野球いじり

“打点”について考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 打者にとっての最高の栄誉といったら三冠王になるでしょうか。首位打者・本塁打王・打点王の3つのタイトルを同時に獲得する打者はそうそう現れませんので,やはり相当価値のあるタイトルといってよいと思います。

 しかしながら,セイバーメトリクスではこれらの打率・本塁打・打点に変わって様々な指標が開発されており,いささか古い指標となってしまっています。とはいえ,どんなに新しい指標があらわれても,基本的には打率から発展したものでありますし,本塁打の重要性は揺るぎの無いものがあります。では,3つめの打点はというと,

 「セイバーメトリクスで打点はあんまり話題にならないよね?」

 というのがこのテーマの出発点となります。基本的に不勉強な人間なのですが,一応

 「打点は走者を本塁まで還した指標だが,これは打者自身の能力に加えて,前の打者がどれだけ出塁することが出来たかによっても左右される」

 ということは知っています。打点からでは打者自身の能力を図り知ることは出来ないという考え方には納得が出来ます。そんな打点の関係をイメージしたら以下の図1のような関係となるでしょうか。

図1
 さて,この打点ですが,確かに打者自身の能力を測定する指標としては不十分で,そのため議論されることが少ないのかもしれません。  しかし,得点は勝敗に直結する要素であることは確かで,ある打者とその前の打者によって生み出される打点がどの程度になるのかを把握することは戦略上重要な課題となるはずです。したがって,打点が打者自身の能力を測定する指標ではないからといって,捨て置ける問題ではないと思います。  それでは,打点は,前の打者によってどれくらい左右されているのでしょうか?  もしかしたら,前の打者の出塁能力などあまり関係はなく,ほとんど打者自身の能力によって決まるのかもしれません。逆に,打者自身の能力ではなく,ほとんど前の打者の出塁能力によって決まってしまうのかもしれません。これを検証してみようというのが今回の目的となります。 分析データ  分析データは,いつもデータを参照させていただいている「プロ野球ヌルデータ置き場」様より,2006年から2010年までのNPB12球団の打順別の成績を参照しました。2006年から2010年までのNPB12球団の1~9番までの計540ケースの成績が分析対象となります。  分析に使用できるデータは,打率・本塁打・打点・四死球・出塁率になります。 打点のうち打者が走者を還したのは  打点のうち打者が本塁打を打った本数分は,走者を還したのではなく打者自身の能力による得点といって良いと思います。したがって,本塁打の本数分は,前の打者の出塁とは関係は無いということになります。そこで今回は,打点から本塁打数を引いた値(打点-本塁打)を,打者が走者を還した値として扱うことにします。  この打点-本塁打と打点の分布を表1に示します。
表1
 このデータを図2に示します。
図2
 このデータは,まぁこんなもんかと思っておいてもらえれば大丈夫です。 打点との関係  それでは,打者自身と前の打者の成績と打点の関係を分析して行きたいと思います。分析は,ある打者の打点-本塁打の値と,  ・打者自身の打率  ・打者の1人前の打者の出塁率  ・打者の2人前の打者の出塁率  ・打者の3人前の打者の出塁率  以上のデータについて相関分析を行いました。 打者自身の打率と打点-本塁打との関係  それでは,まずは打点-本塁打と打者自身の打率との関係を図3-1に示します。
図3-1
 相関分析の結果,相関係数は0.559でまずまず高い相関関係が確認できました。続けて前の打者の出塁率の分析を行います。 1人前の打者の出塁率と打点-本塁打との関係  では,1人前の打者の出塁率と打点-本塁打との関係を図3-2に示します。
図3-2
 関分析の結果,相関係数は0.463で打者自身の打率よりは低いものの相関関係が確認できました。 2人前の打者の出塁率と打点-本塁打との関係  では,2人前の打者の出塁率と打点-本塁打との関係を図3-3に示します。
図3-3
 関分析の結果,相関係数は0.382となりました。だんだん相関係数が下がってきています。 3人前の打者の出塁率と打点-本塁打との関係  では,3人前の打者の出塁率と打点-本塁打との関係を図3-4に示します。
図3-4
 関分析の結果,相関係数は‐0.074となりました。これでは相関関係があるとはいえず,ある打者の打点-本塁打と3人前の打者の出塁率との間には関連が無い可能性が考えられます。  これらの,相関係数をまとめたものを表2-1に示します。また,打者自身の打率と前の打者の出塁率の相関分析を行ったデータを表2-2に示しておきます。
表2-1
表2-2
まとめ  以上,打者自身の打撃能力と前の打者の出塁能力と打点の関係を検証しました。当然の結果ではありますが,どちらも打点とは関連があるという結果となっています。ただし,前の打者の出塁率が関連するのは2人前までで,3人前の出塁率はそこまで影響しない可能性があることは覚えておいた方が良いと思います。  どちらも関係することはわかりましたが,それでは打者自身の打撃能力と前の打者の出塁能力のどちらが重要なの?と言われると,若干相関係数の高い打者自身の打撃能力の方かもしれませんが,この辺りを数学的に比較してもあまり意味はありません。  そこで次回は,打者自身の打率と前の打者の出塁率によって,どの程度の打点になるかを分析してみたいと思います。




おわりに

 以上,打点について少し分析してみました。こういう分析はもうありそうな気がしますが,良く知らないので自分でもやってみました。これを読んでくださった方で,そういう分析データがあることをご存知であれば教えてください。分析の方は折角やったので次回もちゃんと報告したいと思います。

 ちなみに,今回の分析は1~9番までの全打順のデータを分析していますが,やろうと思えば特定の打順にクローズアップすることも可能です。それは,今後の課題としてまずはサンプルの多い全体のデータで分析して行きたいと思います。

 では,今日はこの辺りで失礼します。


データ引用&参照サイト

 ・プロ野球ヌルデータ置き場

 いつもお世話になっています

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球統計
タグ:
プロ野球
スポーツ統計
打点

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

コメント返信

得点圏長打率こそ正義?さんへ

 コメントありがとうございます。

 ご指摘の通り、長打率を考慮に加えることでより正確な分析が可能になると思います。
 しかし、分析データのところにも書きましたが、

 今回参照させていただいているデータ元に長打率のデータは掲載されていないのです。
 本塁打のデータはあるので考慮に入れることは可能ですが、ちょっと工夫が必要になりますね。

 長打率が無いのは残念ですが、無い袖はどうやっても振れません。
 しかし、幸いなことに打率や出塁率と打点の間に関連が無いわけではないので、今利用可能なデータで分析して行きたいと思います。

 面白い結果が得られそうであれば、自分でデータを集めて、長打率も含めた分析も考えています。
 まぁデータを集めるにしてもかなり時間はかかると思います

“打点”について考える

今回の分析において本当に打率および出塁率が有効な指標でしょうか.長打率をもう少し考えるべきではないでしょうか.

前の打者が二死から単打を打つのと,二死から二塁打三塁打を放つのでは,同じ出塁でも当該打者の打点の稼ぎやすさが異なると思います.従って,前の打者の出塁率のみならず長打率も考慮すべきと思います.(逆に,本塁打率・長打率が高い打者の後ろでは打点を稼ぎにくいという可能性もありますが・・・)

また,二塁打を打てる打者は一塁に居るランナーを還す能力が単打マシーンに比べて多いと考えられます.従って当該打者の打率のみならず長打率も考慮すべきと思います.

如何でしょうか?

こんな記事も読みたい

福田の脚でものにした勝利!【熊本出身鷹好き現地の会】

○ 5/1 巨5-0広 宮國 104球で初完封!プロ初安打・初打点のおまけ付き!【Giantsファンによるプロ野球つぶやき】

目覚めろ新井!引っ張るのは打球よりも打線だ!!【小虎も虎も虎のうち】

ブロガープロフィール

profile-iconstudent

野球のデータ分析をやっているブログです

2014.06.21

のんびり更新ですが
よろしくお付き合いいただければと思います

Delta's Weekly Reportにも分析記事を寄稿しています

コメント・トラックバック・引用はご自由にどうそ
古い記事でもかまいません。

ご意見や質問,リクエストなどありましたら
下記のアドレスまでご連絡ください

givemeyouropinion1あgmail.com  
(あ→@ 迷惑メール対策です)
  • 昨日のページビュー:115
  • 累計のページビュー:1811133

(03月17日現在)

関連サイト:かけもちブログもやってます

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日ドラゴンズ 浅尾拓也選手の成績分析 ‐彼は酷使されているのか?‐
  2. イチロー選手の過去10年間の成績を俯瞰しつつ2011年の結果を考える
  3. 野球におけるメンタルの重要性 -リラックスのすすめ-
  4. 【毎年恒例】中日ドラゴンズの観客動員数
  5. Join us! 中日ドラゴンズの吹く笛に観客は踊ったか?
  6. 中日ドラゴンズ 岩瀬仁紀選手の登録抹消から衰えと酷使を考える
  7. MLBでの酷使を考える -ペドロ・フェリシアーノ選手の場合 その1-
  8. 中日ドラゴンズの観客動員数について -2011年と2012年の比較-
  9. ID野球とはなんだったのか
  10. プロ野球のチームカラーについて

月別アーカイブ

2016
06
2015
03
2014
04
03
02
2013
12
11
09
07
06
04
03
02
2012
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss