ベイスターズを二軍中心に見守るブログ

なぜベイスターズファームの試合日程はスカスカなのか

このエントリーをはてなブックマークに追加


 いつもより手短に問題提起したいと思います。


※ 出典 スケジュール | 横浜DeNAベイスターズ


 ベイスターズファームの7月と8月の試合日程は上記の通りです。
 オールスターブレイクの7/12~16は良いとして、7/20~24の5日間がまるまる休みになってしまっている事と、8月は前半に休みが多い事が問題であると僕は思っています。  ちなみに8/14~17が空白になっているのは「神奈川野球交流戦」が8/15~17の3日間組まれているからで、これは問題ありません。スケジュール表に載せてくれればいいのにとは思いますが。
 で、ベイスターズファームがこれだけゆったりとした試合日程を組んでいる間に他球団はどうしているかと言いますと、普通に試合をしています。


※ 出典 試合日程・結果 | ファーム | NPB.jp 日本野球機構


 見ての通り、他球団は皆さんしっかりと試合を組んで、鍛錬に励んでおられます。
 これを見て、どうしてベイスターズファームはゆっくり休んでいられるのだろうかと、僕は疑問を募らせています。
 ベイスターズファームは他球団と違って主に公営球場で試合を行いますから、現在のように高校野球の予選が真っ盛りの時期は球場の確保ができないという事情もあります。  しかしそうであるならば、ウエスタンリーグの各球団と申し合わせてウエスタン交流試合を組むことも出来るはずです。特にウエスタンは5球団しかありませんし、移動距離が非常に広いので試合日程を組むのに苦労しています。  ですからこちらから出向くと申し入れれば、非常に歓迎して頂けるのは想像に難くありません。
 また、ウエスタン5球団はいずれも自前の球場で公式戦を行いますので、高校野球の予選で球場の確保に苦しむ心配もありません。
 なんなら、九州豪雨の被災地で力仕事のボランティアをしつつ、タマスタ筑後で試合に出るといった、いかにもマイナーリーグ的なハードなスケジュールを組むことも可能でしょう。  もしくは巨人や楽天のように独立リーグのチームと試合を組むことも出来ます。
 この時期に高校野球の予選で球場の確保が難しくなるのは毎年恒例なので、予めこうなるのはわかっている筈です。  ましてや、プロ野球のシーズンが佳境を迎えて、より一層ファームの試合を組む必要性が高まるであろうこの時期にスカスカ日程を放置しているのは、編成面の怠慢と言わざるを得ません。
 黒羽根選手を放出したことでキャッチャーのやりくりが厳しくなってきた近頃のベイスターズファームですが、それ以外の投手も野手も出番の限られた、もっと試合に出さなければならない選手が大勢控えています。
 今すぐにでも臨時で試合を増やすべきであると、強く訴えたい所であります。

以上

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

なぜベイスターズファームの試合日程はスカスカなのか


 コメントありがとうございます!

>1軍でもまだまだ残念なプレーが大いですね。

 個人的に感じている所としては、守備の練習をするには広いグラウンドが必要になるわけですが、ベイスターズは現在の長浦の練習場にあるベイスターズ球場のグランド一面しか常時使えるグラウンドがありませんので、そこも守備力に悪い影響を与えているように思います。内野手なら室内練習場でマンツーマンのノックを受けることは出来るでしょうが、外野とか、内外野の連携とか、そういった練習は球場一面まるまる使えないと実践に即した練習ができません。

 去年横浜スタジアムを傘下に収めた事で横浜スタジアムのグラウンドで練習できる時間は以前より格段に増えたと思いますが、それでも横須賀とハマスタで二手に分かれますので、再来年完成予定の新しい練習場で、せめてジャイアンツ球場くらいのグラウンドを取れればいいなぁと思っています。


>昨日の桑原も2塁からセンターフライで充分3塁に行けたと思うのですが。

 んー、なんとも言えませんね。僕はテレビで見ていたので外野手がどこにポジションを取っていて、どういう送球動作だったのか一連の流れを断片的にしか見られていません。なので昨日のそこの部分は判断しにくいです。

 ただし、これは確実に言えることですが、盗塁が非常に少ないです。リーグ最下位です。レギュラーで常時走れる選手が桑原選手と梶谷選手くらいしかいないのも影響しているのかもしれませんが、しかしそこまで鈍足の選手もいませんので、スキを見せたら走るぞっていう状況に持っていってほしいですよね。
 西武ライオンズの黄金時代なんかは清原選手やデストラーデ選手が年間10盗塁くらいしていますけども、ああいうのが常勝球団の野球だと思いますよ。

 ちなみに、巨人のマギー選手は既に4盗塁だそうです。とても盗塁する選手には見えませんけど、やれば出来るんですよね。

なぜベイスターズファームの試合日程はスカスカなのか


 コメントありがとうございます!

>もっと長いイニング投げさせたい先発5,6番手の候補を3回で降板させて数多く投手を試さなければならない、という事態になっています。

 特に飯塚選手とか綾部選手のような若い選手には長いイニングを投げさせたいのですが、台所事情がそれを許さないんですよね。僕はファームでギリギリ完投出来るくらいで、それでようやく1軍で6回7回をしっかり投げきれるレベルのスタミナが育つという考えですので、ファームで完投させられない状況は非常に不味いです。砂田選手が先発で定着できなかった理由がまさにそこですからね。

 リリーフにしても連投テストがほとんど出来ませんので、すぐに1軍に上げて2連投3連投させると一気にパフォーマンスが落ちてしまいます。


>どうもTBS時代からこの球団は育成の投資はしないですね。

 TBS時代は腕利きのコーチを呼んでみたり社会人野球の交流戦を組んで場数を増やしたりもしているんですが、DeNAになってから一旦方針転換しているんですよね。
 確か山下大輔さんがファームの監督の時に年間150試合やるとぶち上げてBCリーグの交流戦をたくさん組んだりしたものの、結局何かが噛み合わずにドタキャンして先方に迷惑をかけてしまったり、などなどがありました。そこから後は若いピッチャーを大量解雇したり、コーチを給料の安い人ばかり集めて「コーチも育てる」等と言い出してみたり、ちょっと迷走している感じもあります。

 今の一軍がそこそこ戦えているのはTBS時代からの選手(桑原高城世代含め)と、あとはDeNA以降の即戦力ルーキーで戦力を賄えているからで、DeNA以降に獲った選手で育てて1軍の戦力として使っているといえるのは宮崎選手と砂田選手くらいかな?ですから、ここをなんんとかしないといつまでも戦力の厚みが生まれないですよね。



 

なぜベイスターズファームの試合日程はスカスカなのか

今日は いつも為になるブログ有難うございます

御意見全く同意します。
ファーム試合日程ですが、なんでこんなにスカスカなのか
自分も不思議におもっていました。
若い選手は特に試合でしか得られないものが多多あると思います。
少しずつ改善してもらいたいと切に思います。

1軍でもまだまだ残念なプレーが大いですね。
バント守備で1塁ががら空で走られたり、返球が遅れ内野安打で2塁からあっさり得点されたり。
このへんもファームの問題ではないかと思っております。

ところで1軍の守備 走塁にもかなり疑問をもっているのですが
これについては如何でしょうか。
昨日の桑原も2塁からセンターフライで充分3塁に行けたと思うのですが。
次の塁を狙う意識が低いと感じています。

これからもどんどん感じた事を発信して下さい。
応援しています。

なぜベイスターズファームの試合日程はスカスカなのか

僕も自分のブログで5月ぐらいにあまりにも3,4日空きの日程が多いものだから、交流戦を行うべきだ、ということを書いたことがあります。
一軍は日程が空くと選手の疲労が回復する、などのメリットがあるのですが、二軍はそもそも選手が多いので、日程が空くメリットがあまり無いです。むしろ一軍で不調、故障者が出た時の入れ替えを試す場が少なくなる、という意味でも二軍の日程がスカスカになるのは良くないです。
本当に今週末の5日間空く、というファームの日程は酷いです。今ウエスタンで中日が空いているので、ナゴヤ球場にでも行って交流戦でもやれば、と僕も思います。
こういう空き空きの日程になるから、もっと長いイニング投げさせたい先発5,6番手の候補を3回で降板させて数多く投手を試さなければならない、という事態になっています。
だから今日の一軍先発の飯塚、明日の久保には不安しか無いです。明らかにしっかりとした調整の試合がファームで出来ていませんから。

どうもTBS時代からこの球団は育成の投資はしないですね。そういう点を改善する為にも、ソフトバンクや広島やオリックス、という西で育成に金をかけて頑張っている球団の姿勢とかをいろいろ見て学ぶことが必要に思います。
選手だけでなく、コーチ、フロントの人も含めて、ソフトバンクや広島やオリックスや阪神を見て勉強して欲しいです。

こんな記事も読みたい

ファイターズ、華麗なゲッツーが見たいなぁ。【HIT! RUN! WIN!】

地力がついてきたように思う。【星の集い】

マイコラス投手はベイスターズ戦回避【YOKOHAMA lover】

今永昇太はまだ2年目なのだ【たぬきなの? ハムスターなの? どっちでもないのがスターマン☆】

最高の後半戦スタート、しかし漠然とした不安がよぎる【野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ】

表と裏 ローテと打線【素人目線のベイスターズ考察】

右腕トリオに期待!エースの意地と新星の輝きとベテランの妙味をそれぞれ見せて欲しい【1998の感動をもう一度】

3タテの歓喜とヤスアキの憂鬱【鯨の遺伝子】

ブロガープロフィール

profile-iconsuguru0220

川崎市中原区出身、横浜市保土ケ谷区在住の木塚、横山道哉世代

職業は超零細企業の経営者。分野は野球とは一切関係ないが、その分野でTVチャンピオンの本戦に出場した経験を持つ。

うさぎを1羽飼っていて毎日朝晩モフモフしている。

プロ野球ファン歴は約30年で、前半17年が西武ファンで後半13年が横浜ファンに。

かつて推した選手は秋山幸二(西武)多村仁(横浜)吉見祐治(横浜)北川利之(横浜)。推した選手が次々にトレード放出の憂き目にあうため最近は推し選手の公表を控えている。



ツイッターアカウントは @suguru0220

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3316845

(12月11日現在)

関連サイト:ベイスターズを二軍中心に見守るブログ 本店

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ巨人入りを目指すのか  &  人的補償を僕なりに考える
  2. 前途ある若者の芽を摘む醜い大人たち
  3. そろそろ1軍にあげて欲しい選手たち
  4. 僕は梶谷選手を猛批判したい
  5. 僕はピッチャーを見る目が無いらしい
  6. 筒香選手と山口俊選手の年俸がアンバランス過ぎた問題
  7. 元ベイスターズ戦士たちのリクルート活動
  8. 横須賀スタジアムへ行こう♪
  9. 2軍選手の食生活
  10. 戦力外から新天地へと向かう選手について

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss