野球いじり

プロ野球:2010年をみんなで振り返ってみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは

 もう11月になり今年のプロ野球も残すところは日本シリーズが最大で5試合ですね。その後のアジアシリーズは今年もあるのかな?なんにせよ今年のプロ野球もぼちぼち店仕舞ですね。

 そこで「ゆく年くる年」ではありませんが,2010年のプロ野球を,これを読んでいただいている皆さんと一緒に振り返ってみようではないかというのが今回の趣旨になります。

 とはいえ,「あの試合は面白かった」とか「あの選手は活躍した」と振り返るのは,このブログらしくありません。

 初めての方には恐縮ですが,このブログは主に野球のデータ分析がメインとなっているのです。

 というわけで,2010年のプロ野球,全864試合のデータを入力する事にしてみました。このデータを使って今年のプロ野球を振り返ろうというのが私の提案です。

 基本的にこのブログでは,私が興味あるテーマについて分析して投稿するというスタイルをとっています。

しかし

今回はテーマを募集したいと思います

 テーマは何でも良いです。今年活躍した選手やチームのこと,自分の好きなチームのこと,持論やジンクスなどなんでも歓迎します。

 今年のプロ野球を振り返って,感じた事や思ったことを実際にデータで検証してみたらどうなるだろうか?

 ということがありましたら,コメントしていただけると,それを元に私が分析をしてみて,それを記事として投稿する。というスタイルでやってみたいと思います。

 時々リクエストは募集していますが,たまには大々的にやってみるのも面白いのではないかと思い始めた次第です。こういう双方向的なやり取りが可能なのがブログの面白いところだと思いますので。

 この企画の鍵は,これを読んでいただいている皆さんからのアイデアがどれだけ集まるかに結構かかっています。私はなるべく分析者に徹しようと思っていますので……。

 アイデアというと大げさかもしれませんが,日ごろ野球を見ていて思うこと感じている事などを教えていただければ幸いです。

 しばらくは,アイデアの募集期間としますので,いつでも結構ですのでコメントしてください。

 また,「こういうことはデータで検証できるの?」という疑問や質問なども歓迎しております。

 要は記事を読んでくださる皆さんと,やいのやいの言いながら,いろいろなテーマを分析していければ面白いのではないかという企画なのです。

 それでは,沢山のご協力が得られるようもう一度お願いして,この記事を締めくくりたいと思います。

 振るってのご参加をお待ちしております。



※1 データの最小の単位が1打席ごと,となっています。というわけで,申し訳ありませんが1球ごとの分析はできないので,大変申し訳ないのですがご了承ください。

※2 11/1 現在6月迄のデータ入力を終えています。分析可能になるまでもう少し時間がかかりそうですので,しばらくはアイデア募集期間ということでご了承ください

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
検証2010
タグ:
プロ野球
2010年
ペナントレース全864試合

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

コメント返信

ケンスケ さんへ

コメントありがとうございます。

>メジャーリーグの数理科学を少し読んだぐらいの知識しかないので、

 私も似たようなものですが、1つやってみようと思います。

>TAではなく、打率だけ計算しました。
>真の打率=通算成績で仮定して計算したのですが、そうすると昨年も今年も信頼区間が?あれ?とよく分からなくなってしまいました。

 なるほど了解です。真の打率に通算成績がフィットしないようであれば、そこからずらしていくと良いかもしれませんね。
 そんな感じでやってみます。

プロ野球:2010年をみんなで振り返ってみませんか?

コメント返信ありがとうございます。

①亀井選手

TAではなく、打率だけ計算しました。
真の打率=通算成績で仮定して計算したのですが、そうすると昨年も今年も信頼区間が?あれ?とよく分からなくなってしまいました。

昨年のbabipは普通だったので、ここまで落ち込むものかと驚いています。やはり、1シーズン単位では実力は計れないという事なのでしょうか。

>この場合、真の打撃力をどの程度と仮定するのが難しいですが、今年の成績が運・偶然の要素を越えて悪かったのかどうか?それとも、前年の成績が良すぎただけなのか?

是非その観点でお願いします。
メジャーリーグの数理科学を少し読んだぐらいの知識しかないので、よく分かっていない事が多分にありまして・・・。

②ナゴヤドームの勝率

アバウトな質問で申し訳ないです。
とても分かりやすいお答えでありがたいです。

やっぱりとんでもない数字なんですね。
巨人ファンとしては、もう少し勝たせてくれよって思っていましたが。

コメント返信

ケンスケ さんへ

こちらこそはじめまして、コメントありがとうございます。

>凄いコアな内容をやられていますね。

 自分の特技と他の人があまりやられていない分野を選ぶとこうなってしまいました。

 内容のよく分からないところは解説いたしますので気軽に質問してください

>①亀井について

 了解しました。ひとつ確認しておきたいのですが、

>自分でも真の打率とか計算してみたのですが、

 とありますが、これはどういう値を出されましたか?Total Average (TA)でしょうか?
 参考までに教えていただけると助かります。

 まだ分析しているわけではないのでなんともいえないのですが、亀井選手の成績を判断する上で、
 打率にある程度の振れ幅があると考えると良いかもしれないと思います。

 要するに、 ”打率 =( 真の打撃力 )±( 運・偶然 )”と考えます

 この場合、真の打撃力をどの程度と仮定するのが難しいですが、今年の成績が運・偶然の要素を越えて悪かったのかどうか?それとも、前年の成績が良すぎただけなのか?

 という観点から分析してみようと思います。

 こんな感じで大丈夫でしょうか? 

>②ナゴヤドームの勝率

 今年の中日のホームゲームのデータがすぐあったのでちゃちゃっと分析してみました

 今期の中日のナゴヤドームの主催試合数は69試合です。
 そのうち中日が勝利した試合は51試合ですので、勝率は「.739」ですね。

 これをどのくらい凄い事か例えるのは難しいのですが、

 コイントスでも丁半博打でも良いので、確率が50%の賭けを69戦して51勝する確率を求めると「0.003%」になります。

 まずありえないですよね。

 統計学的に考えると、この結果は「中日のナゴヤドームでの勝率は五分五分ではない」といえます。

 これが来期にもあてはまるとしたら、来期はナゴヤドームで何試合あるかわからないので勝率であらわすと

 来期の勝率は58%以上と計算ができます。

プロ野球:2010年をみんなで振り返ってみませんか?

はじめまして、凄いコアな内容をやられていますね。
あまり理解できていませんが、興味深く拝見しております。
ちなみに、私も巨人ファンです。

さっそくですが、管理人さんに意見を聞いてみたいなと思っていた事があるので、お時間に余裕があれば是非お願いします。

①亀井について

私が今シーズン1番驚いたのは亀井の大不振でした。
そこで、自分でも真の打率とか計算してみたのですが、あまり自信がありません。今シーズンはどれぐらいイレギュラーなシーズンだったのか、来シーズンはどれぐらいの成績に収まりそうか等を教えていただけると嬉しいです。

②ナゴヤドームの勝率

たしかホームチームの勝率は平均で.530ぐらいだと見たことがあるのですが、今シーズンの中日のホームの勝率はどれぐらい凄い事なんでしょうか?

さすがに今シーズンほどはないでしょうが、また驚異的なホーム勝率を叩き出されたらたまらないなぁと思ったもので。

こんな記事も読みたい

外国人選手補強について【どーも、ライオンズファンです】

ドラフト ~ 福井優也 ~【広島カープを応援する】

今年の選手評価~その他先発~【オリ専~言わせていただきます~】

ブロガープロフィール

profile-iconstudent

野球のデータ分析をやっているブログです

2014.06.21

のんびり更新ですが
よろしくお付き合いいただければと思います

Delta's Weekly Reportにも分析記事を寄稿しています

コメント・トラックバック・引用はご自由にどうそ
古い記事でもかまいません。

ご意見や質問,リクエストなどありましたら
下記のアドレスまでご連絡ください

givemeyouropinion1あgmail.com  
(あ→@ 迷惑メール対策です)
  • 昨日のページビュー:136
  • 累計のページビュー:1864995

(12月14日現在)

関連サイト:かけもちブログもやってます

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日ドラゴンズ 浅尾拓也選手の成績分析 ‐彼は酷使されているのか?‐
  2. 野球におけるメンタルの重要性 -リラックスのすすめ-
  3. イチロー選手の過去10年間の成績を俯瞰しつつ2011年の結果を考える
  4. 【毎年恒例】中日ドラゴンズの観客動員数
  5. 順位予想の答え合わせをしよう
  6. Join us! 中日ドラゴンズの吹く笛に観客は踊ったか?
  7. 中日ドラゴンズ 岩瀬仁紀選手の登録抹消から衰えと酷使を考える
  8. MLBでの酷使を考える -ペドロ・フェリシアーノ選手の場合 その1-
  9. 中日ドラゴンズの観客動員数について -2011年と2012年の比較-
  10. ID野球とはなんだったのか

月別アーカイブ

2017
12
11
09
2016
06
2015
03
2014
04
03
02
2013
12
11
09
07
06
04
03
02
2012
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss