Football Memorandum

今の自分のサッカー観に関するメモ

stanger

関連サイト:www.htogai.com

【覗いて下さる皆様へ】 気まぐれ&思いつき更新の"Football Memorandum"へようこそ。 時折思い出したように更新します。 最近は色々とガジェットを入手したので、こま目に頑張ります。 基本FC東京まみれの もっと見る
  • 昨日のページビュー:14
  • 累計のページビュー:459048
  • (06月24日現在)

最新の記事

2012年シーズンのレフェリング基準は本当に示されているのか

過去にも当ブログで何度もサッカー審判員に触れて来たが、今シーズンはどうも腑に落ちないことがシーズン当初から続いている。 昨年で審判員(2級)としての活動を終えた僕が、再び審判員のジャッジに注目して試合を観るきっかけとなったのは、今シーズンのJリーグ開幕を告げるXEROXスーパーカップでの二つの判定からだ。 当初はその判定を、独立した事象として捉えていたが、J1開幕戦を見るにつけ、「基準」という言......続きを読む»

Review 大宮アルディージャ vs FC東京 (2012/03/10)

前半30分までは正にJ1とJ2昇格組の試合だった。 きっと僕はFC東京がいつものシーズンオフを過ごし、これが今シーズン最初の試合ならば「仕方のないこと」と諦めていただろう。 しかし、この試合は単なる今年の開幕戦ではなかった。 一週間前に昨年度チャンピオンである柏レイソルを十分なまでに困惑させ、たった4日前にはアウェイの地でオーストラリアチャンピオンを捩じ伏せたチームの3試合目だ。 イライラと......続きを読む»

【Review】FC東京vsカターレ富山

毎度毎度更新が滞り・・・。 勝ったから、というよりも、ちょっと生活のサイクルを変えたことで、ようやくブログ更新の時間が出来たということもあるので、改めて「J2の一チーム」としてのFC東京を見て行きたいと思います。 ...続きを読む»

FC東京 vs サガン鳥栖 Review(2011/3/5味の素スタジアム)

J2降格の開幕戦と言いつつも、味の素スタジアムの雰囲気は例年の通りだったように思えた。 正月はJリーグ開幕とと共によろしく、半ば祭りのような気分と、これからの90分間のみならず、長いシーズンを楽しみにする観客の顔がそこにはあった。 13時30分に味の素スタジアムに到着した僕もその中の一人ではあったが、2時間半後にはその気分は消えてしまっていた。 多磨駅までを家族で徒歩で歩く最中、なんとも釈然と......続きを読む»

FC東京の11年とはなんだったのか(その1)〜歴代監督編〜

2010年12月4日。 FC東京が京都に敗戦を喫し、J2降格が決まった日。 その日から早くも1ヶ月が経過した。 この1ヶ月間、僕が考えていたのは 「この11年という年月はいったいなんだったのだろう」 ということだった。 2010年、個人的には仕事の忙しさによる余暇が完全なる休息の日となってしまったことにより、スタジアムに足を運んだのも片手程度だった(当Blogの更新も同様)。 つま......続きを読む»

新たな時代を見せたワールドカップ終了

スペインの優勝で幕を閉じた2010ワールドカップ。 寝不足とのさよならで少し安堵しつつも、サッカーファンとしては寂寥感とこれからやってくるJリーグの再開、そして欧州の移籍市場活性化が楽しみになる日々が始まる。 簡単に今大会を見て思ったことを綴ってみよう。 ...続きを読む»

ワールドカップ誤審問題に寄せて

このBlogで審判問題について述べたのが2年前。 いみじくも、その投稿のきっかけとなった西村主審が、昨晩行われたオランダvsブラジル戦の主審を務めた。 2年という月日の流れの速さを感じると共に、西村氏の的確なジャッジを見て、同じ日本人として、そして審判員の端くれとして誇りに感じた。 その反面でネット上では、繰り返されるワールドクラスの審判による誤審批判が止まらず、FIFAもついにビデオ判定......続きを読む»

【ワールドカップ】日本vsパラグアイ Review

全然更新してなかったのですが、代表の試合に熱くなり、必ずやこの下半期は定期的な更新を!と誓ったので、早速書いてみます。 が、夜中ですので手短に。 後日日本のアフリカ大陸での連戦を、テレビで観ていた自分なりにまとめてみたいと思います。 ...続きを読む»

FC東京~2010年開幕に向けて~

2009年のシーズン開幕以降、ぴたっと更新をしなくなっておりました。 わざわざメールでご心配頂いた方もいたりして嬉しかったです。 昨年はこの不景気に新たなチャレンジで転職をし、その上子供も生まれたりと、生活が大きく変わった年でした。 そのため、自分の時間を持ってBlogを更新したりすることもなかなか難しく、仕事と家庭が中心の生活でした。 FC東京の試合も逐次チェックはしていましたが、残念......続きを読む»

【Review】FC東京 vs モンテディオ山形(3月21日(土)@味の素スタジアム 14:00~)

せっかくの今季初勝利にも関わらず更新が遅くなってしまいました。 というのも、当日は実家のある吉祥寺まで車で移動、そこから電車で味スタ、と思ったのですが、首都高速が異様なまでの混雑でキックオフに間に合わず。 後半からスタジアム観戦、見れなかった前半は録画で確認という、非効率極まりないことをしておりました。 羽生のヒーローインタビューにもあった通り、まだまだやりたいサッカーからは程遠いものの、......続きを読む»

【Review】浦和レッズ vs FC東京(3月14日(土)@埼玉スタジアム 14:00~)

負けた直後に一服。 そのまま犬の散歩に出て、頭の中で試合を振り返ってみる。 正直、どこをどうとかという内容ではなかった。 浦和レッズは全てにおいて東京のパフォーマンスを上回っていた。 出足、セカンドボールへの寄せ、フリーラン。 勝つべくして浦和が勝った試合。 逆を言えば、FC東京は負けるべくして負けた試合。 いつもはできる限り冷静にReviewを書くつもりで臨んでいるが、今日ほど「......続きを読む»

閑話休題~多摩大学SMSについて~

今季当Blogの方向性にも関わると思うので、当Blogを見て下さる方へのお知らせの意味も含めて。 この4月より多摩大学大学院で開催されるスポーツ・マネジメント・スクールに参加させて頂くこととなりました。 2月下旬に『「Jリーグ」のマネジメント』(広瀬一郎著/東洋経済新報社)の感想文と、「スポーツ界が抱える課題について」を自身の経験に基づいて論文を書いての応募をしました。 一般応募40名枠で......続きを読む»

【Review】FC東京 vs アルビレックス新潟(3月7日(日)@味の素スタジアム 13:00~)

スタジアムからの帰り道。 足取りは重かった。 予想だにしなかった4失点での敗戦。 塩田の代役としてデビューした権田、DFの補強として期待される平松をはじめとする選手、そしてサポーターにとっては思い幕開けとなってしまった。 ...続きを読む»

開幕直前~FC東京 Season Review~

Blogの更新しなきゃしなきゃ、と思いながら2009年も早くも3月。 我が家には正月が3回来ます。 天皇杯決勝の1月1日。 高校サッカー決勝の1月12日。 そしてJリーグ開幕の3月7日。 FC東京は怪我人続出、カボレもご家族の病気で一旦帰国など、不安材料が拭えませんが、それでも開幕はやって来るわけで。 今季への期待、そして開幕戦のReview、更にはライバルチームについてもちょこっと......続きを読む»

FC東京2008 Season Review

2008年も今日で最後。 今年は本当に、年末までFC東京を楽しむことが出来ました。 僕が思う   ・Best Game 3試合   ・Worst Game 3試合   ・Best Goal 5つ を挙げながら、今シーズンを振り返ってみたいと思います。 お読み頂いている皆さんのBest、Worstの試合はどれだったでしょう? Best Goalはどのゴールだったでしょうか? ......続きを読む»

【Review】天皇杯準決勝 / FC東京 vs 柏レイソル(12月29日(月)@エコパ 13:00~)

あと少し。もう少し。 元日国立の実現には至らなかった。 31分鈴木達也、68分フランサ、88分李。 ある意味で東京、柏というこの1戦に相応しい役者が決めた3つのゴール。 FC東京のゴールは1つ、いや2つたりなかった。 あの元日に国立競技場で迎える、寒い中にも爽快な青空の下で観る青赤のユニフォームを想像し続けたが、残念ながら僕らサポーター、そして選手達の夢は叶わなかった。 ...続きを読む»

【CWC Review】アデレード(AUS)vsガンバ大阪(JPN)  (12月14日@豊田スタジアム 19:25~)

クラシコ観て、CWC観て。 ポーツマスvsニューカッスルも観たりとサッカー三昧の一日。 ガンバとアデレード、3度目の対戦。 ACL決勝では余裕を持った試合の進め方ができたガンバ。 今日も楽勝かと思ったが、蓋を開けてみれば意外に苦戦。 結果1-0で逃げ切りだったが、佐々木、二川を負傷交代させなくてはならないという状況に陥った。 世界の舞台での1勝の代償は大きかった。 ...続きを読む»

【Liga Espanola Review】バルセロナvsレアル・マドリー(12月13日@カンプ・ノウ)

クラブ・ワールドカップにクラシコ。 Jリーグ中心の春秋が終わってもサッカーファンにはサッカーを忘れる暇がない。 リバプールvsハルの引き分け試合も面白かったが、それ以上に緊迫したクラシコ。 結果は大方の予想通り2-0とバルサ勝利に終わったが、やはりトップクラブ同士の戦い。 見所満載の試合となった。 ...続きを読む»

【CWC Review】アルアハリ(EGP)vsパチューカ(MEX)  (12月13日@国立競技場 13:45~)

アデレードvsワイタケレの試合が消化不良に感じただけに、この試合に対する期待感は大きかった。 メキシコの雄パチューカがどんなサッカーを見せるのか。 アフリカ代表だが、アフリカらしいフィジカルではなく、技術とスピードに物を言わせるアルアハリが、どう迎え撃つのか。 期待に違わぬ好ゲームは、CWC史上初の延長戦に。 最後はパチューカが猛攻を仕掛けての4-2で勝利。 パチューカの良さが目立った......続きを読む»

【CWC Review】アデレード(AUS)vsワイタケレ(NZL)  (12月11日@国立競技場 19:35~)

会社から歩いて数分の国立での開催。 対戦カード的にも空席があるだろうと思い現地観戦も考えたが、ここ最近の体調不良が治りかけなのもあり帰宅してテレビ観戦。 Footballマニアを自称する人間としては、その試合がどんなものであっても観ることを我慢することは出来ない。 判官贔屓の日本人気質をもってすれば、アマチュア軍団ワイタケレを応援? それとも鹿島を退けた本当の力を見たいからアデレード? ど......続きを読む»

FC東京~来季契約非継続選手発表(2)

まだまだ天皇杯を残せども、シーズンオフに突入して急に更新が元気になった管理人です。 シーズン中は、試合Reviewという恰好の「ネタ」があるので、週に1回の更新目指してれば良いので、他はあまり考えないのですが、シーズンオフになり話題が豊富になったり、色々と考えていると書きたいことが次から次へと・・・。 ということで、悲しいニュース第二弾。 第一弾に続き来季契約非継続選手のお知らせがFC......続きを読む»

茂庭に何がおこったか~2008 Season Review~

2008年3月8日に投稿した「茂庭に何がおこったか」。 某巨大掲示板でも晒されるという恐怖を味わいました(苦笑)が、FC東京とモニを愛する方々のお陰で、何も起こらずにすみました(苦笑)。 この投稿をして以来、シーズン終了後にはReviewを書こうと思い続けてきました。 良くも悪くも、茂庭照幸という選手を観にスタジアムに通うことも大きな目的であったのですから。 そんな自分の気持ちが伝わった......続きを読む»

FC東京~来季契約非継続選手発表

リーグ最終戦を終えた翌日である今日、来季契約非継続選手が発表された。 発表内容はこちら。 毎年11月頃になると、いつ発表なのか、誰なのかと無粋にも考えてしまうが、やはりいざ発表されると寂しいものがある。 各選手にはFC東京というチームにいてくれたことをありがとうと言いたいと共に、まだまだこの先、新天地で活躍して欲しいと思う。 今回は4選手についての思いを。 ...続きを読む»

【Review】JEF UNITED千葉 vs FC東京(12月6日(土)@フクダ電子アリーナ 14:30~)

奇跡のACL出場を狙うFC東京。 奇跡のJ1残留を狙うJEF千葉。 共に可能性を他チームの結果に託しながらも、全力の戦いを要求されるゲーム。 0か1かの状況に追い込まれていた千葉の総力が勝った試合、という結果になったが、FC東京にすれば最悪の形でシーズン最終戦を終えてしまった。 ※シーズンの総括は天皇杯後。 ...続きを読む»

【Review】FC東京 vs アルビレックス新潟(11月30日(日)@味の素スタジアム 16:00~)

'「昨日の夕方、我々は優勝と言う言葉を口にする権利を失いました。 ただし、ACL、元旦国立、その旗印はまだ降ろしてない!」'※1 試合後の城福監督のこの言葉。 リーグ戦でのACL出場可能性は低くとも、最後まで戦うという決意を、選手の前で我々サポーターに示した。 なんとも人を突き動かす言葉だろうか(※2)。 こういう情熱的な監督がいてくれ、そして常に前向きなサッカーを志向してくれたことで......続きを読む»

【Review】ヴィッセル神戸 vs FC東京(11月23日(日)@ホームズスタジアム神戸 14:00~)

今更感もあるので、今回は手短に、と思うが書いてると長くなる。 完全なる活字中毒者かつ、手短にまとめられない頭の弱さ・・・。 もう個性として、自分の良い所のつもりで突き進むか・・・。 今年進歩した点は多くあると思う。 その反面で、やっぱりまだまだ改革途上なのかな、と思う点も。 この神戸戦はその途上面を感じた試合。 ...続きを読む»

【考察】ナビスコカップU-23化案に寄せて

毎日毎日、サッカーファンにとっては色んなネタを提供してくれます。 犬飼会長。 当Blogでも様々なご意見を頂いた秋春制。 天皇杯ベストメンバー問題。※あらぬ嫌疑をかけた千葉には是非とも謝罪して頂きたい。 平山J2行け。 Jリーグのチームは女子チームを。 後は何があったのか・・・(笑)。 毎日必ず何かの「燃料」を投下し続けるため、どんな爆弾発言があって、どのように燃え上がったのか、仕......続きを読む»

【Review】ガンバ大阪 vs FC東京(11月8日(日)@万博記念競技場 14:00~)

壮絶な戦いに勝利を収めた次の試合。 首位鹿島に続く相手は、アジアチャンピオンを目指しモチベーションの高いガンバ。 申し訳ないが、不安な感情が頭を擡げた。 「良い試合の後に負けてしまうのではないか・・・」と。 杞憂に終わったその日の晩、馬鹿みたいにビールを飲んでいる自分がいた。 内容こそ圧倒されたが、勝てば官軍。 そして見えてきた頂点。 翌日の日曜日まで浮かれていたことは言うまでも無......続きを読む»

【考察】Jリーグ秋春制移行の是非(日程仮説編)

10月末に投稿、という宣言をしておきながら、少々遅れました。 【考察】Jリーグ秋春制移行の是非(仮説検証編)については、賛否両論、多くのコメントやメールを頂きました。 メールの中には 「北国のチームの経営だけではなく、その他チームの経営にも仮説を持って言及されており、非常に楽しく読ませていただきました」 という嬉しいお言葉から、 「寒いのがイヤなら、スタジアムに来なきゃいいだろ」 という......続きを読む»

【Review】FC東京 vs 鹿島アントラーズ(10月26日(日)@味の素スタジアム 14:00~)

濃霧の中での屈辱。 実力差を思い知らされたアウェー戦から3ヶ月。 「あそこからどれだけ追いついているのか」 繰り返し城福監督が語っていた言葉からは自信が感じられていた。 が、申し訳ないが、ここまでの結果を生み出す自信とは感じることが出来なかった。 相手の特徴を消しあう戦い。 スピード感のある攻撃と高い位置からの守備意識。 両チームの選手は極めてクリーンに戦い、高い次元の試合をしたと思う......続きを読む»

1 2 4 5

このブログの記事ランキング

  1. 天皇杯2回戦 FC東京vs横河武蔵野FC(味の素スタジアム)
  2. デル・ピエロはJリーグにやってくるのか!?
  3. サッカーとインターネット〜審判批判に起因して〜
  4. ナビ杯準決勝2nd Reg. 清水エスパルスvsFC東京(アウトソーシングスタジアム)
  5. 日本vsコートジボアール戦 Review
  6. 育成と大人
  7. ヤマザキナビスコカップ 鹿島アントラーズvsFC東京 (鹿島スタジアム)
  8. ワールドカップ・ブラジル大会メンバー決定!!〜鍵は山口が握るはず・・・〜
  9. 審判問題を考える~2級審判員の独り言~ (上)
  10. FC東京 vs 川崎フロンターレ(J1 第8節 味の素スタジアム)

このブログを検索

月別アーカイブ

2015
03
2014
06
05
2013
05
04
03
2012
10
09
04
03
2011
05
03
01
2010
07
06
02
2009
03
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
2007
05
02
2006
11
10
09

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss