Jリーグやユース代表が中心のブログ

U-20W杯の出場権をかけたU-20北中米・カリブ海選手権が18日から開幕

このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと最近更新が滞っているのですが、そろそろ真面目に更新頑張らないとなぁと。というわけで18日からU-20北中米・カリブ海選手権が始まります。上位4チームはU-20W杯の出場権が手に入ります。

U-20北中米カリブ海選手権2013 (2/18~3/2) 開催国 メキシコ
グループA アメリカ コスタリカ ハイチ
グループB カナダ ニカラグニア キューバ
グループC ジャマイカ パナマ プエルトリコ
グループD メキシコ エルサルバドル キュラソー
上位2チームが決勝トーナメントに進出

決勝トーナメント1回戦 ※勝った方がU-20W杯の出場権を獲得
グループA1位 - グループB2位
グループA2位 - グループB1位
グループC1位 - グループD2位
グループD1位 - グループC2位



U-20北中米カリブ海選手権・近年大会成績 ※2007年大会以前は大会形式が違うので省略
     優勝     2位     3位     4位
2009  コスタリカ アメリカ ホンジュラス トリニダード・トバコ
2011  メキシコ  コスタリカ グアテマラ パナマ

U-20W杯出場チーム
2001 コスタリカ アメリカ カナダ ジャマイカ
2003 パナマ メキシコ カナダ アメリカ
2005 アメリカ パナマ カナダ ホンジュラス
2007 アメリカ パナマ メキシコ コスタリカ
2009 コスタリカ アメリカ ホンジュラス トリニダード・トバコ
2011 メキシコ コスタリカ グアテマラ パナマ

U-20W杯・北中米勢の成績 ※グループリーグ敗退は省略
2001  ベスト16 アメリカ コスタリカ
2003  ベスト8 カナダ アメリカ 
2005  ベスト16 アメリカ
2007  ベスト8 アメリカ メキシコ
2009  4位 コスタリカ   
2011  3位 メキシコ ベスト16 グアテマラ コスタリカ 

過去最高成績  準優勝 (メキシコ、1977年大会)



U-20W杯に2大会連続ベスト4入り

U-20W杯(旧称はワールドユース)の第1回大会にはメキシコが準優勝という成績を収めた北中米カリブ海勢だがそれ以後は1989年大会にアメリカがベスト4入りした程度とお世辞にも好成績を収めている、とまでは言い難いのが過去大会の実績。ベスト8とかベスト16にはコンスタントにはきているけどそれはアジア勢も同じですしね。

しかし2009年大会から大会形式を変えると2009年大会優勝のコスタリカがU-20W杯でベスト4入り、2011年大会優勝のメキシコもU-20W杯で3位入賞を果たすなどここ2大会はベスト4入りを達成しております。
大会形式を変えたこととU-20W杯で好成績を収めるようになったことに大きな因果関係があるとは正直思えないですが、過去大会の成績はさほどよくないけど、近年大会は何気に結果を出してるよってのが北中米勢であります。

このU-20北中米・カリブ海選手権はA代表の大陸選手権と同じで予選は3つの地域に分け、予選を行います。
北アメリカ地域はアメリカ、メキシコ、カナダだけみたいなので予選はなく本戦からの参戦となるのでホンジュラスやコスタリカのいる中央アメリカとトリニダード・トバコやジャマイカのいるカリブ海地域が地区予選を行います。
今回は既にホンジュラスが地区予選で敗退!ホンジュラスは1993年生まれの選手が2人ロンドン五輪代表選手に選出されていたので出てくれば有力チームの1つだったんじゃないかと思うのでちょっと残念ではあります。地区予選がロンドン五輪前で有力選手をロンドン五輪にもっていかれたのは響いたのかもしれませんね。

U-20北中米・カリブ海選手権の本戦は何度か大会形式がかわっており、1998年~2007年大会は8チームを2つのグループに分けて、各グループ2位までがU-20W杯の出場権を獲得することができるというものでした。
2007年大会まではグループリーグのみで完結していたのですが、2009年大会からは決勝トーナメントを行い優勝チームを決めるシステムに変更すると、2011年大会からは本戦出場チームが12に拡大、12チームを3チームずつ4組に分け、上位2チームが決勝トーナメントに進出して決勝トーナメント1回戦に勝ったチームがU-20W杯の出場権を獲得できるという形式に変化しました。
ちょくちょく大会形式がかわる大会ですが、今年は前回大会と同じ形式となっております。

有力どころとしてはやはり2011年のU-17W杯を優勝した世代がいるメキシコに7大会連続でU-20W杯の出場権を獲得できていたアメリカ、それに近年大会は実績をのこしているコスタリカあたりかなとは思いますが、1月に行われた南米がブラジルとアルゼンチンが敗退するという波乱があっただけに北中米でもちょっと期待したいんですがね。特にメキシコが

2001 予選敗退
2003 U-20W杯出場
2005 予選敗退
2007 U-20W杯出場
2009 予選敗退
2011 U-20W杯出場

と近年は見事なまでに2回に1回のペースでU-20W杯の出場を逃しているだけに、これまでの流れ通りなら今回は予選敗退のターンなわけですが(笑)
アメリカだって2011年大会以前は7大会連続で出場権をとれていたのを逃したわけですが、日本も7大会連続で記録途絶えたんですよね、日本はその後トツボにはまっているわけですがアメリカは再び出場権をとることができるでしょうか、できれば決勝トーナメントでカナダと対戦するのは避けたいところかなと思いますが。

上位4チームには今年の6月にトルコで行われるU-20W杯の出場枠が手に入りますが、どこになるでしょうか。決勝トーナメントいったあたりでまた結果をお伝えできたらなと思います。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
南米・北中米・アフリカのユース年代大会(U-23~U-17)
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

タンピネスが今季初タイトル獲得!【シンガポールサッカーの探求】

ソニー仙台FC 3/17ホーム開幕戦のお知らせ【走れ!!ソニー仙台FC】

【Sリーグクラブ紹介】Part.7/コーツ・ヤングライオンズ 【シンガポールサッカーの探求】

ブロガープロフィール

profile-iconsteven08

パソコン関連のお仕事をしてる人間です。
サッカーが好きです。ゲームも好きです。

にわかながらJ開幕時からガンバ大阪を応援しております。ガンバを見てきたからかわかりませんが、最近は年代別代表を特に注目するようになりました。ブログではあまりガンバのことお話しません。

日本のみならず、世界中のユース年代をチェックしていきます。
他にもアジアサッカーなんかのお話もやっていこうかと思います。

よろしく~ヽ(=´▽`=)ノ
  • 昨日のページビュー:156
  • 累計のページビュー:9475609

(11月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 浦和レッズ、Jリーグ史上初の勝ち点はく奪も
  2. U-16日本代表がイタリアの国際大会で優勝!次は6月にアゼルバイジャンで行われる国際大会でウルグアイと対戦
  3. AFC・U-19選手権2014グループリーグA・C3戦目結果、日本、中国、タイ、ミャンマーが決勝トーナメントへ!
  4. そろそろドルトムントへ移籍した丸岡満選手の出場記録でもチェックしてみる
  5. J1クラブ・夏の移籍情報まとめ【J特】
  6. 2014年~2018年の国際Aマッチデーが発表
  7. Jリーグ・2013年夏の移籍情報まとめ【J1】
  8. Jリーグ・ベガルタ仙台がエルサルバドル代表選手を獲得?イシドロ・グティエレスという選手について
  9. 男子サッカー・ロンドン五輪ブラジル代表メンバー
  10. U-16アジア選手権決勝トーナメント1回戦結果、イラン、イラク、ウズベキスタン、日本がU-17ワールドカップへ!

月別アーカイブ

2015
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss