野球いじり

プロ野球における対戦相手の集客効果(2012)

このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 前回の分析では,中日ドラゴンズの観客動員数を分析しました。その分析に続いて,対戦相手や日程による観客動員数への影響を検証しようと思うのですが,中日だけのデータを見ても,それがどの程度多かったり少なかったりするのかがわかりません。

 そこで,今回は2012年のNPB12球団の本拠地で開催した試合を対象に観客動員数をざっと見ておきたいと思います。今回のデータを比較参照しながら,次回で中日の観客動員数を見ていこうという感じです。

 特に注目するのは,タイトルにあるように対戦相手による観客動員数の違いです。


使用データ

 分析に使用したデータは2012年までのNPB12球団の本拠地で開催した試合の観客動員数です。データは,「プロ野球ヌルデータ置き場」様のデータを参照しています。

 各球団の本拠地球状と,収容人数のデータを以下の表1に示します。

表1
各チームの観客動員数  まずは,各チームの日程別(平日・休日)の平均観客動員数(%)を以下の表2-1に示します。
表2-1


※休日とは,土曜日曜と国民の祝日になります。ゴ^ルデンオィーク中や,夏休みやお盆など平日であっても休みの人が多い日もありますが,細かいことを言い出すときりがないので,今回はこの分類基準としています。

 観客動員数(%)は,観客動員数を収容人数で割った値です。このデータは確認用で,ここでは1チームごとに吟味はしません。こんなものか見ていただければ良いし,贔屓のチームのデータでも確認して置いてください。


対戦相手別の観客動員数

 続いて,対戦相手別の観客動員数として,各チームが対戦相手として本拠地に来たときの観客動員数(%)のデータを以下の表2-2に示します。

表2-2


 このデータをグラフ化したものを,通常のリーグ戦のデータを図1-1に,交流戦のデータを図1-2に示します。

図1-1
図1-2
 データはざっくりと見ていただいても,表で細かく見ていただいても良いのですが,ここで重要なのは,対戦相手や日程(平日・休日)によっても左右されるということです。  2013年のスケジュールは既に発表されているように,これは個々のチームの努力によって変えられるものではありません。したがって,  プロ野球の観客動員数は自チームの努力だけでどうにかなるものではない  という当然の事実をここで改めて確認しておきたいと思います。あたりまえのことではありますが,プロ野球の観客動員数が話題になる場合,こうした対戦相手や日程(平日・休日)の影響を考慮している人はほとんどいないのではないかと思います。  まぁ他人を嘆いても仕方がありませんので,私としては次回以降,このデータを参照しつつ,中日の観客動員数を分析して行こうと思います。 おまけ  最後に,おまけではありますが,対戦相手別の観客動員数をチームごとに見たデータを以下の表3-1から表3-12に示します。
表3-1


表3-2


表3-3


表3-4


表3-5


表3-6


表3-7


表3-8


表3-9


表3-10


表3-11


表3-12


 表3-1から表3-12の中日のデータを見れば,次回のテーマで扱うデータになるわけですが,バラバラと見てもらうのも煩わしいので,次回に整理したデータを示します。




おわりに

 プロ野球を見に行く人からしてみれば,「応援しているチームの試合であればどんな試合でもかまわない」というよりは,強いチームや,人気のあるチーム,順位が競っているチームとの対戦を見たい人のほうが多いのではないかと思います。だから,こうした差は出てしまうのは仕方がないことだと思います。

 球団としてもこうした傾向は把握しているでしょうが,このようなデータを上手く集客に結びつけることが重要なのではないかと思います。集客効果の高いチーム,たとえば巨人との試合の活かし方も重要ですが,集客効果の低いチームとの試合をどうやってお客さんを呼ぶかは腕の見せ所だと思います。

 というわけで,今回は次回の分析の比較参照用ということで用意しました。これはあくまでこちらの事情ですので,それ以外の用途にも役立てていただければと思います。

 それでは,今回はこのあたりで失礼します。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
検証2012
タグ:
観客動員
スポーツ統計
プロ野球

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

来季の打線について考える。【虎フリーク】

日高剛、剛力招来!「全員がライバル」【マニュアルモード「超」】

頑張れ!蕭投手!!【鳴尾浜より愛を込めて。】

巨人の松本って嫌な選手だ。【プロ野球をポジティブに見るブログ】

大相撲九州場所番付発表【巨人 大鵬 卵焼き】

どうなる?!セリーグのCS【プロ野球日記】

現時点【2012/09/23】でのWBCメンバー考察【まったりスポーツ】

スラム街のジム 〜フィリピン・ボクシング体験記 vol.1【杉浦大介の「スポーツ見聞録 in NY」】

ブロガープロフィール

profile-iconstudent

野球のデータ分析をやっているブログです

2014.06.21

のんびり更新ですが
よろしくお付き合いいただければと思います

Delta's Weekly Reportにも分析記事を寄稿しています

コメント・トラックバック・引用はご自由にどうそ
古い記事でもかまいません。

ご意見や質問,リクエストなどありましたら
下記のアドレスまでご連絡ください

givemeyouropinion1あgmail.com  
(あ→@ 迷惑メール対策です)
  • 昨日のページビュー:77
  • 累計のページビュー:1837188

(10月08日現在)

関連サイト:かけもちブログもやってます

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日ドラゴンズ 浅尾拓也選手の成績分析 ‐彼は酷使されているのか?‐
  2. 野球におけるメンタルの重要性 -リラックスのすすめ-
  3. イチロー選手の過去10年間の成績を俯瞰しつつ2011年の結果を考える
  4. 【毎年恒例】中日ドラゴンズの観客動員数
  5. Join us! 中日ドラゴンズの吹く笛に観客は踊ったか?
  6. 中日ドラゴンズ 岩瀬仁紀選手の登録抹消から衰えと酷使を考える
  7. MLBでの酷使を考える -ペドロ・フェリシアーノ選手の場合 その1-
  8. 中日ドラゴンズの観客動員数について -2011年と2012年の比較-
  9. ID野球とはなんだったのか
  10. プロ野球のチームカラーについて

月別アーカイブ

2017
09
2016
06
2015
03
2014
04
03
02
2013
12
11
09
07
06
04
03
02
2012
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss