野球いじり

リリーフ投手の登板状況を整理しておく -2009~2013 パ・リーグ編-

このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 前回はセリーグの2013年までのリリーフ投手の登板状況を整理したので,今回はパ・リーグのデータを整理しておきます。

 今回もこのデータを使ってどうのこうのと分析するつもりはないのですが,資料をまとめて一覧できるようにしておきたいと思います。


分析データ

 分析対象は,2009年から2013年においてパ・リーグ6チームで年間10試合以上のリリーフ(救援)登板の記録がある投手としました。データは「プロ野球ヌルデータ置き場」様を参照しています。


楽天の場合

 まずは,楽天のデータを,登板数を表1-1に投球回数を表1-2に示します。

表1-1
表1-2
 この調子でどんどんデータを出していきます。 西武の場合  次に,西武のデータを,登板数を表2-1に投球回数を表2-2に示します。
表2-1
表2-2
 投手の数が楽天よりも多い割に,個々の選手の勤続年数が少ないのが特徴化と思います。なかなかリリーフ投手がチームに定着できていないことを示すデータかと思います。 ロッテの場合  次は,ロッテのデータを,登板数を表3-1に投球回数を表3-2に示します。
表3-1
表3-2
ソフトバンクの場合  次は,ソフトバンクのデータを,登板数を表4-1に投球回数を表4-2に示します。
表4-1
表4-2
オリックスの場合  次は,オリックスのデータを,登板数を表5-1に投球回数を表5-2に示します。
表5-1
表5-2
日本ハムの場合  最後に,日本ハムのデータを,登板数を表6-1に投球回数を表6-2に示します。
表6-1
表6-2




おわりに

 以上,データの紹介だけですが,資料として役立ててもらえれば幸いです。気が付けば開幕も迫ってきており,今年はこの表の中の誰が活躍するのか,新たに加わる戦力は誰なのかと期待しつつ開幕を待ちたいと思います。


宣伝

 『セイバーメトリクス・リポート3』が3月25日に発売予定です。今年の表紙は紫のようです。それから例年よりも少し安くなっていますね。

 アマゾンで予約できるので,気の早い方はどうぞ

プロ野球を統計学と客観分析で考えるセイバーメトリクス・リポート3
 

 今回はリポートとして以下の4つを寄稿しています。

 ・統一球の変化とフライの飛距離
 ・FIP(Fielding Independent Pitching)第4の構成要素としての内野フライ
 ・続・BABIPを掘り下げる
 ・ゴールデングラブ賞とUZR(Ultimate Zone Rating)

 昨年からの継続した部分と新しいネタといった内容になります。とっても地味な内容なのですが,その分他では見れないデータかと思います。来週にでも内容をちょっと紹介しようと思います。


データ引用&参照

 ・プロ野球ヌルデータ置き場

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球統計
タグ:
スポーツ統計
リリーフ投手
パリーグ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

北がキタァァァァァー!!【FF】

なかなかきっかけ掴めず…。【どーも、ライオンズファンです】

ブログ始めます【わたしとズーロワス】

【銀】竹内智香:スキー・スノーボード 女子パラレル大回転【五輪ピックンミクス】

昨年の今頃【勝鯉こそが最大のファンサービス】

WBC?ついでに勝っとく?【偏雑食系オヤジの妄抗議】

W杯で心に残ったGK・ベスト10(1~3位)【北のお部屋】

2014ごあいさつ【シマカズのサカブロ】

ブロガープロフィール

profile-iconstudent

野球のデータ分析をやっているブログです

2014.06.21

のんびり更新ですが
よろしくお付き合いいただければと思います

Delta's Weekly Reportにも分析記事を寄稿しています

コメント・トラックバック・引用はご自由にどうそ
古い記事でもかまいません。

ご意見や質問,リクエストなどありましたら
下記のアドレスまでご連絡ください

givemeyouropinion1あgmail.com  
(あ→@ 迷惑メール対策です)
  • 昨日のページビュー:80
  • 累計のページビュー:1837710

(10月13日現在)

関連サイト:かけもちブログもやってます

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日ドラゴンズ 浅尾拓也選手の成績分析 ‐彼は酷使されているのか?‐
  2. 野球におけるメンタルの重要性 -リラックスのすすめ-
  3. イチロー選手の過去10年間の成績を俯瞰しつつ2011年の結果を考える
  4. 【毎年恒例】中日ドラゴンズの観客動員数
  5. Join us! 中日ドラゴンズの吹く笛に観客は踊ったか?
  6. 中日ドラゴンズ 岩瀬仁紀選手の登録抹消から衰えと酷使を考える
  7. MLBでの酷使を考える -ペドロ・フェリシアーノ選手の場合 その1-
  8. 中日ドラゴンズの観客動員数について -2011年と2012年の比較-
  9. ID野球とはなんだったのか
  10. プロ野球のチームカラーについて

月別アーカイブ

2017
09
2016
06
2015
03
2014
04
03
02
2013
12
11
09
07
06
04
03
02
2012
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss