ベイスターズを二軍中心に見守るブログ

2017年6月1日 読売巨人vs横浜DeNA (横須賀) の感想

このエントリーをはてなブックマークに追加



 対巨人3連戦の3試合目でようやく見に行けました。普段は大して忙しくもなく、1日5時間労働のスローライフを満喫しておりますので、たまにこうして連日のように8時間も働きますと、身体が悲鳴を上げ、野球を見に行くどころではありません。  日本一のホワイト企業を目指し、なるべくゆっくり働いていきたいものです。


 本日の先発ピッチャーはベイスターズが久保選手、巨人は大竹選手です。両選手とも現在のチームにFA移籍でやってきた大物であります。この前は背番号1番対決を見た僕ですが、今度はFAピッチャー対決であります。  どちらも、あまりファームでお目にかかってはいけないような気もするマッチアップでございます。
 まずベイスターズ久保選手ですが、5回を投げて無失点で勝ち負けはつきませんでした。
 球速は僕が記憶している限りでも140キロを若干超える程度で、僕が知っている久保選手と比べると6~7キロほど球速が遅く感じます。僕が知っているも何も同じ久保選手ですが、球速が落ちた分、緩急の差が少なくなってバットに当てられやすくなっているのかもしれない、と思いました。久保選手が先発で好成績を残している時は割と奪三振の数も多い方だったわけですが、今日はわずか2奪三振に留まっています。  ボールは低めに集まっていますし、集中打を浴びることもありませんでした。ただ、何かちょっと物足らないような感じもします。バッターがタイミングを狂わされて翻弄されているとか、外国人バッターが苛立ちを隠せなくなっているとか、そういう久保選手らしさが影を潜めていると言いましょうか。
 ウィーランド選手が故障で登録抹消となりまして、1軍に先発ピッチャーを補充する必要に迫られているベイスターズ2軍の台所事情です。今日は球数60球にも関わらず5回で降板しているのを見る限り、次は1軍で登板する公算が高いと思いますが、願わくば広い球場で投げさせて欲しいなと、希望いたします。

 巨人先発の大竹選手は3回を投げて2失点で勝ち負けはつきませんでした。スムーズに継投していましたので、何か支障をきたして3回で降板したわけではなく、元からその予定だったと思われます。  大竹選手の球速は僕が記憶している限りだと147キロがあったかも?という位です。元々それくらい出せるピッチャーだと思いますが、球速はそこそこ出ているものの、山下選手に2本の長打を浴び、細川選手にもアウトにはなったもののセンター後方への大飛球を浴びました。それくらい打球がよく飛んでいまして、これではファームで調整登板せざるを得ないのも、なるほど納得だと思いました。  久保選手もそうですし巨人の内海選手もそうですが、30代中盤のピッチャーは身体の衰えとピッチングスタイルが噛み合わなくなって長期の不振に陥ることが少なくありません。大竹選手もそういう年齢に差し掛かっていますので、先輩方がどのようにしてこの試練を乗り越えていったのか、よく勉強してもらいたいと思いますね。
 ちなみに三浦大輔さんはトレーニングで長距離走よりもダッシュを増やして下半身のキレを取り戻したと仰っていたような記憶があります。

 次に打線について。
 ベイスターズの山下幸輝選手がホームランを含む3安打猛打賞と大爆発いたしました。
 1本目はライトフェンス直撃の2ベースで、打球の角度はホームラン風のそれでしたが、多少詰まったような感じもありました。  2本目のヒットはライトフェンスを軽々超える、いわゆる「打った瞬間」系の美しいホームランでした。まさにホームランバッターが打つような美しい放物線を描くホームランで、中の人が筒香選手の2016verになったのかと見紛うほど、ホームランバッターの風格を醸し出していました。1本目2本目は右投げの大竹選手から打ちました。  3本目のヒットは打って変わってセンター前に低い弾道で抜けていくシングルヒット です。前の2本が見事でしたのでついつい欲が出てきてしまっても不思議ではない所でしたが、山下選手の本分をしっかり保ったのだと思います。こちらは左腕の高木京介選手からでしたので、最初からシュアに打つつもりで打席に入ったかもしれませんね。  という具合にバッティングについては申し分のない素晴らしい働きだったわけですが、ただ、守備については、随分と守備範囲が狭まってしまったものだなぁと、残念に感じました。サードを守ったりショートを守ったり転々としている弊害かもしれませんが、打球への反応の一歩目が遅いように見えました。  チーム事情もありますから贅沢はいえませんけど、できればポジションを固定して使ってあげたい選手ではあると思います。
 今日はチーム全体で7安打でそのうち山下選手以外の4本は皆さん1本づつで、だから山下選手以外に特別に誰かが良かったという感じもしませんが、細川選手が打席に入ったときの巨人の外野のポジショニングにハッとさせられましたので、その時の写真を載せたいと思います。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
【観戦記】 対ジャイアンツ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017年6月1日 読売巨人vs横浜DeNA (横須賀) の感想


 コメントありがとうございます!

 そうそう、細川選手もそうなんですが、吉川尚選手もすごいですね。さすがドライチだなと思う所が随所で見られました。
 最近は西武の源田選手や中日の京田選手、2年目に入った楽天の茂木選手など、割と早くからレギュラーに定着するショートの選手がいますけれども、吉川選手も攻守ともにその面子と比肩するくらいの力量があるんでしょうね。
 ただ、このへんは巨人のチーム事情が、ですね。我慢して使い続けられる状況じゃないというのもありますし、昔から結果の出ない若い選手を我慢して使い続ける文化が無いチームというか。そのへんの難しさを感じます。

 なんというか、巨人の若手選手はおしなべて、変に縮こまっている印象がありますね。若い選手は思い切りプレーする事で成長していくものだと思うのですが、どうも目先の結果を求めて小さくプレーしちゃう所があるように思います。大田泰示選手が日本ハムでいきなりあれだけ結果を出せているのも、巨人の風土がそうさせてしまったんじゃないかと思います。


>意識的に身体を作ってると誰が見ても思うのは岡本と育成の坂口くらいでしょうか?

 和田恋選手なんかはもうちょっと大きくならなきゃいけないタイプだと思うのですが、ちょっと物足らないですね。セカンド・ショートを守るタイプの選手はあんまり大きくなると俊敏性に悪い影響を及ぼすのでダメですが、その他の野手は身体作りをもっとしっかりやらないと、強い打球とか強い送球を出す力を得られませんからね。

 イースタンで身体つきのゴツい選手が多い印象があるのはロッテでしょうかね。井上晴哉選手や香月一也選手のように入ってきたときからゴツかった選手もいますが、大嶺翔太選手のようにだんだんゴツくなってきた選手もいますし。角中選手も昔と比べると相当違いますからね。

 身体作りは長距離砲とか豪速球ピッチャーばかりでなく、技巧派タイプの選手にも必要なんですよね。技巧派で長年飯を食ってる選手なんかは、一見小さく見えても近くで見るとかなりゴツかったりするものですから、もうちょっと目を向けて貰いたいんですけどね。

 巨人の場合は入ってきて年数もさほど経っていない育成選手もすごく多いですから、そういった選手が大勢いるぶん、物足らなさを感じてしまうことはあると思います。ただ、3年4年と続けている選手では、皆さんそれなりに身体作りをしていると思いますよ。ですので、上を目指すのは当然ではあるものの、現状認識としては、そこまで心配するほどでもないと僕は思います。


 いずれにせよ、良いものは良い、悪いものは悪いで、是々非々で野球を見たいですね。ベイスターズファンだから巨人の長所には目を背けるというのでは、野球に対する冒涜ですから、これからも他球団の動向に目を配りたいと思います。

「2017年6月1日 読売巨人vs横浜DeNA (横須賀) の感想」へのコメント

コメント失礼します。

いや、細川へのシフトすごいですね(笑)
それだけ彼の長打力とスイングのスゴさが周知されてるということでしょう。
かく言う私も貴殿のブログに上がっていた先日の二軍戦(巨人江柄子が先発した試合)での彼の打席は非常に印象に残っております。確か外角低めのカーブに手が出て引っ掛けてしまい、完全に体制を崩されてたのですが、そこからが違いました。普通のバッターならボテボテの当たりだと思うんですが、なんとその打球がサードが横っ飛びしても取れないような文字通り火の出るような当たりだったので、思わず「おおっ!」と叫びましたね。まぁここから巨人吉川尚が更に飛びついて打球を止めるばかりか素早いスローイングでなんとアウトにしたので、もう一度「おおっ!」と大きく叫んでしまったのですが(笑)大袈裟に言えば彼ら二人のここのプレーだけでも見れて良かったと思いましたよ。
兎に角、彼の場合は細かいことよりもまず長所を存分に伸ばしてもらって欲しいですね。

あとこれは余談なのですが、貴殿が巨人二軍と対戦を観戦した際は、大抵両軍の身体作りを見て横浜二軍選手の細さを嘆いているように感じます。これは間接的には巨人サイドの選手褒めて貰ってるように感じ、それは嬉しいことなのですが、若干複雑にも感じてしまいます。というのもたまーに見るウエスタンのソフトバンク二軍や三軍、広島の二軍、最近は阪神二軍とかを見るとまだまだ巨人の選手も細いんですよねぇ。意識的に身体を作ってると誰が見ても思うのは岡本と育成の坂口くらいでしょうか?というかイースタンはチーム単位で身体作りしてるとこ少ないのでしょうかね?身体作りは個人任せで高卒でも即実践起用の鎌ヶ谷軍は少し特殊にしても、ヤクルト戸田軍も細い選手多いですし。ちょっと変わったなと思うのは楽天利府軍でしょうか。それが一軍の躍進に繋がっているのかもしれませんね。
だから、逆説的かもしれませんが、この状況を嘆いている私よりも更にそれと比較して嘆いている貴殿の気持ちはなんか妙なシンパシーを感じてしまいます。

こんな記事も読みたい

ベイスターズの日ハム3連戦は4番で決まった問題【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

広島2-4西武。このカード2勝1敗【青木寝具店のブログ。】

6/1VSオ 新クリンナップは機能するも…リードを守れず敗戦。【雄平よ大志を抱け!】

ウィーランド投手抹消【YOKOHAMA lover】

この危機をとにかく乗り切って。【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

(ちょっと無理あるが)唯一のポジ要素は・・・【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

勝利と敗北と。鬼門を駆け抜けよう。【ベイスターズファンの慟哭】

ベイスターズ打撃陣のタイミングの問題【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

ブロガープロフィール

profile-iconsuguru0220

川崎市中原区出身、横浜市保土ケ谷区在住の木塚、横山道哉世代

職業は超零細企業の経営者。分野は野球とは一切関係ないが、その分野でTVチャンピオンの本戦に出場した経験を持つ。

うさぎを1羽飼っていて毎日朝晩モフモフしている。

プロ野球ファン歴は約30年で、前半17年が西武ファンで後半13年が横浜ファンに。

かつて推した選手は秋山幸二(西武)多村仁(横浜)吉見祐治(横浜)北川利之(横浜)。推した選手が次々にトレード放出の憂き目にあうため最近は推し選手の公表を控えている。



ツイッターアカウントは @suguru0220

  • 昨日のページビュー:793
  • 累計のページビュー:3128170

(09月20日現在)

関連サイト:ベイスターズを二軍中心に見守るブログ 本店

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ巨人入りを目指すのか  &  人的補償を僕なりに考える
  2. 前途ある若者の芽を摘む醜い大人たち
  3. そろそろ1軍にあげて欲しい選手たち
  4. 僕はピッチャーを見る目が無いらしい
  5. 筒香選手と山口俊選手の年俸がアンバランス過ぎた問題
  6. 元ベイスターズ戦士たちのリクルート活動
  7. 2軍選手の食生活
  8. 横須賀スタジアムへ行こう♪
  9. 戦力外から新天地へと向かう選手について
  10. ファンがチームを弱くする

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss