ベイスターズを二軍中心に見守るブログ

2017年6月14日 千葉ロッテvs横浜DeNA (平塚) の感想

このエントリーをはてなブックマークに追加


 今日は巨人に移籍した山口俊選手が初登板をする予定でしたので、平塚には行かずに1軍の試合をテレビ観戦するべきか迷ったのですが、やはりテレビよりも球場で見る方を優先するべきだという僕の野球ファン哲学に則り、平塚に行くと決めました。
 山口選手、初登板初勝利にノーヒットピッチングに両チーム初ヒット、お見事でした。これからのご活躍を祈念いたします。願わくば3年位したらベイスターズに帰ってきていただきたいものです。


 本日の先発ピッチャーは、ベイスターズが高卒3年目の飯塚選手、ロッテは関谷選手です。
 まずベイスターズ飯塚選手ですが、6回を投げて被安打5の2失点で勝ち投手となりました。球速は、平塚球場の渋いスピードガンでも141キロをマークしましたので、普通のスピードガンなら145キロくらいといった所でしょうか。去年から今年にかけての飯塚選手の中では、僕が見た範囲で言えば今日が一番速かったのではないでしょうか。  だいたい4回くらいまでは速いストレートを低めに投げられていました。無駄なフォアボールがいくつかあるなぁという感じもありました。ただバッターが多少振り遅れるような感じもあってピンチらしいピンチも無かったのですが、5回位から少しボールが浮き初めて連打を浴び、6回はフォアボールに連打で2失点で、この回までで降板となりました。  良い部分も少なからずあったとは思います。しかし、もう3年目になるのにまだスタミナ不足で6回でバテ始めたりと、相変わらず課題が解決されないままだとも思いました。
 若い先発ピッチャーはファームで完投できる位で、ようやく1軍の6イニングを投げきれるかどうかというのが僕の見立てです。砂田選手もファームでは比較的長いイニングを投げていましたが、1軍ではスタミナ不足が指摘されてリリーフ転向の原因になっていますので、飯塚選手の最も重く受け止めるべき課題も、相も変わらずスタミナという事なのだろうと、今日の試合を見ながら考えました。
 最後に、1打席分だけ飯塚選手のピッチング動画を撮りました。画質が粗々ですが、宜しければ御覧ください。
20170614 横浜DeNAベイスターズvs千葉ロッテマリーンズ 飯塚悟史投手のピッチング https://www.youtube.com/watch?v=H5O7J9kgPbw


 ロッテの関谷選手は5回を投げて被安打9の6失点(自責は5)で敗戦投手となりました。球速はおおむね140キロを超えない程度で、スピードガン表示で139とか138キロ止まりでした。ですからそこに3~4キロ足して考えるくらいが良いかと思います。  関谷選手は数字の通りよく打たれたわけですが、一つ擁護しますと、バッテリーを組んだルーキーキャッチャーの宗接選手がかなりポロポロやってまして、関谷選手が思い切って投げられなかったのかもしれません。  関谷選手が投げたボールがキャッチャーミットにかすりもせずにヒザのレガースに直撃して、ボールがそのまま1塁ベンチ前まで転がっていくようなシーンもありましたし、他にもありました。これでは思い切って腕を振れというのも酷かなとも思いました。  コントロールは決して悪くなかったのですが、球速が無い上に、キャッチャーの取れるボールでピッチングを組み立てなければならないのも、辛いなぁと思いました。
 次に打線について。
 今日は3人褒めたいと思います。
 まずは本日3安打猛打賞のルーキー細川選手です。今日はライトに1本レフトに2本の3安打でいずれもシングルヒットでしたが、右方向のポール際にあわやホームランかというファウルもありましたから、パワーは存分に感じました。  レフト方向に引っ張って打った2本のヒットも彼の持ち味でしょうが、それよりも1本目に打ったライト線へのヒットは、それより前にも右方向へファウルを打ってましたので、関谷選手と本日最初の対戦でどういうボールを投げてくるのか見極めながら、じっくりと呼び込んでいるという雰囲気に見えました。  高卒1年目の6月でここまでバッティングが進化するとは、思った以上に賢い所のある選手なのかもしれません。パワーだけではなく、駆け引きを覚え始めた細川成長日記、という事であります。
 次に今季第一号ホームランを放った青柳選手です。去年はシーズン4本で、そのうち3本を生で見たわけですけれども、これで青柳選手のプロ通算5本中4本のホームランをこの目で見たことになります。ここまで被ると、まるで成長を見守る家族のような気持ちになりますね。  去年はトッププロスペクト扱いでほぼ毎試合スタメン起用されてきましたが、今年はその座を細川選手に奪われまして、スタメンは2~3試合に1回位のペースになりました。去年はシーズンが進む毎に少しづつ成長の跡を感じましたが、今年はプロの壁にぶち当たって、数字が伸び悩んでいますし、何より思い切りの良さが失われてしまいました。  そんな中でようやく飛び出した今季第一号はレフトスタンドへの一本です。彼は器用に右打ちをするタイプではなく、思い切り振ってガンガン引っ張ることで何かを学んで欲しいと思っていますので、これをキッカケにして、今年のこれまでの遅れを取り戻しにいってもらいたいと思います。
 最後の1人は高卒3年目で飯塚選手と同期の百瀬選手です。今年は二遊間を守れる内野手が次々に入団した煽りで一時期はセンターを守ったりもしていましたが、最近はセカンドがメインで、今日もスタメンセカンドでソツのない守備を見せつつ、バットでは右中間への2ベースと、1塁線に見事に転がるセーフティバントで2安打としました。  バッティングに関して、彼は非常に選球眼が優れていて、いつも出塁率の半分はフォアボールで稼いでいるくらいの人なのですが、最近はそれを意識し過ぎるあまり、バットを振れなくなっているのでは?という風に僕には見えていました。  それが今日に関しては2ベースもありましたし、それよりもなによりもバントヒットを試みてきた所に、一皮むけた感を見出しました。選球眼ばかりアテにせず、しっかりバットを使うことを意識してくれれば、そこからの成長も見込めるでしょう。  守備に関しては、ベイスターズで二遊間を守る二十代の選手の中で、現状では柴田選手と倉本選手に次ぐ三番手くらいの位置かな?と思います。今は柴田選手が故障離脱していますので、ここでガンガン臆せずにアピールして、お試しでもいいから1軍初昇格を掴んで欲しいものだと期待しています。

 次にリリーフについて。
 ベイスターズは7回林選手、8回藤岡選手、9回尾仲選手が1イニングづつ投げました。
 林選手はとにかくコントロールに苦しみ、フォアボール2つに、置きに行った球を金沢選手に打たれて満塁のピンチを招きました。この打たれたヒットが痛烈な打球だったので2塁ランナーが生還できなかったのですが、要するにそれくらい林選手のボールに力がなかったという意味でもあるでしょう。  幸か不幸かその次のバッターがドツボにはまってどうにもならない平沢大河選手で、その次が同じく不振で二軍にいる加藤選手でしたので、そこで終わりました。これがもう細谷選手や井上選手の打順なら、あと2つか3つくらいは失点が増えたのでは?と思います。  手術をしたのは一昨年で、去年は1軍に行っても大丈夫では?という時期もあるにはあったのですが、どうにも不安定のままです。なんとか復活してもらえれば、砂田選手が先発に戻れて先発ローテが1つ埋まるのにとか、色々考えてしまうのですが。
 藤岡選手と尾仲選手はいずれもスピードガン表示で140キロを超えない程度、130キロ台中盤から後半の球速のストレートと変化球のピッチングです。2人ともヒットを1本づつ打たれていますが、コントロールはさほど悪くもなく、無難に終えました。

 ロッテは6回から酒居選手がマウンドに上ってそのまま最後まで投げました。球速はスピードガン表示で146キロがあったと思います。ですから150キロくらいは出ていたのだろうと思います。  多少コントロールがアバウトでボール先行になる打席も目立ちましたが、フォアボールは1つ止まりです。  球速がある割には結構強い打球を打たれていて、青柳選手にレフトオーバーのホームランを打たれ、乙坂選手には左中間を破る低い弾道の強い打球の2ベースを打たれ、トータルで3失点となりました。  キャッチャーはベテランの金沢選手にスイッチしていましたのでバッテリーの問題云々ではなく、まだまだお勉強しなければいけない事があるという事でしょうか。もう少しストライクを先行させて自分が有利になるピッチングが出来るといいですね。

                ■
 というわけで本日は1軍と同じ対戦カードを1軍と同じく勝利を収める事ができました。
 両チームとも荒っぽい試合をしていますので、1軍に呼んでもらえるようなソツのないプレーと、そしてスタミナを鍛えていきたいものですね。
千葉ロッテ3-9横浜DeNA 勝:飯塚 敗:関谷 本塁打:青柳(僕の推定飛距離110メートル) 観客数:730人くらい

以上

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
【観戦記】 対マリーンズ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017年6月14日 千葉ロッテvs横浜DeNA (平塚) の感想


 コメントありがとうございます!

 少々辛辣な意見ですが、進歩が見られないのですね。少しづつでも進歩が見られるなら「あと1年我慢すれば」みたいな言い方も出来るのですが、オフの過ごし方とか、スタミナとか、抱えている課題が何一つ解決に進んでいないと、僕は思っています。

 元々の才能は抜群ですから、本人の自覚ですとか、周辺からの厳しい指導とか、そういう大きな変化が起きて欲しいですね。

「2017年6月14日 千葉ロッテvs横浜DeNA (平塚) の感想」へのコメント

飯塚君、期待しているのですが、まだまだですかね?

こんな記事も読みたい

慢心【ドラゴンズ 時々 グランパス】

6/14対DeNA戦(横浜スタジアム)&出鼻をくじかれた。【千葉県旭市生まれのロッテ好き。】

嫌な負け方。。6月14日。【えんじょいブログ】

ベテランの明暗【素人目線のベイスターズ考察】

初回、鮮やかな速攻で連敗ストップ!【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

梶谷隆幸がスタメンに戻ってきたら何番を打つのか問題【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

配球の妙を堪能できた素晴らしい夜でした【いろいろ所持雑感】

おかえり石田。くじけるな須田。次が大事、国吉。【ベイスターズファンの慟哭】

ブロガープロフィール

profile-iconsuguru0220

川崎市中原区出身、横浜市保土ケ谷区在住の木塚、横山道哉世代

職業は超零細企業の経営者。分野は野球とは一切関係ないが、その分野でTVチャンピオンの本戦に出場した経験を持つ。

うさぎを1羽飼っていて毎日朝晩モフモフしている。

プロ野球ファン歴は約30年で、前半17年が西武ファンで後半13年が横浜ファンに。

かつて推した選手は秋山幸二(西武)多村仁(横浜)吉見祐治(横浜)北川利之(横浜)。推した選手が次々にトレード放出の憂き目にあうため最近は推し選手の公表を控えている。



ツイッターアカウントは @suguru0220

  • 昨日のページビュー:377
  • 累計のページビュー:3304587

(11月23日現在)

関連サイト:ベイスターズを二軍中心に見守るブログ 本店

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ巨人入りを目指すのか  &  人的補償を僕なりに考える
  2. 前途ある若者の芽を摘む醜い大人たち
  3. そろそろ1軍にあげて欲しい選手たち
  4. 僕は梶谷選手を猛批判したい
  5. 僕はピッチャーを見る目が無いらしい
  6. 筒香選手と山口俊選手の年俸がアンバランス過ぎた問題
  7. 元ベイスターズ戦士たちのリクルート活動
  8. 2軍選手の食生活
  9. 横須賀スタジアムへ行こう♪
  10. 戦力外から新天地へと向かう選手について

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss