ベイスターズを二軍中心に見守るブログ

2017年6月28日 日本ハムvs横浜DeNA (横須賀) の感想

このエントリーをはてなブックマークに追加



 この前の日曜日に投開票が行われた横須賀市長選挙において、現職の吉田さんが敗れ、新人で自民党公認の上地さんが当選なさいました。
 吉田前市長は横須賀スタジアムのスコアボードを大改装するのに多額の予算をつけていただいたり、追浜公園をほぼ全て新ベイスターズ総合練習場の用地として差し出していただいたりと、ベイスターズに多大なご労苦をして下さいましたので、非常に残念に思っている所です。
 また、新しく横須賀市長になられた上地さんはタレント上地雄輔さんのお父様として知られております。上地雄輔さんといえば横浜高校野球部のご出身でベイスターズとも相応に結びつきのある御方でおられますし、上地市長は自民党公認という事ですので、これから我がベイスターズの総帥で、球界きっての「政商」として誉れ高い南場智子オーナーの腕がギュンギュンと唸りを上げ、より一層の予算確保が捗るものと、大いに期待をしております。
 上地新市長におかれましては、是非とも横須賀スタジアムの観客席大幅増設、ならびにナイター照明の硬式野球基準適合化を行っていただきたく、その手腕に大いに期待するものであります。


 血なまぐさい政治の話はともかく、本日の先発ピッチャーはベイスターズが田村選手、ファイターズが井口選手の両右腕です。
 まずはベイスターズ先発の田村選手ですが、5回を投げて6失点で敗戦投手となりました。  初回こそ三者凡退でものすごく早く片付いたのですが、いずれも相手バッターが妙に早く手を出して凡打を打っていくので、バッターから見て打ちやすそうなのでは?という心配が頭をもたげました。  果たしてその嫌な予感は的中し、2回に3連打を浴びて先制を許すと、4回5回と続けて失点し、早くも5回になると目に見えてバテ始めて球速が5キロも落ち、結局この回で降板となりました。  球速は僕の見た範囲で最速が146キロで序盤は140キロ台中盤で球速も出ていたと思いますが、高めに浮き、配球もワンパターンで、日ハム打線の皆さんは気持ちよさそうにガンガン打っているように見えました。  確かルーキーだった去年から先発で登板する事が多かったように思うのですが、スタミナが有るような感じはしませんし、どのあたりを課題として投げているのかも感じられませんでした。  短いイニングで思いっきりを腕を振れば150キロくらい出せそうな雰囲気もありますので、そういう試みも見てみたいと思ったりもしますね。

 対するファイターズの井口選手も球速がそれほどあるわけではないのですが、要所を締めるピッチングです。  球場で見ていてこれといった特徴らしいものがわかりませんでしたが、あえて言えば緩急の使い方が上手かったかもしれません。だいぶタイミングを崩されて不格好な空振りをする選手も見られましたし、ずいぶんあっさりと見逃し三振に倒れる選手もいました。  5回で疲れが見えてヒットを3本許して満塁のピンチを招きましたが、特に慌てる様子もなく、ストライク先行で5回無失点のままマウンドを降りていきました。  この前までリリーフをやっていたようで、まだまだ長いイニングを投げられるだけのスタミナがないのでしょうが、なにぶん一軍は広い球場が本拠地ですので、こういうピッチャーが活かせるのかもしれないな、とも思いました。

 次に打線について。
 今日はチーム全員で6安打で、そのうち2本は内野安打です。マルチヒットは1人もいない寂しい内容でした。
 スタメンで1打席立っただけで交代した後藤選手、途中から出てきた松本選手や山崎憲晴選手といったあたりが、やや淡白だったかな?と思いました。松本選手はヒットを1本打っていますからゼロ評価というわけにはいきませんが、いかんせん出場機会が少ないですから、試合勘が取り戻せていないような、そんな気もします。
 特に山崎憲晴選手は去年1年棒に振っていますので、もうちょっと試合に出て、打数も3つ4つもらって感覚を取り戻せないと、本来の良さを取り戻すのに厳しいのではないかなと、その厳しい立場に思いを致しました。  BCリーグとの交流戦を組むなどして試合数を増やさないと、中途半端な調整しか出来ずに苦しむ選手が多いのではないでしょうか。
 今日はルーキーの松尾選手と細川選手の動画を撮ってきました。
https://www.youtube.com/watch?v=scmvjwKgEbE&t=5s
https://www.youtube.com/watch?v=YDC1a1PKleM

 日本ハム打線はチーム全体で8安打でベイスターズと比べて2本しか違いませんが、3番セカンドでスタメン出場の横尾選手がホームランを含む3安打猛打賞と大暴れしました。
 横尾選手というと恰幅の良いイメージなのでセカンドスタメンと聞いた時はかなりビックリしたのですが、特に過不足無く、ごく普通に守備をこなし、守備の負担がバッティングに悪影響するかと思いきやむしろ逆でした。  ホームランは田村選手から打ったレフト方向への、打球を見失うくらいのかなり大きな打球でした。横須賀スタジアムは横浜スタジアムより両翼が広いので、感覚的には今日の筒香選手のホームランよりも遠くへ飛んだのでは?と感じました。  それ以外の打席でも多少タイミングがズレてしまったせいでファールになったホームラン性の打球もありましたし、センターへのシュアなヒットもありました。状態はすこぶる良いのではないでしょうか。
 日本ハムは伝統的に和製大砲が育たないチームであると僕は認識しているのですが、長い間芽が出なかった大田泰示選手が入団早々大ブレークしていますし、横尾選手のような面白い選手も出てきましたので、そろそろ負の伝統も終わりになるのかな?という予感がしてきますね。
 僕が特に期待している今井順之助選手の動画を撮ってきました。
https://www.youtube.com/watch?v=tNc15B_5cm4

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
【観戦記】 対ファイターズ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017年6月28日 日本ハムvs横浜DeNA (横須賀) の感想


 コメントありがとうございます!

 いやぁ昨日の三嶋選手は抜群に良かったですよ。リリーフなら変化球を何種類も考えなくて良いですし、一本調子にガンガン投げても通用しますので、何も考えずにガンガン投げてるだけという感じもしましたが、それが奏功したのではないでしょうか。
 バッテリーを組んだ西森選手はキャッチングが良いので安心して投げられたのもあるかもしれません。

 まだリリーフ一発目なので今後どうなるかわかりませんが、変な欲をかかずに1イニングとか2イニングの短いイニングを無鉄砲にガンガン投げるスタイルができれば、相当良い成績を残せるんじゃないかと、かなり大きな期待をしましたね。

 

「2017年6月28日 日本ハムvs横浜DeNA (横須賀) の感想」へのコメント

三嶋情報、嬉しく思います。一年目を彷彿させる感じですか?
最近の一軍の中継ぎ陣は調子が良くないので、三嶋をセットアップの一員としてあげて見ても良いのですかね?

こんな記事も読みたい

貧打戦で一体感【ドラゴンズ 時々 グランパス】

【2017-70】星の粘投で連敗は止まったものの。。。【ツバメの舞い上がる夢日記】

理に適っている3番筒香【Re:Baseball De:Baystars】

* 続・ベイスターズのバッター陣よ、ありがとう。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

久保投手の援護率と横浜高校トリオの活躍 そしてデジャブ 【YOKOHAMA lover】

梶谷逆転3ラン。筒香、3戦連発で完全復調か?【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

6月28日DeNA×広島 試合結果【横浜DeNAベイスターズへの応援ブログ】

惜敗。パットン無念。【ベイスターズファンの慟哭】

ブロガープロフィール

profile-iconsuguru0220

川崎市中原区出身、横浜市保土ケ谷区在住の木塚、横山道哉世代

職業は超零細企業の経営者。分野は野球とは一切関係ないが、その分野でTVチャンピオンの本戦に出場した経験を持つ。

うさぎを1羽飼っていて毎日朝晩モフモフしている。

プロ野球ファン歴は約30年で、前半17年が西武ファンで後半13年が横浜ファンに。

かつて推した選手は秋山幸二(西武)多村仁(横浜)吉見祐治(横浜)北川利之(横浜)。推した選手が次々にトレード放出の憂き目にあうため最近は推し選手の公表を控えている。



ツイッターアカウントは @suguru0220

  • 昨日のページビュー:793
  • 累計のページビュー:3128170

(09月20日現在)

関連サイト:ベイスターズを二軍中心に見守るブログ 本店

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ巨人入りを目指すのか  &  人的補償を僕なりに考える
  2. 前途ある若者の芽を摘む醜い大人たち
  3. そろそろ1軍にあげて欲しい選手たち
  4. 僕はピッチャーを見る目が無いらしい
  5. 筒香選手と山口俊選手の年俸がアンバランス過ぎた問題
  6. 元ベイスターズ戦士たちのリクルート活動
  7. 2軍選手の食生活
  8. 横須賀スタジアムへ行こう♪
  9. 戦力外から新天地へと向かう選手について
  10. ファンがチームを弱くする

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss