野球いじり

月別アーカイブ :2010年10月

日本シリーズを分析する -短期決戦の兵法 Part4-1-

第4回 前編:仮説の検証1  これは日本シリーズを分析していくことで,短期決戦を制するための戦術を模索していくことを目的とした企画です。以下のような予定で勧めており,今回は4回目です。第4回は,都合3度(前編・中編・後編)に分け対と思います。 今日初めて見ていただいた方の中でお時間のある方は,これまでの記事を見ていただければと思います 第1回:企画趣旨 第2回:基本的なデータの集......続きを読む»

ドラフトの費用対効果 -読売ジャイアンツ編 後編-

はじめに  今日は昨日の続きです。詳しくは前日投稿した記事を参照してください。 読売ジャイアンツ(以下,巨人)の変遷  今日のテーマは,分析対象内のデータ(1992~2004年)で巨人の変遷を見ていくことです。 選手の出身と評価  表1-1には1992~2004年選手の出身と評価ごとの人数を示しています。  ※今回も検定はしておりません。前後半を比較して見やす......続きを読む»

ドラフトの費用対効果 -読売ジャイアンツ編 前編-

※2010 10/28 データに一部不備がありましたので修正しました。 はじめに  今日は読売ジャイアンツです。今回も前後編に分けて投稿します。残りはまた明日です。なんとか今年のドラフトに間に合いそうです。詳しいいきさつや基準の設定については,以前に投稿した全選手対象の記事をご覧ください。 読売ジャイアンツ(以下,巨人)  さて,最初にやろうと思っていた巨人ですが,巡り巡......続きを読む»

日本シリーズを分析する -短期決戦の兵法 Part3-

第3回:分析手法の解説 これは日本シリーズを分析していくことで,短期決戦を制するための戦術を模索していくことを目的とした企画です。以下のような予定で勧めており,今回は3回目です。 今日初めて見ていただいた方の中でお時間のある方は,これまでの記事を見ていただければと思います  第1回:企画趣旨  第2回:基本的なデータの集計  第3回:分析手法の解説 ← Today!  第......続きを読む»

ドラフトの費用対効果 -広島東洋カープ編 後編-

はじめに  今日は昨日の続きです。詳しくは前日投稿した記事を参照してください。 広島カープの変遷  今日のテーマは,分析対象内のデータ(1992~2004年)で広島の変遷を見ていくことです。今回の分析対象は,前半が1992~1997年,後半が1998~2004年になります。 選手の出身と評価  表1-1には1992~2004年選手の出身と評価ごとの人数を示してい......続きを読む»

ドラフトの費用対効果 -広島東洋カープ編 前編-

はじめに 今日は広島東洋カープです。今回も前後編に分けて投稿します。残りはまた明日にします。詳しいいきさつや基準の設定については,以前に投稿した全選手対象の記事をご覧ください。 広島東洋カープ(以下,広島)  さて,随分長い間下位を低迷し続ける広島です。低迷の理由の第1にはFAによる戦力の流出があると思います。確かに主力選手をほとんど引き抜かれてしまったことには同情を禁じ得ま......続きを読む»

今年の日本シリーズを予想する

はじめに  この記事は,先ほど投稿した「日本シリーズを分析する -短期決戦の兵法 Part2-」に載せきれなかったところを補うために書いた記事です。  お手数ですが,お時間のある元の記事をご覧になっていただけたらと思います。  簡単に元記事の内容を紹介しますと,これまでの日本シリーズ(1950~2009)の全試合356試合を以下の基準で分類すると,大半が一方の得点が3点以下に分......続きを読む»

日本シリーズを分析する -短期決戦の兵法 Part2-

第2回:基本的なデータの集計  これは日本シリーズを分析していくことで,短期決戦を制するための戦術を模索していくことを目的とした企画です。以下のような予定で勧めており,今回は2回目です。  今日初めて見ていただいた方の中でお時間のある方は,前回の企画趣旨を見ていただければと思います  第1回:企画趣旨  第2回:基本的なデータの集計 ← Today!  第3回:分析手法......続きを読む»

ドラフトの費用対効果 -北海道日本ハムファイターズ編 後編-

はじめに  今日は昨日の続きです。詳しくは前日投稿した記事を参照してください。    今日のテーマは,分析対象を前後半に分類して,ドラフトの成果の変遷を見ていきたいと思います。2004年から北海道移転後に強くなった感のあるファイターズですが,チームが強くなる兆候みたいなものを今回のデータから見つけることがでたらよいと思います。 選手の出身と評価の分析  人数が少ないのでここ......続きを読む»

ドラフトの費用対効果 -北海道日本ハムファイターズ編 前編-

はじめに  今日は北海道日本ハムファイターズです。今回も前後編に分けて投稿します。残りはまた明日。詳しいいきさつや基準の設定については,以前に投稿した全選手対象の記事をご覧ください。 北海道日本ハムファイターズ(以下日ハム)  日ハムのイメージといえば,北海道に移転後に強豪チームに生まれ変わった印象があります。というわけで,1991年から2009年までの勝率と順位の推移を図1に......続きを読む»

日本シリーズを分析する -短期決戦の兵法 Part1-

第1回:企画趣旨  野球を科学的にいくら研究しても研究しきれない理由の一端が,このポストシーズンに表れている。(中略)レギュラーシーズンのあとに,とんでもない大博打が待っているからだ。(マネーボール,p.350) はじめに  クライマックスシリーズが始まり,プロ野球が宴もたけなわな今日この頃,いかがお過ごしでしょうか  今回のテーマは,ポストシーズンについてです。......続きを読む»

ドラフトの費用対効果 -千葉ロッテマリーンズ編 後編-

はじめに  今日は昨日の続きです。詳しくは前日投稿した記事を参照してください。今日のテーマは,前後半に分類してドラフトの成果の変遷を見ていきたいと思います。 選手の出身と評価の分析 人数が少ないので検定をしていません  表1-1には1992~2004年選手の出身と評価ごとの人数を示しています。  表1-2には1992~2004年選手の出身と評価ごとの契約金を示しています......続きを読む»

ドラフトの費用対効果 -千葉ロッテマリーンズ編 前編-

はじめに  今日は千葉ロッテマリーンズです。今回も前後編に分けて投稿します。残りはまた明日。 詳しいいきさつや基準の設定については,以前に投稿した全選手対象の記事をご覧ください。 千葉ロッテマリーンズ(以下ロッテ)  さて,千葉ロッテといえば,バレンタイン監督のイメージなんですが,今日分析する範囲は1991年から2004年までなので,あまり彼の監督時期とはかぶっていません。と......続きを読む»

ドラフトの費用対効果 -阪神タイガース編 後編-

はじめに  今日は昨日の続きです。詳しくは前日投稿した記事を参照してください。 阪神タイガースの変遷  今日のテーマは,分析対象内のデータ(1992~2004年)で阪神の変遷を見ていくことです。図1に1991年以降の阪神の勝率と順位の推移を示しています。  今回の分析対象は,前半が1992~1997年,後半が1998~2004年になります。  前半は,198......続きを読む»

ドラフトの費用対効果 -阪神タイガース編 前編-

はじめに  今日は阪神タイガースです。今回も前後編に分けて投稿します。残りはまた明日。 詳しいいきさつや基準の設定については,以前に投稿した全選手対象の記事をご覧ください。 阪神タイガース(以下,阪神)  さて,かつてはダメ虎などと呼ばれていた頃も遠い昔,今ではセリーグの強豪チームとして毎年優勝が狙えるチームとなっています。では,その阪神のドラフトにはどのような特徴があるのか......続きを読む»

ドラフトの費用対効果 -東京ヤクルトスワローズ編 後編-

はじめに 今日は昨日の続きです。契約金に見る費用対効果からです。詳しくは前日投稿した記事を参照してください。 契約金に見る費用対効果  これまでの契約金の分析は1997年のデータが無かったので,分析対象の1991年から2004年の後半を検証していました。しかし,先日見つけた資料に1992年以降のデータを発見したので,今回からは1992~2004年の契約金の使い途を検証し,更に......続きを読む»

ドラフトの費用対効果 -東京ヤクルトスワローズ編 前編-

はじめに  今日は東京ヤクルトスワローズです。今回も前後編に分けて投稿します。残りはまた明日。 詳しいいきさつや基準の設定については,以前に投稿した全選手対象の記事をご覧ください。 東京ヤクルトスワローズ(以下ヤクルト)  さて,セリーグの中では年俸総額的に三強の後を追うというポジションにあるチームだと思います。去年は見事阪神を蹴落としてクライマックスステージに進出,今年は残......続きを読む»

ドラフトの費用対効果 -近鉄バファローズ編-

はじめに  今日は近鉄バファローズ編です。チームがなくなってから久しくなりますので,取り上げようか悩みましたが,せっかくデータもあるので分析してみることにしました。いつも後半にやる契約金の分析は,財政破綻したチームの金遣いを議論するのも忍びないのでやめておきます。  詳しいいきさつや基準の設定については,以前に投稿した全選手対象の記事をご覧ください。 近鉄バファローズ  ......続きを読む»

ドラフトの費用対効果 -オリックス・バファローズ編 後編-

はじめに  今日はオリックス・バファローズ編の続きです。契約金に見る費用対効果からです。記事の趣旨などは前日投稿した記事を参照してください。 契約金に見る費用対効果  ここでは各選手にどの程度の契約金を費やしているかどうかを見ることで,球団の商売上手の程度を見ていきたいと思います。  以前,裏金問題などいろいろ騒がれましたし,公の契約金だけで選手が動いているとはいえません......続きを読む»

ドラフトの費用対効果 -オリックス・バファローズ編 前編-

はじめに  今日はオリックス・バファローズ(以下オリックス)の前編です。残りは明日追加していきます。詳しいいきさつや基準の設定については,以前に投稿した全選手対象の記事をご覧ください。 オリックス・バファローズ  さて,オリックスです。正直よく知らないチームなのですがその方がデータの解釈に余計な主観が混じらなくて良いというものです。  図1は選手の出身です。 ......続きを読む»

ドラフトの費用対効果 -横浜ベイスターズ編 後編-

はじめに 今日は昨日の続きです。契約金に見る費用対効果からです。詳しくは前日投稿した記事をご覧ください。 契約金に見る費用対効果  ここでは各選手にどの程度の契約金を費やしているかどうかを見ることで,球団の商売上手の程度を見ていきたいと思います。  以前,裏金問題などいろいろ騒がれましたし,公の契約金だけで選手が動いているとはいえませんが,球団のお金の使い方の一端を見る試......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconstudent

野球のデータ分析をやっているブログです

2014.06.21

のんびり更新ですが
よろしくお付き合いいただければと思います

Delta's Weekly Reportにも分析記事を寄稿しています

コメント・トラックバック・引用はご自由にどうそ
古い記事でもかまいません。

ご意見や質問,リクエストなどありましたら
下記のアドレスまでご連絡ください

givemeyouropinion1あgmail.com  
(あ→@ 迷惑メール対策です)
  • 昨日のページビュー:109
  • 累計のページビュー:1825090

(07月01日現在)

関連サイト:かけもちブログもやってます

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日ドラゴンズ 浅尾拓也選手の成績分析 ‐彼は酷使されているのか?‐
  2. イチロー選手の過去10年間の成績を俯瞰しつつ2011年の結果を考える
  3. 野球におけるメンタルの重要性 -リラックスのすすめ-
  4. 【毎年恒例】中日ドラゴンズの観客動員数
  5. Join us! 中日ドラゴンズの吹く笛に観客は踊ったか?
  6. 中日ドラゴンズ 岩瀬仁紀選手の登録抹消から衰えと酷使を考える
  7. MLBでの酷使を考える -ペドロ・フェリシアーノ選手の場合 その1-
  8. 中日ドラゴンズの観客動員数について -2011年と2012年の比較-
  9. ID野球とはなんだったのか
  10. プロ野球のチームカラーについて

月別アーカイブ

2016
06
2015
03
2014
04
03
02
2013
12
11
09
07
06
04
03
02
2012
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss