野球いじり

高校野球における「三振・四死球・失策」

このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 前回の分析では2001年から2014年の春の選抜高校野球大会までの試合結果を整理してみました。今回はタイトルにもあるように,三振・四死球・失策(エラー)についてデータを整理していこうと思います。


分析データ

 分析に使用したデータは,2001年から2010年までは「高校野球(asahi.com)」のデータを,2011年以降は「スポニチ Sponichi Annex」のデータを参照し,全国高校野球選手権大会と選抜高校野球大会,つまり春と夏の甲子園での,引き分け以外の試合1077試合,全2154チームのデータを分析しました。


大会別に見た三振数

 それではまず,三振のデータを見ていきたいと思います。各大会の基礎統計値をまとめたものを以下の表1に示します。

表1
 さらに,各大会の三振数を箱ひげ図にまとめたものを以下の図1-1と図1-2に示します。図の見方については前回を参照してください。
図1-1
図1-2
 春も夏も全体的に見れば,それほど大きな変化の無いデータといえそうです。現楽天の松井裕樹選手のような奪三振記録を取るような投手が表れた場合は,大会の最大値こそ更新はしますが,大会全体の傾向を左右するほどではないようです。 大会別に見た四死球  次は四死球のデータを同様にまとめたものを以下の表2に示します。
表2
 続いて箱ひげ図のデータを図2-1と図2-2に示します。
図2-1
図2-2
 基本的には1試合で2~5回の四死球の試合が大半を占めることが図よりわかります。こちらも2001年以降に大きな変動はありません。ただ,最大値を見ると夏の大会は大体10程度なのですが,春はもう少し極端な試合のある大会が多いです。 大会別に見た失策  最後に失策のデータを同様にまとめたものを以下の表3に示します。
表3
 続いて箱ひげ図のデータを図3-1と図3-2に示します。
図3-1
図3-2
 この図が示すのは,ほとんどのチームが1試合あたり1~2回の失策をしているということです。エラーをしないことは重要ですが,1~2回のエラーは想定の範囲内と考えておいたほうが,いざエラーをしたときにあわてなくて済むかもしれません。




おわりに

 以上,2001年以降のデータを見る限りそんなに変化の無いデータではありますが,これいこう高校野球を見ていくうえで基礎的なデータとして役立ててもらえるとうれしいです。

 ちなみに,先日発売された「セイバーメトリクス・リポート3 」では,高多薪吾さんが「甲子園優勝投手,準優勝投手の投球記録 」として,非常に緻密なデータを紹介しています。合わせて読んでもらえると,高校野球への理解がより深まるのではないかと思います。

 寄り道しましたが,次回は送りバントを分析しようと思います。


引用データ

・高校野球(asahi.com)
・スポニチ Sponichi Annex

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球統計
タグ:
スポーツ統計
高校野球

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ここ5年の春季地区大会決勝進出校と夏の選手権出場の関連性【北のお部屋】

センバツ回顧(6)~神宮枠に関する考察。(後編)【野球傍目八目】

芦屋学園の挑戦に思う【高3が語る高校野球】

ブロガープロフィール

profile-iconstudent

野球のデータ分析をやっているブログです

2014.06.21

のんびり更新ですが
よろしくお付き合いいただければと思います

Delta's Weekly Reportにも分析記事を寄稿しています

コメント・トラックバック・引用はご自由にどうそ
古い記事でもかまいません。

ご意見や質問,リクエストなどありましたら
下記のアドレスまでご連絡ください

givemeyouropinion1あgmail.com  
(あ→@ 迷惑メール対策です)
  • 昨日のページビュー:109
  • 累計のページビュー:1825090

(07月01日現在)

関連サイト:かけもちブログもやってます

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日ドラゴンズ 浅尾拓也選手の成績分析 ‐彼は酷使されているのか?‐
  2. イチロー選手の過去10年間の成績を俯瞰しつつ2011年の結果を考える
  3. 野球におけるメンタルの重要性 -リラックスのすすめ-
  4. 【毎年恒例】中日ドラゴンズの観客動員数
  5. Join us! 中日ドラゴンズの吹く笛に観客は踊ったか?
  6. 中日ドラゴンズ 岩瀬仁紀選手の登録抹消から衰えと酷使を考える
  7. MLBでの酷使を考える -ペドロ・フェリシアーノ選手の場合 その1-
  8. 中日ドラゴンズの観客動員数について -2011年と2012年の比較-
  9. ID野球とはなんだったのか
  10. プロ野球のチームカラーについて

月別アーカイブ

2016
06
2015
03
2014
04
03
02
2013
12
11
09
07
06
04
03
02
2012
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss