ベイスターズを二軍中心に見守るブログ

2017年6月29日 日本ハムvs横浜DeNA (横須賀) の感想

このエントリーをはてなブックマークに追加



 昨日に引き続き横須賀スタジアムに行ってまいりました。今年は試合日程と僕の都合が噛み合わなかったりもして見に行ける試合数が例年よりも少なかったのですが、ようやくペースを上げて例年と同じくらいにまでたどり着きました。
 やみくもに球場に行けば良いものでもありませんが、僕は子供の頃から暇さえあれば川崎球場に行って試合を見ていたものですから、やはり野球観戦といえば球場に行くものであると、身体に染み付いているのだと思います。  行くことでしか味わえないものが有る、という事ですね。


 今日の先発ピッチャーはベイスターズが熊原選手、日本ハムが大卒ルーキーの高良選手です。昨日今日と網谷選手の出場がありませんでしたが、ベンチに居て元気そうにしていましたので、故障では無いだろうと思います。
 まずベイスターズ熊原選手ですが、7回3失点で勝ち投手となりました。僕が球場についたのは1回表5番高浜選手が三振に倒れた場面からですので、その前は見ていません。  今日の熊原選手はいつもより球速は若干抑えめで、恐らく最速は145キロだったと思います。ただしいつもと比べるとコントロールは比較的まとまっていて、外角低めにビシっと決まる場面も数多く見られました。速球派ピッチャーが外角低めにビシっと決めて見逃し三振に抑える瞬間というのは、いつ見ても気持ちのよいものです。
 3失点してしまったのは3回で、これは味方のミスが相次いだものです。ノーアウト1塁でゲッツーにおあつらえ向きなファーストゴロに打ち取るも、一二塁間の挟殺プレーでレベルの低いミスで1塁ランナーの帰塁を許したり、亀井選手のパスボールと言えるようなバッテリーミスもあり、センター前に飛んだフライを松本選手が目測を誤ってヒットにしてしまったり、一塁ゴロでバックホームせずに生還を許したり、よくもこれだけのミスがこのイニングに集中したものだと、熊原選手を気の毒に感じました。  普通に守れば無失点でしたので、熊原選手を責める必要はないでしょう。
 一軍に昇格する前の熊原選手と比べるとまだ少し物足らない所もあって、それは今日の日ハムのスタメンで唯一一軍実績が豊富な岡選手に3安打固め打ちを食らっていて、どれも痛烈な打球でしたので、そのあたりが今後一軍に戻ったときの通用するのかどうかの、一つの物差しになるかもしれないなと思いました。

 日本ハム先発の高良選手は6回を投げて1失点で勝ち負けはつきませんでした。球速は140キロくらいしか出ていませんでしたが、それでもベイスターズ打線は細川選手を除けば5回までほとんどまともな打球を飛ばせませんでした。  昨日の井口選手もそうでしたが、この球速でどうして打てないのだろうと不思議に思える、捉え所のないピッチャーです。奪三振は4で、そのうち2つが高卒ルーキーの松尾選手ですので、ほとんど打たせて取るピッチングです。動くボールというものなのかどうかは僕の席からでは見分けがつかないのでわかりませんが、あの球速できれいな球筋では抑えられないでしょうから、普通のストレートを投げるピッチャーではないものと推測されます。  最後の1失点もレフトを守る森山選手がハーフライナーをファンブル(記録はヒット)したのが影響したようなものですので、内容的には非常に良かったのではないでしょうか。

 次に打線について。
 今日の日本ハム先発の高良選手と唯一しっかり勝負できていたのは細川選手ただ一人でした。最初の打席で多少高めに浮いたボールを見逃さずに左中間奥深くに飛ばし、スキのない走塁で3塁を陥れました。  ピッチャーが変わった3打席目はタイミングを崩されながらもうまくバットで拾って、サードの頭を超えてレフト前へシングルヒットを放ちました。  4打席目はランナーを1塁に置いた場面でなんと送りバントの指示が出ましたが、これも実に危なげのない、きちんと球の勢いを殺した一塁方向へのゴロを転がして任務を完了しました。  細川選手はミートするポイントが少しピッチャー寄りにあるのかな?と見ているのですが、ピッチャーにタイミングを崩されて、そのポイントが崩れても、なんとかバットで拾い上げてヒットにするという場面を、結構な頻度で見ているように思います。  細川選手といえば高校生離れしたパワーに注目されがちですが、このタイミングを崩されてもしっかりとヒットを打てる、とても高卒ルーキーとは思えない実に素晴らしい技術が、本当に言葉ではうまく表せないような、平たく言えば「ええの獲ったわ!」と、そんな風に思っております。
 進歩する速度も非常に早いですし、疲れとかバテているような雰囲気も全くありませんので、このまま怪我をせずにいけば今年中に一軍デビューするのも夢ではないのではないかと、毎試合見る度に妄想をたくましくさせてもらっています。
 7回に代打で登場した黒羽根選手が逆転2ランホームランを放ちました。打った瞬間に入ったとわかる完璧な一打でした。ああいう打球が飛ぶわけですから当然マン振りしていまして、代打で出てきたばかりながら、非常に集中力が高まっていたのだろうと思います。  この前にスタメンで出た試合を見た時もセンター前へクリーンヒットを2本打っていまして、僕のイメージとしては、バッティングに関しては引き続き調子が良いのかなと思います。
 その次の守備からマスクを被ってリリーフした2人のピッチャーで虎の子のリードを守り抜いてチームを勝利に導きましたし、そろそろ、久しぶりの一軍昇格があっても良いのではないだろうかと思いましたね。

 日本ハムでは岡選手が3安打猛打賞をマークしました。最初のヒットは僕が球場に着く前なので見ていませんが、2本目3本目はいずれも非常に鋭い打球で、思い切りの良さが出せていたのだと思います。  昨日は残念ながらあまり良い所が見せられませんでしたし、今日打ったのも全て熊原選手からですので、ただ熊原選手と相性が良かっただけかもしれませんが、これも一つのキッカケになれば良いですね。

 次にリリーフについて。
 ベイスターズは8回福地選手、9回尾仲選手が1イニングづつ投げました。
 福地選手は打者3人で三者凡退です。球速はMAXでも139キロしか出ておらず、かつて150キロを投げた豪腕ぶりは見る影もありません。抑えたのは素直に喜ばしいですし、課題のコントロールも今日はとても良かったと思いますけれども、彼の持ち味がこのまま見られなくなってしまうのは、それはそれで寂しいですね。
 今日は福地選手のピッチング動画を撮ってきました。
https://www.youtube.com/watch?v=30MSFzq-Hjk

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
【観戦記】 対ファイターズ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017年6月29日 日本ハムvs横浜DeNA (横須賀) の感想


 コメントありがとうございます!

>ところで網谷が最近出ていませんが
>怪我でもしたのでしょうか

 文中でも書きましたが、ベンチ入りはしているので怪我ではないんじゃないかと思います。僕の推測ですが、起用の優先順位が松尾選手の方が上なのかもしれません。松尾選手が体力的にスタメンで出ても大丈夫になって優先的に起用されるようになった結果、網谷選手が押し出される格好で控えに回っているのかと。

 ちょっと、今シーズンの網谷選手は足踏み状態みたいな感じもありましたから、少しベンチから眺めて勉強してくれるといいですね。

2017年6月29日 日本ハムvs横浜DeNA (横須賀) の感想

こんばんは
いつも記事楽しみにしております
わかりやすく 為になる記事を有難うございます

細川の記事をよんで ウキウキしております
楽しみが増えました

ところで網谷が最近出ていませんが
怪我でもしたのでしょうか
もしおしりなら お教えいただけますか

いつも投稿が楽しみです
御時間のある時で結構ですので、大変でしょうが宜しくお願い致します

こんな記事も読みたい

さぁ甲子園に帰ろう【妻を虎党にさせる-おっさんのブログ】

今、そこにいる僕【アナグラム的分析ラボラトリ】

6/28対西武戦(那覇)&投手陣は総力戦。【千葉県旭市生まれのロッテ好き。】

隙を突かれて突いて【鯨の遺伝子】

凄みを増してきたLTM砲だが果たして、、、【1998の感動をもう一度】

レギュラーシーズン:17/06/28、対広島東洋カープ【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

打線大爆発。熱い乱戦を制す。【ベイスターズファンの慟哭】

すみません!諦めてました!【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

ブロガープロフィール

profile-iconsuguru0220

川崎市中原区出身、横浜市保土ケ谷区在住の木塚、横山道哉世代

職業は超零細企業の経営者。分野は野球とは一切関係ないが、その分野でTVチャンピオンの本戦に出場した経験を持つ。

うさぎを1羽飼っていて毎日朝晩モフモフしている。

プロ野球ファン歴は約30年で、前半17年が西武ファンで後半13年が横浜ファンに。

かつて推した選手は秋山幸二(西武)多村仁(横浜)吉見祐治(横浜)北川利之(横浜)。推した選手が次々にトレード放出の憂き目にあうため最近は推し選手の公表を控えている。



ツイッターアカウントは @suguru0220

  • 昨日のページビュー:377
  • 累計のページビュー:3304587

(11月23日現在)

関連サイト:ベイスターズを二軍中心に見守るブログ 本店

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ巨人入りを目指すのか  &  人的補償を僕なりに考える
  2. 前途ある若者の芽を摘む醜い大人たち
  3. そろそろ1軍にあげて欲しい選手たち
  4. 僕は梶谷選手を猛批判したい
  5. 僕はピッチャーを見る目が無いらしい
  6. 筒香選手と山口俊選手の年俸がアンバランス過ぎた問題
  7. 元ベイスターズ戦士たちのリクルート活動
  8. 2軍選手の食生活
  9. 横須賀スタジアムへ行こう♪
  10. 戦力外から新天地へと向かう選手について

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss