ベイスターズを二軍中心に見守るブログ

来シーズンの入閣を希望する人達リスト

このエントリーをはてなブックマークに追加


 我らがベイスターズは宿願だったクライマックスシリーズ進出が現実的な所まで来たという事で、今シーズンは例年と比べると満足度の高いシーズンだとお考えになるベイスターズファンも少なくないのではないでしょうか。
 ただその一方で、2軍を中心に見ている僕としましては、今シーズンは色々と不満が多い年であるという認識を持っています。  なぜなら、選手に進歩が見られないからです。
 飯塚選手や百瀬選手や亀井選手といった高卒2年目の選手の身体つきが1年目の頃と比べてほとんど成長しておらず、相変わらず高校生のようなほっそりとした身体をしているのが不満です。  体づくりはどうなっているのか、技術面での積み重ねがどうなっているのか、進歩らしい進歩が見られません。
 三嶋選手や平田選手や福地選手や小林寛選手のような、入団から数年経って1軍を何度も経験しながら、しかしいまだ2軍が主戦場のままの選手も、これといった進歩が見られません。  出場機会をたくさんもらいながら、いつ出てきても同じような結果を繰り返しています。対戦相手が強ければ打たれ、弱ければ抑える。イースタンの試合でも、いつもこの繰り返しです。
 松本選手や内村選手や小杉選手のような、プロで10年近いキャリアを持ちながら、引き続き2軍が主戦場のままという選手にも、変わり映えがありません。春から秋まで毎日毎日、同じことを繰り返しています。
 今シーズンの目覚ましい活躍が光る選手といえば、倉本選手や桑原選手や戸柱選手など、春からずっと1軍にいた人ばかりです。2軍の首脳陣が手塩にかけた選手が1軍で活躍するケースは、今年に限って言えば誰もいないとさえ言えるのではないでしょうか。
 これではダメだと、僕は思うのです。
 ただただ漫然とイースタンリーグの試合日程をこなしているだけではないか、という憤懣やるかたない気持ちでおります。
 もう10年以上2軍の試合を見続けてきましたが、ここまで進歩がないシーズンは初めてと言っても良いのではないでしょうか。春の教育リーグの頃から最近までで目に見えて良くなったと言えるのは、山本ムサシ選手くらいしか思い浮かばないという現状です。
 もしもこのような状態を来年以降も続けるのだとすれば、ベイスターズは再びクライマックスシリーズから遠く離れた場所へと追いやられるでありましょう。  2軍が1軍に「戦力」を送り込む機能を持たないのだとすれば、1軍はいつも同じメンバーで戦うか、それともロマック選手やエリアン選手のように外国から連れてくるしかありません。それでは結局チームとして成長できず、一進一退ですから、進歩を続ける他球団から置いてけぼりを食らって、クライマックスシリーズなど夢のまた夢になるでしょう。
 ですから僕は、この状況に危機感を持ち、そして来シーズンのベイスターズ2軍の首脳陣になっていただきたい人を、それぞれ個別具体的に挙げていきたいと思います。

■2軍監督 谷繁元信さん
 中日で1軍監督まで務めた人を2軍監督だなんて無理筋にも程があると、書いている自分でさえも思いますが、しかしこれだけの人材を中日球団がいらないと放出なさったわけですから、古巣球団として黙って見過ごすわけにはいかないと、僕は思います。  また、だいたい谷繁さんくらい実績とネームバリューのある人なら解説者のオファーも少なからずあるでしょうが、あれだけの人にユニフォームを着せないでいるのは、たった1年2年の間だとしても、非常にもったいない事だと思います。
 この際、谷繁さんには我がベイスターズの2軍監督として、指導者としての本当のスタートを切ってはもらえないでしょうか。  2軍監督は真夏の暑いさなかでも、炎天下で練習やら試合やらをこなさなければならず、非常にハードな仕事です。ですからある程度若い人に務めてもらいたいポジションであります。その点谷繁さんなら現役を退いて間もないので体力面で差し支えはありません。  1軍で通用する選手を育てるという意味においても、実際に1軍で監督を務めた経験が充分に活かされると思います。優しさと厳しさを兼ね備えた人でもあるでしょう。
 ぜひ来シーズンのベイスターズの2軍監督を谷繁元信さんに務めてもらいたいです。

■投手コーチ 小林宏之さん
 昨年からBCリーグの武蔵ヒートベアーズで監督兼投手コーチを務めている小林宏之さんを投手コーチとして招聘していただきたいと思います。  理由は非常に単純で、指導者としての実績がずば抜けているからです。
 BCリーグ全体からNPBのドラフトにかかる選手は例年だと0人から2人いるかいないかといった所ですが、なんと小林宏之さん率いる武蔵ヒートベアーズは2015年のNPBドラフトにおいて、チーム創設初年度にも関わらず、いきなり5人を送り込むことに成功しました。そしてそのうち4人が投手という実績を打ち立てました。  昨年のドラフトは巨人が3軍制を敷くという事情からいつもより育成選手の指名が多かったのも多数を送り込めた理由では有りますが、しかし武蔵以外の7球団からドラフトにかかったのは石川の長谷川選手1人しかおりませんので、それだけで小林さんの手腕がいかに際立っているかがわかると思います。  1軍の投手コーチは技術指導よりも運用や調整の手腕が主に問われてくると思いますが、2軍の投手コーチはまっさらな素材をしっかりと一人前の選手に育て上げる役割が求められてきますので、そのあたりはBCリーグの選手を育成するのと似た部分があると思います。
 来シーズンのベイスターズの2軍投手コーチには小林宏之さんに務めてもらいたいです。

■打撃コーチ 新井宏昌さん
 腕が良いと評判の打撃コーチは完全な売り手市場で、なかなかフリーの人が見当たりません。田代富雄さんが巨人のコーチを務めたり、大村巌さんがあっという間にロッテのコーチに戻ってしまったり、近年は各球団で奪い合いの様相を呈しております。
 そういった中で数少ないフリーの一人として取り上げたいのが、あのイチロー選手を指導したことで知られる新井宏昌さんです。現役時代はパリーグ一筋でしたが、コーチとしては様々な球団から引っ張りだこでセリーグもパリーグもおおかたご経験されています。  とにかくキャリアが豊富でいらっしゃいますので、まだコーチとしての経験が乏しい若いコーチ陣に対する指導係としての役割も期待できるのではないでしょうか。
 来シーズンのベイスターズの2軍打撃コーチには新井宏昌さんに務めてもらいたいです。

■打撃コーチ補佐 中村紀洋さん
 先程も書きましたが、腕の良い打撃コーチは売り手市場です。なかなか市場に出回りません。だからこそ、腕の良い打撃コーチを新たに育て上げる必要があります。
 そこで取り上げたいのがベイスターズOBの中村紀洋さんです。ベイスターズ退団後も僕のこのブログで何度となく名前を取り上げていますけれども、結構好きです。是非またベイスターズのユニフォームに袖を通して欲しいと、いつも思っています。  中村紀洋さんには新井宏昌さんの補佐として、コーチ業をイチから学んでいただくのと同時に、和製大砲の育成に取り組んでもらいたいと思います。  近鉄バファローズ入団の年に一緒にプレーした経験のある大先輩の新井宏昌さんの下とあればガバナンスは全く問題なく保たれるでしょうし、自身が大阪の公立高校から叩き上げでホームラン王になった経験なども活かして、ゆくゆくは土井正博さんのような名伯楽になっていただきたいのです。
 2軍にいる若い選手達は遊びたい盛りのお年頃でもありますので、彼らに厳しく目を配る役割も求められます。
 来シーズンのベイスターズの2軍打撃コーチ補佐には中村紀洋さんに務めてもらいたいです。

■守備走塁コーチ 波留敏夫さん
 現在は中日でコーチを務めておられる波留さんですが、苦楽を共にした谷繁さんがああいうことになった以上、来シーズンもそのまま中日のユニフォームを着続けるのは難しいのではと思います。
 そして、そうだとすれば、次に行くべき場所はベイスターズの2軍守備走塁コーチです。
 ベイスターズには足の速い選手がそれなりの数おりますけれども、しかし狙って盗塁を出来る選手となると、梶谷選手くらいのものではないでしょうか。最近はそこに桑原選手が加わるようになりましたが、それ以降となると、パッタリです。  盗塁というのはただ前の塁を盗むというだけに留まらず、盗塁イコール得点圏ですし、ピッチャーへのプレッシャーになります。そうなるとピッチャーが投げる球種も制限されていきますので、攻撃全体に計り知れない影響をもたらします。  だからこそ、足が速い選手が狙って盗塁できるようになるのはもちろんのこと、さほど速くない選手でもピッチャーのクイックが上手でないと見るやすかさず走ってくるようなスキの無いチームを作ることが、得点力のあるチーム作りに直結するのではと思います。
 そういうチームを足元から作っていくためには、98年の優勝時に、まさにそういう役割で後続の打者をアシストしまくった波留敏夫さんにうってつけの役割と言えるのではないでしょうか。
 来シーズンのベイスターズの2軍守備走塁コーチには波留敏夫さんに務めてもらいたいです。

                ■
 OBもいれば、ベイスターズに縁もゆかりもない人も候補に含めました。この調子でコーチを集めたらコーチの人件費がどんどん膨れ上がっていくでしょうが、全部足しても、ロマック選手とエリアン選手とブロードウェイ選手の総年俸よりは安く済むでしょうし、その効果はその3人がもたらしたものを遥かに上回るに違いありません。

横浜DeNA、進む2軍の拠点移転計画 横須賀・追浜公園内へ http://www.kanaloco.jp/article/192830
 この記事の中に、こういう記述がありました。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

来シーズンの入閣を希望する人達リスト


 コメントありがとうございます!

>谷繁さんの中日監督時代の語録や、FA時に当時の森監督との考え方の違いによる対立があったり、ということを考えると、谷繁さんはプライドが高いし、
>育成にもあまり関心が無いように思われ、二軍だと引き受けない可能性の方が高いです。

 人間の本心っていうのは生身の人間同士が膝を突き合わせて語り合ってもまだまだ伝わらないことが多いという位のものですから、ましてやニュースや新聞の記事で断片的に見たくらいでは、わからないことも多いと思いますよ。
 本人に拒否されるのであれば、これは僕が文中で無理筋だと書いた通りなんでしょうけれどもね。

 あくまで僕の考えとしては、いきなり1軍の監督を務めるよりかは、コーチなり2軍監督なりで指導者とは何たるやを学んで、手順を踏んでからの方が良いと思うんです。


>恐らく佐伯さんを監督に、という話になりますと、中日の二軍監督時代の成績や暴力事件のことを例に挙げて
>反対する人が多いと思いますが、彼ほど育成に熱い人はいないと思います。

 僕が谷繁さんや波留さんの名前を挙げたのに佐伯さんの名前を挙げなかったのは、まさにそこを問題視しているからです。

 暴力というのは物理的なものも言葉によるものもそうですが、その人の本質を表していますからね、だから反省してます、もうやりません、で済むとは僕は思えないんですね。DVと同じで、繰り返すと考えるほうがむしろ自然です。
 なぜ暴力を振るってしまうのかといえば、これは脳みそでブレーキをかけられないからで、これは相当根深いですよ。体罰はダメだとあれだけ言われてるのにやってしまうわけですからね。

 ですから、もしコーチとしての再起を目指すのだとすれば、一度専門家による医療的なトレーニングを受けてからでないとなりませんし、それもそう短期間で済むものでもないと思いますよ。


>2014年に起こった球団と中村紀との衝突の原因が、2013年のオフに高田GMが、中村紀と鶴岡に年俸の上限を提示して、
>これでゴネるなら自由契約にする、と言った所が発端だと僕は思っていて

 この頃は、その前年のラミレスさんだったり、この年は藤井秀悟さんも鶴岡一成さんもそうでしたし、ベテラン勢が自身の扱いにみんな不満を隠さなかったですよね。渡辺直人さんがトレードで出て行く時にも、小池さんや稀哲さんもいつでも結果を残せる状態だから使って欲しいと直談判してましたし。ですから、ノリさんただ1人の問題というよりかはチーム全体の問題だったのではないかと思いますよ。去年も結局多村選手を使わずじまいでしたしね。

 そこでのわだかまりが残ったままならラミレスさんが戻ってきて監督に就任することも無かったでしょうし、あまり気にするものでもないと思いますよ。

来シーズンの入閣を希望する人達リスト


 コメントありがとうございます!

>二宮さんは監督1年目なので、谷繁起用には反対ですが、

 2軍監督はみなさん1年2年でお辞めになられますし、1年目で終了しても不思議ではないですよ。コーチ時代も含めれば既に5年目ですしね。
 あくまで外から見た印象ですが、優しすぎるんじゃないかと思うんですよね。

 選手を引退された後の経歴が非常にバラエティに富んでいて、野球の指導者としてはもちろん、セカンドキャリアの引き出しなども数限りなくありそうなのでベイスターズに引き続き籍を置いてご尽力頂きたいとは思いますけれども。

 しかしあれですね、中畑さんの盟友としてベイスターズに来た人なのに、自身が立ち上げた芸能プロダクションに中畑さんと犬猿の仲と言われる駒田徳広さんが在籍しているという、得体の知れなさ加減がまた、凄いなと。


>打撃コーチとして面白いのは佐々木恭介さんです。

 ヨッシャーさんですね。そういえば最近名前を見かけないですね。社会人野球の監督をなさっているとかでご健在なのは確かなようで、人選としては、おおなるほどと膝を打つ思いです。確かにアリですね。いろいろな意味で振れ幅の大きい人のようですけど、ヤクルトの伊勢さんが去年までおやりになっていたポジションなどもあるでしょうしね。


>後は、投手コーチに門倉さんかなと。

 確かに仰るとおりですよね。すっかり抜け落ちてましたけど、バンデンハーク選手を指導したのが門倉さんだって僕もどこかで見た覚えがあります。確かフォームの矯正云々を牛島監督時代のベイスターズで身につけたとかいう話もどこかで見た気がするんですよね。あの頃はクルーン選手が球は速いけど超のつくノーコンで、それをフォーム矯正でモノにしたとか、そういう時期だったので。
 
 過去色々あったのは、一生懸命過ぎるあまりというのもありますし、当時はまだ若かったというのもありますしね。

 こういうジャーニーマン的なコーチって、とても魅力的ですよね。選手に技術以外にも色々な影響を与える場合があるじゃないですか。筒香選手がドミニカ修行したのは、以前ベイスターズにいたルイーズ選手の縁があったからと聞きますけど、ジャーニーマンってそういう引き出しの豊富さがありますからね。門倉コーチは僕も大いにアリだと思いましたよ。

来シーズンの入閣を希望する人達リスト


 コメントありがとうございます!

>ファームの起用や入れ替えなどは1軍以上に高田GMが仕切ってるようですからね

 それで結果が出ているなら良いですが、1軍はともかく2軍は社会人野球にも負けるお寒い状況ですからね。だから現状をそっくりそのまま踏襲すればいいという考えは持てません。


>ハルとノリは去り際が厳しいですねぇ

 上の方でも書きましたが、ラミレスさんも色々ありつつも帰ってきましたから、あんまり気にする必要はないんじゃないかと思いますよ。ラミレスさん、現役時代の末期は相当な越権行為をしまくっていますけど、それも球団は水に流してますからね。


>ノリは生涯現役とか嘯かずにスパッと引退してれば、

 駒田徳広さんも似たような経緯を辿りつつも2球団からコーチのオファーがかかってユニフォームを着ていますし、心配いらないですよ。お騒がせぶりならノリさんも駒田さんも似たようなものじゃないですか。試合途中に家に帰っちゃうし。


>個人的には里崎なんかも面白いと思ってるんですけどね

 ああいう目立ちたがり屋さんが2軍のコーチを引き受けてくれるのかという問題もありますけどね。来てくれたらくれたで盛り上がること間違い無しですけれども。試合後に歌ってくれちゃったりして。それで隣の京急マンションから苦情が殺到しちゃったりして。


来シーズンの入閣を希望する人達リスト


 コメントありがとうございます!

>谷繁はやはりああいいう残念な形で中日さんを去ったとはいえすぐに二軍監督で呼ぶにはいかないでしょう

 無理筋を承知のうえで書いていますからね。ただ、近年は二軍監督というポジションにも大物を据える傾向が出てきて、阪神の掛布さんだったりオリックスの田口さんだったり、巨人も吉村禎章さんや川相昌弘さんにやってもらったりしていますので、今後も指導者としてやっていくのであれば、通る道として決しておかしいものでも無いと思いますよ。


>波留に関してもそもそも球団社長と喧嘩した事件があっての退団だったと思いますし、そこら辺も難しいと思います
>中村洋に関しても去り方があまりに残念すぎました

 去り際という意味では現監督のラミレスさんが辞めた時も一悶着ありましたけど、でもこうやって監督として戻ってきてくれましたしね。彼らも大人ですからいつまでも過去の出来事に固執していられないと思いますよ。むしろ、雨降って地固まる、で、一つの壁を乗り越えてくれたら良いのではないかと思いますよ。
 大の大人が喧嘩するくらい一生懸命チームのことを考えてるなんて素晴らしいですしね。


>まず、来季以降で心配するなら高田GM体制のほうですかね(すでに5年目で高齢ですし)

 元々そこまで長くやるつもりはないような事を言ってましたよね。だからそのへんの今後も喫緊の課題として考える必要は大いにあると思います。ただ、それはそれ、これはこれ、ですからね。
 将来的には川村丈夫さんあたりがGMとしてやっていくことになるんでしょうかね。まだわかりませんが。


>宮崎や桑原、白崎あたりの打撃が固まりつつあるのに、去った大村ですとか高須の影響は大きいと思います

 宮崎選手や桑原選手は同意ですが、白崎選手は、どうなんですかね。率は過去数年横這いですが。いずれにせよ、3名とも過去2年位は1軍にいるほうが長いんですよね。ですから大村巌さんや高須さんの影響はあると思いますよ。


こんな記事も読みたい

8/20 巨 3-0 阪→ 貧打線でも安心して見てられた、そういう流れの勝利だったと思う【ジャイアンツ愛・いやそれ以上!】

『どうでもよくはない』【阪神タイガース愛ゆえに】

途方にくれるドラゴンズ【春夏秋冬ドラ応援】

【LINE】「ベイスたんのスタンプ、第2弾やよ!」発売のお知らせ【ベイスたんのブログやよ!】

失速気味のベイスターズと中日の共通項、そして雑感 ある意味で順調です【いろいろ所持雑感】

極貧打線の中に希望を見いだすとすれば【YOKOHAMA lover】

8.19 3連敗・・・  今が一番しんどい、でもまだ3.5ゲーム差もある事実を確認して。【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

ラミレス監督とロペスと宮崎敏郎問題【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

ブロガープロフィール

profile-iconsuguru0220

川崎市中原区出身、横浜市保土ケ谷区在住の木塚、横山道哉世代

職業は超零細企業の経営者。分野は野球とは一切関係ないが、その分野でTVチャンピオンの本戦に出場した経験を持つ。

うさぎを1羽飼っていて毎日朝晩モフモフしている。

プロ野球ファン歴は約30年で、前半17年が西武ファンで後半13年が横浜ファンに。

かつて推した選手は秋山幸二(西武)多村仁(横浜)吉見祐治(横浜)北川利之(横浜)。推した選手が次々にトレード放出の憂き目にあうため最近は推し選手の公表を控えている。



ツイッターアカウントは @suguru0220

  • 昨日のページビュー:377
  • 累計のページビュー:3304587

(11月23日現在)

関連サイト:ベイスターズを二軍中心に見守るブログ 本店

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ巨人入りを目指すのか  &  人的補償を僕なりに考える
  2. 前途ある若者の芽を摘む醜い大人たち
  3. そろそろ1軍にあげて欲しい選手たち
  4. 僕は梶谷選手を猛批判したい
  5. 僕はピッチャーを見る目が無いらしい
  6. 筒香選手と山口俊選手の年俸がアンバランス過ぎた問題
  7. 元ベイスターズ戦士たちのリクルート活動
  8. 2軍選手の食生活
  9. 横須賀スタジアムへ行こう♪
  10. 戦力外から新天地へと向かう選手について

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss