ベイスターズを二軍中心に見守るブログ

再び動き出した横浜ドーム構想

このエントリーをはてなブックマークに追加


 いつもはブログタイトル通り2軍の話題を中心に取り上げていますが、今日は1軍に関連するこの話題を取り上げたいと思います。
横浜ドーム構想が再燃 経済界、具体案を公表 http://www.nikkei.com/article/DGXLZO75518460R10C14A8L71000/
 横浜市に新たにドーム球場を作ろうとする動きは以前にも起こりましたが、その構想が十数年にも及ぶ雌伏の時を経て、いよいよ現実味を帯びてきたというのです。
 横浜にドーム球場を作ろうというのですから、当然のことながら我らがベイスターズが無関係である筈もなく、従ってベイスターズファンの立場から意見を述べるとしますと、大いに賛成したいと考えています。
 まず、ドーム球場という形態について賛否両論あると思います。お天道さまの下でやるのが王道だ、とか、暑い時期にビール片手に見るナイターは最高だ、とか、その一つ一つが確かに傾聴に値する素晴らしい意見だとは思いますが、しかしながら、ドーム球場を本拠地とするチームのほうが何かと有利でそれが成績にもハッキリと現れているのを鑑みますと、ドーム球場という選択が現実的ではないでしょうか。  ドーム球場は試合が雨で中止にならないので日程が計画通りに進捗しますが、これによってシーズン後半の過密日程が回避されます。春や秋の寒い時期、真夏の猛暑日も一定の環境で試合ができるので蓄積される疲労の度合いが軽減されますが、それが長丁場のシーズンの最後の方になって差として現れるのです。  ドーム球場を本拠地とする巨人中日ソフトバンク日ハムが毎年のようにリーグ上位としての地位を固めつつあるのも、ドームのメリットを最大限享受しているからです。
 営業的にも今の横浜スタジアムよりもはるかに良いのではないでしょうか。
 観客席をどれくらい設けるつもりなのかわかりませんが、満員札止めのスターナイトの試合ですら3万人に届かないキャパシティの横浜スタジアムより、観客動員数が5万人くらいとれるような大きさの球場の方が収益面から考えてプラスになるのは間違いありません。  球場を大きくすることで来場者の客単価を増やす工夫がしやすくなるメリットも見逃せません。単純に快適で高付加価値のシートを現在のSS指定よりも高く売り出すことも可能でしょうし、飲食物の販売スペースも増やせます。座席が狭いせいで飲食物を買いに動くのも躊躇われる現状の横浜スタジアムより、通路や座席ピッチを広くして身動きしても周囲のお客さんに迷惑をかけずに済むようにすれば、その分来場者の食が進むのは間違いありません。
 あとは、毎試合何万人もの来場者が見込まれる場所だからこそ、企業に広報活動の場を提供することもできるのではないでしょうか。例えばカード毎とか月毎とかでイベントスペースを貸し出して、日産自動車に新型車の展示をさせてみるとか、電機メーカーに新型スマートフォンのタッチアンドトライキャンペーンをやってもらうとか、もしくは地方の名産品を販売する物産展をやるとか、何万人も来場者がいる場所ならではの場所貸しビジネスにも利用できるのではないでしょうか。

 球場の経営形態としては、横浜スタジアムを横浜市の第三セクターに経営させて色々な問題を生じさせた事を反面教師として、今回はなるべく民間資本をかき集める方向でやっていくべきです。我が国の大企業は今でも数百兆円レベルの剰余資金を有効活用させずにだぶつかせておりますので、そういった企業を複数社束ねてジョイント・ベンチャーを形成する事はできないでしょうか。ハコモノを作るとなるとすぐに公的資金に委ねがちですが、横浜というロケーションを踏まえれば、全て民間投資で行ってもきちんとした利益を得られるだけのものが出来ると思います。  むしろ公的資金を投じさせることで役人の天下り先のようにでもなってしまえば、時代時代の変化に応じた柔軟な経営ができなくなる恐れが高いと危惧されます。

 球場を作るからには、ベイスターズが試合を行わない日にいかに有効に運用していくのかがカギとなります。
 現在の公式戦日程では約70試合、それにオープン戦が10試合あるかないか、順調に勝ち進んだ場合のプレシーズンマッチが数試合しかありませんので、今までと同じような活用法を漫然と続けているだけでは、1年365日のうち1/3も埋められません。  そこで提唱したいのが、シーズン中に関しては、ビジターゲーム開催日は原則全てパブリックビューイングとして、しかもグラウンドを開放してはどうでしょうか。グラウンド上をビアガーデンにして、電光掲示板にビジターゲームの模様を映して、飲食をしながらベイスターズの試合をグラウンド上で観戦できるようにするのです。入場料は取らないほうが良いとは思いますが、そこは臨機応変に対応してくれればよいです。なにぶんグラウンド上とあって非常に広いですから、相当な規模のビアガーデンになります。  それでもかなりの場所が余ると思いますので、余った場所でベイスターズOBによる、かつて西武ライオンズが行っていたサラリーマンナイトのような催しを常設で行えないものでしょうか。ベイスターズOBで球団職員の鈴木尚典さんや北川利之さんや桑原義行さんがコーチ役になって、仕事帰りのサラリーマンにノックを浴びせたり打撃指導をしたりするのです。会社帰りに同僚たちと連れ立って、お酒を飲む人もいればノックを受ける人もいる、なかなか愉快な空間になるのではないでしょうか。  また、仮にこのアイデアを実現しますと、365日中160日くらいを埋めることが可能になります。それでもまだ200日くらい稼働が余ってしまいますが、そこから先は高校野球の大会であったり、野球以外のイベントで埋めていくことが可能になるのではないでしょうか。

 僕は1978年生まれ、つまり横浜スタジアムと全くの同い年になります。僕は今でもピチピチの若者でいるつもりですが、客観的にはもうおじさんと呼ばれる年代ですし、横浜スタジアムも同様の扱いになってしまいました。かつて日本で一番広い球場だったのに、今では球界随一の狭い球場として散々な言われようです。あまりの言われように、たまに腹が立つ事もあります。  ですが、そろそろ現実を直視しなければならない時期にさしかかっているのまた事実でして、新しい球場の話はいい加減具体的なものを煮詰めていかなければならないのでは?と考えています。
 一刻も早く横浜ドームを実現して欲しいと願っております。

以上

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

再び動き出した横浜ドーム構想


 コメントありがとうございます!

 雨の日はあれですね、特に遠方から来られる方にとって判断が難しいですよね。僕は近いからいいですが、遠くの方がイチかバチかで行ってみてダメだったら、精神的にも金銭的にも、そして貴重な休暇を台無しにしてしまった無念さとかで、色々としんどいのだと思います。

 ちなみに、ハマスタも横浜ドームの候補地も海から近いので天然芝の採用はほぼ不可能だと思います。海水の塩分が風で球場まで飛んできますので、芝枯れしてしまうのです。
 ただ、人工芝なるものが採用されて30年以上が経ちますからね、そろそろ天然芝同様のものが出てきてもおかしくないのではと思っているのですが。そうすると恐らくサッカー場でも使えるようになるでしょうから、そこの所の技術革新も願いたいですね。


 東京湾岸は東南海地震の大津波が予想されていますので、そういった場合の備えとしも、ドーム球場というのはアリではないかなと思います。
 横浜駅からみなとみらい近辺は行楽地とオフィス街で昼間人口が多いですから、そこを収容できるような施設はあったほうがいいかなと。

再び動き出した横浜ドーム構想

コメント失礼致しますm(__)m
貴重で詳細な二軍情報、いつも楽しく拝見しております。

一軍の試合は今日も直前に雨が降り、いつも2時間かけて1時間半前に行く自分は天気予報を信じて雨具を一切持たずに来てしまったので、横浜駅をうろうろして傘を買い、雨中でごはんはイヤなので横浜駅のケンタッキーでサクッとごはんを済まし、球場近くのコンビニで500円のレインコートを買い、入場で結構並んで1回表2死1塁でやっと席につき、結果全く雨が降らない・・・と、まあ見事に振り回されました(笑)

やっぱりドームだと楽だなぁ、とはどうしても思いますが、太陽や夜空の下での野球観戦はやはり格別ですし・・・というわけで開閉式、どうせならもう一歩踏み込んで天然芝で、と思いますが、難しいかな?
基本開けっぱなしで、雨が降り出したら閉める、なら天然芝もできないかな、無理かな、と素人らしく安易に願ってみます(笑)

再び動き出した横浜ドーム構想


 コメントありがとうございます!

>あらためて今年の中止の多さを見るにつけ、必要かなと思うようになりました。

 知り合いの話ですが、その知り合いの知り合いがかなり遠くから見に来られたのに、その日に限って雨で中止になって非常にガッカリされたと聞きました。僕もたまに遠くの球場まで足を運ぶのでわかりますが、遠くまで見に行って中止になると、そのショックは計り知れないものがあります。
 プロスポーツの特徴としては遠隔地のお客を引っ張ってくる強力な集客力がありまして、東京ドームの巨人の試合は今でも観戦ツアーが存在するほどです。
 屋外球場はそういったリスクと隣り合わせなので、そこはしっかり考えないといけないなと思います。

 あと、テレビ中継の都合もありますよね。いまだに放映権がどうのこうのという話になりますが、雨天中止リスクもテレビ局に敬遠される遠因になろうかと思います。

 「横浜ドームを実現する会」のホームページによれば、開閉式の屋根を考えているようですね。電気代については数年後の電力自由化で飛躍的に下がるだろうと思いますけど、今はソーラーパネルの発電効率も非常に良いので、仮に電力消費が大きくても、そのコストを吸収する方法はいくらでもありそうですね。
 そういうハイテクなものをこれでもかと取り込んで、日本の技術を海外にアピールする場として活用するのもポジティブで良いと思います。

「再び動き出した横浜ドーム構想」へのコメント

初めまして。コメント失礼します。
横浜ドーム構想は前から聞いていましたが、
あらためて今年の中止の多さを見るにつけ、必要かなと思うようになりました。
ただ、私個人としては、ドームにするなら開閉式にしてほしいと思います。
ヤフオクドームみたいに開け閉めするのに電気代が100万もかかるのは困りますが、
もう少し簡易的なものが出来るならば、開閉式にしてほしいと。

こんな記事も読みたい

8/15 巨人 7-2 広島 → このコンディションで勝ったんだから文句無いでしょ【ジャイアンツ愛・いやそれ以上!】

【広島ため息遊戯】マエケンはいまどきの優秀若手社員だったとは?【みんなのカープ】

【マエケン】マエケンが、本当のエースになるために乗り越えるべき課題 ~今日の試合は、負けてよかった【☆☆☆ CARP時代 ~ The Golden Age of CARP!! ~ ☆☆☆】

8月・・7勝3敗!【寝ても覚めてもベイスターズ】

三浦の調子のバロメーターは左バッターのインコース攻め。ナゴヤ現地観戦2日目。【心の底から好きさベイスターズ☆】

果たして・・断ち切る事が出来たのか? この勝利で・・・負の連鎖を・・・。【愛と哀しみのベイスターズ】

ナゴヤ現地観戦。一試合目。試合どころではなかったです。【心の底から好きさベイスターズ☆】

筒香選手へみんなの祈りが届いたと思いたい。。。【ベイスターズ愛な野球素人な主婦がゆるゆるっと感想します】

ブロガープロフィール

profile-iconsuguru0220

川崎市中原区出身、横浜市保土ケ谷区在住の木塚、横山道哉世代

職業は超零細企業の経営者。分野は野球とは一切関係ないが、その分野でTVチャンピオンの本戦に出場した経験を持つ。

うさぎを1羽飼っていて毎日朝晩モフモフしている。

プロ野球ファン歴は約30年で、前半17年が西武ファンで後半13年が横浜ファンに。

かつて推した選手は秋山幸二(西武)多村仁(横浜)吉見祐治(横浜)北川利之(横浜)。推した選手が次々にトレード放出の憂き目にあうため最近は推し選手の公表を控えている。



ツイッターアカウントは @suguru0220

  • 昨日のページビュー:539
  • 累計のページビュー:3356256

(01月17日現在)

関連サイト:ベイスターズを二軍中心に見守るブログ 本店

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ巨人入りを目指すのか  &  人的補償を僕なりに考える
  2. 前途ある若者の芽を摘む醜い大人たち
  3. そろそろ1軍にあげて欲しい選手たち
  4. 僕は梶谷選手を猛批判したい
  5. 僕はピッチャーを見る目が無いらしい
  6. 筒香選手と山口俊選手の年俸がアンバランス過ぎた問題
  7. 横須賀スタジアムへ行こう♪
  8. 2軍選手の食生活
  9. 元ベイスターズ戦士たちのリクルート活動
  10. 戦力外から新天地へと向かう選手について

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss