野球いじり

予告先発に観客増員効果はあったのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 どうもお久しぶりです。

 さて,今回はタイトルにもあるように,2012年にセリーグに導入された予告先発に観客増員効果はあったのかを検証してみたいと思います。

 導入すべきかどうか賛否両論出ていましたが,なんだかあっという間に決まってしまってそのままといった感じでしたが,確か導入の目的は観客増員を見込んでというものだったと思います。

 「で,効果あったの?」

 というのが今回の記事を書くきっかけですが,大雑把な観客動員数の発表はあったものの,もう少し詳しく検証してみようかなというのが今回のテーマとなります。


分析データ

 分析に使用したデータは,2011年から2012年までのNPBセリーグ6チームの本拠地球場で開催された試合の観客動員数です。準本拠地開催のデータは今回は分析から除きました。データは「プロ野球ヌルデータ置き場」様を参照しています。

 データを分析するにあたり,試合を平日開催と休日(土日・祝日)に分けてまとめています。平日と休日では,休日のほうが観客が入りやすいからです。


月別観客動員数の比較

 それでは,まずは2011年の各球団の本拠地球場での試合数を月別に示したものを以下の表1-1に示します。

表1-1
 このデータで,どこで何試合あったか確認してください。続いて,月別の平均観客動員数を以下の表1-2に示します。
表1-2
 では次に,2012年の月別の試合数を以下の表2-1に示します。
表2-1
 続いて,月別の平均観客動員数を表2-2に示します。
表2-2
 これらのデータについて,以降は球団別に比較して行きたいと思います。 巨人の場合  まずは巨人について,平日の観客動員数を2011年と2012年で比較したものを図1-1に,休日の比較を図1-2に示します。
図1-1
図1-2
 今回は,観客動員数を割合(%)ではなく人数で示しています。縦の軸の最大値が球場の収容人数となっています。  巨人の観客動員数については,なんだかんだいって12球団でもトップクラスとなっています。休日はほとんど満員,平日も2012年はほとんど満員です。  このデータに予告先発による観客増員効果があったかどうかの考察は,全チームの紹介を終えてからまとめてしたいと思います。 中日の場合  続いて,中日です。平日の観客動員数を2011年と2012年で比較したものを図2-1に,休日の比較を図2-2に示します。
図2-1
図2-2
 正直そんなに大きな違いはありませんが,平日は2012年の序盤に少なく,休日は2011年の7・8月で少なくなっています。ただし,以前分析した際,2011年の7・8月は,こんなことをいっては失礼かもしれませんが,不人気カードが続いていたというハンデがあります。 ヤクルトの場合  次はヤクルトです。平日の観客動員数を2011年と2012年で比較したものを図3-1に,休日の比較を図3-2に示します。
図3-1
図3-2
 平日のデータを見ると,2012年の序盤は2011年よりも観客が増加しています。一方,休日では,2011年の終盤ほど2012年は観客が入ってはいません。これは,2011年と2012年の優勝までの距離を反映したものではないかと思います。 広島の場合  次は広島です。平日の観客動員数を2011年と2012年で比較したものを図4-1に,休日の比較を図4-2に示します。
図4-1
図4-2
 2011年と2012年ではそんなに大きな差はないかと思います。ただ,2012年の平日のデータは,8月までは綺麗な右上がりのデータで,最後に落ちてしまっています。このデータは,広島のCS進出を3位争いの結果をそのまま反映しているようでもあります。先ほどのヤクルトも含めて,やはり観客を増やすには勝つこと,そして優勝なりCS進出なりの目標を争うことが重要なのではないでしょうか。 阪神の場合  次は阪神です。平日の観客動員数を2011年と2012年で比較したものを図5-1に,休日の比較を図5-2に示します。
図5-1
図5-2
 こちらも流石人気球団といったところで,休日は常に満員近くになっています。一方,平日では,2012年は,011年ほどは入っていません。これが2012年の成績を反映しているのであれば,たとえ人気球団であっても注意が必要だと思います。 DeNAの場合  最後にDeNAです。平日の観客動員数を2011年と2012年で比較したものを図6-1に,休日の比較を図6-2に示します。
図6-1
図6-2
 こちらもあまり変わりの無いデータだとは思いますが,休日のデータを見ると,2012年の終盤は2011年よりも多くなっています。失礼を承知で言わせてもらえば,あの成績でシーズン終盤にお客さんを集めたのは,DeNAの企業努力といってよいのではないでしょうか。 予告先発に効果はあったか?  以上,各球団のデータをざっと見てきましたが,予告先発が導入されたセリーグにおいて,目に見えての観客増員効果があったとはいえないと思います。  ところどころで,2012年のほうが観客が多いところはありますが,これを予告先発の効果とは言いにくいと思います。こうした新しい制度が導入されれば,物珍しさ(新規性)の効果で,3・4月といったシーズン序盤に効果が顕著に現れ,徐々に落ち着いていくという変化をたどることが予想されますが,2011年の開幕があれほど不規則だったのにも関わらず,それと比較しても各チームで序盤に観客が増えたというデータにはなっていないと思います。  2012年の平日のヤクルトだけが,2011年と比較して観客は増えていますが,これだけをもって予告先発の効果とはいえないと思います。そもそも,目指すべき観客増は,特定の選手やチームではなく,セリーグ全体に期待していたわけですから,効果は無かったという結論で良いと思います。  一体誰の発案かは知りませんが,本当にリーグの観客増を目指すのであれば,他にも有効な手立てはあったのではないでしょうか。




おわりに

 以上,あんまり効果は無かったよねという話でした。本当にお客さんを増やしたくて,いろいろ考えた末にこの予告先発案にたどり着いたのであれば,その企画力に問題があるのではないかと思います。

 なんだかんだいっても,日本のプロスポーツの中では一番お客さんが集まる協議なので,今いる観客を大切に,さらに多くの観客を集める努力をしてほしいものです。

 次回は,球団別にもう少し細かいデータを見ていきたいと思います。


データ引用&参照

 ・プロ野球ヌルデータ置き場

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
検証2012
タグ:
プロ野球
予告先発
スポーツ統計

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

予告先発に観客増員効果はあったのか?

>たまにしか行かない自分みたいなライト層には予告先発は、あると助かります。2ヶ月に1回くらいのペースで見る時に、ローテの谷間同士よりかは、エースクラスの投げ合いを見たいので。


予告先発は基本前日に発表されるのに、エース同士の試合を見計らって見に行けますかね?ライトなファンこそ野球を見に行くときは数日前にチケットをとってから見に行くような気がしますが?

個人的には、予告先発が無い方が面白いと思っているので、観客動員数関係なしにセリーグだけでもなくしてほしいと思っている。

コメント返信

通りすがり さんへ

コメントありがとうございます。

 ご指摘のような可能性も考えられますが、その場合、
 「何もしなければ、観客動員数は減少する」ということが前提になります。

 確かに全体の数を見れば観客動員数は減りつつあるのかもしれませんが、
 ここ数年の観客動員数を球団別に見れば、減っている球団もあれば、ある程度の水準を維持している球団もあります。
 
 こうした現状を考慮すれば、何もしなければ減少するという前提は立てにくいと思います。

コメント返信

mk082063 さんへ

コメントありがとうございます。

 mk082063さんのように、あると助かったという人もいるのでしょうが、
 それが全体の数に反映されるほどは多くは無かったというのが現実ではないでしょうか。

 もうひとつライト層の人を呼び込むような方策があれば、効果が出てきたのかもしれません。

コメント返信

某セ・ファン さんへ

コメントありがとうございます。

 今回のテーマは制度批判というよりは、制度の効果を検証することにあります。
 というわけで、対案といえるものも用意してはいません。

 強いてあげるなら、戦力の均衡化を目指して、移籍等のもう少し選手の流動性を高めたほうが良いと思いますので、
 「レンタル移籍の導入」などはどうでしょうか。

 これも導入して1年で目に見える効果を期待するのは難しいとは思います。

 ところで、某セ・ファンさんは、予告先発の効果は2年目以降にじわじわと現れてくるとお考えでしょうか?

こんな記事も読みたい

カープ○○○○受難の天谷?【3番ライト・ライトル】

藤田も故障…開幕を西村・藤田の両方を欠いて迎えることに…【GO!GO!GO!イーグルス!】

ヤクルト新人6選手、オフに浦添市内を観光!!【ヤクルト優勝に向けて!!】

ブロガープロフィール

profile-iconstudent

野球のデータ分析をやっているブログです

2014.06.21

のんびり更新ですが
よろしくお付き合いいただければと思います

Delta's Weekly Reportにも分析記事を寄稿しています

コメント・トラックバック・引用はご自由にどうそ
古い記事でもかまいません。

ご意見や質問,リクエストなどありましたら
下記のアドレスまでご連絡ください

givemeyouropinion1あgmail.com  
(あ→@ 迷惑メール対策です)
  • 昨日のページビュー:75
  • 累計のページビュー:1838167

(10月19日現在)

関連サイト:かけもちブログもやってます

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日ドラゴンズ 浅尾拓也選手の成績分析 ‐彼は酷使されているのか?‐
  2. 野球におけるメンタルの重要性 -リラックスのすすめ-
  3. イチロー選手の過去10年間の成績を俯瞰しつつ2011年の結果を考える
  4. 【毎年恒例】中日ドラゴンズの観客動員数
  5. Join us! 中日ドラゴンズの吹く笛に観客は踊ったか?
  6. 中日ドラゴンズ 岩瀬仁紀選手の登録抹消から衰えと酷使を考える
  7. MLBでの酷使を考える -ペドロ・フェリシアーノ選手の場合 その1-
  8. 中日ドラゴンズの観客動員数について -2011年と2012年の比較-
  9. ID野球とはなんだったのか
  10. プロ野球のチームカラーについて

月別アーカイブ

2017
09
2016
06
2015
03
2014
04
03
02
2013
12
11
09
07
06
04
03
02
2012
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss