ベイスターズを二軍中心に見守るブログ

2016年7月24日 埼玉西武vs横浜DeNA (横須賀) の感想

このエントリーをはてなブックマークに追加



 今日もまたいつものように横浜横須賀道路を通って横須賀スタジアムに行ってまいりました。
 横浜横須賀道路では古式ゆかしい暴走族少年たちが数台の単車に分乗して中途半端な速度で左車線を走っておりました。  見たところ十代後半くらいのお年頃の少年少女たちが跨っているその単車には、まさに暴走族の王道とも言うべきロケットカウルに段付きシートが標準装備され、あのトサカのようなテールの背面には三社札のようなシールで「コール名人」とか書いてありまして、ナウいなぁと思いました。  ワイモバイルのテレビCMでバブル時代のボディコン服を着た田中美奈子さんのお姿が話題になりましたけれども、あの時代に流行っていたカルチャーを今でもガチで踏襲しているのだから、まさに伝統芸能だなと感服いたしました。
 神奈川には、今でも昭和が息づいております。


 気を取り直して、今日の先発ピッチャーはベイスターズが三嶋選手、西武はドラ一ルーキーの多和田選手でございます。
 まずは三嶋選手ですが、6回を投げて被安打2の無失点で勝ち投手となりました。
 三嶋選手といえばルーキーの頃は剛球と落ちるボールで鳴らしたピッチャーですが、今では完全に違うタイプのピッチャーになりました。球速は140km台前半で、変化球を中心に低めに集めるピッチングで西武打線を翻弄しました。  西武は一発長打のあるバッターが並ぶ強力打線で、打った瞬間に「やられた!」と焦るような良い角度の打球を打たれたことが何度かありましたが、いずれも不思議とフェンス前で打球の勢いが急に落ちて外野フライになりました。バットが折れるとか、どん詰まりの打球も非常に多かった印象です。  去年今年の三嶋選手がファームで好投するときはだいたいこういうパターンが多いような気がします。こういうピッチングを何度か続けられればおのずと一軍昇格のチャンスも訪れるのでしょうけれども、果たして続けられるでしょうか。
 西武の多和田選手は140km台後半の速球と130km前後の横の変化球が中心のピッチングです。たぶんスライダーだと思いますが、バックネット裏から見ていてもわかるくらいキレイな曲がりの変化球で、ボールゾーンからストライクゾーンに入ってきたり、またその逆に出て行ったり、出したり引いたり器用なピッチャーだと感心しました。  確か落合博満さんが言っていた言葉の受け売りなのですが、スライダーはバットの芯で捉えられるとボールの回転が作用して普通の変化球よりも打球がよく飛ぶのだそうで、ですから過度に頼るのは非常に危ないという事だそうですけれども、これだけコントロールが良いと芯で捉える以前の問題かもしれません。  昨日の菊池雄星選手と同じように多和田選手も2イニングだけ投げて降板となりましたが、この感じなら一軍でも相当活躍できるのではないだろうかと、ピッチャーを見る目が無い僕なりに考えました。
 野手陣は昨日に引き続き貧打です。ただし昨日のように箸にも棒にもかからない状況ではなく、良い人はいました。
 まずは乙坂選手です。昨日の試合に出ていたのは1軍がナイターだから実践の場を求めてセルフダブルヘッダーをやりに来たとばかり思っていたのですが、あいにく2軍落ちしてしまったと後になって知りました。  今日は第一打席から一二塁間を鋭く抜けるチーム初ヒット、第二打席はレフト前へ鋭いハーフライナーでチーム2本目のヒットを打ちました。多和田選手からヒットを打てたのは乙坂選手のみです。その後も変則左腕の中崎選手からタイムリーを放つなど、貧打のチームで孤軍奮闘に近い活躍でした。  乙坂選手は今季は代打での打率がすごく良いのだと評判になっていた時期もありましたが、やはり控えでベンチを温めている時間が長くなるに連れて段々調子を落としてしまいました。代打で長期に渡って活躍し続けられるのは経験豊富なベテランが多く、まだ二十代前半の乙坂選手には荷が重かったかもしれませんが、コンスタントに実践の場を得られさえすればそれなりに高い能力を発揮できますし、何より非常に広い守備範囲で昨日今日とチームを何度も救っておりますので、攻守に必要不可欠な存在であることに変わりありません。  一軍外野のレギュラー争いは同期の桑原選手が一歩も二歩もリードしてしまった感がありますが、ラミレス監督が近い将来筒香選手をファーストにコンバートする構想を語っておりましたので、先々を見据えれば、まだまだ能力ある外野手が必要なチーム事情に違いありません。すぐに一軍に戻れるように頑張ってもらいましょう。
 もう一人、これはぜひ大々的に取り上げなければならない出来事がありました。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
【観戦記】 対ライオンズ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2016年7月24日 埼玉西武vs横浜DeNA (横須賀) の感想


 コメントありがとうございます!

>同じ保土ヶ谷区在住ということは知っていましたが、年齢まで同じだとは。びっくりしました。

 木塚鶴岡一成横山道哉マットホワイト世代ですか!これはこれは奇遇ですね。スポーツといえば野球一択みたいな時代の最後の方の世代なので、結構同年代が多いですね。僕らより下の世代はJリーグが創設されてサッカーに流れた人も少なくないので、多少寂しくなりますからね。


>三嶋みたいなタイプの投手は、外野まで結構飛ばされているのは、どう判断しますかね

 西武のバッターはみんなガンガン振ってきますから頻繁に外野まで飛ばされるのはある意味仕方がないです。昨日も山川坂田駒月選手あたりのかなりの長距離砲が居並んでいましたからね。
 三嶋選手は好不調の波が激しいですね。この前は西武ドームの西武戦で火だるまになってましたから、随分な変わりようです。これを継続できないと丁半賭博みたいで恐くて一軍に上げられないんでしょうね。


>ブロードウェイ投手については、ビザの関係と聞いています。

 なるほどそうでしたか。最近久保裕也選手が力を発揮し始めていますし、ザガースキー選手も安定してきましたし、リリーフが少しづつ厚みを増してきましたね。これでブロードウェイ選手が当たりなら、打倒カープの体制が整い始めますねぇ。

2016年7月24日 埼玉西武vs横浜DeNA (横須賀) の感想

コメント失礼します。

同じ保土ヶ谷区在住ということは知っていましたが、年齢まで同じだとは。びっくりしました。

今日はハマスタで観戦していて、残念な結果でした。

2軍の結果を見て、三嶋が結果を出したのは知っていました。
最近、三浦やモスコーソが2軍でも結果を出していないことを知っていたので、少し喜んでいました。

でも中身については、主様のブログでしかいつも確認できていません。
三嶋みたいなタイプの投手は、外野まで結構飛ばされているのは、どう判断しますかね。記事の中身を拝見すると、これが続けばまだいいけど、今日だけではまだ怪しいような感じを受けました。
自分としては、ゴロを打たすような投手じゃないとは思いますが、できれば内野フライや浅い外野フライが多いとベストなのかなと思っています。

ブロードウェイ投手については、ビザの関係と聞いています。
ビザが降りたら、2軍で1,2回投げさせて、1軍でというような監督のコメントを見ました。

こんな記事も読みたい

涌井・エース対決を制し完投勝利【モヤモヤ、まり~んず。】

「大谷調整登板」メインの継投【FF】

今永について。と雑感。【 横浜の展望 】

既にペナントレースの正念場を迎えているセ・リーグで、今永投手がキーマンとなる【YOKOHAMA lover】

巨人戦連勝は良かったが、この勝ち方では上位に行くのは難しいと思う【温故知新ベイスターズ~2017】

同点の場面、なぜ後藤じゃなく白崎だったのか考えてみる。【ベイスターズとプロレスを愛するブログ】

ベイスターズ、新マシンガン打線に足りないもの問題 ~今のメンバーを98組と当てはめてみる~【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

7/23 監督の采配が分けた試合。【心の底から好きさベイスターズ☆】

ブロガープロフィール

profile-iconsuguru0220

川崎市中原区出身、横浜市保土ケ谷区在住の木塚、横山道哉世代

職業は超零細企業の経営者。分野は野球とは一切関係ないが、その分野でTVチャンピオンの本戦に出場した経験を持つ。

うさぎを1羽飼っていて毎日朝晩モフモフしている。

プロ野球ファン歴は約30年で、前半17年が西武ファンで後半13年が横浜ファンに。

かつて推した選手は秋山幸二(西武)多村仁(横浜)吉見祐治(横浜)北川利之(横浜)。推した選手が次々にトレード放出の憂き目にあうため最近は推し選手の公表を控えている。



ツイッターアカウントは @suguru0220

  • 昨日のページビュー:309
  • 累計のページビュー:3304211

(11月22日現在)

関連サイト:ベイスターズを二軍中心に見守るブログ 本店

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ巨人入りを目指すのか  &  人的補償を僕なりに考える
  2. 前途ある若者の芽を摘む醜い大人たち
  3. そろそろ1軍にあげて欲しい選手たち
  4. 僕は梶谷選手を猛批判したい
  5. 僕はピッチャーを見る目が無いらしい
  6. 筒香選手と山口俊選手の年俸がアンバランス過ぎた問題
  7. 元ベイスターズ戦士たちのリクルート活動
  8. 2軍選手の食生活
  9. 横須賀スタジアムへ行こう♪
  10. 戦力外から新天地へと向かう選手について

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss