ベイスターズを二軍中心に見守るブログ

2017年8月30日 埼玉西武vs横浜DeNA (横須賀) の感想

このエントリーをはてなブックマークに追加



 今シーズン終了後に行われるファンフェスティバルを横須賀スタジアムで開催するらしいのですが、果たして、球団の中の人は本気なのでしょうか。  横須賀スタジアムは内野の観客席が1500人分に外野の狭い芝生席がレフト・ライトで合わせて1000人分あるかどうかという、非常に狭い球場です。観客の導線も狭く、トイレも少なく、とても万単位のお客さんをさばける場所とは思えないのです。
 しかも球場から一方通行の狭い道路を挟んだ場所には大きな分譲マンションがありますので、騒音問題もかなりシビアです。横須賀スタジアムはこのマンションが出来たおかげで鳴り物禁止になったほどです。
 ですから、今から計画を変更して日産スタジアムとか、百歩譲って横浜FCのホームであるニッパツ三ツ沢球技場などをお借りするわけにはいかないのでしょうか。横浜スタジアムが工事で使用できないのを良いことにマリノスや横浜FCと共同でファンフェスティバルを執り行う、みたいな事で今から何とかならないでしょうか。
 今世紀最悪の悲劇にならなければ良いなと願うばかりです。



 今日の先発ピッチャーはベイスターズが熊原選手、西武は田村選手です。
 まずは熊原選手ですが、8回を投げて被安打4の3失点で勝ち投手になりました。  今日は立ち上がりから140キロ台後半のストレートを低めにビシビシ投げ込みました。2回だけは内野安打のランナーを置いた場面で2ベースとホームランの連打を浴びてしまったものの、それ以外は本当に素晴らしい内容でした。  熊原選手といえば無駄なボール球を減らせず、そのせいで球数が嵩むのがネックでしたが、今日は終盤に1つフォアボールを出した以外は、常にストライク先行で、ボールになるにしても低めのきわどいコースで「惜しいなぁ」と思えるものばかりでした。  球速は前半に148キロが出ましたが、試合終盤になっても全く疲れ知らずで、最後のイニングになった8回も146キロのストレートを低めのコース両サイドにしっかりコントロールして投げられました。  変化球は120キロ前後のカーブとチェンジアップが主だった所で、基本的にはストレート主体で投げているものですから、急に来る120キロ前後の変化球で面白いようにトータル11個の三振を奪いました。
 熊原選手は今年の春くらいにはよく見ていましたが、当時からスタミナがかなりあるのかな?と感じていました。あれだけ無駄なボール球を投げまくる割には試合中盤までピンピンしていましたし、今日もチーム事情さえ許せば余裕で完投できたのではないでしょうか。
 今シーズンのベイスターズ1軍は雨天中止の振替試合がまだ相当溜まっている筈です。そうすると9月後半からとてつもない連戦地獄になって先発ピッチャーの頭数がいつも以上に必要になってくると思いますので、そこで熊原選手が救世主となって活躍してくれたら、言うこと無いなぁと思いますね。

 西武の田村選手は5回を投げて4失点で負け投手となりました。こちらも球速は熊原選手と同じくらいで、最速で148キロがあったかと思います。  ピッチングフォームがどことなく西口文也さんを思わせる軽快なもので、4失点したとは言っても被安打も4しかありません。そのうち1本は内野安打で、ホームランを2本打たれてしまったのが致命傷になりました。  ストレートにはそれなりに威力がありましたが、特に目立つ変化球が見当たらず、決め球にいまいちパンチに欠けるという感じでしょうか。  いわゆる本格派と呼ばれるオーバーハンドのピッチャーで、これから秋と春のキャンプで決め球を身につけて来春に成長した姿をファンに見せつける、という成長曲線が期待されるという感じでしょうか。

 次に打線について。
 今日は佐野選手がセンターバックスクリーンの右に2ランホームランを放ちました。その次の打席ではピッチャーの田村選手が相当強い意識があったのか1球もストライクが入らずに歩かされてしまうほどで、それなりに威圧感を与える存在だったのだろうと思います。  佐野選手のバッティングを見ていて思うのは、パワーが有るのに打球にあまり角度がつかず、だからあまりホームランが増えないのかな?という事です。今日のホームランも打球の速さは素晴らしいものがありましたが、それほど打球が上に上がらなかったのでフェンスギリギリになってしまいました。  このへんのコツさえ掴めば、一軍でコンスタントに30本近く打てるようになるのではないかという期待をさせてくれますね。
 6回から途中出場した山本武白志選手が2打席立って最初の打席はストレートのフォアボール、2打席目にランナーを二人置いてセンター前へ2点タイムリーを放ちました。  最初の打席はピッチャーがストライクを全く取れなかったのでいいとして、2打席目は常時150キロ近いストレートをビシビシ投げ込む中塚選手を相手に、必死に粘って粘って、最後も難しい内角のストレートをとてもコンパクトなスイングでセンター前に弾き返す、まさに技アリの一打となりました。  この打席における粘りも、タイミングがなかなか取れないながらも、カットしてファウルゾーンに飛ばした打球がなかなか鋭かったりして、山本武白志選手のパワーを見せつけつつ、技術も見せつけつつ、非常に見ごたえのあるものでした。
 同い年で同期入団の野手が支配下の青柳選手と育成の網谷選手といるわけですが、バッティング技術の向上ぶりについては、ここ最近の山本武白志選手は頭一つ抜け出した感があります。  何より筒香選手に勝るとも劣らない素晴らしい体格で、清原和博さんを彷彿とさせる理にかなったコンパクトなバッティングフォームをしていますし、最近は右方向に強い打球を打てるようになりましたし、ロマンの塊というのはこの人のことを言うのではないだろうかと思います。  チームの野手では本当に出場機会が特に少ない山本武白志選手ですが、なんとか、2日に1回でもいいからスタメンで起用して4打席立たせてあげて欲しいと願ってやみません。

 西武では僕イチオシの駒月選手がレフトへ特大の2ランホームランを放ちました。チェンジアップかなにかが抜けて高めにきた甘いボールだったように見えましたが、見逃さずに素晴らしい集中力を発揮しました。  近年の西武二軍で主軸を張っていた山川選手や外崎選手が1軍に送り込まれてしまったため多少パワー不足の感も否めない昨日今日の打線でしたが、駒月選手は健在のようで非常に良かったと思います。

 次にリリーフについて。
 ベイスターズでは9回に須田選手がマウンドに上がりました。不運なヒットを1本許したものの、それ以外の3人のバッターは無難に抑えました。球速は141キロがやっとで、やはり往時と比べると物足らなさは残りますが、コントロールはだいぶ改善されてきました。

 西武は6回頭から佐藤勇選手がマウンドに上がるも打者2人連続してストレートのフォアボールを出して降板。その後は南川選手、中塚選手、松本選手がそれぞれ1イニングづつ継投しました。
 南川選手と松本選手はいずれも三者凡退で終えたものの、7回に登板した中塚選手がヒット3本にフォアボールを1つ出してしまいました。今日投げたピッチャーの中では彼が一番速い球を投げていたと思うのですが、追い込むまではいくものの、最後の決め球がいまいちで、せっかく追い込んだのに・・・という場面もありました。  たまたま調子が悪かっただけなのか、それとも元々こうなのかわかりませんが、頼りになる変化球が1つあればかなり良くなりそうな雰囲気のする選手なのになと思いました。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
【観戦記】 対ライオンズ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017年8月30日 埼玉西武vs横浜DeNA (横須賀) の感想


 コメントありがとうございます!

>須田はとにかく球速を戻さないと苦しいかもしれません、最速141という事は多くは135前後でしょうから
>須田がいない一軍リリーフ陣は苦しいです

 僕は須田選手には先発に戻ってもらいたいと思ってるんですよ。身体の疲れが取れにくくなる年齢ですし、元の球速に戻せるかどうかというのも難しい問題ですし。若い頃に先発でダメだったのは精神的なものや技術的なものが理由だったと思いますけど、それはもうクリアしていますから。
 MAX140キロでも先発ならどうにかする方法がありますから。


>佐野が一軍に定着できる打者になってくれると層が厚くなりますね、代打もそうですがライトや
>ファーストのサブとしても期待しているので、ガンガン長打力を磨いていって欲しいです!

 野手は一軍でたくさん打席に立ってお勉強しなければ、一軍レベルの技術が身につかないんですよね。筒香選手も梶谷選手も桑原選手も一軍のお勉強期間が何年もありましたし、倉本選手や柴田選手みたいに一軍のお勉強期間が1年弱でモノになるレベルならいいですが、普通は長距離砲はもっと長くかかるものですから、首脳陣も、そして我々ファンも、広い心を持って見守れるか?試されますね。

「2017年8月30日 埼玉西武vs横浜DeNA (横須賀) の感想」へのコメント

横須賀でファン感謝デーは難しいのでは、という不安、懸念が結構出ている様ですね
……そりゃそうですねぇ、どうしたもんか

須田はとにかく球速を戻さないと苦しいかもしれません、最速141という事は多くは135前後でしょうから
須田がいない一軍リリーフ陣は苦しいです
佐野が一軍に定着できる打者になってくれると層が厚くなりますね、代打もそうですがライトやファーストのサブとしても期待しているので、ガンガン長打力を磨いていって欲しいです!

2017年8月30日 埼玉西武vs横浜DeNA (横須賀) の感想


 コメントありがとうございます!

>熊原ですが投球フォーム等、何らかの変化があったのでしょうか。

 フォームの違いは特に感じませんでしたが、コントロールが格段に良くなっていましたね。ストレートばかり投げていたのが良かったのかもしれません。ストレートばかり投げてもある程度抑えられるのですから、すごいものですよ。かといって変化球のコントロールも悪くありませんでしたが。
 若いうちは変化球の種類を増やすよりも基本に立ち返ってストレートの質にこだわる方が正しいと思いますね。三浦さんもそんな事を言っていたように思います。


>最後に佐野ですが、1軍でやれるレベルになってきていますでしょうか。
>彼の課題は、速い球に詰まってしまう事だと思うのですが。

 速い球に詰まっていたのは、まだプロのスピードに慣れていなかったからかもしれませんよ。大学野球と比べてプロの球速は10キロは速いでしょうから、それに身体が慣れれば、問題の解決は早いと思います。


 率直に言って今年のベイファームは好材料が本当に少ないのですが、腐らずに見ていきたいと思いますね。

2017年8月30日 埼玉西武vs横浜DeNA (横須賀) の感想

今日は
いつも大変為になる記事有難うございます。

熊原ですが投球フォーム等、何らかの変化があったのでしょうか。
1軍ではボールが多く苦しくなり、置きにいったところ一発をくらうの
繰り返しで非常にいらいらさせられましたが。

それから山本君ですが、よくなっているようで良かったです。
心配していました。

最後に佐野ですが、1軍でやれるレベルになってきていますでしょうか。
彼の課題は、速い球に詰まってしまう事だと思うのですが。

今日の記事久しぶりに良い話題が満載でしたね。
これからも良い記事を宜しくお願い致します。


こんな記事も読みたい

「橋本到・シメのイタル」【プロ野球ステーション】

審判は何を考えてるのか【鴎ファンのぼやき部屋】

【2017-119】甲子園の土は茶色い【ツバメの舞い上がる夢日記】

マシンガン継投でリードを守り切り、飯塚、プロ初勝利!【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

飯塚 おめでとう【素人目線のベイスターズ考察】

祝プロ初勝利!飯塚投手!先輩達に感謝しなきゃね!【1998の感動をもう一度】

痛み分け【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

シーズン終盤に向けて、ベイスターズのブルペン運用問題【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

ブロガープロフィール

profile-iconsuguru0220

川崎市中原区出身、横浜市保土ケ谷区在住の木塚、横山道哉世代

職業は超零細企業の経営者。分野は野球とは一切関係ないが、その分野でTVチャンピオンの本戦に出場した経験を持つ。

うさぎを1羽飼っていて毎日朝晩モフモフしている。

プロ野球ファン歴は約30年で、前半17年が西武ファンで後半13年が横浜ファンに。

かつて推した選手は秋山幸二(西武)多村仁(横浜)吉見祐治(横浜)北川利之(横浜)。推した選手が次々にトレード放出の憂き目にあうため最近は推し選手の公表を控えている。



ツイッターアカウントは @suguru0220

  • 昨日のページビュー:332
  • 累計のページビュー:3181364

(10月14日現在)

関連サイト:ベイスターズを二軍中心に見守るブログ 本店

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ巨人入りを目指すのか  &  人的補償を僕なりに考える
  2. 前途ある若者の芽を摘む醜い大人たち
  3. そろそろ1軍にあげて欲しい選手たち
  4. 僕はピッチャーを見る目が無いらしい
  5. 筒香選手と山口俊選手の年俸がアンバランス過ぎた問題
  6. 元ベイスターズ戦士たちのリクルート活動
  7. 2軍選手の食生活
  8. 横須賀スタジアムへ行こう♪
  9. 戦力外から新天地へと向かう選手について
  10. ファンがチームを弱くする

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss