ベイスターズを二軍中心に見守るブログ

2018年シーズンでブレイクしそうな若手ベイスターズ選手ベスト5のお時間です

このエントリーをはてなブックマークに追加



 あけましておめでとうございます。あと1ヶ月半で四十路を迎える僕です。これからも二十歳のつもりで生きていきますが、そんな僕を今年も宜しくお願い申し上げます。
 さて、新春一発目のブログを書くという事で、それにふさわしいテーマはなんぞやと考えまして、今季ブレイクしそうな若手選手について書くのが良かろうと結論づけました。  それで今からつらつら書いていくわけですが、ひとつ予め申し添えますと、僕はアマ野球のことを全く知りませんので、したがってルーキーの事もさっぱりわかりません。したがって、ルーキーの各人はこのベスト5の候補にはなりません。  あとは、「若手」の定義付けも特に確固たるものはなく、2017年シーズンであまり1軍の試合に出ていなかった選手をもやっと想像していただければ幸いです。

.                ■
■第5位 網谷圭将捕手


 まず5位に推挙したいのは育成入団3年目を迎える網谷選手です。同じ育成3年目の山本武白志選手とどちらを入れるかで悩みましたが、網谷選手としました。
 1年目の春季キャンプから首脳陣の好評価を得ていたものの、そのキャンプ中に大怪我をして夏場までファームの試合に出ることさえ叶わず、2年目となる2017年はチーム事情で内野を守ったり捕手に復帰したり守備面での苦労が絶えなかったものの、シーズン終盤にようやく調子を取り戻して4本塁打をマークしました。  元々打力を買われての入団で、だから入団以来ほとんど内野手として出場していた網谷選手です。まして、高卒の育成選手ですからただでさえ基礎固めに時間が欲しいのに、そこへチーム事情でいきなり捕手に戻されて守備の練習をイチからやり直さざるを得ず、だいぶ遠回りをさせられてきた感があります。
 ですから普通の高卒野手と比べて野手としての練習時間は相当少なかったと見るべきですが、それでも2017年終盤のバッティングの進歩は目を見張る物がありました。
 チームは今後、網谷選手を捕手として起用するつもりなのか、それとも以前のように内野手として使うつもりなのかによって今後の見通しは大きく変わりますが、仮に内野手として起用してくれるのであれば、守備力はそこそこ整っていますし、バッティングの成長力は目を見張るモノがありますので、それこそ今季中の支配下登録も充分可能なのではないかと、そんな期待をしている所です。
 かつて西武と中日で活躍した和田一浩さんのような率も稼げる長距離砲として、網谷選手は魅力たっぷりのホープです。

■第4位 国吉佑樹投手


 もはや若手とは言えないかもしれません。筒香選手と同期入団で今年9年目ですが、しかしまだ27歳であります。
 国吉選手がそもそも迷走したキッカケは2016年に自らが希望して先発に転向した事でした。当時は1軍の先発ローテが充実していて本人の調子が良い時でも昇格する機会を得られず、むしろ調子が下降気味の時に唯一のチャンスが来て結果を残せず。翌2017年シーズンはいまいち立場のはっきりしないまま1軍で4試合リリーフ登板しただけで終わってしまいました。  あくまで傍から見た印象に過ぎませんが、もう国吉選手には先発転向に対する未練は残されていないと思います。いま最も必要なことは、明確な役割だと言えます。この状況で勝ちパターンのリリーフを任せてくれと言える立場にはありませんが、彼の長所が最も活きるであろう、1イニング精一杯後先考えずに腕を振って投げる、そういう役割を与え、再び輝かせてあげて欲しいと、ただただ願っています。
 昨年の日本シリーズではソフトバンクのリリーフ陣が軒並み150キロオーバーの速球を常時投げ込んでくるのに面食らったものでしたが、国吉選手にはそれに伍するだけの才能があります。ですから、やや手薄なリリーフ陣を埋めるべく、国吉選手にそういう役割を明確に与えてあげて欲しいと、そのように思っています。

■第3位 細川成也外野手

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

* 続・今年も「ヨ・ロ・シ・ク!!」、プロ野球。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

DeNA・今永、濵口、初の2ケタ勝利!目指せ!伝説の「W左腕エース」!【プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!】

「幻の4割打者」日本ハム・近藤の2017年を徹底分析!今年の成績も大予想!【プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!】

第8回 輝く!?スポーツ音楽レコード大賞【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

3人でセ一番と自慢したい横浜捕手陣について雑感 2 【いろいろ所持雑感】

横浜投手陣の背中問題~せなかにおなか~【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

* ヤマヤスくんよ、もう1球増やせ。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

横浜Denaベイスターズについて思いつくまま、、、【1998の感動をもう一度】

ブロガープロフィール

profile-iconsuguru0220

川崎市中原区出身、横浜市保土ケ谷区在住の木塚、横山道哉世代

職業は超零細企業の経営者。分野は野球とは一切関係ないが、その分野でTVチャンピオンの本戦に出場した経験を持つ。

うさぎを1羽飼っていて毎日朝晩モフモフしている。

プロ野球ファン歴は約30年で、前半17年が西武ファンで後半13年が横浜ファンに。

かつて推した選手は秋山幸二(西武)多村仁(横浜)吉見祐治(横浜)北川利之(横浜)。推した選手が次々にトレード放出の憂き目にあうため最近は推し選手の公表を控えている。



ツイッターアカウントは @suguru0220

  • 昨日のページビュー:539
  • 累計のページビュー:3356256

(01月17日現在)

関連サイト:ベイスターズを二軍中心に見守るブログ 本店

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ巨人入りを目指すのか  &  人的補償を僕なりに考える
  2. 前途ある若者の芽を摘む醜い大人たち
  3. そろそろ1軍にあげて欲しい選手たち
  4. 僕は梶谷選手を猛批判したい
  5. 僕はピッチャーを見る目が無いらしい
  6. 筒香選手と山口俊選手の年俸がアンバランス過ぎた問題
  7. 横須賀スタジアムへ行こう♪
  8. 2軍選手の食生活
  9. 元ベイスターズ戦士たちのリクルート活動
  10. 戦力外から新天地へと向かう選手について

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss