ベイスターズを二軍中心に見守るブログ

星野仙一さんにはプロ野球コミッショナーを務めて欲しかった

このエントリーをはてなブックマークに追加


 星野仙一さんがお亡くなりになられました。今朝起き抜けにテレビを付けて、そこで流れていたニュースで訃報を知り、それから今までずっと星野さんのことを考えていました。
 最近は以前と比べてメディア露出の機会がめっきり少なくなっていましたし、昨秋の祝賀イベントで登場された時のお姿が少し痩せて見えましたので、健康面で少し不安を抱えておられるのかとはお察ししていましたけれども、それにしても亡くなられたとは、本当に驚きました。
 ご冥福をお祈り申し上げます。

 さて、星野仙一さんが一流の選手であり監督であった事は今更僕ごときが申し述べるまでもありませんが、それに加えて、プロ野球界の歴史上でも類を見ない、最も素晴らしい改革者であったと、僕はそのように考えています。
 そして、だからこそ星野仙一さんにプロ野球コミッショナーを務めてもらいたかったと、かねてより考えておりました。

.        ■
 日本プロ野球のコミッショナー職には、昨年11月に民間出身の斉藤惇さんが就任なさいました。民間出身のコミッショナーになるのはおよそ40年ぶりの事で、それまでは全て国や公的機関の要職を務めてこられた方々の専用席となっておりました。  さらに言えば、「プロ野球コミッショナー」というポジションでありながら、1951年のポスト創設以来、選手出身者がただの一人も選ばれてこなかったのであって、これは非常に問題であると、僕は考えています。
 なぜならば、プロ野球が政官財界の道具として扱われている、何よりの証拠ではないかと捉えているからです。
 サッカーのJリーグではコミッショナーに相当する立場をチェアマンと呼びますが、その初代チェアマンは元サッカー選手の川淵三郎さんでありました。  2015年に創設された国のスポーツ庁長官は元水泳選手の鈴木大地さんであります。
 こういう様々なスポーツ団体の長の顔ぶれと見比べてみると、プロ野球の異様さがより一層浮かび上がるのではないでしょうか。  だからこそ、プロ野球界自身がこの異様さに気付き、競技者出身のコミッショナーを据えて、世界に伍していけるだけのものを作り上げていかなければならないのではないか、と考えていました。
 そして、もしもこれから日本プロ野球のコミッショナーに選手出身者を擁立するとするならば、もっともふさわしいのは星野仙一さんを置いて他にはいないと、そこまで考えていました。

 プロ野球が他のスポーツと明らかに違うのは、政官財の道具として便利に使われてきたという側面があるという事です。  その具体的なエピソードを語るのは控えますが、要するに選手出身者がコミッショナーとなるからには、政官財とがっぷり四つに組めるタフネゴシエーターでなければならないわけです。
 その点で言えば中日ドラゴンズや阪神タイガースで、時には経営陣やタニマチ衆とも派手にやりあう位の大改革を成し遂げた星野仙一さんこそが実績的にも申し分がないのでありまして、さらに選手としても監督としても超一流の実績があるから各方面に対する発言力も抜群に発揮できるのであります。
 こんな風にして考えていましたので、まだやるべき仕事をたくさん残したままあの世に逝ってしまわれた事に、ただただ悔しくてならないのです。

.            ■
 日本プロ野球界は長年に渡り鎖国状態にあります。
 「外国人登録枠」や「WBC」などの出島を設けてごく僅かに海外との交流を残していますが、それは選手数や試合数の比率でいっても数%程度にしかならず、それは要するに徳川幕府の鎖国政策を現代風に劣化コピーしたに過ぎません。
 そしてその影響は競技能力に禍根を残しています。
 1984年に公開競技としてスタートしたオリンピックの野球種目において日本代表は、1984年に金メダル、1988年に銀メダルを獲得した程の競技能力を有しておりましたが、それが今ではWBCにおいて2大会連続でベスト4に留まっています。  世界が着実に力をつけて加速度的な成長を遂げているというのに、日本は30年前40年前と同じ強化体制のまま、明らかに世界に遅れを取っています。
 つまり、まさに今こそ日本プロ野球界は維新を成し遂げなければならない時期に来ているわけですが、その軸と成るべき星野仙一さんを失ってしまいました。
 とてつもない損失であると言わざるを得ません。

.               ■
 ポスト星野仙一と呼べる人材はいるでしょうか。
 落合博満さんは選手や監督として超一流ではあるものの、星野さんのような人望はありません。改革は一人では出来ません。一人でも多くの仲間を必要とします。だから人望は必須要件なのです。
 古田敦也さんは選手として超一流でしたし、プロ野球再編問題の折には改革者として辣腕を振るった実績もありますが、残念ながらあまり人望のようなものが見えてきません。むしろ最近は野球界から離れる一方という感じもします。
 こうしてポスト星野仙一候補を考えに考え続けても、かえって星野仙一さんの偉大さをますます思い知るだけで終わってしまうのが実情です。
 簡単なことではありませんが、ポスト星野仙一が必要であると主張したいと思います。

.              ■
 かえすがえすも、本当に惜しい人を亡くしました。
 ご本人は今頃何をお考えになっているのかわかりませんが、現役時代からハードに働き続ける毎日でらっしゃいましたので、ここでひとつゆっくり休んでいただき、天国から日本プロ野球の未来を見守り続けて頂きたいと、祈念致します。

 故人のご冥福をお祈りします。

以上

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

星野仙一さんにはプロ野球コミッショナーを務めて欲しかった


 コメントありがとうございます!

 僕と中畑さんの意見が合うなんて珍しいですね。ハレー彗星が頭上に直撃するくらいレアな出来事のように感じます。

 星野さんの奥様も早くに亡くなられていますから、今頃天国で安らかに夫婦生活の続きを送ってくれていると良いですね。

星野仙一さんにはプロ野球コミッショナーを務めて欲しかった

中畑前監督がコミッショナーになってほしかった。。。とコメントしていますね
野球関係者の中でもその圧倒的な「政治力」において
ユニ組初のコミッショナーは星野さんしかいないとみていたのでしょう。

その辣腕を振るう姿、見てみたかったですね。
今は天国で奥様と素敵な時間をすごされていると願うばかりです。

こんな記事も読みたい

訃報【カープ一筋40年の独り言】

巨人・畠、新人で6勝!過去巨人で6勝以上の新人投手と「2年目のジンクス」【プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!】

ブログ移転先開設のおしらせ【ひまスポ ~オリファンの愚痴と屁理屈~】

ブロガープロフィール

profile-iconsuguru0220

川崎市中原区出身、横浜市保土ケ谷区在住の木塚、横山道哉世代

職業は超零細企業の経営者。分野は野球とは一切関係ないが、その分野でTVチャンピオンの本戦に出場した経験を持つ。

うさぎを1羽飼っていて毎日朝晩モフモフしている。

プロ野球ファン歴は約30年で、前半17年が西武ファンで後半13年が横浜ファンに。

かつて推した選手は秋山幸二(西武)多村仁(横浜)吉見祐治(横浜)北川利之(横浜)。推した選手が次々にトレード放出の憂き目にあうため最近は推し選手の公表を控えている。



ツイッターアカウントは @suguru0220

  • 昨日のページビュー:575
  • 累計のページビュー:3355718

(01月16日現在)

関連サイト:ベイスターズを二軍中心に見守るブログ 本店

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ巨人入りを目指すのか  &  人的補償を僕なりに考える
  2. 前途ある若者の芽を摘む醜い大人たち
  3. そろそろ1軍にあげて欲しい選手たち
  4. 僕は梶谷選手を猛批判したい
  5. 僕はピッチャーを見る目が無いらしい
  6. 筒香選手と山口俊選手の年俸がアンバランス過ぎた問題
  7. 横須賀スタジアムへ行こう♪
  8. 2軍選手の食生活
  9. 元ベイスターズ戦士たちのリクルート活動
  10. 戦力外から新天地へと向かう選手について

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss