ベイスターズを二軍中心に見守るブログ

2軍選手の食生活

このエントリーをはてなブックマークに追加


 先日の水曜日にTBS系列で放送された「壮絶人生ドキュメント プロ野球選手の妻たち(※)」という番組を録画して、後になって視聴しました。なぜプロ野球の試合が行われているのと同じ時間帯に放送するのか甚だ疑問でしたが、そこを深堀りすると話が脱線するので、番組の中身について触れます。
※ 壮絶人生ドキュメント プロ野球選手の妻たち http://www.tbs.co.jp/suitoku/suitoku20150520.html
 紹介されたプロ野球選手とOBがトータルで4名いて、そのうち現役で唯一紹介されたのが、我らがベイスターズの国吉選手夫妻でした。奥様はかつて大阪でご当地アイドルのような仕事に就いていて、国吉選手と出会ってめでたくゴールインしつつ、今はお料理を頑張っている、というストーリーでありました。
 その中で触れられていたのが結婚前の国吉選手の、とてもアスリートとは思えない残念な食生活でした。


 国吉選手といえば以前「ロールケーキを食べ過ぎた」という理由で、春のキャンプにウエイトオーバーで登場した事がありました。僕自身も甘党なので気持ちはわからないでもありませんが、これが報じられた当時は「素質に恵まれたプロのアスリートが一体何をやっているのだ」と、愕然としたのを記憶しています。  ですからこの番組を見て、奥様と出会って色々と健康面を気遣ってもらえるようになって本当に良かったと、胸を撫で下ろす思いです。もしも奥様と出会っていなければ、今頃は横須賀市のベイスターズ球場で不遇の暮らしぶりだったでしょう。ファンとしてもそれでは困りますから、国吉選手にはこれからも奥様を大事にして、健康的な食生活を送って頂きたいと願ってやまないのであります。

                       ■
 国吉選手はめでたく更生の道を歩んでくれたので良いですが、どうも心配でならない若手選手もおります。



 ベイスターズファームで貴重なキャッチャーとして頑張ってくれている育成ルーキー、亀井選手その人です。
 本人のツイートによれば、同じく高卒ルーキーの百瀬選手と連れ立ってどこかの飲食店で飲み食いをしてレシートが7777円だったと誇らしげな様子ですが、このレシートに疑いの目を向けざるを得ません。まず、この手の感熱紙のレシートに細かく品目が出るようなお店といえばファミレスか居酒屋あたりと推察できますし、この手のお店で2人で7777円というのはちょっと多過ぎる気がしないでもありません。
 何が言いたいかと言いますと、そのものずばり「酒飲んだだろ?」という事です。
 2人はまだ高卒1年目ですから当然未成年です。未成年がお酒を飲んではならないのは当然ですから、それで問題になるのがひとつの心配の種として残っているのと、あとはやはり食べるものにも気を配ってもらわなければなりません。あくまでレシート下半分しか見えていない中での推察ですが、塩っけの強いものと甘いものの割合が高過ぎるのです。まだこれから身体をビルドアップしなければならない亀井百瀬両選手にとって、この食事に対する意識の問題は、早々に手を打たなければならない大きな課題ではないでしょうか。
 もしもまかり間違ってお酒を飲んでいるようなら、球団側はすぐにビシッとお灸をすえてやって欲しい事と、それこそ寮で監禁して全ての食生活を完全管理するくらいの事をして、それによってアスリートとしてふさわしい食生活を身につけてもらいたいと強く訴えたい次第です。

                           ■
 もう一人若手選手で気になる存在がおります。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2軍選手の食生活


 厚沢さんの件は、以前吉井さんがコーチの時にブログで厚沢コーチの事を「ブルペンで球数を数える人」みたいに書いてニュースになったのを覚えてるからでして、深い意味はありません。すみません。。。

 ご紹介頂いた2つの動画もじっくり見させていただきました。getsportsって番組は深夜の微妙な時間に放送する、実に罪作りな番組ですよね。つい見入ってしまうと自動的に睡眠不足になる、スポーツ番組なのに不健康な番組です。

 余談はさておき、清宮さんですね。このお父さんあっての息子さんなんでしょうね。早実に入学したばかりで早速話題を集めてる息子さんも、ただフィジカルモンスターというだけではなく、物事の考え方を叩きこまれてるからこそ、素質と技術が上手に組み合わさっていくんでしょうね。

 2つ目の動画では白井コーチが出てますが、白井さんはベイスターズの2軍監督や1軍のヘッドコーチも歴任されていますが、どちらのポストも志半ばで退いています。
 ファーム好きですから当時も白井さんのブログをチェックしてましたが、2軍監督から1軍のヘッドコーチにポジションチェンジする時に残念そうな胸の内を書かれていまして、それとこの動画が結びついた感じがします。ブログには「やり残したことがたくさんある」的な事を書かれていたのですが、そのやり残したことというのがこれなんだろうなと、そう感じました。

 これはもう、球団としての中長期的な成長戦略ですよね。今思えば日ハムは鎌ヶ谷にファイターズタウンを作った時からその布石が始まっていたような感じがします。マルハの倉庫の土地を整地して間に合わせで練習場を作ってそれっきりのベイスターズとは、考え方の土台から違うんだと思います。

 今年はオリックスが相当苦しんでいますが、補強頼みのチームは脆いですよね。なんせ積み重ねが無いですから、先が読めませんし、戦力を重層化する事ができません。
 その点日ハムは生え抜き主体ですから、誰かが不調や故障で離脱しても、その次が出てきます。主力の次に出てくるのは能力的に多少見劣りますけど、それほどの落差はありませんし、伸びしろもあります。ですから主力が故障しても、一気にがくっとならないんでしょうね。


 全般的に言えることとしては、日ハムは「集合知」のチームなんですね。プロ野球界の常識に凝り固まらず、人材も知識も柔軟に取り込んでいく。栗山さんを監督に選んだときは正直言って疑問でしたけど、栗山さんは現役を退いてから実に色んな人の知識を吸収し続けてきて、だから日ハムのシステムに馴染むんでしょうね。動画には白井コーチと監督になる前の栗山さんの対談などもありましたけど、なんだか笑っちゃいますものね。

 野球選手といっても野球の全ての面で万能の能力を誇るわけではなくて、野球の中で何かしらの部分に秀でた一芸の人が多くいるんじゃないかと思っています。
 それを上手に引き出すためにはどうしたらよいか。これをチーム全体で突き詰めていますよね。その「どうしたらよいか」が集合知となって、各々の選手の一芸が次々引き出されていく。それは生え抜きで強いチームを作れるわけですよ。

2軍選手の食生活

こんにちは。

少しだけコメント

 日ハムの投手コーチは顔ぶれがコロコロ変わる印象があります。長く続いているのは厚沢さんくらいでしょうか。このへんの継続性も関係するのではないでしょうかね。ベイスターズも入れ替わり立ち代りのコーチにフォームをその都度変えさせられてダメになった投手が少なからずいますし。

→ これはちょっと違うと思います。下の両方(特に二つ目の16分目くらい)を見ていただくとわかるのですが、コーチ同士のミーティングもかなりやるので・・・
ちなみに、厚澤コーチは復帰組(一時期フロントにいました)です。

投手の育成方法がわかればかなり強いと思います。今年高卒新人2人とりましたので、彼らには期待していますが・・・

https://www.youtube.com/watch?v=GQ_v7B-x9-w
https://www.youtube.com/watch?v=LiKXIMQ1BCA

2軍選手の食生活


>これは、日ハム本社のHPに掲載されている。北海道日ハムが行っている、食に対する事取り組みです。

 ベイスターズとは天と地の違いがありますね。ベイスターズ選手の食生活管理はブログ本文で書いた通りで、まともに管理されていないのが明らかです。

 日ハムのこういった取り組みが本格化したのが何時頃なのかわかりませんが、生え抜きの主力選手がベテランと呼ばれる頃にはその差が出てくるのが間違いありません。若い頃に培ったものがハッキリ出るのがベテランになってから、ですから。巨人にFAした村田選手が故障がちなのも、そのへんの影響が少なくないのではと考えています。

 だいぶ前に週刊ベースボールで当時まだ現役だったホークスの柴原選手のインタビュー記事を読んだのですが、30歳を過ぎると体の感覚がすごく変わってくるんだそうです。柴原さんは若いころ秋山幸二さんにそれを教わっていたのに、あんまり気にせずにやっていて、それでいざ年をとって本当にガタっと来て後悔してると、そういう話でした。

 ヤクルトの主力選手に故障が多いのはトレーナーを減らしたのが理由と言われていますが、トレーナーを減らした理由はコストカットですから、もっと他にも色んなものが減らされているんだろうなと予想しています。

 弱いチームはこういう所の考え方からして発展途上ですよね。


>野手は活躍しているんですが、投手は上沢以外(ドラ1は別)は
>いないんですよね、実は。投手は「練習しすぎる」と故障するだけですからね。まだ、改良の余地があるんでしょう。

 日ハムの投手コーチは顔ぶれがコロコロ変わる印象があります。長く続いているのは厚沢さんくらいでしょうか。このへんの継続性も関係するのではないでしょうかね。ベイスターズも入れ替わり立ち代りのコーチにフォームをその都度変えさせられてダメになった投手が少なからずいますし。


>→ 2軍で成績を残すと直に一軍に行かせます。そして、結構使います。故に1軍でポカも結構しますので、批判はバンバンでます。

 近藤選手をすぐに1軍で使いましたものね。今年の浅間選手は能力的に1軍に上がるのも不思議ではないですけど、近藤選手はあんなにすぐに昇格させて、しかも本職でない内野を守らせたり、ずいぶんアグレッシブだなとは思いました。
 でもまぁ、批判はどんな強いチームにも出るものですよ。西武の黄金時代も「野球がつまらない」と批判する声がありましたし。落合さんの中日監督時代もそうでした。そういう批判をいちいち真に受けてたら一貫性のある取り組みなんて出来ませんからね。気にする必要はないですよ。

 阪神なんかはそういう場当たり的な批判をいちいち真に受けるから、いくらお金を使っても優勝できないんでしょうね。

2軍選手の食生活

たびたびすみません。

参考までに

これは、日ハム本社のHPに掲載されている。北海道日ハムが行っている、食に対する事取り組みです。

http://www.nipponham.co.jp/csr/sports/support/

高卒から育てた選手が大勢活躍
→ 野手は活躍しているんですが、投手は上沢以外(ドラ1は別)はいないんですよね、実は。投手は「練習しすぎる」と故障するだけですからね。まだ、改良の余地があるんでしょう。

高卒から育てた選手が大勢活躍
「育成」の部分が取り上げられますが、詳しく見ると下記のような感じです。

①「原石発見」
→ 特に現阪神の今成の親父の功績は大きいです。

② リスクを負ったドラフト指名
→ 菅野、大谷だけでなく、色々やっています。ちなみに、ダルビッシュは日ハム単独指名です。

③ 少数精鋭
→ あまりに行き過ぎて、けが人が出たときは「DH,一塁、二塁、捕手」の4人が捕手登録の選手です。また、よくイースタン最下位を歩いています。

④ 一軍での育成
→ 2軍で成績を残すと直に一軍に行かせます。そして、結構使います。故に1軍でポカも結構しますので、批判はバンバンでます。
巨人、阪神等特定のメディア(デイリー新聞)があると、無理でしょう。あと北海道民はやさしいから、という部分も大きいと思います。中田の4番試用の時の罵声はすごかったですが、甲子園でやっていたら、暴動でしょう。

参考までに

こんな記事も読みたい

あぁ、またも投手陣総崩れ【虎番日記】

C8-9Ys 悔しいなぁ【カープニッキ。】

監督更迭【大江戸あかむらさき】

勝つには勝ったが・・・【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

後味の悪い試合。山﨑危険球退場、何とか勝利。【横浜DeNAベイスターズとともに】

5.24 8-6 勝利 世紀の泥仕合【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

【横浜】東野昇格、輝きを取り戻せるか【よみもの。】

「セントラル☆ベイBINGO 2015」やよ!【ベイスたんのブログやよ!】

ブロガープロフィール

profile-iconsuguru0220

川崎市中原区出身、横浜市保土ケ谷区在住の木塚、横山道哉世代

職業は超零細企業の経営者。分野は野球とは一切関係ないが、その分野でTVチャンピオンの本戦に出場した経験を持つ。

うさぎを1羽飼っていて毎日朝晩モフモフしている。

プロ野球ファン歴は約30年で、前半17年が西武ファンで後半13年が横浜ファンに。

かつて推した選手は秋山幸二(西武)多村仁(横浜)吉見祐治(横浜)北川利之(横浜)。推した選手が次々にトレード放出の憂き目にあうため最近は推し選手の公表を控えている。



ツイッターアカウントは @suguru0220

  • 昨日のページビュー:408
  • 累計のページビュー:3316845

(12月10日現在)

関連サイト:ベイスターズを二軍中心に見守るブログ 本店

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜ巨人入りを目指すのか  &  人的補償を僕なりに考える
  2. 前途ある若者の芽を摘む醜い大人たち
  3. そろそろ1軍にあげて欲しい選手たち
  4. 僕は梶谷選手を猛批判したい
  5. 僕はピッチャーを見る目が無いらしい
  6. 筒香選手と山口俊選手の年俸がアンバランス過ぎた問題
  7. 元ベイスターズ戦士たちのリクルート活動
  8. 横須賀スタジアムへ行こう♪
  9. 2軍選手の食生活
  10. 戦力外から新天地へと向かう選手について

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss