ベイスターズを二軍中心に見守るブログ

なぜ巨人入りを目指すのか  &  人的補償を僕なりに考える

このエントリーをはてなブックマークに追加


「巨人はFAで獲った選手をポイ捨てにする」
 山口俊選手の巨人入りに関して、このような理由から山口選手の選択を疑問視するファンの声が結構多く見られましたが、果たしてそれは本当なのでしょうか。
 かつては、そういう選手が多かったのは否めません。広沢さん、清原さん、石井浩郎さん、野口さん、他にも大勢の人がそういう状況になりましたから、その印象が強いのは当たり前かもしれません。
※ 読者さまからのご指摘で石井浩郎さんはFA入団ではないとの誤りに気付きました。貴重なご指摘ありがとうございました(2016/12/08 23:43)
 ですが、最近は必ずしもそうではないのでは?というのが僕の考えです。
【投手】大竹(広島)杉内(ソフトバンク)  【捕手】相川(ヤクルト) 【野手】脇谷(西武)片岡(西武)村田(横浜)   (敬称略)
 今シーズン巨人でプレーしたFA入団の選手は上記の通りです。脇谷選手は出戻りなので他の選手と同じ扱いにするのは難しいですが、不振を極めた選手も含めて、なんだかんだフラットに競争させてもらっているのではないでしょうか。  また、故障に苦しんだ杉内選手は今シーズン一度も一軍で登板できませんでしたが、それでも来シーズンの契約を結んでもらえました。相川選手に至っては本業のキャッチャーで苦しいと見るや、右の代打で起用されるようになりました。
 このように、FA選手のポイ捨ては過去のものになりつつあると言えるのではないでしょうか。
 それと、巨人は外様選手のセカンドキャリアについても随分サポートが手厚くなってきたという印象を受けます。
 かなり前に日本ハムから巨人にトレードで入団した古城茂幸さんは、すっかり生え抜きOBのような雰囲気で日テレG+の巨人の応援番組に出演していますし、昨年FAで獲得したばかりの金城選手も、引退後はコーチとして受け入れています。やはりFAで獲得した藤井秀悟さんは現役時代に一度ベイスターズに移ったものの、引退してからは球団職員として呼び戻しています。  コーチ転身といえば忘れてならないのが井端弘和さんです。もはや彼が元中日の主力選手だった事さえ記憶の彼方に追いやられようとしているのではないでしょうか。
 こういう所を見ると、外様も生え抜きもとことん塩対応のベイスターズのほうがよっぽど辛いように思えてなりません。
 森本稀哲さんや渡辺直人選手や中村紀洋さんなどの外様選手も最終年はほとんどノーチャンスで2軍に幽閉されていましたし、多村選手や鶴岡選手といった元々生え抜きで呼び戻した筈の選手も短期でポイ捨てに近い形で他球団に移る事となりました。
 コーチ陣の顔ぶれも然りです。コーチはコーチで出身云々より能力で引き立てるべきではあるものの、それにしても出身選手の登用が少ないように思えます。
 変わりゆく巨人の状況を見ていくと、現役後半から晩年に差し掛かったプロ野球選手が巨人に移りたがるのも、充分理解できるのではないでしょうか。  引退した後の事まで考えれば、きちんとセカンドキャリアを考えてくれるチームに行きたいと思うのは、特に所帯を持つ選手なら当然のことです。
 ですから僕は、近年の巨人の取組は素直に見習うべきだと、そのように考えています。

               ■
 さて、ドライに人的補償について考えたいと思います。
 普段イースタンリーグを中心に見ている僕としましては、巨人は宝の山だと感じています。ベイスターズの高田GMはリストを見てからの判断だとコメントされていますが、28人のプロテクト枠から外れる選手の中にも必ずや宝が混じっているだろうと思います。
 そこで今回僕は、プロテクトから外れそうだと勝手に想像している選手の中で何人か、僕の推奨リストとして抜粋してみたいと思います。
* 今村 信貴 * 與那原 大剛 * 平良 拳太郎 * 實松 一成 * 辻 東倫

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

なぜ巨人入りを目指すのか  &  人的補償を僕なりに考える


 コメントありがとうございます!

>「僕がベイスターズの選手の中で一番怒ってきたのが山口なんです

 僕もその記事を読んでいて少し疑問に思っていました。字面通りに読めば「サボってましたか?」という話になろうかと思いますが、なんとなくそうではなく、気持ちの準備とか、アスリート的な何かかとも読めますしね。

>三浦が説教が苦手なのか、真実は1ファンにはわからない部分です・・・

 まぁ、三浦さんと自主トレした選手がことごとくアレですからね。唯一なんとかなっていると思った山崎康晃選手も、一緒に自主トレした期間は長くなかったですし、十分な結果だった言えるのかも難しいですしね。
 全然関係ないですけど、三浦さんと自主トレしてた加賀美さんがJR西日本で都市対抗で活躍したり別の大会でノーノーやったり進化してましたけど、どこかNPBのチームが獲らないものですかね。

 三浦さんが山口選手にどういう説教をしたのか、もうちょっと具体的な内容を知りたくなっちゃいますよね。

なぜ巨人入りを目指すのか  &  人的補償を僕なりに考える

山口関連は自分の中の意見や気持ちがしっかり一本化されてからコメントしようと思ってましたが、
なかなか一本化できないものです。

横からで失礼しますが、
山口調子乗るか否かは、
「巨人移籍の山口俊、プロ野球生活11年の紆余曲折。番長が「やっとわかったか」と叱りつづけてきた理由」
というベースボールチャンネルの中にある、
「僕がベイスターズの選手の中で一番怒ってきたのが山口なんです。先発や抑えをやっていく過程でしかって、へこんだりしていたんですけど、去年(2014年)の春先にファームに落ちてきたときボロボロで『やっとわかったか』って話をしたんです。それまで何回怒っても、ちょっと調子が良くなるとフワッとしてしまうところがあった。けどファームに落ちてきたときはどん底で、だいぶ心を入れ替え後半活躍することができました。元々それぐらいポテンシャルは他の選手と違うんです」

という三浦のコメントですかねぇ?これくらいしか思いつきません。
調子に乗れず引きずっちゃうって話なら無限に出てくるんですが。
山口が他人の説教を受けてもすぐ忘れて調子乗っちゃう、言葉を借りると「フワッとしちゃう」タイプなのか、
三浦が説教が苦手なのか、真実は1ファンにはわからない部分です・・・

なぜ巨人入りを目指すのか  &  人的補償を僕なりに考える

源五郎丸さんへ

 コメントありがとうございます!

 小笠原さんも日ハム時代はヒゲがトレードマークだったのにあっさり剃りましたしね。

 そんな中、たぶん唯一だろう髭のまま入団した我らが屋鋪さんが燦然と輝きますなぁ。

なぜ巨人入りを目指すのか  &  人的補償を僕なりに考える


 コメントありがとうございます!

>田代さんや金城を球団に留めなかったのは最大のミスです。
>藤田もそうですが、多村・鶴岡の最後も褒められたもんじゃありません。

 田代さんはTBSベイスターズの末期、尾花政権1年目の順位がダントツのビリだから「誰か責任を取らなければならない」という理由でクビになったと田代さん自身がインタビューで言っていましたね。
 その時の田代さんは二軍監督だったので、なんで一軍の成績不振で二軍監督が詰め腹を切らされなければならんのか!と憤慨したのをよく覚えていますよ。

 それで間髪入れずに楽天にスカウトされて、デーブ監督の年に一緒に退団したら、今度は巨人からオファーが来たという流れです。


>近年でも小笠原・ラミレス・工藤とそこそこのFA選手が放出されていますので一概に横浜球団ばかりが塩対応というわけでも無い気がします。

 ラミレスさんは5年前、工藤さんが巨人からベイスターズに来たのは06年オフなのでちょうど10年前。ですのでもう近年と呼べる範囲ではないのかなと思います。そして小笠原さんが巨人から中日に移ったのも一昨年の金城さんと同じパターンで、自らFA宣言してるんですよ。なのでこれも含めるのは苦しいのではと。


>そういった意味でも球団にとって残すべき選手はきちんと残してるんだと思います。
>使いやすい人から残してる気がして嫌な感じもしますが(笑)

 僕もそんな気がしてます。TBS時代からそういう傾向があって、今でも球団職員で残ってる人で小山田さんも、現役晩年に少しだけベイスターズでプレーして、それで今は鈴木尚典さんや北川利之さんと一緒に神奈川県内各地で野球教室をして回っているようです。

 TBSベイスターズの時は人情もありましてね、盛田幸妃さんを球団職員扱いにして給料出してあげていたんですよ。盛田さん病気で苦しんでいましたから、それで生活を支えていたんだと思います。この判断をしたフロントの人は素晴らしいと思います。

 あとベイスターズの選手経験が一切無いのに球団職員になったのが定岡さんですね。たぶん高田GMのコネ入社だと思います。定岡さん本人は実直勤勉で人柄の評判がすこぶる良いのでベイスターズの職員をされている事に何の不満も無いですけどね。


>少しでも成績が上がるとすぐ有頂天になるから、球団としても信用が無かったんでしょうね

 それはどこから得た情報ですか?ただ自己表現が著しく不器用なだけで、有頂天になるとか図に乗るとか、そういうタイプの人間では一切ないと聞きますけど。

こんな記事も読みたい

中継ぎ苦労人を称えたい その2 須田幸太【野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ】

【2016ポストシーズン#1】12/5 オフの補強は概ね賛成だが、マギーの獲得だけはむしろマイナスでは? 【或る野球ファンのひとりごと】

2016ロッテの奪三振王。【千葉県旭市生まれのロッテ好き。】

契約更改12月5日 宮崎選手2.5倍増、砂田投手400万増 【YOKOHAMA lover】

ウインターリーグ 12月3日熊原投手の8四死球、4日網谷選手の猛打賞【YOKOHAMA lover】

中継ぎ苦労人を称えたい その1田中健二朗【野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ】

山口投手の人的補償について【DeNAベイスターズウィークリー評論】

巨人小山投手←→楽天柿沢内野手のトレードのベイスターズへの影響について【YOKOHAMA lover】

ブロガープロフィール

profile-iconsuguru0220

川崎市中原区出身、横浜市保土ケ谷区在住の木塚、横山道哉世代

職業は超零細企業の経営者。分野は野球とは一切関係ないが、その分野でTVチャンピオンの本戦に出場した経験を持つ。

うさぎを1羽飼っていて毎日朝晩モフモフしている。

プロ野球ファン歴は約30年で、前半17年が西武ファンで後半13年が横浜ファンに。

かつて推した選手は秋山幸二(西武)多村仁(横浜)吉見祐治(横浜)北川利之(横浜)。推した選手が次々にトレード放出の憂き目にあうため最近は推し選手の公表を控えている。



ツイッターアカウントは @suguru0220

  • 昨日のページビュー:539
  • 累計のページビュー:3356256

(01月17日現在)

関連サイト:ベイスターズを二軍中心に見守るブログ 本店

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ巨人入りを目指すのか  &  人的補償を僕なりに考える
  2. 前途ある若者の芽を摘む醜い大人たち
  3. そろそろ1軍にあげて欲しい選手たち
  4. 僕は梶谷選手を猛批判したい
  5. 僕はピッチャーを見る目が無いらしい
  6. 筒香選手と山口俊選手の年俸がアンバランス過ぎた問題
  7. 横須賀スタジアムへ行こう♪
  8. 2軍選手の食生活
  9. 元ベイスターズ戦士たちのリクルート活動
  10. 戦力外から新天地へと向かう選手について

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss