スポーツ徒然論

監督が水を差した熱戦(第88回選抜高校野球大会・決勝)

このエントリーをはてなブックマークに追加


正確には監督が、水を差すタイミングを逸した。打てる手を逸した。躊躇った。

延長十一回。智弁学園の攻撃。 先頭バッターのライトポール際への大飛球を、高松商の右翼手は紙一重のファインプレーで掬った。 これは素晴らしいプレーだったが、このことで沸き立った球場は攻め手に味方する。


伏線はすでに八回裏にあった。 高松商は同点に追いついた裏の守備。一死から。 一塁手のグラブを弾いた強烈なゴロの打球はセンター方向へ転がり、やや虚を突かれたかに見えた中堅手はしかし懸命の前進、ボールを素手で掴み倒れこみながらそのまま二塁へ送球。タッチアウト。

これはまあ、一目にはファインプレーだった。 目の肥えた観戦玄人によれば、そもそも一塁手がボールの正面に入りきらなかったことが原因だとか、中堅手がわずかに油断したために起こったプレーであり、こんなものはファインプレーのうちには入らない、というのももっともな言ではある。 がしかし、少なくとも華のあるプレーではあった。 このことにより球場は盛り上がった。場が沸騰した。

守備の好プレーは必ずしも味方を勇気づけない。 守備のファインプレーが味方を勇気づけるのは、ビハインドの場面。脳裏にちらつく敗退のイメージを、勇気あるプレーが払拭し、萎縮を取り払う。 ところが、僅差のリード、または同点で特に失点したくない状況(例えば直前の攻撃で同点に追いついたような場合)では、ファインプレーが3つ目のアウトでない限りは、守る側の足元をおぼつかなくする。

一つには、沸き立った雰囲気が、確率の低いことこそが今起こるのではないかと予感させることによる。野球はピッチャーが抑えるよりもバッターが打つことの方が確率の低いゲームである。 これはその場のほぼ全員に波及し、バッターは思い切りが良くなり、ピッチャーは萎縮する。守る野手はさらに確率の低いプレーエラーの発生さえ頭に浮かび、足が浮き立つ。(これがもしビハインドの場面であれば、確率の高いのはリードした側がそのまま逃げ切ることであり、確率の低い側として逆転が、沸き上がる雰囲気によって予感される) もし仮にこの雰囲気に呑まれない独立独歩の選手が居たとしたら、それはスペシャルな選手である。その素質だけでもプロで食っていけるだろう。

もう一つには、これは投手の性格にもよるのだけれど、味方が守備でファインプレーした際に、それに応えたがる律儀な性格であるほどに、「あんな良いプレーをしてくれたのだから、なおのこと絶対に点を取られるわけにはいかない」という思いは強くなりすぎて、稀にはそれによって能力を飛躍する選手も居るものの、凡その選手はかえって腕の振りが鈍くなる。

というところで八回裏、その後。 華のあるプレーの直後にヒット、さらに三塁手を強襲するヒットで二死二・三塁のピンチを招いた。 辛くもこの場面をしのいだ高松商の投手は良い選手であるようだったが、スペシャルや稀な選手ではないようだった。 むしろ律儀さがかえって仇となるような人柄。私にはそのように見えた。

そしてそのことを、2年間、彼を見てきたはずの監督が、知らないはずはないし、知らなくていいはずはない。 すでにこの時にも何もせずに居た監督に、私はいくらか不審を、または不信を感じた。


そして延長十一回裏。 絶対に点を与えるわけにはいかない場面で飛び出した、または飛び出してしまった、ファインプレー。 沸騰する甲子園球場。 もしこれがリーグ戦のうちの一試合だったなら、たとえ負けても明日に繋がるプレーだった。 けれどこの試合には明日がない、決勝戦。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:
野球
高校野球
選抜高校野球大会
センバツ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

高校野球各都道府県代表のレーティング(2016年春含む)【konakalab】

第88回センバツ~総括【北のお部屋】

【選抜高校野球2016 プロが欲しい投手は誰だ?C枠】 ~ドラフト的視点で見る甲子園~【埼玉県に2つ目のプロ野球チームがあったなら】

2016選抜高校野球,第10日【スポーツ えっせい】

高校野球各都道府県代表のレーティング【konakalab】

2016センバツ~準決勝~【どーも、ライオンズファンです】

高松商 56年ぶり制覇へあと1勝!ロイヤルズのよう!神宮覇者も公立で前評判は?不思議な総合力はどこから!?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

第88回選抜・大会第9日の4試合②【高校野球観戦日記】

ブロガープロフィール

profile-iconsukusu

スポーツについて徒然っと。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:341120

(08月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコビッチの倒し方(おまけ・錦織の倒し方)
  2. フェデラーの進化(VS.ジョコビッチ、VS.錦織)
  3. 錦織圭最大のミスは・・・
  4. ガンバ大阪・監督采配についての疑問 -7/16 J1第2ステージ第2節 G大阪2-3名古屋-
  5. 監督が水を差した熱戦(第88回選抜高校野球大会・決勝)
  6. ジャイアントキリングの次の試合はなぜ難しいか
  7. 一大会分の拍手と一試合分のブーイングとを -FIFA女子ワールドカップ カナダ2015決勝-

月別アーカイブ

2016
03
01
2015
11
09
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss