ベイスターズを二軍中心に見守るブログ

2017年6月17日 埼玉西武vs横浜DeNA (横須賀) の感想

このエントリーをはてなブックマークに追加



 今日は横須賀スタジアムで鬱屈とした試合を見てきまして、どんよりとした気分で車にスマホのabemaTVをセットして帰宅してきました。  果たして、追浜公園臨時駐車場を出てから40分後、僕はすこぶる上機嫌に大変身を遂げておりました。追浜のコンビニ駐車場で戸柱選手の満塁ホームランを見て、自宅近くで白根選手のプロ入り初安打初ホームランを見て、いやはや、気分も逆転満塁ホームランと相成りました。
 まずは何よりも白根選手です。初安打初ホームランおめでとうございます。ソフトバンクの育成契約オファーを蹴り、退路を断ってトライアウトに挑戦した、その勇気と決断がこの日を生みました。  かえすがえすも、本当におめでとうございます。これからはハマのジャイアンとして、対戦チームをギッタギタのボッコボコにしてやって下さい!


 本日の鬱屈とした試合のスタメンはご覧の通りです。ベイスターズ先発は平良選手、西武は3年目の玉村選手です。
 まずはベイスターズ平良選手ですが、6回を投げて被安打10くらいで5失点の敗戦投手となりました。球速は山川穂高選手の打席で143キロのスピードガン表示が出ましたが、あとはおおむね140キロを下回る程度で、いつも通りといった所でしょうか。  僕が球場についたのは1回裏ベイスターズの攻撃が始まった所でしたが、既にその時点で1失点していて、その後は毎回のようにヒットを打たれてランナーを抱えながらのピッチングです。呉選手とベテランの鬼崎選手にそれぞれライトへホームランを打たれた場面もありました。  西武はだいたいどのバッターも強いスイングをしてきますので、下位打線といえども一発に警戒しなくてはなりませんが、それにしても強い打球をたびたび打たれました。球数は数えていないのでわかりませんが、これだけのヒットを許していれば球数も嵩んだでしょう。それが6回に影響してきて集中打に繋がり、万事休すとなりました。  考えなければならないことがたくさんありますね。

 西武先発の玉村選手は5回1失点で勝ち投手となりました。玉村選手は高校を出た後1年のブランクを置いて西武にドラフトで指名されて今年で3年目です。球速は140キロを超えない程度で、130キロ台中盤のストレートと110~120キロ程度のカーブ系とスライダー系の変化球が主だった投球内容です。  打たれたヒットは5~6本だったと思います。良い角度で打球が上がってもあと一歩伸びが足らずに外野フライに終わるような、詰まらせて打ち取る場面も少なくありませんでした。もしかしたら不規則に動くボールを投げているのかな?とも思いますが、そこまではわかりません。  球速はそれほどでもないのになぜか致命傷を喰らわない不思議なピッチャーなのか、それともベイスターズ打線の集中力不足なのかわかりませんが、掴み所のない人だと思いました。

 次に野手について。
 今日はチーム全体で8安打ですから、さほど悪くはありません。が、色々と粗が目立つと言いましょうか、不満な点がありました。
 何回だったか忘れましたが、ノーアウト12塁で青柳選手が送りバントを失敗してキャッチャー小フライを打ち上げてしまい、まずは1アウト。その後キャッチャーが間髪入れずに2塁に送球すると、2塁ランナーのシリアコ選手が全力とはいえない勢いで2塁に帰塁するも間に合わずにダブルプレーとなりました。  送りバントを失敗した青柳選手も悪いのですが、僕はシリアコ選手の緩慢な走塁が特に気になりました。彼は自分がバッターとして内野ゴロを打った時は必死に1塁に走るのですが、今回の走塁は怠慢に見えました。
 7回表、リリーフで小杉選手が登板した時ですが、投球練習の最後の投球を受けたキャッチャーがセカンドに送球するのは皆さんもよくご存知のルーティンですけれども、そのキャッチャーの送球が暴投になってセンターまで飛んでしまいました。  しかし、今日のセンタースタメンで出場していた青柳選手はホームに背中を向けて地面を見ながらトボトボと歩いていて自分の方にボールが来ているのに全く気付かず、ボールがセンターフェンス付近まで転がってしまったのを取りに行くのに手間取って試合再開も遅れてしまいました。  あの場面、他の野手も青柳選手に向かって声をかけていたのですが、なかなか気付いてくれませんでした。応援の声で選手の掛け声が聞こえないのは1軍の球場なのであって、2軍の球場はそこまでうるさくありません。ですから、あの大事な時間に青柳選手は一体何をぼーっとしていたのか、僕は不満に思いました。
 その他にも、記録はヒットになったもののセカンド正面に飛んできたゴロを取り損ねた百瀬選手、途中出場でフェアゾーン内のキャッチャーフライをミットに当てながらも捕球ミスして出塁させてしまった亀井選手にも不満に思いました。
 名前を挙げたのはいずれも1軍実績がゼロ、もしくはほぼゼロで、自分の立場をシビアに捉えていなければならない選手たちですけれども、こういう集中力不足とも捉えられるようなミスをして、しかもベンチから厳しい声の一つも飛んでこないようでは、それで良いものだろうかと、暗澹たる気持ちになりました。
 良いことが何もなかったわけではないので一つ補足しておきますと、黒羽根選手がいずれもセンター前に2安打しました。黒羽根選手が右方向にうまくおっつけて打つイメージはないのですが、センター返しは上手いイメージがあります。守備でもこれといったミスも見られませんでしたので、調子が上がってきているのかもしれません。

 西武打線はおしなべて好調なようでしたが、あえてひとつ取り上げるのならば山川選手でしょうか。ライトへ押し込むようにホームランを打ちました。僕も僕の周りのお客さんたちもスタンドに届くとは思っていなかったもので、外野席の芝生の上に着弾したのを見て「ええええぇ~」と驚きの声が上がりました。ちょっと打球の角度が低かったようにも見えたのですが、それでもスタンドに届かせるパワーは見事でした。  山川選手といえば昨年まではいつも大きな声を張り上げていたのですが、今日は大人しく、あまり声が聞こえてきませんでした。自軍の攻撃中にベンチから声を出しているのが若干聞こえたくらいです。大人のスマートな野球選手になられたのでしょうか。そこはちょっと寂しいです。

 次にリリーフについて。
 先程も書きましたが、7回から小杉選手が登板して2イニングを投げました。動画も撮ってきました。
https://www.youtube.com/watch?v=0WQeAQ_AsRI

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
【観戦記】 対ライオンズ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017年6月17日 埼玉西武vs横浜DeNA (横須賀) の感想


 コメントありがとうございます!

 監督コーチが指導する様子を見ていても、優し過ぎるんじゃないかという気がしています。プロ野球選手だから、プロだから自己責任というのはもちろんですが、そうは言っても彼らも人の子で、厳しく言わないと易きに流れてしまうんじゃないかと思います。

 あと、自分の中で物凄く頑張ってるつもりでも、プロレベルで比較すると半分も頑張っていない、みたいな事もありますからね。


>期待の細川、網谷に悪影響が出ないか心配です。

 今はどうかわかりませんが、以前は悪い影響を及ぼす先輩選手がいましたからね。ですから僕も大いに心配ですよ。本人達は意図的に悪い影響を及ぼしているわけじゃないんでしょうが、結果として、優し過ぎたり、傷のなめあいみたいな空気になりますからね。

2017年6月17日 埼玉西武vs横浜DeNA (横須賀) の感想


 コメントありがとうございます!

 平良選手は、しばらくリリーフをやってみてはどうでしょうかね。短いイニングで思い切り腕を振って投げて、そこから学んでもらってはどうかと思います。

 現状はどう見てもスタミナ不足で、それを頭に入れて先発をやっていますのでね。1軍の先発で立ち上がりによく打たれていたのもそのへんの影響が大きいのではないかと僕は見ています。

 山川選手は、西武のレギュラー争いが良い意味で熾烈になっている裏返しでしょうね。彼本人はそんなに悪くはないんですが、西武はホームランを打てるバッターが大勢いますから、彼の長打力も、さほど強みにならないんでしょうね。
 特にDHが無い交流戦のセリーグ主催試合だとファーストがメヒア選手でサードが中村選手ですから、これでは食い込む余地がありません。

 交流戦が終わるとDHがメヒア選手か中村選手になるんでしょうかね。それでようやくサードで出られるかどうかですが、辻監督は守備力も重視するでしょうから、なかなか容易ではありません。

 他球団が喉から手が出るほど欲しい和製大砲がこれだけいるんですから、贅沢なものですよ。

2017年6月17日 埼玉西武vs横浜DeNA (横須賀) の感想

私も見に行きましたが、若手の成長が感じられない、残念な試合でした。先発平良は牽制が上手いですね(2回刺した選手は同じでしたが)。ただ、打たれはじめた6回は明らかに球速が落ちていてスタミナ不足と感じましたし、左打者内角への無警戒な投球(ライト方向に強い風にも関わらず)など課題は明確です。それ以上に危機感を感じたのは野手陣です。ご指摘の選手たちは、失敗を取り返そうとする必死な姿勢も見られず、淡々とイニングをこなしているように見えました。期待の細川、網谷に悪影響が出ないか心配です。

「2017年6月17日 埼玉西武vs横浜DeNA (横須賀) の感想」へのコメント

平良、今年一年はファームで鍛えた方が良いのかも?ですね。

相手チームの話になってしまいますが、山川は またファーム暮らしなのですね。もう一軍に定着したと思っておりました。

こんな記事も読みたい

さあ、明日は交流戦ラストゲームだ!【~常昇魂から真赤激~広島伝説】

交流戦もラスト1試合に【もっとDRAGONSを~】

こういう試合を教訓に出来るかどうかですね。【虎バナシ中心。時たま他球団・・多分】

* ベイスターズのバッター陣よ、ありがとう。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

戸柱再び驚弾。打線爆発で大勝利!!【ベイスターズファンの慟哭】

フェイント ひょっとして自分のファインプレー? そしてジャイアン白根!おめでとう!【素人目線のベイスターズ考察】

劇弾二発。交流戦5割へ。【ベイスターズファンの慟哭】

戸柱の得点圏打率と、今は課題を覚える配球について【いろいろ所持雑感】

ブロガープロフィール

profile-iconsuguru0220

川崎市中原区出身、横浜市保土ケ谷区在住の木塚、横山道哉世代

職業は超零細企業の経営者。分野は野球とは一切関係ないが、その分野でTVチャンピオンの本戦に出場した経験を持つ。

うさぎを1羽飼っていて毎日朝晩モフモフしている。

プロ野球ファン歴は約30年で、前半17年が西武ファンで後半13年が横浜ファンに。

かつて推した選手は秋山幸二(西武)多村仁(横浜)吉見祐治(横浜)北川利之(横浜)。推した選手が次々にトレード放出の憂き目にあうため最近は推し選手の公表を控えている。



ツイッターアカウントは @suguru0220

  • 昨日のページビュー:455
  • 累計のページビュー:3302431

(11月17日現在)

関連サイト:ベイスターズを二軍中心に見守るブログ 本店

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ巨人入りを目指すのか  &  人的補償を僕なりに考える
  2. 前途ある若者の芽を摘む醜い大人たち
  3. そろそろ1軍にあげて欲しい選手たち
  4. 僕は梶谷選手を猛批判したい
  5. 僕はピッチャーを見る目が無いらしい
  6. 筒香選手と山口俊選手の年俸がアンバランス過ぎた問題
  7. 元ベイスターズ戦士たちのリクルート活動
  8. 2軍選手の食生活
  9. 横須賀スタジアムへ行こう♪
  10. 戦力外から新天地へと向かう選手について

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss