飛鴎乗雲

最も熱い社会人野球。それは都市対抗予選。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今ちょうど都市対抗の予選が各地で繰り広げられています。社会人野球の大きな大会と言ったら都市対抗。ついで日本選手権。その後に各地で行われる地方大会(日本選手権対象)の順と言えるんですけど… じゃあ一番熱い戦いはと尋ねられると、「都市対抗予選」と恐らく多くの方が答えられると思います。

これも一次予選と二次予選に分かれていて、地域によってトーナメント、敗者復活、リーグ戦いろいろな形式で行われています。これは予選の参加チーム数によって選択されたのだと思うのですが…。 そんな中、四国の都市対抗予選を観てきました。

四国地区は、JR四国、四国銀行、松山フェニックス、アークバリア、徳島野球倶楽部の5チームで争われ一次予選はリーグ戦形式。4チームが勝ち抜き二次予選でトーナメント形式で争われ、最終的に1つの全国行きの切符を巡って競われます。

JR四国、四国銀行、アークバリアが企業チーム。松山フェニックス、徳島野球倶楽部がクラブチームとなっており通常だと企業チーム>クラブチームの図式があるのですが、松山フェニックスの母体は、旧NTT四国ですので、組織としてはかなり大きいですしかつては強豪とならしたチームでもあります。クラブチームの日本一を決めるクラブ選手権でも有力チームの一つに数えられることが多いです。

5チームから1チームが選ばれる予選。なおかつ一次予選と言うことは今後のことを考えて試合に臨まなければならず。手の内を隠したりしつつ探り合いの試合になるのかなぁ。と思っていたのですが、第一試合はJR四国が松山フェニックスをコールドでくだし、第二試合はアークバリアが徳島野球倶楽部を本塁打2本の一発攻勢で破りました。 リーグ戦の結果二次予選は、JR四国、四国銀行、松山フェニックス、アークバリアの4チームが進出。6月の二次予選に進むことになりました。

四国地区の特徴と言うか、チーム内の選手が少ないのでコーチやそのほかの人が選手登録してる例が非常に多いんですよね。 四国銀行はコーチもさることながら、マネージャー兼外野手、監督兼捕手と言ったようにいざと言うとき試合に出れるようにしている場合が多いです。 実際に徳島野球倶楽部は先発が宮繁監督で結局最後まで完投されていました。味方の援護に恵まれず3失点で敗戦でしたがベテランらしく味のある投球で相手打線をかわしていましたね。 さて、JABAの地方大会でも観られないチームも出場している都市対抗野球予選。そして熱さは本戦以上のものがありますし全国各地で行われていますからそんな闘いを観に行かれるのも良いんじゃないかと思います。

AWB

AWS

AWS

AWS

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2017年
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

魅力的な選手を育成するには【倉俣監督BLOG】

家庭環境の大切さ【倉俣監督BLOG】

山根“劇場”  立教残る【今日も神宮】

ブロガープロフィール

profile-iconsukezaemon

関西在住のマリーンズファンです。

最初にファンになった選手は高橋慶彦。他のプロ野球選手とは違う、華やかなプレーに魅了されましてカープファンになりました。
その後、水上 善雄の長髪に衝撃を受けオリオンズファンにもなりました。
いわゆる兼任というやつです。

慶彦が広島からトレードで放出されることになり、オリオンズ一本のファンです。
(慶彦がカープに復帰するまではお休みです)

特定の選手は応援していなかったのですが、なぜか四国の選手を知らず知らずに押している自分に気づきました。
生まれも育ちも四国じゃないんですけど。

あと、キャンプを見学してから西野、山本、中後をひそかに応援してます。

サッカーは詳しくないですが、コロンビアのレネ・イギータとカルロス・バルデラマが好きです。そうあのイタリアの暑い夏が。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:4423183

(11月22日現在)

関連サイト:ツイッターアカウント

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2013今年のドラフトを予想してみた(即戦力の内野手編)
  2. 2016 ドラフトを予想する 指名公言??まてこれはフロントの罠だ!!
  3. 各球団の戦力外選手を眺めながら・・・
  4. 2013今年のドラフトを予想してみた(志望届けも本格化)
  5. 2017年 ドラフトを考える(社会人投手編)
  6. 2012年 今年のドラフトを予想してみる その6 今年は隠密ドラフト
  7. 年齢構成から考える今年のドラフト戦略。
  8. 来季の4番を探せ!ポストデスパイネはどこに…
  9. 今年のドラフト1位候補は?
  10. 2012年 今年のドラフトを予想してみる その8 ~プロ志望届けの締め切り!あの選手は?

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
02
01
2014
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss