ベイスターズを二軍中心に見守るブログ

2016年9月10日 横浜DeNAvs読売巨人 (ジャイアンツ球場) の感想

このエントリーをはてなブックマークに追加



 まずは広島カープのファンの皆様、関係者の皆様、優勝おめでとうございます。優勝したチームに対してこう言うのもおかしいですが、本当に強かったと思います。  普通は優勝を目前にするとプレッシャー諸々の理由で足踏みしたりするのが常なのですが、カープは足踏みするどころかむしろ猛加速して、どんどん突き放される一方でした。お手上げという他ありません。
 ベイスターズはこれからクライマックスシリーズでカープと対戦できるようにしなければなりませんし、その日が気た暁には、どうぞお手柔らかに、マイルドに挑んで頂けますようお願い申し上げます。
 さて、本日は今年二度目のジャイアンツ球場に行ってまいりました。僕の家からさほど遠くもなく、横浜市青葉区あたりとも非常に近い位置にある関係もあってか、場内は非常に多くのベイスターズファンで賑わいました。  ジャイアンツ球場はファームでも指折りの良い球場だと思いますが、あえて言えば飲食品類の売店がオーダーをさばくのが遅く、いつも行列が途切れません。この状況は過去何年にも渡って続いておりますし、売り上げ的にもマイナス要因でありましょうから、来年以降に向けてオペレーションや動線の見直し、売店の増設などもご検討いただければ幸いに存じます。


 ちょっとわかりにくいと思いますが、本日のスタメンはご覧の通りです。ベイスターズは国吉選手、巨人は高卒ルーキーの與那原選手の両先発ピッチャーです。写真上だとちょうどネットの継ぎ目になって見えなくなっている巨人の5番バッターはDHのアンダーソン選手です。
 まずベイスターズの国吉選手についてですが、今日は5回を投げて4失点で勝ち負けはつきませんでした。1回3回5回の奇数回になると先頭バッターから制球に苦しみ、フォアボールで出したバッターを生還させてしまう悪循環の繰り返しでした。  特に初回はフォアボールのランナーを置いて大田泰示選手にレフトへ超特大のホームランを打たれるなどなど、典型的な悪いパターンにハマり込んでおりました。
 今季、国吉選手が先発をする時はだいたい球速を140キロ台後半までで抑えめにゆったりと投げるのが通例で今日もそうだったわけですが、確か5回位に一度だけ151キロのストレートを、去年までのような格好で投げた場面がありまして、それが低めにズバッと気持ちよく決まったのを見て、球速を抑えるのを止めたほうが良いのでは?等とも感じました。確か先月の神奈川交流戦の時もリリーフで出てきて球速を抑えずに150キロオーバーを連発していましたけれども、その時のほうがストライクが思い通りに取れていたようにも記憶しています。  山口選手や三嶋選手が球速抑え戦術で成功しているので国吉選手も同じような方向性で挑んでいるのかもしれませんが、前の二人のようにはうまくいっていないようですね。

 巨人の與那原選手は同郷の平良選手と同じようなスリークォーター気味のフォームから140キロ台前半、僕が見た中では最速145キロのストレートを主体に投げて5回1失点で勝ち負けはつきませんでした。  投げる球種は7割方ストレートだったと思うのですが、ベイスターズの各バッターが全くタイミングを取れず、4回途中までノーヒットピッチングになりました。4回にロマック選手にしぶとくゴロで抜かれるセンター前ヒットを許し、続く柴田選手に右中間を深く破られて1失点というのが失点シーンでした。ただそれ以降は再び調子を取り戻し、ロマック選手柴田選手以外には申し分のない素晴らしいピッチングだったと感心致しました。  いわゆる球の出どころが見づらいピッチャーなのだろうと思います。そして、高卒1年目にしてはコントロールがそこそこ良いのが長所だと思いました。5回で降板していますが、スタミナが切れたという風には見えず、元々5回までと予定されていたのではないでしょうか。  体格も立派ですし、非常にまとまっていますし、1軍で活躍し始めるまでにそう時間はかからない人なのではないかと僕は思いました。いやはや、いいピッチャーを獲ったものですね。

 次に打線について。
 今日は全般的に低調で、チーム全体で6本くらいしかヒットが出ていなかったような記憶です。
 その中で2安打3打点と一人気を吐いたのがルーキーの柴田選手です。4回の第二打席はロマック選手を1塁に置いて右中間のフェンス手前に着弾するタイムリー2ベースヒットを放ちました。その後にもリリーフで登板した剛球左腕ピッチャーのペレス選手から三遊間を抜ける2点タイムリーを放ち、右ピッチャーも左ピッチャーも関係なしという頼もしいバッティングを見せてくれました。  今春に2軍落ちしてきたばかりの頃はすぐにホームランを打ったりしてバッティングでも好アピールを続けていましたが、その後はジリジリと数字を落とし、すっかり守備の人になってしまいました。しかし今日の柴田選手は非常に思い切りの良い、力強いスイングをしていたように思います。中途半端に当てに行くとか、ハーフスイングを取られての三振といった悪い頃の柴田選手ではなくなり、大学の先輩である山下幸輝選手を髣髴とさせる思い切ったスイングで、それが功を奏したようにも感じました。  守備に関してはベイスターズの内野で一番うまいといっても過言ではなく、毎試合のように「見に来てよかった」と喜ばせてくれる素晴らしいプレーを連発しています。柴田選手の守備を見た人は、きっと誰しもがすぐに1軍に上げて欲しいと思うのではないでしょうか。今のベイスターズ1軍の内野陣に割って入るのもそう簡単ではありませんが、シーズン中にもう一度くらい一軍でプレーする柴田選手を見てみたいと思います。

 巨人打線については、まず個々の選手に触れる前に全般的な印象について書きますが、将来中軸を任されるような長打力のあるごついバッターが揃ってきたな、と脅威に感じました。
 最近の巨人の二軍で4番を打つのは育成登録の坂口選手ですが、彼は元々支配下ドラフトで指名されて入団し、1軍の試合にも多少の出場経験があるはずです。それが伸び悩み等もあって今年から育成契約となってシーズン序盤は三軍に帯同していたと思いますが、力で二軍に這い上がって、今では大田選手や岡本選手を押しのけて4番を任されるまでになりました。  見た感じは、アメリカに渡った李大浩選手のようであります。元々体格の恵まれた選手ではありましたが、ますますデカくなりました。隣に大田選手や岡本選手が並んでも一回り大きく見えます。こんなに威圧感のある見た目の日本人バッターは他にはいないと思います。  今日のバッティングは少々打ち急ぐ感じでの凡退が目立ったものの、最後のほうでライト前に力で運ぶヒットを打ちました。たぶん普通のパワーの選手だとセカンドへのハーフフライにしかならない打球だと思いますし、あらためてパワーを感じました。
 坂口選手がとにかくデカイので、それと比べるとやや小さく見えてしまう大田選手や岡本選手ですが、やはりパワーは一線級で、大田選手は第一打席でレフトへ超特大のホームランを打ちました。東京ドームだと看板に直撃して賞金100万円もらえるタイプのホームランだっただろうと思います。
 他にも巨人に移って復活の兆しを見せる北篤選手も身体が一回り大きくなり、さらにパワーが付きました。ファールになってしまったものの、ライト線へ目の覚めるようなものすごい弾丸ライナーを放ちました。元々芯で捉えた時の打球の速さがある選手でしたけれども、さらに打球が速くなったと感じました。
 イースタンでは西武とロッテの野手にゴツい身体つきの選手が多いのですが、巨人の野手のゴツさは果てしないものがあります。とんでもないハードなトレーニングを積んでいるのではないでしょうか。ベイスターズの野手を体験入学させたら死んでしまうのではないかという位、厳しいトレーニングをしている姿が想像できます。  内田順三さんや田代富雄さんといった名打撃コーチを呼び寄せてバッターの育成にも本腰を入れて取り組んでいるようですし、あと数年もすれば西武と並ぶ和製大砲王国になるのではないかと、そのように脅威を感じた今日一日でした。

 次にリリーフについて。
 ベイスターズは6回大原選手、7回ブロードウェイ選手、8回長田選手で1イニングづつ継投しました。
 大原選手について特に感想が浮かばないのでスキップさせてもらい、7回のブロードウェイ選手ですが、ほぼすべて150キロオーバーのストレートで押しまくりました。コントロールは悪くなく三者凡退に終わったものの、芯で捉えられた強い打球がサードと一二塁間を襲いひやっとさせられました。特に一二塁間の打球はセカンド百瀬選手の大ファインプレーと言ってよく、普通の守備ならライト前ヒットでした。  ブロードウェイ選手について1軍での登板をご覧になったファンの方からすれば印象はあんまりよろしくないのが当然だと思いますが、僕はシーズン途中の慌ただしい入団ではなく、2月のキャンプからじっくりと日本野球にアジャストさせる準備期間さえ取れれば結果は相当違ったのではないかと思えてなりません。キャッチャーとのコンビネーションだったりクイックの練習だったりストライクゾーンの違いを学んだり、時間をかければ違う結果になりそうな要素が少なくありませんので、僕はできれば来シーズンも契約して、日本野球にアジャストしたブロードウェイ選手を見たいと考えている所です。
 8回の長田選手がマウンドに上がるよりも少し前からジャイアンツ球場に雨が降り始めました。それほど強いものではなく、したがって僕は傘も雨具も出さずにそのまま見続けたという程度ですが、その程度の雨が、松ヤニアレルギーでロジンバッグを使うことが出来ない長田選手にどのように影響するのでしょうか。  果たして、この程度の雨では消化できないほどの大炎上で4失点の負け投手となりました。あまり細かく覚えていませんが、3番の大田選手から打者一巡の猛攻でして、どのバッターにも大変気持よくハードヒッティングされまくりました。取ったアウトのうちまともに打ちとったのは最後の藤村選手が打ち上げた浅いレフトフライくらいのもので、まぁとにかくよく打たれました。  内容は、140キロを上回らない程度のストレートが打ち頃の高さにどんどん集まってきて、それで釣瓶撃ちになったのだと思います。北選手がセーフティスクイズを決めたのですが、その時の投球も完全など真ん中でした。そのまま打っちゃえばいいのにとさえ思ったものです。  この前は横須賀スタジアムで良いピッチングを続けていたので「そろそろ一軍かな?」と考えたりもしたのですが、いかがなものでしょうか。これが完全に雨のせいなら良いですがね。

 巨人のリリーフは6回ペレス選手、7回矢島選手、8回公文選手、9回小山選手がそれぞれ1イニングづつ投げました。
 その中で矢島選手について触れます。昨年BCリーグの試合を初めて見に行ってすごいなと思った武蔵ヒートベアーズのピッチャーが2名おりまして、1人は現中日の三ツ間選手、そしてもう一人がこの矢島選手でした。何が凄いと思ったかといえば、スピードガンが無かったので正確な球速は不明ながら、かなりの速いボールをストライクゾーンの低めにテンポよく投げ込める所です。140キロ台後半のストレートをコンスタントに低めに投げられ、さらに2つくらいプロレベルの変化球を持っていればNPBのリリーフとして充分通用するでしょうし、BCリーグにはこのレベルのピッチャーがこんなにいるのかと驚いたのでした。
 巨人は三軍制を敷いていますから首脳陣に評価されなければ二軍の試合に投げさせてもらう事すら叶いませんし、ですから育成でもこの時期に二軍の試合に登板させてもらえる矢島選手は、それだけ首脳陣に高く評価されている証拠と言えます。  もう今季の支配下登録の期限が終わっているから今季中の一軍昇格は絶対にありませんし、さらに今は1軍がシーズン終盤で2位死守のために一軍昇格できる選手のスタンバイが何より最優先事項ですから、普通に考えたら今の時期の巨人の育成選手が二軍の試合に出る事自体がすごいと思うのです。
 そういう前振りの上で今日の矢島選手について書きますが、確か最速は145キロで基本的に140キロ台前半のストレートが中心でしたが、非常にコントロールが良く、あっという間に3アウトを取ってしまいました。  1軍で抑えやセットアッパーを任されるような凄みはまだまだ感じませんが、いわゆる使い勝手の良いリリーフピッチャーとして、かつての真田選手のような存在になれるのではと感じます。今シーズンは支配下登録こそならなかったものの、非常に順調にきていると思います。来シーズンは開幕から二桁の背番号を背負えるように頑張って頂きたいと思います。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
【観戦記】 対ジャイアンツ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2016年9月10日 横浜DeNAvs読売巨人 (ジャイアンツ球場) の感想


 コメントありがとうございます!

>大田が小さく見えるレベルですか
>やばいですねビックサカ

 身長はさほど変わらないんですが、横が凄いですね。デブでは無いので動きは悪くありません。でもさすがにあそこまで大きくなると守備位置はファースト以外にどこがあるだろうかという心配はありますね。
 僕の周囲にいたお客さんたちも口々にデカイなーと囁き合ってました。


>西武のおかわりクローン計画も荒削りながら芽を出しましたし、
>アジャ井上もあとは1軍の壁だけに見えますしね

 山川選手は37試合で二桁ホーマーだそうで、おかわり中村選手が交流戦でプチブレイクし始めた頃を思い起こさせますね。これから先はマークも厳しくなるでしょうが、西武という球団には和製大砲を伸ばすノウハウが有りますから、大怪我をしなければそれなりの所まで行けると思います。

 ロッテの井上選手は、まだまだですね。ああいうタイプはチームバッティングとか右打ちとか「常識的な野球」をやらせると小さくまとまってしまうのですけど、ロッテはそれをやらせるので、ですから山川選手みたいにはなりませんね。
 マン振りとか引っ張りとか、そういういかにも長距離砲的なバッティングを自由にやらせるべきだと思うんですけどね。鈴木誠也選手のホームランなんてほとんどレフトですからね。あれで良いんだと僕は思いますよ。


>ブロードウェイはどうなんすかねぇ

 常時150キロ以上出せるのにどうしてあんなに打たれるのかっていう原因究明とフォローアップをする時間が取れないんですよね。これが年初からチームにいる選手との違いで。カタログスペック的には通用する要素が揃っているので、あとは日本野球向けに調整する必要があるんだと思います。不器用でいつまで経ってもクイックが速く出来ないとか、そういう欠点があるなら無理ですけどね。


>ザガ、ペト、ブロ、モス、エレ

 ペトリック選手は野手転向すればパチョレック選手みたいになるのではと内心期待しなくもないんですけど、ピッチャーとして考えれば、どうなんでしょうね。
 モスコーソ選手は去年肉離れをやってから、もうずっと高めに浮く病が収まらないですからね。一度肉離れをした人は村田修一氏といいブランコ選手といい、元の姿に戻れない印象がすごくあって、ですからどうなんでしょうね。

 このブログの性質を考えると「こいつはいらない!」みたいな事はものすごく言いづらいんですけど、まぁでも、僕が来季も残して欲しいと思うのはブロードウェイ選手くらいなんですよね。



2016年9月10日 横浜DeNAvs読売巨人 (ジャイアンツ球場) の感想


 コメントありがとうございます!

>あの体格・フォームなのに制球が大きく破綻してなくクイックも速いので今までの対戦打者のほとんどが打ちにくそうでした。

 ちょっと気が早いかもしれませんが、斎藤雅樹さんみたいな方向性が狙えそうですよね。僕はあいにくアマ球界の事を全くと言っていいほど知らないので與那原選手のこれまでの経歴も知らずに見ていただけなのですけれども、そういう事だとすれば今はまだ素材をそのまま活かしているだけで、これからの伸びしろが相当期待できそうですからね。

 一昨年田口選手を見た時にこの人は凄いなぁと感心したのをよく覚えているのですが、ここにあと平良選手だったり與那原選手だったりで高卒から地道に鍛え上げた先発ローテが出来上がってきて、巨人ファンの皆さんにとってはかなり楽しみになってくるでしょうね。

 清武さんがいた時に「育成の巨人」を標榜していましたけど、ようやく緒についてきた感じがしますね。


>特に綾部なんて先発でいけそう、所謂本格派になり得る素材ですし

 ベイスターズは2年~3年おきくらいに高卒の右の本格派を獲ってきては1年目に盛大に夢を見させてくれるんですけどね。でも、それで終わってしまうことが多くて、ですので最近は少し冷静に見るようにしています。
 今いる選手だと飯塚選手もそうですし、その前だと伊藤拓郎選手や安斉雄虎選手もそうでした。国吉選手もそうでした。素材型の選手は、それなりに腕のある投手コーチをつけないとダメなんですよね。素材を殺してしまうのです。

 現時点で綾部選手が楽しみなのに違いはないのですが、まずは周辺環境ですね。

「2016年9月10日 横浜DeNAvs読売巨人 (ジャイアンツ球場) の感想」へのコメント

大田が小さく見えるレベルですか
やばいですねビックサカ
西武のおかわりクローン計画も荒削りながら芽を出しましたし、
アジャ井上もあとは1軍の壁だけに見えますしね

ブロードウェイはどうなんすかねぇ
当たりか外れかすらようわからんという意味では
もうちょい見てみたい気持ちもありますが。
ザガ、ペト、ブロ、モス、エレ
どんくらい残すんでしょうねぇ
外人が日本に慣れて活躍することもあるが、
日本に慣れられて攻略されることもあるという当たり前のことを
エリアンが改めて教えてくれましたし・・・

「2016年9月10日 横浜DeNAvs読売巨人 (ジャイアンツ球場) の感想」へのコメント

コメント失礼します。

巨人ファンである私自身、ドラフト指名時は事前評価より少し順位が高いかなーと思った與那原ですが、実戦投入されてからの彼を見るとこれは思わぬ拾いものをしたと思いました。(大変失礼な表現ですが 汗)

管理人さんが仰るようにあの体格・フォームなのに制球が大きく破綻してなくクイックも速いので今までの対戦打者のほとんどが打ちにくそうでした。相当器用で指先の感覚も良いんでしょうかね?この辺は確か横浜スカウトも視察して絶賛してましたね。
さらに県内有数の進学校にいたため今までウェートをやったことがないようですし、そもそもろくな設備がないなか練習時間が二時間といった環境だったそうですから、プロ仕様の体を作って平均球速・球全体のボリュームが上がった時を想像すると1ファンとしては楽しみでなりません。

また與那原と同じような今年野球界に入った大型素材右腕としては、横浜の綾部と阪神の望月も1年目なのに中々好調なようでとてもロマンを感じますね。特に綾部なんて先発でいけそう、所謂本格派になり得る素材ですし、横浜の歴史を見てもこのタイプはリリーフに回されることが多いから、是非ゆっくりでもいいので先発として大きく育てて欲しいと他球団ファンながら思いました。


こんな記事も読みたい

広島の優勝をどう感じとるか【妻を虎党にさせる-おっさんのブログ】

優勝決定ゲーム実況中継❗️V7❗️ありがとう❗️カープ❗️【やっぱりカープがナンバーワン❗️】

* カープよ、ありがとう。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

9.10 1-0 勝利 虎の子の1点を全員野球で守り切る【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

山口俊→山﨑康晃で1-0完封リレー!【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

ローテーション【 横浜の展望 】

今季一番しびれた試合 エース山口投手は9回を守護神に任せた【YOKOHAMA lover】

ストロングポイントとウィークポイント ーCS進出に必要なもの4ー【YOKOHAMA lover】

ブロガープロフィール

profile-iconsuguru0220

川崎市中原区出身、横浜市保土ケ谷区在住の木塚、横山道哉世代

職業は超零細企業の経営者。分野は野球とは一切関係ないが、その分野でTVチャンピオンの本戦に出場した経験を持つ。

うさぎを1羽飼っていて毎日朝晩モフモフしている。

プロ野球ファン歴は約30年で、前半17年が西武ファンで後半13年が横浜ファンに。

かつて推した選手は秋山幸二(西武)多村仁(横浜)吉見祐治(横浜)北川利之(横浜)。推した選手が次々にトレード放出の憂き目にあうため最近は推し選手の公表を控えている。



ツイッターアカウントは @suguru0220

  • 昨日のページビュー:7746
  • 累計のページビュー:3138069

(09月25日現在)

関連サイト:ベイスターズを二軍中心に見守るブログ 本店

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ巨人入りを目指すのか  &  人的補償を僕なりに考える
  2. 前途ある若者の芽を摘む醜い大人たち
  3. そろそろ1軍にあげて欲しい選手たち
  4. 僕はピッチャーを見る目が無いらしい
  5. 筒香選手と山口俊選手の年俸がアンバランス過ぎた問題
  6. 元ベイスターズ戦士たちのリクルート活動
  7. 2軍選手の食生活
  8. 横須賀スタジアムへ行こう♪
  9. 戦力外から新天地へと向かう選手について
  10. ファンがチームを弱くする

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss