Football Memorandum

FC東京

J1第12節 FC東京vs大宮アルディージャ Review

93分に大宮長谷川のシュートがゴールネットを揺らすと、愛犬しか居ない家の中で 「バカだ、バカ!」 と一言発した。 競らずにボールを流した森重でも、カバーリングが遅れた吉本でもシュートを決めなかった攻撃陣でも、誰に対してでもない。 FC東京という組織に向けて放ったのだろう、と今にしては思う。 このBlog記事もいつか書こう、と棚上げにしながら、GW明け本格業務復帰となった今日、ふとしたことで......続きを読む»

デル・ピエロはJリーグにやってくるのか!?

※お断り 本記事は著者の個人Blog、htogai.comと同一投稿です。 かつてイタリア代表、そしてセリエAのユベントスのエースとして活躍していた、アレッサンドロ・デル・ピエロがJリーグにやってくるかもしれない!ということで、サッカーファンの間では俄に話題となっています。 僕の周囲の人からも、「来るのかな?来るとしたらどこだと思う?」と聞かれることが多いので、ここで記事にしてみようと思いま......続きを読む»

FC東京 vs 川崎フロンターレ(J1 第8節 味の素スタジアム)

こうしてみると勝った時しかブログ更新してない・・・。 これはあんまり良くないことですね。負けた時こそしっかりと時間作って更新しないと。 反省する次第です。 セレッソ戦からの4連敗を簡単に振り返ってみると、パスサッカーを展開する割には、簡単なパスミスやMFにボールが入った時の周りの動きが遅れてカットされたりが多かったですね。 相手がハイプレス掛けてくるとその傾向は顕著に。 セレッソも横浜......続きを読む»

ヤマザキナビスコカップ 鹿島アントラーズvsFC東京 (鹿島スタジアム)

色んな意味で悪い感じをC大阪との負け試合から引きずった感じがあったFC東京。 C大阪戦、ナビスコ鳥栖戦とハイプレスで来る相手に判断の余地を与えてもらえずやりたい事が出来なかった。 この状況からどう脱するんだろうな、とぼんやりと考えているうちに、また新たな試合がやってきた。 双方ともナビスコらしい若手起用で臨んだ試合。 結果は4−2で東京の勝ちだったけど、色んな事が考えられて面白い試合だった。......続きを読む»

FC東京 vs 柏レイソル(J1 第2節 味の素スタジアム)

開幕戦後の投稿で「次はどのくらいやれるのだろう」なんて書いてしまったわけだけど、思いの外、どうやら今季のFC東京は強いようだ。 サポーターの一端に居ながら「思いの外」なんて言ってはいけないのだろうけど、大分戦とは違う勝ち方を見ると、引き出しの多さから強いと思わざるを得なくなる。 ...続きを読む»

大分トリニータ vs FC東京(J1第1節 大分銀行ドーム)

3月1日の開幕戦前夜を迎えても、毎年のような高揚感というか、サッカー馬鹿の大晦日の気分はなかった。 仕事の事が頭を過り、次々とTo Doリストが積み上がる。 「女よりも、仕事よりも、東京」 というチャントはもはや全否定以外の何ものでもなく、開幕で盛り上がるTwitterも落として深夜仕事に没頭していたし、当日もそそくさと仕事をこなしたり、書類作成におわれていた。 でもキックオフの19時が近づ......続きを読む»

ナビ杯準決勝2nd Reg. 清水エスパルスvsFC東京(アウトソーシングスタジアム)

試合が終わるとテレビを消して、直ぐに犬の散歩に出た。 外に出ると思わず空を仰いだ。 きれいな鰯雲がずっと続くのを見て、少し気分が晴れた気がした。 でも、振り返れば振り返る程情けない。 1-5で鹿島に敗れて1週間後、0-3で唯一残っていたタイトルは無惨にも消え失せた。 勝負事だから負けてしまうのは仕方が無い。 が、負けるにしても負け方というものがあるだろう、その思いだけはずっと心に残っ......続きを読む»

FC東京vs川崎フロンターレ(2012.9.22 味の素スタジアム)

負けて喜ぶバカはいない。 ましてやシーズン終盤の降格争い、優勝争いが具体的に語られる時期でもある。 僕は、喜んではないけど、でも負けても清々しいというか、希望を持ってスタジアムを出たことは事実だ。 だからといって、この日のFC東京の有り様を全て褒める訳にも行かない。 前節清水戦が「いつも見ている前半ダメダメ、後半盛り返す」ならば、この日は「前半とんでもなく良い、後半は?」という、FC東京......続きを読む»

清水エスパルスvsFC東京(アウトソーシングスタジアム)

試合終了後に、感じたのは「惜しかったなぁ」と同時に「こういう試合を何度見たかなぁ」。 FC東京はまるで前半と後半違うチームのようだった。 こういう試合を今季は本当によく観ている。 ヴチチェヴィッチの来日初ゴールで同点に追いつき、後半の45+4分の大半を支配したのだから、それはそれは興奮した49分間だった。 ただ、ふと振り返ると、どうして後半だけなのかね、と思ってしまう。 前半と後半、合......続きを読む»

天皇杯2回戦 FC東京vs横河武蔵野FC(味の素スタジアム)

雪崩を打つように最前列まで駆け下りる横河武蔵野FCのサポーター。その姿を見ながら、僕は溜め息とも付かぬ息をふーっと吐き出した。 所謂「格下」相手に負けたことへの怒りを感じる事も無かった。 負ければいつもの事だが、Twitter上では選手個々に対する批判が渦を巻くように流れ続けた。 それをつぶさに見ては、「そういう言い方はいかがなものか」と厭味を呟くはずなのに、そういう気も起きない。 吐き出し......続きを読む»

Review ACL2節 FC東京vs蔚山現代(2012/03/20)

2度のリードを追いつかれての勝ち点1。 だが、試合全体を通してみれば悲観する材料は全く無いように思える。 ただ、殆どのFC東京サポーターが、なんとも釈然としない気持ちを引きずりながら帰路に就いたのではないか。 対照的にメインスタンド側コンコースですれ違った蔚山サポーターはどこか誇らしげだった。 彼らにしてみれば、殆ど諦めかけていたところを、思わぬ形で同点に追いつく事ができ、勝ち点1を手に入れ......続きを読む»

Review 大宮アルディージャ vs FC東京 (2012/03/10)

前半30分までは正にJ1とJ2昇格組の試合だった。 きっと僕はFC東京がいつものシーズンオフを過ごし、これが今シーズン最初の試合ならば「仕方のないこと」と諦めていただろう。 しかし、この試合は単なる今年の開幕戦ではなかった。 一週間前に昨年度チャンピオンである柏レイソルを十分なまでに困惑させ、たった4日前にはアウェイの地でオーストラリアチャンピオンを捩じ伏せたチームの3試合目だ。 イライラと......続きを読む»

【Review】FC東京vsカターレ富山

毎度毎度更新が滞り・・・。 勝ったから、というよりも、ちょっと生活のサイクルを変えたことで、ようやくブログ更新の時間が出来たということもあるので、改めて「J2の一チーム」としてのFC東京を見て行きたいと思います。 ...続きを読む»

FC東京 vs サガン鳥栖 Review(2011/3/5味の素スタジアム)

J2降格の開幕戦と言いつつも、味の素スタジアムの雰囲気は例年の通りだったように思えた。 正月はJリーグ開幕とと共によろしく、半ば祭りのような気分と、これからの90分間のみならず、長いシーズンを楽しみにする観客の顔がそこにはあった。 13時30分に味の素スタジアムに到着した僕もその中の一人ではあったが、2時間半後にはその気分は消えてしまっていた。 多磨駅までを家族で徒歩で歩く最中、なんとも釈然と......続きを読む»

FC東京の11年とはなんだったのか(その1)〜歴代監督編〜

2010年12月4日。 FC東京が京都に敗戦を喫し、J2降格が決まった日。 その日から早くも1ヶ月が経過した。 この1ヶ月間、僕が考えていたのは 「この11年という年月はいったいなんだったのだろう」 ということだった。 2010年、個人的には仕事の忙しさによる余暇が完全なる休息の日となってしまったことにより、スタジアムに足を運んだのも片手程度だった(当Blogの更新も同様)。 つま......続きを読む»

FC東京~2010年開幕に向けて~

2009年のシーズン開幕以降、ぴたっと更新をしなくなっておりました。 わざわざメールでご心配頂いた方もいたりして嬉しかったです。 昨年はこの不景気に新たなチャレンジで転職をし、その上子供も生まれたりと、生活が大きく変わった年でした。 そのため、自分の時間を持ってBlogを更新したりすることもなかなか難しく、仕事と家庭が中心の生活でした。 FC東京の試合も逐次チェックはしていましたが、残念......続きを読む»

【Review】FC東京 vs モンテディオ山形(3月21日(土)@味の素スタジアム 14:00~)

せっかくの今季初勝利にも関わらず更新が遅くなってしまいました。 というのも、当日は実家のある吉祥寺まで車で移動、そこから電車で味スタ、と思ったのですが、首都高速が異様なまでの混雑でキックオフに間に合わず。 後半からスタジアム観戦、見れなかった前半は録画で確認という、非効率極まりないことをしておりました。 羽生のヒーローインタビューにもあった通り、まだまだやりたいサッカーからは程遠いものの、......続きを読む»

【Review】浦和レッズ vs FC東京(3月14日(土)@埼玉スタジアム 14:00~)

負けた直後に一服。 そのまま犬の散歩に出て、頭の中で試合を振り返ってみる。 正直、どこをどうとかという内容ではなかった。 浦和レッズは全てにおいて東京のパフォーマンスを上回っていた。 出足、セカンドボールへの寄せ、フリーラン。 勝つべくして浦和が勝った試合。 逆を言えば、FC東京は負けるべくして負けた試合。 いつもはできる限り冷静にReviewを書くつもりで臨んでいるが、今日ほど「......続きを読む»

【Review】FC東京 vs アルビレックス新潟(3月7日(日)@味の素スタジアム 13:00~)

スタジアムからの帰り道。 足取りは重かった。 予想だにしなかった4失点での敗戦。 塩田の代役としてデビューした権田、DFの補強として期待される平松をはじめとする選手、そしてサポーターにとっては思い幕開けとなってしまった。 ...続きを読む»

開幕直前~FC東京 Season Review~

Blogの更新しなきゃしなきゃ、と思いながら2009年も早くも3月。 我が家には正月が3回来ます。 天皇杯決勝の1月1日。 高校サッカー決勝の1月12日。 そしてJリーグ開幕の3月7日。 FC東京は怪我人続出、カボレもご家族の病気で一旦帰国など、不安材料が拭えませんが、それでも開幕はやって来るわけで。 今季への期待、そして開幕戦のReview、更にはライバルチームについてもちょこっと......続きを読む»

1 3 4

ブロガープロフィール

profile-iconstanger

【覗いて下さる皆様へ】
気まぐれ&思いつき更新の"Football Memorandum"へようこそ。
時折思い出したように更新します。
最近は色々とガジェットを入手したので、こま目に頑張ります。

基本FC東京まみれのBlogですが、審判問題や指導者目線でも書いていきます。
また、相手チームに対しても良いところを見て投稿していきたいと思います。
完全活字中毒患者のため、長文です。長文なので目がちかちかしますのでご注意を。

2014/06/05 stanger@管理人

お陰様で40万viewとなりました。
覗いて頂ける皆様には、心から感謝申し上げます。

【プロフィール】
サッカーを愛し、サッカーを憎み、サッカー無しでは生きていけない偏愛サッカー主義者。
一応少年サッカー指導者。元2級審判員なダメパパ。

【好きなチーム】
Leeds United、Chelsea、Leverkusen、Barcelona、FiorentinaそしてFC東京。

【好きなプレーヤー】
ピエール・リトバルスキー、アンドレアス・ブレーメ、リオ・ファーディナンド、ジョナサン・ウッドゲート、アラン・スミス、宮沢正史、茂庭照幸、吉本一謙、阿部巧、大竹洋平、加賀健一。

【ポジション】
センターバック

【職業/年齢】
IT系マーケティング/40歳。

苦情、嫌がらせ、イタヅラなどは
defiance.reload"アット"gmail.com
でお待ちしております。
  • 昨日のページビュー:9
  • 累計のページビュー:460454

(11月19日現在)

関連サイト:www.htogai.com

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 天皇杯2回戦 FC東京vs横河武蔵野FC(味の素スタジアム)
  2. デル・ピエロはJリーグにやってくるのか!?
  3. サッカーとインターネット〜審判批判に起因して〜
  4. ナビ杯準決勝2nd Reg. 清水エスパルスvsFC東京(アウトソーシングスタジアム)
  5. 日本vsコートジボアール戦 Review
  6. 育成と大人
  7. ヤマザキナビスコカップ 鹿島アントラーズvsFC東京 (鹿島スタジアム)
  8. 審判問題を考える~2級審判員の独り言~ (上)
  9. ワールドカップ・ブラジル大会メンバー決定!!〜鍵は山口が握るはず・・・〜
  10. FC東京 vs 川崎フロンターレ(J1 第8節 味の素スタジアム)

月別アーカイブ

2015
03
2014
06
05
2013
05
04
03
2012
10
09
04
03
2011
05
03
01
2010
07
06
02
2009
03
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
2007
05
02
2006
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss