野球いじり

セイバーメトリクスの本がでるよ(3年連続 3回目)

このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 先日よりちょいちょい告知をさせてもらってきましたが,今年もセイバーメトリクス・リポートの出る季節になりました。最寄りのジュンク堂の棚にずっとセイバーメトリクス・リポート2が突き刺さったままの様子を見るたびに,「次はあるのか……」と不安になっていましたが今年も無事発刊となりました。一応毎年発売前にはお知らせしているので,このブログを読んで買ってくれた人がいることを祈りつつ,まずは御礼申し上げます。そして今回もよろしくお願いします。

 さて,今回発売の「セイバーメトリクス・リポート3 」ですが,本来なら明日の3/25発売の予定だったと思いますが,4/5に延期になっていますね。この辺の事情はよくわからないのですが,発売まで今しばらくお待ちいただければと思います。

 というわけで,発売まで少し時間もできたことだし,自分の書いた内容を少し紹介しようかと思います。今回の自分の担当は以下の4編です。今回は上の2本の内容を少し紹介したいと思います。

 ・統一球の変化とフライの飛距離
 ・FIP(Fielding Independent Pitching)第4の構成要素としての内野フライ
 ・続・BABIPを掘り下げる
 ・ゴールデングラブ賞とUZR(Ultimate Zone Rating)


統一球の変化とフライの飛距離

 これはタイトルの通り,2013年はボールの変更によって本塁打が増えましたが,本塁打まで届かなかったフライの飛距離はどのように変化したのだろう?というのがテーマとなっています。

 1つ1つの打球の飛距離を測定したデータがあるわけではないのですが,UZR(Ultimate Zone Rating)を算出する際にグラウンドをゾーンに分類したデータがあります。このデータは距離が1~8まであり,距離が大きくなるほどフェンス側のゾーンとなります。このデータを利用して,フライの飛距離のある程度の傾向を把握しようというのが目的です。

 というわけで以下の図1に2013年のフライのデータを示します。

図1
 この図の赤いが2013年のフライの各距離への割合を示したデータとなります。パーセンテージは左の軸を参照してください。  黄色のは各距離へのフライ数の201年との比を表したもので,これは右の軸を参照します。図の真ん中の横線が丁度1.00で2012年と同じフライ数であることを示しています。この線より上にあれば2012年よりもフライ数が増加し,下にあれば減少したことを示します。  という感じでデータを見ていくのですが,このデータの集計方法の限界として,球場ごとの広さの違いを反映できないという問題があります。そこで,本文のほうでは球場ごとにこのデータを集計し掲載しています。 FIP(Fielding Independent Pitching)第4の構成要素としての内野フライ  続いてのテーマは,2013年のMLBにおいてFIPの枠組みに変化があったことを受けての内容となっています。  経緯を簡単に言ってしまえば,  「ある程度以上のレベルになると,守備の上手い下手に関わらずアウトになるよね。」  「なら,三振・四球・本塁打からなるFIPに加えても問題ないね。」  という流れとなります。実際にはもっと数的根拠を示した議論が展開されていますが……。  投手の新しい評価指標として内野フライに着目しようということなのですが,マネーボールでアスレチックスが出塁率に注目することで他のチームが見向きもしないような選手を抜擢することができましたが,あれと同じようなことがまた起こるのだろうか?という観点から読んでもらえると面白いのではないかと思います。  残りの2本はまた後日紹介させていただきます。今年もまたよろしくお願いします。  例年通り自分の書いた内容に関してはご意見や質問等は受け付けますので、発売はしばらく先ですが、何かありましたらここのコメント欄などを利用してください。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ちょっとしたはなし
タグ:
スポーツ統計
プロ野球を統計学と客観分析で考えるセイバーメトリクス・リポート3

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2014戦力マニュアル〜阪神編〜【アナグラム的分析ラボラトリ】

2014戦力マニュアル〜西武編〜【アナグラム的分析ラボラトリ】

2014戦力マニュアル〜巨人編〜【アナグラム的分析ラボラトリ】

リリーフ投手の登板状況を整理しておく -2009~2013 セ・リーグ編-【野球いじり】

はじめまして‼【若手を応援しよう‼】

信じてほしいと言った本田の言葉。本番も信じます。(日本-ベルギー戦)【北のお部屋】

雨の中のトライアウト【野球好きが語りたい】

フォートワース(8月11日)【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

ブロガープロフィール

profile-iconstudent

野球のデータ分析をやっているブログです

2014.06.21

のんびり更新ですが
よろしくお付き合いいただければと思います

Delta's Weekly Reportにも分析記事を寄稿しています

コメント・トラックバック・引用はご自由にどうそ
古い記事でもかまいません。

ご意見や質問,リクエストなどありましたら
下記のアドレスまでご連絡ください

givemeyouropinion1あgmail.com  
(あ→@ 迷惑メール対策です)
  • 昨日のページビュー:172
  • 累計のページビュー:1825261

(07月02日現在)

関連サイト:かけもちブログもやってます

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日ドラゴンズ 浅尾拓也選手の成績分析 ‐彼は酷使されているのか?‐
  2. イチロー選手の過去10年間の成績を俯瞰しつつ2011年の結果を考える
  3. 野球におけるメンタルの重要性 -リラックスのすすめ-
  4. 【毎年恒例】中日ドラゴンズの観客動員数
  5. Join us! 中日ドラゴンズの吹く笛に観客は踊ったか?
  6. 中日ドラゴンズ 岩瀬仁紀選手の登録抹消から衰えと酷使を考える
  7. MLBでの酷使を考える -ペドロ・フェリシアーノ選手の場合 その1-
  8. 中日ドラゴンズの観客動員数について -2011年と2012年の比較-
  9. ID野球とはなんだったのか
  10. プロ野球のチームカラーについて

月別アーカイブ

2016
06
2015
03
2014
04
03
02
2013
12
11
09
07
06
04
03
02
2012
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月02日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss