野球いじり

中日ドラゴンズ 浅尾拓也選手の成績分析 -投球数とパフォーマンスの関係-

このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 浅尾拓也選手(以下,浅尾選手)は酷使されているのか?

 というテーマの下,ここのところあれこれと分析をしているわけですが,

 「投球数は考慮しないの?」

 というコメントをいただきました。このコメントを機にもろもろ分析して準備を整えてきましたので,今回はようやく浅尾選手の投球数とパフォーマンスの関係を見て行こうと思います。

 今回は浅尾選手のデータしか出せませんので,これをもって何か新しい理論を構築したり,重要なことが明らかになるというわけではありませんが,「こういうデータのまとめかたはどうだろう?」という技術的な提案と思ってみていただけると助かります。


分析データ

 分析に使用したデータには,2006年から2011年までに,先発での登板が無く救援で5試合以上登板し,かつ投球回数が30回以上の投手315名と,浅尾選手の2010年と2011年の成績を用いました。今回使うデータは,

 ・投球回数
 ・投球数
 ・安打/対戦打者数
 ・奪三振率
 ・与四球率

 になります。データは「プロ野球ヌルデータ置き場」様を参照しています。


各データの偏差値化

 各データを並べて比較するために,データを偏差値に変換しました。偏差値に変換するための平均値と標準偏差は2006年から2011年までに,先発での登板が無く救援で5試合以上登板し,かつ投球回数が30回以上の投手315名のデータから求めました。これを表1に示します。

表1
 このデータを使って浅尾選手の成績を偏差値化していきます。今回使うデータは1試合ごとの成績を蓄積させていったものになります。どういうことかといいますと,たとえば,浅尾選手の2010年の最初の10試合の投球数は以下のようになっています。  投球数:18, 32, 13, 15, 9, 9, 11, 22, 13, 14 この投球数を蓄積させていくと以下のようになります。  投球数(蓄積):18, 50,63, 78, 87, 96, 107, 129, 142, 156 この蓄積された投球数を以下の計算式で偏差値にすることが可能です。  偏差値 = 50 + [(投球数-平均)÷ 標準偏差 ]×10  この方法で偏差値化した浅尾選手の2010年と2011年の各種成績を偏差値化していきました。安打/対戦打者数と与四球率は,値が低いほど偏差値が高くなるように計算しています。 2010年と2011年の各データの推移  それでは,まずは2010年の各種のデータの推移を見て行きたいと思います。データを図1-1に示します。
図1-1
 与四球率は一定なのに対し,安打/打者と奪三振率は徐々に下がっていくというか,最初が良すぎたというデータになっていると思います。投球数や投球回の蓄積とこれらのパフォーマンスの変化に対応があるかと言われるとそうでもない印象です。  続いて,2011年のデータを図1-2に示します。
図1-2
 各データとも,レベルは違いますが安定していた一年といえそうです。こちらも投球数や投球回の蓄積とこれらのパフォーマンスの変化に対応があるかと言われるとそうでもない印象です。 もう少し短期的なパフォーマンスの変動を反映してみる  さて,このデータは各試合のデータを蓄積して行ったものですので,当然シーズン終盤の成績はそれまでの成績と合計されるので変化しにくくなります。これでは,パフォーマンスの変化を捉えることが難しいところがあると思います。  しかし,1試合単位でデータを集計すると,1回の失敗や成功が非常に大きく評価されてしまうという問題があります。というわけで,間をとって各試合のデータを前後3試合分の結果を合計した値で偏差値にしてみました。まずは2010年のデータを図2-1に示します。
図2-1
 図1-1と比較してデータが世話しなく上下しているのが判ると思います。そして,細かな変動はありながらも大きなトレンドも見て取れると思います。例えば,安打/打者のデータは,最初は非常に良いですが,徐々に平均並まで下がり,また上昇して低下するという変化になっていると思います。  続いて,2011年のデータを図2-2に示します。
図2-2
 安打/打者のデータが見えないのは,グラフの上限を振り切っているからです。これは浅尾選手がほとんどヒットを打たれていないことを示しています。  2010年と2011年のデータを見るに,各データとも何とはなく周期性を持ったようなデータになっていると思いますが,何分浅尾選手一人のデータですのでなんとも判断はできないところです。まぁこんなところかと思ってみていただければと思います。投球数の蓄積と何か関連がありそうかというとそうでもなさそうな印象ですが,読んでくださっている方の印象はどうでしょうか。  最後に,もうちょっと踏み込んで,2010年と2011年の奪三振率のデータを並べてみてみたいと思います。データを図3に示します。
図3
 細かい変動が余計で見難いですが,大体図中の破線の時期くらいから2010年と2011年ともに奪三振率が低下し始めることがわかると思います。しかし,この奪三振率と投球数の蓄積との関連はなさそうというのが個人的な印象です。 まとめ  以上,浅尾選手の投球数の蓄積とパフォーマンスの関連を検証して見ました。2年分のデータしかないので,法則めいたことはいえませんが明確な関連といえるものはなかったといえると思います。  とはいえ,今回の投球数のデータはシーズン開幕からの蓄積という形にしていますので,他のデータと同様に,短期的にたくさん投げたりした場合にそれがパフォーマンスに反映される可能性は考えられます。  最初にも書きましたが,今回はとりあえずデータを整理してみたという試験的な意味合いでやってみましたので,こんなところで締めくくりたいと思います。「もう少しこういうところもやってくれよ」というリクエストがありましたらコメントにでもお願いします。




おわりに

 なんやかんやと結構いろいろやってきたと思いますが,リリーフ投手の分析はとりあえずここらで一区切りとしたいと思います。もちろん何かリクエストがありましたら応えますが,次は打者成績を分析してみようと思います。

 では,今日はこのあたりで失礼します。


“ラスト宣伝”

 プロ野球を統計学と客観分析で考えるセイバーメトリクス・リポート1に,ちょっと参加しています。良かったら見てみてください

 ・アマゾン
 ・紹介記事


データ引用&参照サイト

 ・プロ野球ヌルデータ置き場

 いつもお世話になっています

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球統計
タグ:
浅尾拓也
中日ドラゴンズ
スポーツ統計
プロ野球

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

コメント返信

もっちゃん さんへ

コメントありがとうございます

 こうした懸念は取り越し苦労で終わってくれることを願いつつ書いているのですが、
 現実は甘くないですね。

 個人的には、現在の浅尾選手の状態は登板試合数的に見て、
 巨人の山口選手の2008年から2011年の状態に近いものを感じています。
 山口選手も、3年ほどハイペースで投げ、4年目に失速していますね。

 とはいえ、現在は見事復活(また酷使が心配されますが)していますので、
 願望込みでこのパターンではないかなと思っています。

 現段階では、リリーフ投手の適正な投球ラインというものを構築するためには
 まだまだたくさんの分析を積み重ねる必要があります。

 そうした基準ができるまでは酷使のし放題でも困りますので、
 今のところは、浅尾選手のこうした事例や
 岩瀬選手の登板スケジュールなどを参考にしていくしかないでしょうね。

中日ドラゴンズ 浅尾拓也選手の成績分析 -投球数とパフォーマンスの関係-

浅尾選手が登録抹消されましたね。
管理人さんの心配していた事が現実になってしまい、残念ですね。
浅尾投手の様に頑丈と言われている選手といえど、やはり70試合登板を続けるのはリスクが高いのですね。
管理人さんの努力が実って、リリーフ投手の登板数なり投球数なりで選手生命を守る為のボーダーラインが出来る事を願って止みません。

そういったものがあれば、使う監督も「俺がアイツを壊した」みたいな思いをする事が減って、もし選手が壊れても一種の免罪符になると思います。

これからも管理人さんの活躍期待してます。

こんな記事も読みたい

【中日5回戦:△】畠山、明日がラストチャンスですよ?【つばめ日記】

初回がすべて【カープの日本一を見届けるまで…】

怒濤の牛タンパワー 炸裂【狗鷲通信】

勝利は遠く。【ドラゴンズ時々グランパス?】

ははっ【打って走れば若竜に・・・。】

4月25日。中日、すったもんだがあったみたいで、、【落合博満さん(元ドラゴンズ監督&GM)好きは否めない。】

谷繁プロ新1年目から24年連続HRでドロー!明日吉見でこの日のドローに価値を【SAKUVERworld】

両チーム譲らず【ドラゴンズ&フィギュア】

ブロガープロフィール

profile-iconstudent

野球のデータ分析をやっているブログです

2014.06.21

のんびり更新ですが
よろしくお付き合いいただければと思います

Delta's Weekly Reportにも分析記事を寄稿しています

コメント・トラックバック・引用はご自由にどうそ
古い記事でもかまいません。

ご意見や質問,リクエストなどありましたら
下記のアドレスまでご連絡ください

givemeyouropinion1あgmail.com  
(あ→@ 迷惑メール対策です)
  • 昨日のページビュー:83
  • 累計のページビュー:1831771

(08月27日現在)

関連サイト:かけもちブログもやってます

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中日ドラゴンズ 浅尾拓也選手の成績分析 ‐彼は酷使されているのか?‐
  2. 野球におけるメンタルの重要性 -リラックスのすすめ-
  3. イチロー選手の過去10年間の成績を俯瞰しつつ2011年の結果を考える
  4. 【毎年恒例】中日ドラゴンズの観客動員数
  5. Join us! 中日ドラゴンズの吹く笛に観客は踊ったか?
  6. 中日ドラゴンズ 岩瀬仁紀選手の登録抹消から衰えと酷使を考える
  7. MLBでの酷使を考える -ペドロ・フェリシアーノ選手の場合 その1-
  8. 中日ドラゴンズの観客動員数について -2011年と2012年の比較-
  9. ID野球とはなんだったのか
  10. プロ野球のチームカラーについて

月別アーカイブ

2016
06
2015
03
2014
04
03
02
2013
12
11
09
07
06
04
03
02
2012
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss