ベイスターズを二軍中心に見守るブログ

和製大砲は一日にしてならず

このエントリーをはてなブックマークに追加


 高卒ルーキーの細川選手が1軍デビューの第1打席から特大ホームランを放ち、続く2試合目でもライトへ2号ホームランという離れ業をやってくれました。  1本目はテレビで、2本目は出先でabemaTVを通して見ていましたが、本当にビックリしましたし、ますます将来を楽しみに感じました。
 で、この偉業を受けてベイスターズファンの中からは早くも「クライマックスシリーズに代打要員で帯同を!」との声が増えてきているようですが、僕の意見としてはNOであるという事を申し上げておきたいと思います。
 というのも、細川選手のような若くて経験の少ない選手に、目先の結果が必要とされる代打の1打席勝負をさせる事で、バッティングフォームを壊しかねないと危惧しているからです。
 バッターもピッチャーもフォームというのは非常に重要であり、繊細なものであります。  オールスターゲームのホームラン競争に出たバッターがそこでフォームを崩してシーズン後半に大不振に陥ったり、WBCに出たバッターがWBC仕様にフォームを改造して、あとでNPBの公式戦で大不振に陥るというのはザラにある事ですから、それを高卒ルーキーの細川選手に課すのは、とても危険であると、僕は言いたいのです。
 代打の切り札として結果を出せる選手にベテランが多いのも、このへんの捉え方ではないだろうかと僕は考えています。
 スタメンで4打席立つのと違い、代打はその場で結果を出す事が求められます。そしてその都度「バットを短く持とう」とか「テークバックを小さくしよう」とか修正しようとしてしまうのが比較的若い選手の傾向であるのに対し、ベテランは泰然自若として自分のフォームで勝負が出来るから、調子が安定しやすいのではないかと、そう考えているのです。
 なにせ代打要員は生きた球を打つ機会が1試合に1回あるかないかですから、その1打席でフォームを狂わせたら、修正する機会を次の試合まで待たなければなりません。だからやはり、高卒ルーキーの細川選手に代打要員をやらせるのは、僕は反対なのであります。
                  ■
 今シーズン細川選手をずっと見てきましたが、春から秋まで一貫していたのは、フルスイングを続けることでした。
 プロのボールに面食らってスイングが中途半端になってしまうのはルーキーによくある事で、2年目3年目になっても相変わらずフルスイングを貫けない選手も少なくありません。  2年目の青柳選手や網谷選手も今シーズンの中で迷いが生じて中途半端なバッティングをしてしまう場面が往々にして見られたのですが、細川選手にはそれが一切ありませんでした。
 細川選手がファーム公式戦で180三振という大記録を打ち立てたのも、思えばそのへんの理由に依るものだと思いますが、ベイスターズの首脳陣がブレずにその方針を支持し続けたのは、本当に素晴らしい事だと思います。
 他球団を対比に出して申し訳ありませんが、巨人が長年に渡って和製大砲を育てられないのも、そのあたりの首脳陣の胆力の違いが出ているように思われてなりません。  巨人にも岡本和真選手や和田恋選手といった素晴らしい素質を持った和製大砲候補がいるものの、彼らは中途半端な起用をされたり、中途半端なチームバッティングをさせられたりして、一番の魅力である長打力を伸ばす機会に恵まれていないようです。
 巨人から日本ハムに移った大田泰示選手が早速結果を残せるようになったのも、そのあたりの要因があるように思います。  日本ハムも近年は和製大砲候補の伸び悩み傾向がありましたが、今年は横尾選手がシーズン途中に昇格してから7本のホームランを放ち、ブレイクしかかっています。横尾選手も昨年は多少中途半端な所がありましたが、今年は春から一貫して振れるようになり、結果が伴うようになりました。
 やはり、和製大砲候補はとにかくバットを強く振り抜ける事が重要で、目先の結果が出ずとも、ブレずに続けるチーム方針が必要なのではないでしょうか。

                ■
 細川選手は早速結果を出して、今年のクライマックスシリーズに帯同するのかどうかわかりませんが、秋のフェニックスリーグから来春のキャンプ・オープン戦、そして来シーズンへと高い期待を背負い続ける事になるだろうと思います。ファンとしては、目先の結果でいちいち一喜一憂せず、数ヶ月結果が出なくても狼狽えたりせずに、放出論など唱えたりせず、落ち着いてじっくりと見守れるように、心の準備をしていただきたいと思います。
 筒香選手もかつてはなかなか結果を出せず、「ドラフト同期の菊池雄星選手のほうが良かった」とか「トレードに出せ」と無責任に言い放つ人が非常にたくさん見受けられたわけですけれども、今ではこうしてベイスターズが世界に誇る大選手に育ってくれたわけです。
 ですから、どうかファンの皆さん、細川選手にも落ち着いて暖かく見守って頂けますよう、宜しくお願い申し上げたいと思います。

以上

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

和製大砲は一日にしてならず


 コメントありがとうございます!

 ブログエントリーの中やコメントへの返答でも書いているのですけれども、僕が懸念しているのは代打要員で使うことなんですね。

 で、鈴木誠也選手も山田哲人選手も高卒1年目や2年目でスタメンで出ているので、僕がどうして否定的なのかという論点と、そもそも噛み合わないのです。

 代打要員ではフォームを崩す恐れがあって危険だから止めて欲しいと書いているのです。

 ベイスターズでは乙坂選手や関根選手が今シーズン代打要員で起用されて、打撃成績が大幅に崩れています。こういう事が細川選手の身にも起きますよ?それは困りますよね?という事です。

 筒香選手も高卒1年目2年目はどんなに成績が伴わなくても、起用するときは必ずスタメンでした。そういう配慮が必要だと思うんです。

 それこそがまさに未来の投資なのです。

 ただ、ベイスターズがCSで細川選手をスタメンで使うかどうかで言えば、この前ラミレス監督がマスコミに答えていますけれども、使いませんね。代打要員で明言されています。それを鈴木誠也選手や山田哲人選手の事例と一緒くたに扱うのは、ちょっと乱暴すぎると思いますよ。

和製大砲は一日にしてならず

コメント失礼します

カープファンですが、今年一年ではなく来年以降のチームを考えるのであれば、あえて細川選手をCS帯同させるというのも有りだと思います
2014年、カープはCSに出場しましたがファーストステージで敗退しました
この年で監督を退いたノムケンは一戦目から入団二年目の鈴木誠也をスタメンで使い、敗退濃厚になってきた終盤も代打を出しませんでした
監督の期待に応える事のできなかった不甲斐なさをバネとして、今の鈴木誠也があります
またスワローズの山田哲人選手はやはり入団間もない頃、CSで起用され結果を残した事で翌年からレギュラーをつかみ取り、飛躍していったように記憶しています
大舞台での経験というのは失敗も成功も大きな糧となる例が多いです
チームの未来を担えるほどの大器であると考えているのならなおさら、未来への投資としてCS帯同させるべきだと思います

和製大砲は一日にしてならず


>「いつも感情が先に走っていて論拠に欠けていますよ。」
>というのは管理人さんも同じでは。
>わからなくもないですが通りすがりさんのコメントよりも感情的だと思います。

 多少感情的に思われる部分はあるかもしれませんが、他方で、しっかりと論拠は示しています。通りすがりさんに再反論する上においても、ベンチ入りの人数が決まっていて枠の有効活用の必要を説いているわけですし、山田哲人選手のルーキーの時の事例についても、彼は代打要員ではなくスタメンで起用されている事を示しています。

 ですから、「管理人さんも同じでは」が何を指すのか、ご指摘の意味が伝わりません。



>外に発信している訳ですから意見が違うのは当然です。それを批判に捉え攻撃するのではなく意見を出し合うのがベイスターズファンだと思います。

 それはご自身のコメントにも当てはまる事だと思いますし、それはそれで良いことだと僕は考えています。僕に対し批判するのも良し、賛同するのも良しです。
 僕みたいな不出来な人間の書いたものに批判すべき箇所が存在するのが当然なので、それは甘んじて受け入れるのが、ひいては僕の成長にも繋がると思います。


 あと、意見の違いを指摘するのを攻撃と捉えるものなのでしょうか。そもそも議論とは言葉のぶつけ合いですから、僕の考えの正当性を主張する上で、そういう面が出るのは、僕は当然だと思いますよ。
 むしろ、反論されるのが嫌なら意見を表明しない方が良いです。

 議論と喧嘩とは似て非なるものですから、大いに結構だと思うんですね。侃々諤々議論をしながらベイスターズを応援し合うのも良し。常に周囲にへりくだって馴れ合いながら応援するのも良しです。僕は前者ですが。

 
 

返信

ご返信ありがとうございます

ただ返信をみてとても残念に思います。

「いつも感情が先に走っていて論拠に欠けていますよ。」

というのは管理人さんも同じでは。
わからなくもないですが通りすがりさんのコメントよりも感情的だと思います。
私はいつも更新を楽しみにしておりますがどうかと思います。
外に発信している訳ですから意見が違うのは当然です。それを批判に捉え攻撃するのではなく意見を出し合うのがベイスターズファンだと思います。
私は40歳前半で同じように経営者です。体調も良くないです。管理人さんも近い生活をされているかと思いますが仲良く応援しましょう!

こんな記事も読みたい

2017ドラフト指名予想~横浜DeNAベイスターズ編~【プロ野球ドラフト会議】【ドラフトさん】

ロッテの公式戦の最終戦の思い出 ケガには最後の最後まで本当に気をつけてほしい【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

2017年のカープ「感謝!」【カープおやじのひとりごと】

あと一点!+細川をCSへ【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

ペナントレースが終わって、来季のことも少し考えてしまう 待望:石井琢朗コーチ【YOKOHAMA lover】

戸柱の教育係となり得た久保退団について雑感【いろいろ所持雑感】

白崎浩之、白根尚貴、細川成也。CSに残るのは誰だ問題【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

細川2試合連続決勝アーチ!濱口10勝で新人王に前進!【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconsuguru0220

川崎市中原区出身、横浜市保土ケ谷区在住の木塚、横山道哉世代

職業は超零細企業の経営者。分野は野球とは一切関係ないが、その分野でTVチャンピオンの本戦に出場した経験を持つ。

うさぎを1羽飼っていて毎日朝晩モフモフしている。

プロ野球ファン歴は約30年で、前半17年が西武ファンで後半13年が横浜ファンに。

かつて推した選手は秋山幸二(西武)多村仁(横浜)吉見祐治(横浜)北川利之(横浜)。推した選手が次々にトレード放出の憂き目にあうため最近は推し選手の公表を控えている。



ツイッターアカウントは @suguru0220

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3319445

(12月19日現在)

関連サイト:ベイスターズを二軍中心に見守るブログ 本店

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ巨人入りを目指すのか  &  人的補償を僕なりに考える
  2. 前途ある若者の芽を摘む醜い大人たち
  3. そろそろ1軍にあげて欲しい選手たち
  4. 僕は梶谷選手を猛批判したい
  5. 僕はピッチャーを見る目が無いらしい
  6. 筒香選手と山口俊選手の年俸がアンバランス過ぎた問題
  7. 元ベイスターズ戦士たちのリクルート活動
  8. 横須賀スタジアムへ行こう♪
  9. 2軍選手の食生活
  10. 戦力外から新天地へと向かう選手について

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss