ベイスターズを二軍中心に見守るブログ

2017年7月1日 東北楽天vs横浜DeNA (横須賀) の感想

このエントリーをはてなブックマークに追加



 中一日で横須賀スタジアムに登板しました。
 今日は小雨が降ったり、止んだり、やや強い雨が降ったり、止んだり、の繰り返しでした。
 雨降りの球場においては、隣近所の観客の迷惑にならないように雨合羽を使うことを強く勧めたいと思います。  傘をさしますと、後ろの席のお客さんの視界を遮ってしまいますし、傘から滴り落ちる雨水が後ろの席のお客さんの足元やズボンにかかって濡らしてしまったりと、幾重にも渡る迷惑をかけてしまいます。  出来れば球場でも来場者にそういった注意喚起のアナウンスをしてくれると良いのですが、言われなければ周りに迷惑をかけても良い筈がありませんので、ぜひ皆様も周囲の野球ファンにそのようにお声がけ頂ければと、お願い申し上げます。


 本日のスタメンはご覧の通りです。ベイスターズは平良選手、楽天はゴールデンルーキーの藤平選手です。  故障で戦線を離脱していたオコエ選手の名前もありますね。楽天さんはゴールデンの二頭出しをして下さり、本当にありがたいと思います。日本ハムさんもこれに習って大谷翔平選手を横須賀スタジアムに連れてきて下さいますようお願い申し上げます。
 まずはベイスターズ平良選手ですが、五回を投げて3失点で負け投手になりました。初回の立ち上がりでオコエ選手に根負けするような形でライト前ヒットを許し、送りバントの後に3番中川選手にレフトへ130メートルくらい飛んだんじゃないだろうかという特大の2ランホームランを浴びてしまいました。平良選手はいつも立ち上がりが課題だと自ら言っていた筈ですが、またしても課題クリアはなりませんでした。  平良選手はこの前見た時は140キロを少し上回るくらいの球速を出していたように思いますが、今日は記憶にある限りだと140キロちょうどが最速で、開幕後の球速の出なかった頃に逆戻りしてしまった感もあります。低めへの制球もいまいちで、ですから中川選手には待ってましたとばかりにマン振りされたのだろうと思います。  このままでは平良選手の良さが完全に失われて、とりあえずファームの試合で6回くらいまでイニングを食えるだけの凡庸なピッチャーになりかねません。まずはリリーフに転向して思いっきり腕を振って投げることを徹底してはどうかと、僕は考えています。

 楽天の藤平選手は5回を投げて被安打4の無失点で勝ち投手になりました。球速は145くらいしか出ていませんでしたが、投げる球の7割くらいはストレートで、それでいてベイスターズのバッターがことごとく振り遅れて三振しているのが、さすがだ凄いなと感心しました。それでたった5回で8つも三振を奪ったのです。  後で書きますけれども、スピードガンに表示される球速は藤平選手も高崎選手もほとんど同じで、楽天の小山選手のほうが数キロ速かったのです。ですが、観客としてみている僕からしても藤平選手の球のほうが速く見えましたし、バッターも振り遅れました。よくある高めの釣り球にも各バッターがダボハゼのように手を出して、空振りを重ねました。これが俗にいう「キレ」というやつなのか!と、唸らされました。
 高卒1年目ですから身体の成長も著しい時期の筈です。そういう時期に無理して投げると大怪我をしやすいですから、無理をしないで大切に使ってもらいたいですね。2020年の東京五輪では侍ジャパンのエースになっているかもしれませんよ。

 次に打線について。
 今日も0封されました。全般的にはあまり芳しい状態にはありません。
 そんな中で頑張ったのが高卒ルーキーの松尾大河選手です。あの8つも三振を奪った藤平選手から、ストレートを引っ叩いてレフト前にクリーンヒットを放ちました。あれだけストレートばかり投げているのに各バッターが全く手も足も出ないという中で、恐らく松尾選手もストレートに狙いを定めたと思うのですが、しっかりとタイミングを取れて強いライナーを打ち返しました。  試合終盤の3打席目もリリーフで出てきたばかりの小山選手から先頭バッターとして左中間のフェンス手前まで飛ぶような大きな2ベースヒットを打ちました。たぶん初対戦のピッチャーだったと思いますが、非常に思い切りの良いスイングでした。  この思い切りの良さは終生忘れずに、持ち味としてプレーを続けてもらいたいですね。

 ベテランの域に入った山崎憲晴選手がスタメンで出場して藤平選手の足元にライナーをぶち当てて内野安打としました。彼らしいコンパクトなスイングで見事でした。
 確か5回くらいだったと思いますが、いかにも山崎憲晴選手らしいシーンが有りました。  前を打つ関根選手がライトのポール際にホームラン性のファウルを打ちまして、打って一塁に走り出した関根選手のバットが雨で濡れた土の部分に転がっていたわけですが、山崎憲晴選手はネクストサークルからただちにそこへ駆けつけて関根選手のバットを拾い上げ、自分のユニフォームで泥を拭ってから、戻ってきた関根選手にバットを差し出しました。  山崎憲晴選手といえばチームでも随一のフォアザチームの人として知られていますが、長いファーム暮らしの間もその精神は引き続き保ち続けているなと、立派だなと、嬉しく思いました。関根選手は山崎憲晴選手から見れば8歳も年下になるわけですが、その8歳下の選手のために、わざわざバッターボックスに駆けつけてバットをきれいに拭いてから渡してあげるなんて、素晴らしいではありませんか。  記録に残らないワンシーンですけれども、そういう所もしっかり見て、そして皆さんにお伝えしたいと思いましたね。

 楽天打線ではこの前に見た試合の時と同じく、西田選手と八百板選手の打棒が爆発。2人とも2安打のマルチヒットをマークしました。  八百板選手の事は楽天戦のたびに書いているような気がするので今日は西田選手について書きますが、セカンド・ショートを守れて一発もあって身体能力が高いのに、1軍で使わないのは本当にもったいないと思います。銀次選手がセカンドを守るようになった煽りかもしれませんが、他球団ならレギュラーを取れるチームもあるのではないでしょうか。  今日も2ランホームランを含む2安打です。ホームランが素晴らしいのは言うまでもありませんが、リリーフに回って絶好調の三嶋選手から打ったセンター前ヒットも、タイミングのとり方が実に見事でした。  返す返すも、二軍に置いておくのがもったいない選手だと思います。

 次にリリーフについて。
 ベイスターズは6回三嶋選手、7回大原選手、8回高崎選手、9回林選手がそれぞれ1イニングづつ継投しました。
 今日は三嶋選手の動画を撮ってきました。
https://www.youtube.com/watch?v=euYF082Bqcg

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
【観戦記】 対イーグルス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017年7月1日 東北楽天vs横浜DeNA (横須賀) の感想


 小林選手にしても藤岡選手にしても登板間隔がスカスカでしたので、リリーフとしてそこは非常に重要ですから、ちょっと気の毒ではありました。

 どんな場面でも言い訳せずに抑えてもらいたいのがファン心理なのですけど、そんなスーパーマンが1軍と2軍を行ったり来たりしている筈がありませんからね。ですから、昨日の登板が不安定だったからといってすぐに人の入れ替えを要求するのではなく、とりあえず無失点で済んだわけなので、次の登板でどのように盛り返せるのか楽しみに待つくらいの気持ちでいるのが良いのではと思います。

「2017年7月1日 東北楽天vs横浜DeNA (横須賀) の感想」へのコメント

そうですね。三嶋に期待します。
話した矢先、藤岡が投げましたね。
全投球を見ていないのですが、桑マンのファインプレーがあり、無失点になってましてが、ランナー出てましたね。つてことは、絶好調ではないのですかね。
また、コバちゃんは全投球見ましたが、スライダーがかなりの確率でコントロールできていない事が心配になりました。

2017年7月1日 東北楽天vs横浜DeNA (横須賀) の感想


 コメントありがとうございます!

 藤岡選手は最近の登板を見ていないので、状態はわからないんですよね。この前二軍に落ちてきた時は少し状態も悪くて、相手バッターに簡単に当てられているように見受けられましたので、落ちた理由はこのへんなのかなと思っていますが。

 僕の予想だと明後日からの9連戦の頭で三嶋選手が上がって、もう一つの枠でウィーランド選手が上がってきてくれると嬉しいんですけど、果たして間に合うかどうかですねぇ。

 勝ちパターンもそうですが、全般的に右のリリーフ陣に物足らなさがありますね。


「2017年7月1日 東北楽天vs横浜DeNA (横須賀) の感想」へのコメント

いつも二軍情報有難うございます。
今宵の巨人戦は桑マンのグランドスラムで勝ちましたが、やはり三上がリード守れず、逆転を許しております。三嶋の早期一軍合流とセットアップとして救世主となる事を待ち望んでおります。
その前に 藤岡が上がりましたね。
彼の最近の二軍での調子はどうでしたか?
藤岡も一軍での活躍を期待してます。

こんな記事も読みたい

阪神VSヤクルト 7/1【憂鬱な夜に】

無限のパワー!!【まるごとCARP! ・:,。★~いつのまにかPart2~★,。・:・゚】

【広島】に負けても悔しくならない。【【中日】が負けると次の日イライラする人】

レギュラーシーズン:17/06/30、対読売ジャイアンツ【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

結果論で語らない指揮官のいる幸せ【温故知新ベイスターズ~2017】

会心撃2発。難敵を下す!【ベイスターズファンの慟哭】

菅野相手に2本塁打1四球のみで3得点。井納好投で5割復帰!【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

井納投手が菅野投手との投手戦を制す 筒香選手の四球と梶谷、ロペス選手のホームランが試合を決めた【YOKOHAMA lover】

ブロガープロフィール

profile-iconsuguru0220

川崎市中原区出身、横浜市保土ケ谷区在住の木塚、横山道哉世代

職業は超零細企業の経営者。分野は野球とは一切関係ないが、その分野でTVチャンピオンの本戦に出場した経験を持つ。

うさぎを1羽飼っていて毎日朝晩モフモフしている。

プロ野球ファン歴は約30年で、前半17年が西武ファンで後半13年が横浜ファンに。

かつて推した選手は秋山幸二(西武)多村仁(横浜)吉見祐治(横浜)北川利之(横浜)。推した選手が次々にトレード放出の憂き目にあうため最近は推し選手の公表を控えている。



ツイッターアカウントは @suguru0220

  • 昨日のページビュー:8471
  • 累計のページビュー:3021718

(07月28日現在)

関連サイト:ベイスターズを二軍中心に見守るブログ 本店

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ巨人入りを目指すのか  &  人的補償を僕なりに考える
  2. 前途ある若者の芽を摘む醜い大人たち
  3. そろそろ1軍にあげて欲しい選手たち
  4. 僕はピッチャーを見る目が無いらしい
  5. 筒香選手と山口俊選手の年俸がアンバランス過ぎた問題
  6. 元ベイスターズ戦士たちのリクルート活動
  7. 2軍選手の食生活
  8. 横須賀スタジアムへ行こう♪
  9. 戦力外から新天地へと向かう選手について
  10. ファンがチームを弱くする

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss