酔竜の館 スポーツナビ別館 カープの間

広島県福山市在住、カープ大好きな40代後半男ですが、25年前のカープの優勝の記憶が全くありません。ぜひ今年こそ優勝の喜びを味わいたいです。

suiryu08

酔竜と申します。広島県福山市出身の40歳台後半の男です。趣味はゴルフ、車、バイク、バリトンウクレレ。実は子供の頃は巨人ファンだったのですが、高校生か大学生のあたりで巨人ファンなんてやっている場合じゃないと一念発起してカープファンに もっと見る
  • 昨日のページビュー:13480
  • 累計のページビュー:1637034
  • (06月21日現在)

最新の記事

先発6人とリリーフ6人、価値はほぼ同じ

今までの常識では先発とリリーフ、明らかに先発が花形(表現が古い!)でした。実力のある投手が先発の座を争い、リリーフは先発争いに敗れた投手のポジションという感じだったと思います。 しかし先発完投が重要視されなくなり、相対的にリリーフ投手の重要度が上がってきました。阪神のJFKの頃あたりでしょうか、7回8回9回は勝利の方程式でという戦法が当たり前のようになってきました。今では先発投手は100球も投げれ......続きを読む»

素晴らしい成績で交流戦終了、リリーフ投手の状況

雨による中止が1試合もない中、交流戦を12勝6敗という素晴らしい成績で乗り切りました。ソフトバンクと並ぶ最高勝率というのは、表彰こそされませんが優勝だと思っていいでしょう(汗)。 さてそんな中、リリーフ陣にはかなりの負担がかかりました。途中までリリーフ5.5人制だったので当然ではあるのですが、最後の最後に加藤が登録されて交流戦の最後のイニングを150キロ超のストレートで押しまくってくれました。加藤......続きを読む»

今日明日は「先制点のカープ」で

昨日の試合はジョンソンが4回までに5失点で5回を投げ終えて降板、ソフトバンクのバンデンハークの投球もよくて丸に3発打たれた(!)以外はほぼパーフェクト。3-5という得点差以上に先行きが暗い展開でした。ソフトバンクは「6回終了時にリードしていたら29勝0敗」という字幕もたびたび出てさらにどんより。 ということは7回以降を投げる投手がとんでもなくよいということです。調べてみたら7回が森(現在の防御率2......続きを読む»

5番問題とリリーフ問題

現在のカープ打線は1-4番までが固定、8番キャッチャーで567番が流動的となっています。これはこれで相手投手の右左で使い分けるとかいい面はあるのですが、できれば5番をどっしりと起用してもいいです。 というのも現状5番打者(安部、松山、新井あたり)がいまいち不安定で、そうなると4番鈴木誠也へのマークがきつくなります。それでもあれだけ結果を出しているのは素晴らしいのですが、ランナーがいて相手ピッチャー......続きを読む»

薮田のピッチングも救援陣が休めたのも最高

薮田が8イニング115球で無失点、しかも内容が非常によいというか無敵という感じのピッチングでした。この先発の3試合を通して見ても、もうカープの先発で現状ナンバーワンと言ってもいいんじゃないでしょうか。 実は7回裏(まだ0-0の同点)の攻撃で2アウトのあと松山が四球で代走野間、打者會澤という場面がありました。もしここで會澤がつないで9番ということになると代打は確実です。 その時までに薮田は102球......続きを読む»

今週はどう戦うか(特にリリーフ)

楽天には1勝2敗と負け越しましたが仕方ないですね。投手が良すぎましたしペゲーロとアマダーの打席でのあの威圧感は何なんでしょうか。どこに投げても打たれそうな雰囲気が出ていて、あれ四球連発でも仕方ないと思ってしまいました。打ち取るにはやはりストライクゾーンで動く球しかないんでしょうか。 というわけで楽天戦は忘れて、今週に目を移します。火曜日から交流戦絶好調のオリックス、金曜日から巨大戦力のソフトバンク......続きを読む»

やっぱりリリーフ5.5人制には無理がある

現在カープのリリーフ陣は中崎、ジャクソン、今村、中田、一岡、九里の6人です。九里についてはロングリリーフを視野に入れた起用になるでしょうから、連投はおそらくさせないでしょうし実質5.5人制くらいです。 昨日7回終了時で115球の野村、8回も続投志願をしたようで投げましたが打たれて一岡に交代、結果7回1/3で129球。結果は素晴らしいと思いますが無理しなくてもよかったです。野村は故障明けですし、もと......続きを読む»

カープの故障対策

6/8(木)の中国新聞に、「際立つ危機管理の意識」というコラムが載っていました。腰痛を訴えた野村を抹消し10日後に登板させたこと、菊池を休ませながら起用していること、丸を早めに交代させること、そしてトレーナーから「故障を隠さないように」と選手に伝えていることなど、今までのカープにはなかったことのようです。 裏を返せば少し前までは故障の兆候があっても選手が黙っていて、首脳陣もそれを見抜けなくて故障に......続きを読む»

佐藤祥万の起用法が今後にどうつながるか

一度見てみたかった佐藤祥万、とうとう一軍で登板することなく二軍降格となってしまいました。捕手が現在2人体制になっていること、リリーフの数が足りていないこと、などを考えると今日誰が上がってくるのでしょうか。DH制が3日続くのであまり代打を使う場面がないことを考えると、第3捕手でなくてリリーフ投手を上げてほしいです。 ということは佐藤の抹消は6/3に磯村が抹消されてから近いうちにというのは既定路線だっ......続きを読む»

この12試合のリリーフ登板状況

本当は2週間のうちの12試合でデータを取りたいのですが、5/25(木)に試合がなかったので5/21(日)から6/4(日)までの12試合を見てみました。 先発投手のイニングは福井6、野村3、大瀬良6、岡田7、九里8、中村祐5、薮田6、大瀬良5、岡田8、九里5、野村5、中村祐6で平均5.83イニング、平均6イニングに2つ足りませんが普通のペースだと思います。イニング途中の交代がなかったのはすごいかも。......続きを読む»

救世主バティスタ!、そして今後の投手起用

バティスタはおととい支配下登録され、昨日代打ホームラン、そして今日も代打ホームラン。漫画でもないようなベタな展開ですが、現実だったりします。 昨日は3-4で1点ビハインドの時の逆転2ランと勝ちを呼び寄せた一発ですし、今日は4-0でリードしているものの、もう少し点差があれば勝ちパターンの投手3人(いずれも今日投げれば3連投)を休ませられるという場面での一発でした。実際中崎は3連投になってしまいました......続きを読む»

中5日の岡田について

先日先発予想を書きましたが大外れで(汗)、岡田と九里が中5日で先発ということになりました。 そのあとの日程から無理に中5日にしなくてもよいのですが、昨日できてしまうローテの谷間に投げる投手がいないという判断なのか(薮田との並びはリスクが大きいので実績のある投手でということ)、それとも今のうちに中5日を試しておこうという判断なのか、そういうことなんでしょう。 そういう中岡田が途中までは素晴らしいピ......続きを読む»

交流戦ローテーション予想

先週は野村ー大瀬良ー試合なしー岡田ー九里ー中村祐太 今週薮田ー大瀬良ー岡田(中5日)だと右の速球派が並んでしまいます。 できれば岡田はそのまま金曜にして木曜にジョンソン(中6日)を入れたいです。 どうせファームで登板するんだから、調整を兼ねて一軍登板でよい? その結果、 薮田ー大瀬良ージョンソンー岡田ー九里ー中村祐太(今週) 野村ー大瀬良ージョンソンー岡田ー九里ー中村祐太(来週と再来週) 交流......続きを読む»

カープ交流戦直前の打撃成績

情報元はスポーツナビです。打率、出塁率、得点圏打率の順です。 田中 .302 .395 .325  西川 .364 .417 .385 菊池 .280 .327 .298  堂林 .286 .313 .375 丸  .304 .403 .273  松山 .276 .304 .286 鈴木 .326 .404 .328  曾澤 .284 .316 .276 安部 .336 .391 .366  石原......続きを読む»

安部が打率トップに!!!

昨日規定打席に到達し打率.351で目下首位打者です。まだシーズンの1/3が終わったばかりなのでこのまま首位打者が獲れるとは思いませんが、2年とかそれ以上前のことを思うと信じられない結果です。そして得点圏打率.395は恐ろしい。 以前の石井コーチのコメントで「左投手相手だとフォームを崩されるからなるべく右投手限定にしている」というのがありました。今年は去年に比べると左投手との対戦はやや増えているよう......続きを読む»

野村の代役として薮田が先発に回るのは反対

今朝の中国新聞にローテーション再編のことがありました。薮田、中村恭平、福井が候補でまずは薮田ということです。 これは首脳陣に質問しての推測なのか、記者独自の考えなのかわかりませんが、薮田先発というのは少し考えても無理があります。 (1)野村がローテーション1回飛ばしくらいで戻ってくる見込みであること (2)ジョンソンの復帰時期がほぼ決まっていること(1週間以内?) (3)ファームで先発調整してい......続きを読む»

野村の緊急降板と薮田の登板過多

昨日は野村が3回投げて薮田に交代、今朝腰の違和感があったとわかりました。 この時期1回くらいローテを飛ばすのはOKです。2週間で戻ってきてくれればチームとしてはさほど痛手にはならないと思います。ジョンソンのように体重が落ちたりしてコンディションが戻らず復帰が遅れるということも可能性としてはあるでしょうけど仕方ありません。 問題は薮田です。確かに素晴らしいピッチングでしたが投げ過ぎです。この1週間......続きを読む»

バティスタをなぜ支配下登録しないのか

序盤に先発投手が失点し、それを挽回できないまま負けてしまうのは今のところ解決の糸口が見当たりません。対戦する投手が疲れてパフォーマンスが落ちるのを待つという作戦も消極的すぎるような気がします。 先発投手に新しい顔ぶれはなさそうですし、現状の投手陣に今以上のパフォーマンスを期待するのも酷でしょう。逆転のカープでもいいのですが、もう少し空気を変えるという意味で、現在ウエスタンリーグで三冠王のバティスタ......続きを読む»

序盤に大量失点しなくてよかった

今日は福井が先発。6イニング投げて3-4失点なら想定内でしょう。よほど打線が点を取らないと勝てませんが、序盤でなかなか点がとれない「逆転のカープ」ですから、ビハインド体制での継投の最中に点をやらずに点を取るという試合運びになる可能性が高いです。 そういう目線で見ると薮田が18日、20日と登板し今日連投でぎりぎりOK、中田廉が18日、19日と登板していてぎりぎりOK、一岡が17日に1イニング19日に......続きを読む»

70試合70イニングの法則と連投の影響

昨日は結果的に負けてしまいましたが、よくよく調べるとジャクソンがこの1週間で5回も登板していますので(連投が2回)、打たれたことは首脳陣の責任の部分が大きいでしょう。 リリーフ投手は年間70試合70イニングが登板数の目安となっていて、今その数字を超えて登板する投手はほとんどいません。そして70試合70イニングを毎年のように超えて登板する場合、5年10年といいパフォーマンスを発揮できる投手もほとんど......続きを読む»

やっと今年も行けるような気がしてきました

昨日はテレビは見られませんでしたが、ラジオを聞いているといきなり中村祐太がコントロール不良。解説の方も練習の時点で球が高かったと言われていましたので、序盤で大量失点を覚悟しました。案の定1回には2点取られましたがそれ以降は抑えて6回2失点。修正できたとしたら素晴らしいです。 中田廉も薮田も登板し、無事に1イニングを無失点。薮田の150キロを超えるストレートはラジオの解説で絶賛されていましたね。手も......続きを読む»

昨日の試合から中田廉と薮田の状況を想像する

昨日の試合は九里が何とか6回1失点に抑えてくれました。内容は結果ほどよくないと思いますがよく粘りました。個人的にはインハイストレートとか右打者に食い込むシュートとか使わないのかなあと思いましたが。 そういう状況なので中継ぎ陣は6回から(もしくはその前からも?)投入するというシミュレーションはできていたと思います。競った展開であれば1か月前あたりなら間違いなく中田廉や薮田を中心に考える状況でしょう。......続きを読む»

先発投手のコンディション作り

昨日先発予定の岡田が今日スライド登板とのことです。中5日の登板や、普段より肩や肘に負担がかかりそうな雨の中の登板が回避できたことは大きいでしょう。一つだけ気がかりなのは、昨日の準備で疲れを今日に持ち越してしまわないかという点です。 先発投手がどういう準備をするのか私は全く知りません。毎日ある程度の球数は投げるのでしょうけども、キャッチボール程度なのか、キャッチャー付きで先発で投げる時と同じボールを......続きを読む»

また薮田の連投回またぎ、これではみんな潰れてしまう

昨日はぎりぎり勝ちはしましたが、まさかの薮田の連投、なおかつ回またぎ。 こんな荒れた試合でビハインドの時に登板させてもあまり意味がないかもと思いながら、他に投げる投手がいないかもと自分を納得させていたのですが、回またぎまでやるとは思いませ・・・いやちょっと思いました(汗)。 何度も同じことは書きたくないのですが、このままでは何人かリリーフが潰れます。薮田と中田廉は途中で離脱するのは間違いないでし......続きを読む»

中田廉は潰れてもいいのでしょうか

おとといの記事でも書きましたが、中田廉は4/30、5/3、4、5、6と登板、先週は4連投があり非常に負荷がかかっていました。最低4日は間を開けるべきと書きましたが、延長戦になってしまったとはいえ昨日中2日で登板。そしてサヨナラ負け。 故障からやっと復帰した投手に4連投というのもクレイジーですが、そのあと中2日で登板とは。 首脳陣は我々の想像以上に緻密に作戦を練っているというのは理解しているのです......続きを読む»

この2週間のリリーフ6人の登板状況

ブレイシア 4/28(3回)、30、5/4、5 一岡  4/30、5/3、5 中田廉 4/30、5/3、4、5、6 薮田 4/25、26、29、30、5/4、6(1回1/3) ジャクソン 4/26、27、5/2、3 今村 4/26、27、5/2、3、4 年間65イニングペースですと2週で5イニングの登板になるわけですが、オーバーしている薮田、四連投をしている中田廉、三連投をしている今村、この3人に......続きを読む»

今日の歴史的な逆転負けを教訓に

5回表の終了時には9対0と大量リードしていて、常識的には負けることはない試合を落としてしまいました。結果的に5回から8回までの4イニングで12失点、しかも中田廉の4連投、薮田の回またぎありでものすごく消耗しました。 先発の岡田は大量リードをもらって球数少なくを意識しないといけないはずなのに、アップアップで何とか抑えていた状況でした。5回を投げ終えたあたりで限界が近かったのでしょうし、それは首脳陣も......続きを読む»

リリーフ投手の人数を増やすしかない

リリーフ崩壊直前という状況になっていますが、ではリリーフの人員は足りていたのかという問題が出てきます。 2週間単位で考えますと、例えば先発投手が平均6イニング投げると2週間で3イニング×12試合の36イニングをリリーフで分けあうことになります。 リリーフ投手は年間60イニングペースですと週に2.3回、年間70イニングペースですと週に2.7回の登板になる計算です。その中間あたりを狙うと週に2.5回......続きを読む»

試合の途中ですが、投手起用に疑問

先発の加藤が3回あたりから制球難になり、5回途中に降板となりました。このあたりでいくつか気になることがあったのですが、 (1)加藤の5回表の打席について  4回が非常に危険だったので、5回表の攻撃時に代打を送るという選択もあったでしょうけど、まあこれは修正できるかという課題を与えるという意味ではそのまま打たせるのがいいと思いました。  4-1でリードしている場面ですし、先頭打者なので早々と三振して......続きを読む»

薮田は連投させるといけない?

薮田のこの2週間ほどの成績を整理してみました。 4/13-15は登板なし 4/16(日) 対阪神 1点ビハインドの8回途中 1/3イニング3球 抑える 4/18(火) 対DeNA 1点ビハインドの7回 2イニング31球 1安打0四球 4/21(金) 対ヤク 2点ビハインドの8回 1イニング8球 三者凡退 4/22(土) 対ヤク 1点ビハインドの7回 2/3イニング23球 1死球1四球 イニング途中......続きを読む»

1 3 4 5 6 7

このブログの記事ランキング

  1. 交流戦を想定外の成績で終了、そして現在の打撃成績など
  2. 2016年ドラフトについて、本質的ではない素朴な疑問
  3. 誤審とブーイング
  4. まえけんは本当に残留?
  5. エルドレッドは2か月くらい出られないかも
  6. 不思議の勝ち越しで3位が見えてきました
  7. 打順変更
  8. キャッチャーの補強は不要なのか
  9. オスカルの今後
  10. 来年は育成の年にしてほしい

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
06
05
04
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
12
11
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss