野球いじり

野球データの分析・解析

student

関連サイト:かけもちブログもやってます

野球のデータ分析をやっているブログです 2014.06.21 のんびり更新ですが よろしくお付き合いいただければと思います Delta's Weekly Reportにも分析記事を寄稿しています コメント もっと見る
  • 昨日のページビュー:139
  • 累計のページビュー:1834766
  • (09月25日現在)

最新の記事

来期からバファローズの李承燁(イ・スンヨプ)選手の打率を予想していきます その3 -プロ野球 検証2010-

はじめに  今日は,リクエストにあった李承燁選手の打率を予想の第三弾です。詳しくはその1をご覧ください。その2では,今回の分析とはまた異なる観点から分析しています。興味のある方はそちらもどうぞ これまでのまとめ  まずは李承燁選手の成績の一覧を表1に示します。この成績から,李承燁の真の打率を推測して来年の成績を予想してみようとしています。 ↑これをスライドさせると......続きを読む»

来期からバファローズの李承燁(イ・スンヨプ)選手の打率を予想していきます その2 -プロ野球 検証2010-

はじめに  今日は,リクエストにあった李承燁選手の打率を予想の第二弾です。詳しくはその1をご覧ください。 これまでのまとめ  まずは李承燁選手の成績の一覧を表1に示します。この成績から,李承燁の真の打率を推測して来年の成績を予想してみようとしています。 ↑これをスライドさせると右側が見えます  その1では,いろいろ分析したのですが李承燁選手の「真の打率」をう......続きを読む»

来期からバファローズの李承燁(イ・スンヨプ)選手の打率を予想していきます その1 -プロ野球 検証2010-

はじめに    今日は,リクエストにあった李承燁選手の打率を予想していきます。  先日来期から「オリックスバファローズ」に所属することが決まりました李承燁選手です。古巣の巨人に対しては心中いろいろ思うところもあると思いますが,それを糧に変えて来期は是非頑張って欲しいと思います。  という個人的な感情は横において,今回は李承燁選手のデータを参考に来期どのくらいの打率を残すだろうかという......続きを読む»

私をナゴヤドームにつれてってって -プロ野球 観客動員数のはなし 中日編-

はじめに  今日は先日投稿した「私をプロ野球に連れてって -プロ野球 観客動員数のはなし-」より,2010年の中日ドラゴンズのデータ72試合分を抜き出して分析をしていくのが目的です。  データ数は少なくなってしまいますが,その分中日について詳しく分析していきます。今回も観客動員数そのものよりも,収容人数に対して空席がどの程度あったかという空席率をメインに分析していきます。 ......続きを読む»

タイガース マートン選手の来期の安打数を予想してみました -プロ野球 検証2010-

はじめに  今日はタイガースの「マット・マートン」選手の来期の安打数を予想していきたいと思います。  マートン選手は来日1年目の2010年から,説明不要の大活躍で今期の安打数はなんと214です。一応その他の成績も表1に示しておきます。データの出典はウィキペディアです。  さて,このマートン選手が来期どのくらいの安打数をたたき出すのかは,阪神ファンならずとも気になるところです......続きを読む»

私をプロ野球に連れてってって -プロ野球 観客動員数のはなし-

はじめに  今日はプロ野球の観客動員数について分析していきます。  先日の日本シリーズで地上波のテレビ放送が無いことが話題になったことは記憶に新しいと思います。また,巨人戦の放映が減って各チームに分配される放映権料が減少したこともしばらく前から問題とされています。  プロ野球は企業名を背負っているように,企業の広告塔的な役割も担っています。そのためか,どうしても露出の多いテレビ放送......続きを読む»

続・右打者と左打者の成績の比較 -プロ野球 検証2010-

はじめに  今日は昨日検証した「右打者を左打者の成績の比較」の分析を一歩進めてみたいと思います。お時間のある方は,昨日の記事もお読みいただければと思います。 昨日のまとめ  プロ野球選手(野手)の投打と打率や出塁率との関係を検証しました。  図1-1は,100打席以上の打者の出塁率の分布です。出塁率の平均値と標準偏差から4つのグループに分類しました。  Group1......続きを読む»

右打者と左打者の成績を比較してみました -プロ野球 検証2010-

はじめに  今日は以前リクエストをいただいた「右打者を左打者の成績の比較」をやってみたいと思います。  果たしてどちらの成績の方が優秀なのでしょうか?それとも打席の左右には変わりがないのでしょうか?  今回は検定をしていないので,はっきりしないところもあるのですが,よろしくお付き合いください。 プロ野球選手(野手)の投打  まずは,選手全体としてどの程度右打者と左打......続きを読む»

検証:「野球狂の詩」

はじめに  今日は「野球狂の詩」にあった一説が正しいのかどうかを検証してみたいと思います。 その前に「野球狂の詩」について少し  「野球狂の詩」とは,水島新司先生(以下水島先生)の漫画です。この漫画については,Googleで調べていただくか,実際に読んでもらった方が早いと思うので詳しい説明は省きます。  説明不要の大野球漫画家「水島新司」が描いた野球漫画の1つと理解してい......続きを読む»

ジャイアンツ 亀井義行選手の打率を分析してみました -検証2010-

はじめに  今回も皆さんから頂いたリクエストに答えていきたいと思います。他にもいろいろリクエストは頂いているのですが,もう少し分析というよりも,その準備に手間がかかります。申し訳ありませんが,今しばらくお待ちください。  今日のテーマは,今年のジャイアンツの亀井義行選手(以下亀井選手)です。2010年は不本意な成績に終わってしまいましたが,これがどの程度の不振であったかを検証していきたい......続きを読む»

今年のプロ野球のデータ分析をはじめました -検証2010-

はじめに  今日から2010年のプロ野球データを使って分析を進めていきたいと思います。この企画は皆さんのリクエストから成り立っております。今年のプロ野球をふり返ってみてなにか気になったことなどあれば,私が可能な範囲で分析してみますので,ご意見いただければと思います。また,時には,私が個人的に気になっていることを分析しようとも考えています。  というわけで,この「検証2010」シリーズは,......続きを読む»

日本シリーズを分析する -短期決戦の兵法 Part6-

最終回:総括 これは日本シリーズを分析していくことで,短期決戦を制するための戦術を模索していくことを目的とした企画です。今日でひとまず最終回です。これまで以下のような予定で進めてきました。 今日初めて見ていただいた方の中でお時間のある方は,これまでの記事を見ていただければと思います 第1回:企画趣旨 第2回:基本的なデータの集計 第3回:分析手法の解説 第4-1回 前編:分析(仮......続きを読む»

書籍紹介:高校野球弱者の戦法 強豪校に勝つために 田尻賢誉(著)

はじめに  今日は分析の箸休めで書籍を紹介します。全く反響の無いこのシリーズですが,自己満足で続けさせてもらっています。 ひとこと感想「これで勝てるのか?」 本書との出会い  この本を選んだ理由ですが,もう随分前になりますか,以前紹介した「心の野球 超効率的努力のススメ 桑田真澄(著)」を書店で見つけた時,その隣にあったのが本書です。(ちゃんと平積みされていました) ......続きを読む»

日本シリーズを分析する 番外編

番外編:いろいろやってみる これは日本シリーズを分析していくことで,短期決戦を制するための戦術を模索していくことを目的とした企画です。以下のような予定で勧めております。あとは,最後のまとめを残すだけなのですが,今回はちょっと脱線していろいろ分析をしてみようと思っています。 今日初めて見ていただいた方の中でお時間のある方は,これまでの記事を見ていただければと思います 第1回:企画趣旨......続きを読む»

今年の日本シリーズを振り返る

はじめに こんばんは、当ブログで「日本シリーズを分析する」をやっている者です。ついでに今年の日本シリーズの結果予想などもやってみました。  ですが……  予想:優勝「中日」4勝3敗  結果:優勝「ロッテ」4勝2敗1分  結果は見事はずれですね。  日本シリーズを制した千葉ロッテマリーンズは返す刀で日韓クラブチャンピオンシップも制しましたね。本当におめでとうございます......続きを読む»

書籍紹介:野村克也は本当に名将か 工藤健策(著)

はじめに  久しぶりの書籍紹介です。たまにはデータ分析を離れて,野球関連の本でも読んでみましょう,というコンセプトで進めています。さて,この本は図書館で見つけて借りてきた本です。以前,野村克也氏に関する記事を書いたこともあり,他の人の意見も見てみたかったので読んでみることにしました。 ひとこと感想:「長~い陰口」  書籍の感想を一言でまとめると,上記の感想になります。正直読むのがつ......続きを読む»

日本シリーズを分析する -短期決戦の兵法 Part5-2-

第5回 後編:法則の適用性の検討2  これは日本シリーズを分析していくことで,短期決戦を制するための戦術を模索していくことを目的とした企画です。以下のような予定で勧めており,今回は5回目の後編です。日本シリーズの分析もいよいよ大詰めです。  今日初めて見ていただいた方の中でお時間のある方は,これまでの記事を見ていただければと思います 第1回:企画趣旨 第2回:基本的なデータの集計......続きを読む»

日本シリーズを分析する -短期決戦の兵法 Part5-1-

第5回 前編:法則の適用性の検討1  これは日本シリーズを分析していくことで,短期決戦を制するための戦術を模索していくことを目的とした企画です。以下のような予定で勧めており,今回は5回目の前編です。いつもいつも分割してしまって申し訳ありません。いろいろやってみたいことが後から出てくるのです……。  今日初めて見ていただいた方の中でお時間のある方は,これまでの記事を見ていただければと思いま......続きを読む»

日本シリーズを分析する -短期決戦の兵法 Part4-3-2-

第4回 後編2:補足的分析 その2  これは日本シリーズを分析していくことで,短期決戦を制するための戦術を模索していくことを目的とした企画です。以下のような予定で勧めており,今回は4回目の後編の後半です。どんどん増やしてしまって申し訳ありません。四回目はこれで終わりになります。  今日初めて見ていただいた方の中でお時間のある方は,これまでの記事を見ていただければと思います 第1回:......続きを読む»

日本シリーズを分析する -短期決戦の兵法 Part4-3-1-

第4回 後編1:補足的分析 その1  これは日本シリーズを分析していくことで,短期決戦を制するための戦術を模索していくことを目的とした企画です。以下のような予定で勧めており,今回は4回目の後編です。第4回は,都合3度(前編・中編・後編)に分けています。その予定が,分析したデータが多かったので,後編をさらに分割します。どんどん増やしてしまって申し訳ありません。  今日初めて見ていただいた方......続きを読む»

日本シリーズを分析する -短期決戦の兵法 Part4-2-

第4回 中編:仮説の検証2 これは日本シリーズを分析していくことで,短期決戦を制するための戦術を模索していくことを目的とした企画です。以下のような予定で勧めており,今回は4回目の中編です。第4回は,都合3度(前編・中編・後編)に分けています。 今日初めて見ていただいた方の中でお時間のある方は,これまでの記事を見ていただければと思います 第1回:企画趣旨 第2回:基本的なデータの集......続きを読む»

プロ野球:2010年をみんなで振り返ってみませんか?

こんばんは  もう11月になり今年のプロ野球も残すところは日本シリーズが最大で5試合ですね。その後のアジアシリーズは今年もあるのかな?なんにせよ今年のプロ野球もぼちぼち店仕舞ですね。  そこで「ゆく年くる年」ではありませんが,2010年のプロ野球を,これを読んでいただいている皆さんと一緒に振り返ってみようではないかというのが今回の趣旨になります。  とはいえ,「あの試合は面白かった......続きを読む»

日本シリーズを分析する -短期決戦の兵法 Part4-1-

第4回 前編:仮説の検証1  これは日本シリーズを分析していくことで,短期決戦を制するための戦術を模索していくことを目的とした企画です。以下のような予定で勧めており,今回は4回目です。第4回は,都合3度(前編・中編・後編)に分け対と思います。 今日初めて見ていただいた方の中でお時間のある方は,これまでの記事を見ていただければと思います 第1回:企画趣旨 第2回:基本的なデータの集......続きを読む»

ドラフトの費用対効果 -読売ジャイアンツ編 後編-

はじめに  今日は昨日の続きです。詳しくは前日投稿した記事を参照してください。 読売ジャイアンツ(以下,巨人)の変遷  今日のテーマは,分析対象内のデータ(1992~2004年)で巨人の変遷を見ていくことです。 選手の出身と評価  表1-1には1992~2004年選手の出身と評価ごとの人数を示しています。  ※今回も検定はしておりません。前後半を比較して見やす......続きを読む»

ドラフトの費用対効果 -読売ジャイアンツ編 前編-

※2010 10/28 データに一部不備がありましたので修正しました。 はじめに  今日は読売ジャイアンツです。今回も前後編に分けて投稿します。残りはまた明日です。なんとか今年のドラフトに間に合いそうです。詳しいいきさつや基準の設定については,以前に投稿した全選手対象の記事をご覧ください。 読売ジャイアンツ(以下,巨人)  さて,最初にやろうと思っていた巨人ですが,巡り巡......続きを読む»

日本シリーズを分析する -短期決戦の兵法 Part3-

第3回:分析手法の解説 これは日本シリーズを分析していくことで,短期決戦を制するための戦術を模索していくことを目的とした企画です。以下のような予定で勧めており,今回は3回目です。 今日初めて見ていただいた方の中でお時間のある方は,これまでの記事を見ていただければと思います  第1回:企画趣旨  第2回:基本的なデータの集計  第3回:分析手法の解説 ← Today!  第......続きを読む»

ドラフトの費用対効果 -広島東洋カープ編 後編-

はじめに  今日は昨日の続きです。詳しくは前日投稿した記事を参照してください。 広島カープの変遷  今日のテーマは,分析対象内のデータ(1992~2004年)で広島の変遷を見ていくことです。今回の分析対象は,前半が1992~1997年,後半が1998~2004年になります。 選手の出身と評価  表1-1には1992~2004年選手の出身と評価ごとの人数を示してい......続きを読む»

ドラフトの費用対効果 -広島東洋カープ編 前編-

はじめに 今日は広島東洋カープです。今回も前後編に分けて投稿します。残りはまた明日にします。詳しいいきさつや基準の設定については,以前に投稿した全選手対象の記事をご覧ください。 広島東洋カープ(以下,広島)  さて,随分長い間下位を低迷し続ける広島です。低迷の理由の第1にはFAによる戦力の流出があると思います。確かに主力選手をほとんど引き抜かれてしまったことには同情を禁じ得ま......続きを読む»

今年の日本シリーズを予想する

はじめに  この記事は,先ほど投稿した「日本シリーズを分析する -短期決戦の兵法 Part2-」に載せきれなかったところを補うために書いた記事です。  お手数ですが,お時間のある元の記事をご覧になっていただけたらと思います。  簡単に元記事の内容を紹介しますと,これまでの日本シリーズ(1950~2009)の全試合356試合を以下の基準で分類すると,大半が一方の得点が3点以下に分......続きを読む»

日本シリーズを分析する -短期決戦の兵法 Part2-

第2回:基本的なデータの集計  これは日本シリーズを分析していくことで,短期決戦を制するための戦術を模索していくことを目的とした企画です。以下のような予定で勧めており,今回は2回目です。  今日初めて見ていただいた方の中でお時間のある方は,前回の企画趣旨を見ていただければと思います  第1回:企画趣旨  第2回:基本的なデータの集計 ← Today!  第3回:分析手法......続きを読む»

1 2 3 4 6 8

このブログの記事ランキング

  1. 中日ドラゴンズ 浅尾拓也選手の成績分析 ‐彼は酷使されているのか?‐
  2. 野球におけるメンタルの重要性 -リラックスのすすめ-
  3. イチロー選手の過去10年間の成績を俯瞰しつつ2011年の結果を考える
  4. 【毎年恒例】中日ドラゴンズの観客動員数
  5. Join us! 中日ドラゴンズの吹く笛に観客は踊ったか?
  6. 中日ドラゴンズ 岩瀬仁紀選手の登録抹消から衰えと酷使を考える
  7. MLBでの酷使を考える -ペドロ・フェリシアーノ選手の場合 その1-
  8. 中日ドラゴンズの観客動員数について -2011年と2012年の比較-
  9. ID野球とはなんだったのか
  10. プロ野球のチームカラーについて

このブログを検索

月別アーカイブ

2016
06
2015
03
2014
04
03
02
2013
12
11
09
07
06
04
03
02
2012
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss