫力の写真@東京ストリート陸上
  4. 第二回WBCアジア地区リーグ日程は3/5からに決まってた
  5. 石原知事、五輪よりアメリカズ・カップお願いします
  6. 野村監督「弱者の戦術」はさすがでしたが・・・
  7. ユベントス 勝点△9のペナルティに関わらず、セリエB首位独走
  8. ベッカム様、またまた、髪型チェンジです
  9. あのオッティ選手、47才でスロベニアから世陸出場
  10. 正統サッカーファンの皆様スミマセン でもベッカムの髪がMarca一面で

月別アーカイブ

2008
08
04
02
2007
08
07
06
05
04
03
2006
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss