ベイスターズを二軍中心に見守るブログ

その他

球団職員の労働問題

 元選手で今年からベイスターズの球団職員をされていた井手正太郎さんの、このツイートに僕のアンテナが反応しました。 【お知らせ】まぁ簡単に言いますと僕は二年連続ベイスターズを戦力外になりました。必要ないのならしょうがない。が、いきなりすぎて頭真っ白ですわ。でも僕のしぶとさは皆さんよく知ってると思います 笑井手正太郎第二章いよいよ始まりまーす♪— 井手 正太郎 (@idesho2......続きを読む»

細川成也選手にお詫びしたり褒めたりするブログ

 こんばんは。横浜と山梨の二拠点生活みたいな事を始めた僕ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。山梨でニュービジネスの匂いを嗅ぎつけ、アイデアと行動力だけで生きている僕の本能が黙っていられなかった、そんな近頃を過ごしております。  さて、細川成也選手について僕は一言、深く深くお詫びしなければならない事があり、この度筆を執った次第であります。 和製大砲は一日にしてならず http://sugu......続きを読む»

万永ベイスターズ

 ベイスターズの来季首脳陣の顔ぶれが決まったようです。  今年のファームの首脳陣が誰だったのかピンと来ない方のために、2017年版も貼っておきます。  大きく変わった点は、まずなにより監督が1998年戦士の万永さんに変わったという事です。  ファームの監督は、ある意味1軍監督よりも体力的に厳しいポジションです。そのため今シーズン中もオリックスの田口壮2軍監督がシーズン途......続きを読む»

ベイスターズはルールに則って正々堂々と戦い、そして勝った。それに対してゲーム差がどうのこうの言うのは言いがかりである。

 ベイスターズが昨年初めてクライマックスシリーズ進出を決めた時は様々な方面から「借金持ちでクライマックスシリーズに出るなんて認められない」等といった言いがかりが多数寄せられた事を記憶しておりますが、それが今年は日本シリーズ進出を決めた途端に「首位カープと14.5ゲーム差も開いているのに」といった、ニューバージョンの言いがかりをつけられるようになりまして、少々うんざりしております。  元々現行制......続きを読む»

和製大砲は一日にしてならず

 高卒ルーキーの細川選手が1軍デビューの第1打席から特大ホームランを放ち、続く2試合目でもライトへ2号ホームランという離れ業をやってくれました。  1本目はテレビで、2本目は出先でabemaTVを通して見ていましたが、本当にビックリしましたし、ますます将来を楽しみに感じました。  で、この偉業を受けてベイスターズファンの中からは早くも「クライマックスシリーズに代打要員で帯同を!」との声が増えて......続きを読む»

岩村明憲を追いかけて

 僕はヤクルトファンでもなければ岩村明憲さんのファンでもありませんでしたが、岩村明憲さんを一人の野球人として、心底尊敬したいと思います。  日米のトップリーグや侍ジャパンにおける華々しいキャリアがありながら、あえて給料が安くて環境の劣る独立リーグに身を置き、さらに監督や球団代表までおやりになるというのは並大抵の事ではありません。  きっと、もっと環境が整った、高い給料を貰える仕事のオファーも......続きを読む»

ベイスターズよ、今こそ原点に立ち帰れ!

 4位巨人に0.5ゲーム差に迫られております。  去年の今頃もCSに行けるか行けないかでヤキモキしていましたが、どうも今年のほうが怪しいのではないかと、大変心配しております。  というのも、昨年は主砲の筒香選手が大暴れしていましたし、投手陣でも先発の表ローテの投打の軸がしっかりしていましたので、「ここに回れば」という安心感がありましたけれども、どうも今年はその双方がフラフラしていて、心許な......続きを読む»

日本球界はアメリカ留学を復活させるべきだ

 50歳まで現役を続けられた事でも知られる元中日の山本昌さんは、まだプロ入りして間もない若い頃に球団主導でアメリカ留学をし、そこでプロで通用するための様々な技術を身につけたと言われています。  また、山本昌さんがアメリカ留学するのと前後して、西武ライオンズの秋山幸二さんやデーブ大久保さんも球団主導でアメリカ留学をして、様々なことを学んできたと言われています。  1980年代後半の、いわゆる......続きを読む»

俺氏、終盤戦のキーマンにシリアコ選手を指名

 ベイスターズ1軍が抱えている喫緊の課題は投手陣だろうと思います。昨年と比べると手薄な感のある先発ローテ然り、疲労の色が隠しきれないリリーフ陣然り、決壊寸前のような雰囲気を感じずにはいられません。  そこは一つ、三嶋選手と国吉選手と平田選手が救世主となって獅子奮迅の大活躍をしてくれるであろう、という事にしたいと思います。  そもそも投手陣で苦しんでいるのは万国共通みたいな所がありまして(但......続きを読む»

なぜベイスターズファームの試合日程はスカスカなのか

 いつもより手短に問題提起したいと思います。 ※ 出典 スケジュール | 横浜DeNAベイスターズ  ベイスターズファームの7月と8月の試合日程は上記の通りです。  オールスターブレイクの7/12~16は良いとして、7/20~24の5日間がまるまる休みになってしまっている事と、8月は前半に休みが多い事が問題であると僕は思っています。  ちなみに8/14~17が空白になってい......続きを読む»

ベイスターズの育成方針はこれで良いのか? その4

DeNA・飯塚、プロ初勝利ならず「真っすぐのボールで力不足を感じた」 http://www.sanspo.com/baseball/news/20170706/den17070623170006-n1.html  飯塚選手が先日のプロ二戦目の登板後に語った所によれば、ストレートの力不足を感じたという事でした。  飯塚選手については去年の春も今年の春も、身体つきが前年と変わり映えがしないなぁ......続きを読む»

トレードについて

日本ハム移籍の黒羽根「動揺したがいい転機と思い」 https://www.nikkansports.com/baseball/news/1851530.html  湘南シーレックス時代から親しみの有る黒羽根選手が日本ハムに旅立っていきました。  長年見てきた選手なだけに寂しい感情も小さくはありませんが、黒羽根選手の年齢を考えると、このままベイスターズに残ることが「プロ野球選手 黒羽根利規」......続きを読む»

プロ野球選手や指導者の為の柔軟な休暇制度が必要なのではないか

 先日急逝された西武ライオンズ森慎二コーチのお通夜が、今日行われたそうです。 森氏の通夜に350人…西武・潮崎2軍監督「こういう別れはつらい」 http://www.sanspo.com/baseball/news/20170703/lio17070320150004-n1.html  僕は2000年代初頭まで西武のファンでしたから、もちろん森慎二さんの現役時代もよく存じ上げております。 ......続きを読む»

ベイスターズの育成方針はこれで良いのか? その3

 今季は嶺井選手がマスクを被る機会が昨季と比べて増加しています。昨季はトータルで11試合の出場に留まったのが、今季は既に13試合に出場していますので、もちろんスタメンで起用される機会も増えているのであります。  それで、出場試合数が増えたのですから、昨年ファームで苦労したような事柄が色々と成長の跡として見えていておかしくない筈だと思うのですが、目下のところ、皆様の感想はいかがなものでしょうか。......続きを読む»

ベイスターズの育成方針はこれで良いのか? その2

ベイスターズの育成方針はこれで良いのか? http://www.plus-blog.sportsnavi.com/suguru0220/article/287  前回のブログエントリーに続きまして、ベイスターズファームの育成のあり方について、前回とは違う点で疑問を呈していきたいと思います。  前回は主に2軍選手の出場試合数に疑問を呈したわけですが、今回は監督やコーチ等の指導者について疑問を......続きを読む»

ベイスターズの育成方針はこれで良いのか?

 我らがベイスターズ(1軍)はソフトバンクとの交流戦を2試合戦いまして、ただ2連敗を喫したというだけでなく、色々な面で力の差を見せつけられました。  3日のTBSチャンネルの中継の中で実況をお務めになった世界の松下アナが「力の差がある」と仰っていましたが、僕も本当にその通りだと思いました。  そして、ソフトバンクとベイスターズとで一体何がここまでの大きな差を生むのか?その原因を考えてみなければ......続きを読む»

NPBで外国人監督が成功を収めやすいのは何故か

 かなり前から大変お世話になっている、ベイスターズファン御用達と言っても過言ではない「[★横浜ベイスターズ記録サイトあと何?]http://www.kernelsupport.co.jp/atonan/index.html)」さんにて、このニュースが「グッドニュース」に割り当てられているのを見て、僕の意見は違うな、と思いました。 DeNA・パットンが見る日本の野球文化 「これが日本のスタイルと......続きを読む»

元プロ野球選手のトークショー

 こんにちは。イースタンリーグが開幕してから半月近く経つのに1試合も見に行けていない僕ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。  月金はデーゲームだから見に行けず、土日は遠くでビジターだから見に行けず。そんなこんなで今週末(利府)も見に行けないでいます。開幕からまる3週間も土日の主催試合が無いとはどういう事でしょうか。一体誰がこんないびつな試合日程を組んだのでしょうか。憤懣やるかたないと......続きを読む»

侍ジャパンに選ばれたベイスターズの選手は高確率で他球団に流出する法則

 39歳になりました。  おめでとうございます。  ありがとうございます。  今日は侍ジャパンの練習試合が行われ、投手陣が華々しく砕け散って下さいました。諸行無常の響きが、そこにありました。  さて、ベイスターズは一昨年までずっと弱いチームであり続けたわけですが、その割には侍ジャパンに多数の人材を送り込んでおります。ベイスターズが弱くとも、選手はすごいのだ!と、数少ない胸を張れる場......続きを読む»

ワシが育てた2017

 まだ1軍で活躍していない無名の選手に誰よりも早く注目し、やがてその選手が1軍でブレークをしますと、なんだか誇らしい気持ちになれます。自分はただ見ているだけなのに、まるで自分が育てたかのような、そして自分には著しく先見の明があるかのような、そういう気持ちになれます。  僕がこのブログを続ける理由も、だいたいそんなようなものです。  人によってはそれをレプリカユニフォームで表現します。まだ1......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9

ブロガープロフィール

profile-iconsuguru0220

川崎市中原区出身、横浜市保土ケ谷区在住の木塚、横山道哉世代

職業は超零細企業の経営者。分野は野球とは一切関係ないが、その分野でTVチャンピオンの本戦に出場した経験を持つ。

うさぎを1羽飼っていて毎日朝晩モフモフしている。

プロ野球ファン歴は約30年で、前半17年が西武ファンで後半13年が横浜ファンに。

かつて推した選手は秋山幸二(西武)多村仁(横浜)吉見祐治(横浜)北川利之(横浜)。推した選手が次々にトレード放出の憂き目にあうため最近は推し選手の公表を控えている。



ツイッターアカウントは @suguru0220

  • 昨日のページビュー:217
  • 累計のページビュー:3319445

(12月18日現在)

関連サイト:ベイスターズを二軍中心に見守るブログ 本店

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ巨人入りを目指すのか  &  人的補償を僕なりに考える
  2. 前途ある若者の芽を摘む醜い大人たち
  3. そろそろ1軍にあげて欲しい選手たち
  4. 僕は梶谷選手を猛批判したい
  5. 僕はピッチャーを見る目が無いらしい
  6. 筒香選手と山口俊選手の年俸がアンバランス過ぎた問題
  7. 元ベイスターズ戦士たちのリクルート活動
  8. 横須賀スタジアムへ行こう♪
  9. 2軍選手の食生活
  10. 戦力外から新天地へと向かう選手について

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss