ベイスターズを二軍中心に見守るブログ

僕はピッチャーを見る目が無いらしい

このエントリーをはてなブックマークに追加



DeNA陳、プロ初登板は3回途中4失点 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140716-00000106-nksports-base

 期待の陳選手は華々しいデビューとはいきませんでした。Jスポーツの中継中のリポートによれば、陳選手は試合前日から緊張していたようですから、充分に力を発揮できたわけではないようです。先頭打者にいきなりストレートの四球を出し、次の打者にもストライクが入らずに困っている時点で相当緊張しているのが伝わってきましたが、とにかく残念な結果に終わりました。  これから4日間のオールスター休みを挟んで後半戦が始まりますが、果たして二度目のチャンスはもらえるでしょうか。彼は外国人選手枠ですので、ブランコ選手が帰ってくるであろうオールスター明けの時期に陳選手の枠が残っているかどうか微妙な所ですが、これに懲りずにもう一度チャンスを与えてあげて欲しいと願っています。

 さて、ファームを中心にプロ野球を見る者として、醍醐味の一つが将来出世する選手を占うことです。
 例えば筒香選手のようにルーキーの頃からファームでホームランを量産していた選手が将来出世すると占うのは当然ですが、ファームでもパッとしない選手の将来性にフォーカスして重点チェックし、その選手が実際に大成すると、まるで自分が育てたかのような喜びが溢れてくるのです。
 それを仲間内以外で開帳するような事はこれまでありませんでしたが、自分の記憶に正直に向き合って、実際の所どうだったか、そのピッチャー編を書いてみたいと思います。ちなみにこれはベイスターズ以外の選手も含まれます。

■眞下貴之
 眞下選手のルーキー年は同期の安斉選手とともにファームのローテーション投手として非常に良い活躍をしました。スピードガンのある平塚球場で見た試合では最速135キロくらいしか出なかったものの、スピードガンで出てくる数字以上に球速が速く感じられました。そしてドロンと曲がるスローカーブは、調整で降りてきた一軍級の選手でさえ手も足も出ないという、まさに盛大に夢を見てしまう内容でした。  実際に1年目から一軍の試合に登板して巨人相手に6回2失点の好投を見せましたので、これは2年目から1軍の先発ローテで二桁勝利も大袈裟ではないなぁとニヤニヤが止まりませんでした。
 しかし、実際には直近3シーズンで1軍の登板がゼロと、全くとんでもない未来を迎えてしまいました。確か尾花監督にフォームを矯正されるも、なかなかフォームが固められずに、やがて球速が130キロも出なくなってしまったのでした。去年彼が先発した平塚球場の試合でも最速120キロ台のストレートと緩い変化球で投げ続ける、まるで高校野球の2回戦みたいなピッチングをするようになってしまいました。
 どうしてこうなったと言えばひとえにフォームなのでしょうが、同期の安斉選手ともども、非常に悔やまれるなぁと思っています。

■日高亮(ヤクルト)
 眞下選手に続いても左腕の日高投手です。プロ野球選手にとって身長181センチはそれほど高い方ではありませんが、大きく見せるフォームで、まさに2階から投げ下ろすようにダイナミックに投げ込んでくるので、これは将来楽しみだなぁと期待して見ていました。が、その何年か後に1軍の試合で金城選手に満塁ホームランを打たれ、ベイファンとしては別の意味で楽しみが成就される結果となりました。  左腕はどこのチームでも重宝されるので今年も1試合だけ上で投げているようですが、年齢的にもそろそろ首元が涼しくなってくる頃かなぁと思います。

■宮田和希(西武)
 こちらも左腕の宮田投手です。どうやら僕は無意識のうちにカーブピッチャーを好む習性があるようで、宮田投手もキレのいいカーブが魅力のピッチャーだった記憶があります。数年前に見た時は制球に難があったようで主にリリーフで投げていましたが、昨日の西武第二のベイ戦で先発して5回を無失点に抑えているようです。  僕が興味をもつようになってからかなりの年月が経ちますが、いまだに一軍の戦力になっていないあたり、やはり僕の見立てはハズレだったようです。

                        ■
 僕はロッテオリオンズが千葉に移転してしまってからしばらくの間、プロ野球への興味を失っていました。球場で見るのが当たり前でしたので、手近で見られなくなった途端に急速に萎えてしまったのです。
 そんな僕が再びプロ野球に興味を持つに至ったのは、たまたまテレビのニュースで見た、吉見祐治という将来性豊かな大型左腕に釘付けになったから、でした。そういうキッカケからしてわかるように、どうやら僕にはピッチャーを見る目は無いらしいのです。  だからこの際ハッキリさせておきますが、僕がこのブログでどんなに一生懸命将来性豊かなピッチャーを推奨していようとも、それは話半分に聞いておくくらいに済ませておいて下さい。くれぐれも真に受けないようにしてください。まかり間違えて真に受けて、後でイライラしても責任は持てません。
 ただ、逆にバッターを見る目は多少自信があります。最近ではロッテの角中選手の育成時代とか、西武の坂田選手が将来有望とウオッチしていた選手ですし、まだ日の目を見ていない選手では巨人の坂口選手が有望です。これは話半分以上の心持ちで受け取っていただきたいです。
 とにかく心のなかでつっかえていたものを取り払ってスッキリできましたので、これからも大いに自由気ままに書いていきたいと思います。

以上

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

僕はピッチャーを見る目が無いらしい


 コメントありがとうございます!

 いや、誤解されてしまうといけないので付け加えておきますが、マイナスの感情のようなものは一切無いですよ。ある意味自虐的なものだと受け取って頂けますとありがたいです。こういう人間の書くものだから真に受けないでくださいね、と。

 僕としては今後はファームの球団経営について色々と書きたいことがあるので、そこはぜひ球団に見せつけたいと言う風な目論見がありますね。
 もうちょっと皆様の耳目を集めてからにしようとは思いますが。

僕はピッチャーを見る目が無いらしい


 コメントありがとうございます!

>見る目の難しさ、それはプロとて当たらないことが多々ありますよ。

 当たっていたら今頃は黄金時代を迎えているはずですものね(笑)

 筒香選手については、正直言って古木コースになってしまったと半分諦めていました。今年ソフトバンクの吉村選手が復活の気配を醸しだしていましたが(怪我しちゃいましたが)、期待の長距離砲の行く末として、この2人の先輩の幻影がチラついてどうしようもありませんでした。
 ですからここ最近の筒香選手の活躍には、嬉しいのもありますが、ホッとしたという方が強いです。

>ベイスターズは、高田以前のドラフトが露骨に酷いので、期待値との乖離も大きい傾向はあると思います。

 TBS時代の最終年は飛雄馬選手以外全員高校生でしたが、まんざらでもない進捗状況かもしれませんよ。
 現在絶賛売り出し中の桑原選手もそうですし、高城選手も期待されていますし、乙坂選手も渡邊雄貴選手もいます。
 それよりも前の世代は…

 フレッシュオールスターは柿田選手も関根選手もタイトル貰えないのが不思議なほどの大活躍でしたね!

Re:僕はピッチャーを見る目が無いらしい

コメント失礼します(^!^)y~


なにを言ってるんですか(`´)
僕はこういった自分の視点で物事を語っているあなたを尊敬してるんですよ(^!^)y~

たとえ結果的にその考えが違っていてもしっかりと根拠があって、球団に見せたいくらいですf(^^;

これからも応援するんで更新よろしくお願いします(^!^)y~

「僕はピッチャーを見る目が無いらしい」へのコメント

失礼致します。

見る目の難しさ、それはプロとて当たらないことが多々ありますよ。

かくいう私も、タカユキの打席をトイレタイムに使ってましたし、
ゴウくんも、出っ腹を見たときに
終わった、と思いましたしね。

投手はイノウくんの変化球の精度を
見て、ある程度イケると昨年の段階から推してましたし、
今でも、久保のボールは素晴らしいと思う。失点するのが良く分からない。

でも、プロスペクトを見守る、ということは、野球の大きな楽しみです。

近年だと、適当に買っておいた平日に、ジョーがスタメンマスク、
この辺りやろ、と適当に買っておいた日が、グリエルのデビュー戦でした。

ベイスターズは、高田以前のドラフトが露骨に酷いので、期待値との乖離も大きい傾向はあると思います。

奇しくも、本日はフレッシュAS。
タイキもスタメンですし、
楽しめそうですね。

横須賀はほとんど行かないので、レポート上げて下さい。

期待してます。

こんな記事も読みたい

後半戦に向けて 課題は明快【狗鷲通信】

前半戦終了。【目指せCS!!中畑DeNA】

今日は気合を見せてもらいました!【カープと一緒】

7/16 土屋・・陳・・【ホエールズ~ベイスターズ~DeNA】

352†De対C三連戦結果で思う。「どっちもどっち」【【鯨感】】

今日の試合こそ国吉、萬谷を使わず捨て試合にすべきだった【温故知新ベイスターズ~2017】

唯一無二の萌芽【ベイスターズFUN】

菊丸コンビを攻略したい【目指せCS!!中畑DeNA】

ブロガープロフィール

profile-iconsuguru0220

川崎市中原区出身、横浜市保土ケ谷区在住の木塚、横山道哉世代

職業は超零細企業の経営者。分野は野球とは一切関係ないが、その分野でTVチャンピオンの本戦に出場した経験を持つ。

うさぎを1羽飼っていて毎日朝晩モフモフしている。

プロ野球ファン歴は約30年で、前半17年が西武ファンで後半13年が横浜ファンに。

かつて推した選手は秋山幸二(西武)多村仁(横浜)吉見祐治(横浜)北川利之(横浜)。推した選手が次々にトレード放出の憂き目にあうため最近は推し選手の公表を控えている。



ツイッターアカウントは @suguru0220

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3356256

(01月18日現在)

関連サイト:ベイスターズを二軍中心に見守るブログ 本店

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ巨人入りを目指すのか  &  人的補償を僕なりに考える
  2. 前途ある若者の芽を摘む醜い大人たち
  3. そろそろ1軍にあげて欲しい選手たち
  4. 僕は梶谷選手を猛批判したい
  5. 僕はピッチャーを見る目が無いらしい
  6. 筒香選手と山口俊選手の年俸がアンバランス過ぎた問題
  7. 横須賀スタジアムへ行こう♪
  8. 2軍選手の食生活
  9. 元ベイスターズ戦士たちのリクルート活動
  10. 戦力外から新天地へと向かう選手について

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss