野球いじり

【毎年恒例】中日ドラゴンズの観客動員数

このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 2013年のストーブリーグは,ポスティングにFA移籍に外国人選手の契約と例年にない盛り上がりを見せていますが,口火を切ったのは中日の落合氏の復帰と厳冬更改でした。

 落合氏の著書「采配」を読んだのですが,2011年の解任の時点で,今後中日との付き合いはプロとして受け付ける的なことが書いてありましたので,復帰したこと納得なのですが,この復帰が示すのは2012年からの路線変更の失敗を意味するのではないかと思います。

 さて,当ブログでは2011年の落合氏の解任以来,中日ドラゴンズの観客動員数を毎年オフに分析してきました。というわけで今年も分析していきます。2012年以降の中日が目指したものが観客動員数にどのように表れたかを確認してもらえればと思います。


分析データ

 分析に使用したデータは,2005年から2013年までのナゴヤドームで開催されたNPBレギュラーシーズンの全613試合です。中日主催の準本拠地での試合はサンプルが少ないので分析からは除いています。データは平均観客動員数と観客席にしめる割合で示しています。ナゴヤドームの定員は38414人で計算しています。


観客動員数の比較

 まずは大雑把に,各シーズンの平均観客動員数を比較します。データは平日開催の試合と休日開催の試合で分けています。データを以下の表1に示します。

表1
 このデータをグラフ化したものを以下の図1に示します。
図1
 (平均)のデータは左の平均観客動員数の軸で見てください。(%)のデータは,右の割合の軸で見てください。平日・休日ともに2013年の観客動員数は2005年以降過去最低だったことがわかります。 月別観客動員数の比較  もう少し詳しくデータを見ていきます。次は月別の平均観客動員数のデータです。以下の表2にデータを示します。
表2
 このデータをグラフ化したものを以下の図2-1(平日)と図2-2(休日)に示します。
図2-1
図2-2
 2013年のデータを見ると,平日は2005年以降の最低水準をキープ,休日は8月までは順調でしたが,9・10月に大きく減っていることが確認できます。2013年の観客動員数の減少の原因はこのあたりにありそうです。 対戦相手別の観客動員数  NPBにおける観客動員数は,自チームの努力だけで決まるものではありません。対戦相手によって観客動員数が変わってくるのが現実です。対戦カードの日程は球団側からは指定することができませんが,多くの集客の見込める休日に人気のカードが多く組まれることで月の観客動員数は変わってきます。  2013年の9・10月の観客動員数の減少は,こうした対戦カードが原因だった可能性が考えられます。これを検証するために,まずは対戦相手別の観客動員数を以下の表3に示します。
表3
 このデータをグラフ化したものを以下の図3-1(平日)と図3-2(休日)に示します。
図3-1
図3-2
 図3-2の休日の巨人戦以外は,2000年代後半以降低下傾向にあることがわかります。この休日の巨人戦が月にどれくらい組まれるかは月の観客動員数を左右する要因となります。  それでは,月別の対戦カードはどうなっているかということで,少々大きいデータですが,2005年以降のカードをまとめたものを以下の表4に示します。
表4
 少々見にくいので2013年のデータを抜粋したものを以下の表5-1に示します。
表5-1
 このカード別の平均観客動員数のデータを以下の表5-2と表5-3に示します。
表5-2
表5-3
 これらのデータを見るに,確かに2013年は8月以降に休日の巨人戦が組まれず,工業的にはマイナスだったと思います。しかし,9・10月のカードは全体的に観客が減っていることが確認できると思います。巨人に次いで集客が見込める阪神戦も,8月は休日に90%だったのが,9・10月は60%を割っています。  結局のところ,対戦カードに恵まれなかったマイナスもありますが,優勝戦線からの脱落と,CS争いからの後退が全体的な観客減につながったのではないかと思います。  こんなことはデータを見なくてもわかることなのですが,  やっぱり勝たないとお客さんは集まらないよ……。  というのが,今回のデータの示すところではないかと思います。




おわりに

 既に賽は投げられ,2011年オフの方針転換から2013年オフは再度大きく舵をきりましたので,今更どうこういうことはありませんが,この2年間の経験を2014年以降活かすことができればと思います。今回のデータもここから再スタートの意味を込めて,来年以降の観客動員数を見ていく上での指針となればと思います。

 その他,こんな観点からデータを見たらどうなるだろうというアイデアがありましたらご指摘ください。可能な限り対応します。


お知らせ

 11月に発売された「セイバーメトリクス・マガジン2」に参加しました。
 興味のある方はどうぞ


分析データ

・日本野球機構オフィシャルサイト

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
検証2013
タグ:
プロ野球
スポーツ統計
中日ドラゴンズ
観客動員数

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

コメント返信

coworkerさんへ

コメントありがとうございます。

 さすがに興行収入についてはブラックボックスとなっているところが多く手が出せません。
 人気のバロメーターとしての観客動員を追いかけるので限界です。

 ところで、coworkerさんの書き方だと、プレーオフ収入を予算に含むようなことになっていますが、
 さすがにずっとAクラスとはいっても、入るとは決まっていない収入を見越して予算を立てるような杜撰な経営はしないのではないかと思います。
 
 期待していた収入が入らなくて痛い思いをしたかもしれませんが、これを良い機会に一気に減俸したというところではないでしょうか。

 落合氏の復帰は、有無を言わさぬ雰囲気で良い風よけになっていると思います。

【毎年恒例】中日ドラゴンズの観客動員数

中日が今季大幅減収、選手年俸の大幅引下げに動かざるを得なかった要因の一つに、自球場開催のCS、日本シリーズを行えなかったことを挙げざるを得ないでしょう。

この二つは自球場で開催すれば、入場料収入、テレビ放映権料のほか、商品販売代金の殆どが自チームに入る仕組みになっています。

シーズン優勝し、CSを3試合以上、日本シリーズを3ないし4試合開催すれば、付帯収入は恐らく10億円単位に登ると思います。

そういう意味で、集客努力をしなかったことを一つの理由として追放された落合現GMが監督をやっていた時代は選手年俸を上げる余力があったと思われます。

しかし、ジョイナス路線で集客に努めたものの、4位に甘んじ付帯収入が何も無かった今季は逆立ちしても年俸を上げる要因が無かったどころか、下げるしかなかったということかと思われます。

折角、管理人さんにデータ分析して戴いて恐縮ですが、こういう側面も分析して説明されないと、ファンの多くが現状を認識出来ない懸念があるなと思った次第です。

こんな記事も読みたい

期待の若手【徒然日記】

ジャイアンツ日報【12月6日】 日本チーム初HRの栄誉は辻に!【Lock-on Giants】

悉くセイバー系指標を信ずれば……【八九余談】

中日の補強について【Where dragons soar】

#139 宝クジは当たらないのが基本。【D党の小部屋】

谷繁元信選手兼任監督を語る【ドラドラ満貫ドラゴンズ!】

井端弘和はドラゴンズを裏切ったのか?【燃えろDragons】

来年の中日はどうなるか?落合の存在感は大きいぞ!【spoloveブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconstudent

野球のデータ分析をやっているブログです

2014.06.21

のんびり更新ですが
よろしくお付き合いいただければと思います

Delta's Weekly Reportにも分析記事を寄稿しています

コメント・トラックバック・引用はご自由にどうそ
古い記事でもかまいません。

ご意見や質問,リクエストなどありましたら
下記のアドレスまでご連絡ください

givemeyouropinion1あgmail.com  
(あ→@ 迷惑メール対策です)
  • 昨日のページビュー:129
  • 累計のページビュー:1831485

(08月24日現在)

関連サイト:かけもちブログもやってます

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日ドラゴンズ 浅尾拓也選手の成績分析 ‐彼は酷使されているのか?‐
  2. 野球におけるメンタルの重要性 -リラックスのすすめ-
  3. イチロー選手の過去10年間の成績を俯瞰しつつ2011年の結果を考える
  4. 【毎年恒例】中日ドラゴンズの観客動員数
  5. Join us! 中日ドラゴンズの吹く笛に観客は踊ったか?
  6. 中日ドラゴンズ 岩瀬仁紀選手の登録抹消から衰えと酷使を考える
  7. MLBでの酷使を考える -ペドロ・フェリシアーノ選手の場合 その1-
  8. 中日ドラゴンズの観客動員数について -2011年と2012年の比較-
  9. ID野球とはなんだったのか
  10. プロ野球のチームカラーについて

月別アーカイブ

2016
06
2015
03
2014
04
03
02
2013
12
11
09
07
06
04
03
02
2012
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss