野球いじり

月別アーカイブ :2010年09月

ドラフトの費用対効果 -横浜ベイスターズ編 前編-

はじめに  今日は横浜ベイスターズです。今回も前後編に分けて投稿します。残りはまた明日。  詳しいいきさつや基準の設定については,以前に投稿した全選手対象の記事をご覧ください。 横浜ベイスターズ  さて,三年連続90敗という不名誉な記録を樹立した横浜ベイスターズです。長引く低迷の原因の一端をドラフトに見ることはできるでしょうか?  図1は選手の出身です。 ......続きを読む»

書籍紹介:心の野球 超効率的努力のススメ 桑田真澄(著)

はじめに  たまにはデータの分析からはなれて書籍を紹介したいと思います。  記念すべき1冊目はタイトルにもある「心の野球 超効率的努力のススメ 桑田真澄(著)幻冬舎」です。 ひとこと感想 「がんばれ!クワタくん」  書籍の感想を一言でまとめると,上記の感想になります。“クワタくん”とは,ちょっとなれなれしいと思う方もいらっしゃるでしょうが,どうしても「かっとばせ!キヨハラ......続きを読む»

ドラフトの費用対効果 -中日ドラゴンズ編 後編-

はじめに 今日は中日ドラゴンズ編の続きです。契約金に見る費用対効果からです。 記事の趣旨などは前日投稿した記事を参照してください。 契約金に見る費用対効果  ここでは各選手にどの程度の契約金を費やしているかどうかを見ることで,球団の商売上手の程度を見ていきたいと思います。  以前,裏金問題などいろいろ騒がれましたし,公の契約金だけで選手が動いているとはいえませんが,球団......続きを読む»

ドラフトの費用対効果 -中日ドラゴンズ編 前編-

はじめに  今日は中日ドラゴンズです。今回から記事のスリム化を目指し短めで行きたいと思います。残りは明日追加していきます。詳しいいきさつや基準の設定については,以前に投稿した全選手対象の記事をご覧ください。 中日ドラゴンズ  さて,目下(2010年09月23日現在)セリーグ1位に最も近い中日ドラゴンズです。  図1は選手の出身です。  2000年以降高卒選手......続きを読む»

ドラフトの費用対効果 -福岡ソフトバンクホークス編-

はじめに  今日は「福岡ソフトバンクホークス」です。2チーム目の分析ですが,まだ比較ができないのがもどかしいところです。詳しいいきさつや基準の設定については,以前に投稿したNPB12球団編の記事をご覧ください。  2チームだけだと,ライオンズが特殊でホークスが平均的なのか,ライオンズが平均的でホークスが特殊なのかがわからないのです。両方特殊なチームなのかもしれません。他のチームが出そろう......続きを読む»

ドラフトの費用対効果 -埼玉西武ライオンズ編-

はじめに ※9/21追記 表6を一部修正しました  今日からタイトルも新たに,各チームのドラフトの成果を検証していこうと思います。  詳しいいきさつや基準の設定については,以前に投稿したNPB12球団編の記事をご覧ください。 お願い  最初は自分のファンである巨人から始めようと思ったのですが,ファンであるが故に評価を甘くしてしまうことを危惧してやめました。データを見てい......続きを読む»

お金で勝利は買えるのか?-プロ野球 年俸と成績の関係- おまけ

はじめに ※9/14追記 チーム名にミスがありましたので修正しました  今日は昨日投稿した記事で紹介しきれなかったデータを取り上げていきたいと思います。お時間のある方はこちらの記事を先にお読みください。  というわけで,おまけ的なデータ紹介が中心なのでテーマがバラバラしてしまうかもしれませんが, よろしくお付き合いください。 各チームの年俸の推移  図1と図2......続きを読む»

お金で勝利は買えるのか? -プロ野球 年俸と成績の関係-

はじめに  「お金で勝利は買えない!」というのは某お金持ち球団が負けたときによく聞く言葉です。  確かに,資金的に劣るチームがお金持ち球団に勝つのは見ていて爽快です。しかし,普通に考えると「年俸=選手の評価」ですから,年俸総額が高くなると評価の高い選手が多いということになります。良い選手が多いと,たくさん勝つことを期待してもよさそうなのですが,実際はどうなのでしょうか。  ここで,......続きを読む»

OPS -この単純にして強力な指標-

OPSとは,出塁率と長打率をたんに足し算したものだ。いやに単純な感じがするものの,チームの得点機会を表す数字としてこれほどふさわしいデータは従来なかった。(マネーボール,p168) はじめに  今日のテーマは,OPSです。冒頭の引用文にもあるように出塁率と長打率を足した値です。OPSと略語にすると大層な印象を受けますが,正式名称は “On-base (出塁) Plus (......続きを読む»

野球におけるデータとは -その4-

はじめに  この記事は,先々の記事で補足説明が必要になったとき,リンクを張って役立てよう,という趣旨で書いています。だから,この記事だけ読むと,あまり面白くないと思います。  とはいえ,なるべく野球のデータを用いながら説明していければと思います 今日のテーマは,データをまとめることです。  前回はデータの性質についてでしたが,それをいかにしてまとめるかということです, ......続きを読む»

高校球児の全力疾走に関する私見 その2

はじめに  先日,高校球児の全力疾走に関する私見という記事を投稿させていただきました。他の記事であれば投稿直後しか反応は無いのですが,この記事は息が長くたくさんの方(当ブログにしては)からご意見とご感想を頂きました。  その間,元の記事は「一部誤解を招く表現がありました。」ということで公開を見合わせ,新しい記事が掲載されたそうです。このことは,コメントをくださったから教えていただいたので......続きを読む»

ドラフトの成果を検証する -野手編-

 今日は野手を対象に検証を進めていきたいと思います。   (詳しいいきさつや基準の設定については,以前に投稿した全選手対象の記事をご覧ください。)  対象となるデータと基準を簡単に示します。 対象データ  1991~2004年のドラフト対象者1083名から,入団者1076名のうち内野手,外野手の368名を対象にしました。内野手,外野手別に検討しようかと思いましたが,ポジションのコ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconstudent

野球のデータ分析をやっているブログです

2014.06.21

のんびり更新ですが
よろしくお付き合いいただければと思います

Delta's Weekly Reportにも分析記事を寄稿しています

コメント・トラックバック・引用はご自由にどうそ
古い記事でもかまいません。

ご意見や質問,リクエストなどありましたら
下記のアドレスまでご連絡ください

givemeyouropinion1あgmail.com  
(あ→@ 迷惑メール対策です)
  • 昨日のページビュー:109
  • 累計のページビュー:1831593

(08月25日現在)

関連サイト:かけもちブログもやってます

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日ドラゴンズ 浅尾拓也選手の成績分析 ‐彼は酷使されているのか?‐
  2. 野球におけるメンタルの重要性 -リラックスのすすめ-
  3. イチロー選手の過去10年間の成績を俯瞰しつつ2011年の結果を考える
  4. 【毎年恒例】中日ドラゴンズの観客動員数
  5. Join us! 中日ドラゴンズの吹く笛に観客は踊ったか?
  6. 中日ドラゴンズ 岩瀬仁紀選手の登録抹消から衰えと酷使を考える
  7. MLBでの酷使を考える -ペドロ・フェリシアーノ選手の場合 その1-
  8. 中日ドラゴンズの観客動員数について -2011年と2012年の比較-
  9. ID野球とはなんだったのか
  10. プロ野球のチームカラーについて

月別アーカイブ

2016
06
2015
03
2014
04
03
02
2013
12
11
09
07
06
04
03
02
2012
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss