野球いじり

セイバーメトリクス・リポート4が出ました

このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 今日は2015年のプロ野球の開幕日ですが、同時にセイバーメトリクス・リポート4の発売日でもあります。今年も参加しましたので、昨日の予告通り紹介記事を書かせてもらいます。

 今回の目的はざっと内容紹介をすることと、コメント欄を借りて質問などありましたら受け付けたいと思います。そんなに質問が殺到するようなことは無いのですが、窓口を用意しておくことが大切かと思います。

記事を2本書きました

書いたのは以下の2本になります。

・戦術と戦略を考える  02 チームの得点力を効率的に高める打者構成 (Student) ・選手と評価を考える  05 守備力の評価に視点を追加する (Student)

 今回は「守備力の評価に視点を追加する」の内容を少し紹介したいと思います。視点の追加とありますが、今回は守備における「状況と連携」について考慮に加え分析してみました。

 まずは「状況について」内容をざっくり解説すると、以下の図1に示す二三塁間を例にデータを見ました。

図1

 守備力の評価指標であるUZR(Ultimate Zone Rating)は、それぞれのゾーンで得点価値を設定し、野手の守備を評価します。この際の得点価値は一定なのですが、現ソフトバンクの監督である工藤公康氏の著書“野球のプレーに、「偶然」はない”では、

「一塁手と三塁手は接戦で迎えた試合終盤は、一塁線と三塁線を締めるべきである。」

と指摘されています。これは、試合の状況に応じて重点的に守るポイントが変化するというものです。それでは、こうした考えかたもある中で、実際の選手はどのように守っているのだろうか、というのが今回の分析です。

 続いて「連携」については、基本的に個人成績として語られることが多い守備ですが、本来の目的としては“チームとして安打を打たれない”ということで、特に内野手の場合、隣り合う野手との連携においてこの目的を達成することが求められます。

 そういう観点から2013年から2014年までの二三塁間へのゴロのデータを整理すると以下の図2のようになります。

図2

 各ゾーンにおいて黄色い部分が三塁手と遊撃手が獲得したアウト数になります。そして青い部分が安打になったゴロで、水色の部分は内野安打とエラーの数になります。守備の目的というのは三塁手と遊撃手で連携して以下に安打の部分を少なくするかということになります。

 このデータはNPB全体のデータだったので、いくつかのチームを例に同様の分析をしています。詳しくは本を読んでみてください。

質問等受け付けます

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ちょっとしたはなし
タグ:
セイバーメトリクス・リポート
スポーツ統計

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

フレセペ!@3/29【開幕戦】【オレンジの帆風】

順位予想 2015年シーズン【気儘に野球とサッカーを】

さあ開幕! マイコラス、ポレダ。 右打ちの外国人選手には要注意?【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

ブロガープロフィール

profile-iconstudent

野球のデータ分析をやっているブログです

2014.06.21

のんびり更新ですが
よろしくお付き合いいただければと思います

Delta's Weekly Reportにも分析記事を寄稿しています

コメント・トラックバック・引用はご自由にどうそ
古い記事でもかまいません。

ご意見や質問,リクエストなどありましたら
下記のアドレスまでご連絡ください

givemeyouropinion1あgmail.com  
(あ→@ 迷惑メール対策です)
  • 昨日のページビュー:109
  • 累計のページビュー:1825090

(07月01日現在)

関連サイト:かけもちブログもやってます

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日ドラゴンズ 浅尾拓也選手の成績分析 ‐彼は酷使されているのか?‐
  2. イチロー選手の過去10年間の成績を俯瞰しつつ2011年の結果を考える
  3. 野球におけるメンタルの重要性 -リラックスのすすめ-
  4. 【毎年恒例】中日ドラゴンズの観客動員数
  5. Join us! 中日ドラゴンズの吹く笛に観客は踊ったか?
  6. 中日ドラゴンズ 岩瀬仁紀選手の登録抹消から衰えと酷使を考える
  7. MLBでの酷使を考える -ペドロ・フェリシアーノ選手の場合 その1-
  8. 中日ドラゴンズの観客動員数について -2011年と2012年の比較-
  9. ID野球とはなんだったのか
  10. プロ野球のチームカラーについて

月別アーカイブ

2016
06
2015
03
2014
04
03
02
2013
12
11
09
07
06
04
03
02
2012
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss