Football Memorandum

2015 J1 1stステージ第3節 ヴィッセル神戸 vs FC東京 Review

このエントリーをはてなブックマークに追加

モヤモヤとした開幕戦と第2節を経て、石川直宏という個の存在感でチーム全体の空気感を変えたナビスコカップ対新潟戦。 中1週間の神戸に対して中3日のFC東京。 フィジカル疲労の上に長距離移動を要するアウェイ戦であることが懸念されたが、むしろこの中3日は新潟戦の良い影響力を身に纏いながら迎えられるのではないか、と期待してビール片手にテレビの前に陣取った。



研ぎ澄まされた中盤

リーグ戦前2試合の中で唯一と言ってよいほど良かったポイントともいえるのが

  • アンカー梶山のポジショニング
  • 米本のセカンドボールへの対応

であった。 特に梶山は、これまでに期待をされてきたようなボール扱いやゲームを変えるようなパス、という点ではなく、ピッチを俯瞰したようなサッカー感を攻守に重要となるバイタルエリアでのポジショニングという観点から発揮していた。 前に出て攻撃の起点となることよりもバイタルエリアを左右に動き、中盤での潰し役や守備から攻撃への繋ぎ役に徹することで、中盤の安定感を増す役割を果たしている。 その梶山がボールを突く、または相手チームFWに入るボールに対応したセカンドボールを米本が掬い取るという一連の守備における連携がより研ぎ澄まされたのがこの試合でも見てとれた。 そこに正に「水を運ぶ人」として羽生が神戸の選手が侵入するスペースを埋め、自由にパスを出させずにサイドにボールを出させることで、守備のポイントを限定するという約束事が見て取ることが出来、守備面で危ういと感じたのは(アクシデントもあったが)神戸が選手交代を駆使して追い上げを狙った試合終盤が大半であった。

一方でサイドから中へのシンプルな攻撃で梶山の脇のスペースを使われる部分については、まだまだ修正の余地があるという点は少ないながらも大事な課題であるともいえる。 試合序盤にあった渡邉千真の決定機は、神戸の速攻から左サイドに寄せられて出来たスペースを使われたもので、攻撃時に簡単なミスでボールを奪われてしまうと、いくら冴えた梶山のポジショニングであっても埋められず大きなピンチを招くことを表している。 この点からも、中盤でのボールポゼッションと構成力を向上させることはやはり大きな課題になってくるだろう。

とはいえ、この試合の影の殊勲者は中盤の3人であることは間違いない。

もう少し時間の掛かりそうな神戸

この日の対戦相手となった神戸について少しだけ。 ネルシーニョ監督を招聘した他、選手にも実力者を補強して「今季こそ」の姿勢を打ち出したヴィッセル神戸。 開幕戦の柏戦、川崎戦含めて3試合観させてもらったが、ネルシーニョ監督の狙いが浸透するにはもう少し時間が掛かるような印象を受けた。 川崎戦以降チャンスの数は増えてきているものの、シュートに行くまでのラストパスの一本前のところで相手DFに引っかかることがまだまだ多い。 ハードに当たることが出来るチョン・ウヨンを中盤の底に配し、ペドロ・ジュニオール、渡邉、森岡が並んだ3トップは迫力があったものの、ボールを引き出すという観点ではマルキーニョスが居なかったことによる影響も大きかったように感じる。 小川、フェフージンという攻撃を指揮するタイプの選手がネルシーニョ戦術に慣れて連携が高まっていけば、台風の眼になるのは間違いないのではないかというポテンシャルを感じさせた。 一方でベテランのマルキーニョスにどこまで頼らざるを得なければならないのか。 この点はヴィッセルにとっては大きな課題かもしれない。 マルキーニョス不在で臨んだこの日の試合メンバーでどこまで磨き上げられるかを追求した方が、来季以降に繋がるのではないかとも思った。 その代役として試合の流れを変えた石津にはもっと多くの機会を与えてみても良いかもしれない。 DFのギャップを突いて嫌なところでボールを受けるスタイルはマルキーニョスのそれと極めて似通って見えたし、後は試合の中で決定力が磨かれれば、次の日本代表の中心を担う選手になれる可能性が高い。

戦い方のパターン

サイドからの数多くの攻撃機会から再三コーナーキックを得て、33分という時間にセットプレーから森重のヘディングで先制したが、この時に一つこれまでの2試合と違ったコーナーキックの形が見られた。 前節まではコーナーキックの際にカニーニがニアに走りこむことが多かった。 個人的にはこのやり方は、ペナルティ中ほど、もしくはファーサイドに位置するヘディングの強い選手が森重しかおらず、相手チームからすれば守りやすいやり方であると感じていた。 これまでの相手がマンマーク気味に守ってくる相手だったのに対して、この日の神戸の守備がゾーンであったこともあるが、この得点の場面はカニーニが中に残ってその後ろに森重がいたことから、神戸DFからすれば屈強なフィジカルを有するカニーニへの対応に重きを置きたくなるのは仕方がない。 そのために森重へのマークが甘くなり、フリーでゴールを決めることが出来た。

その後は、先に述べた通り組織だった中盤の守備と、しっかりとライン構成されたDF4枚で受けて立って守る。 時間を使っていく中で前線に石川を投入して前線からの守備とカウンター時のスピードで相手を翻弄し追加点を狙う。 その結果、梶山のシンプルなパスから武藤の個人技で追加点を奪い勝ちを手繰り寄せた。

この戦い方は、今シーズン戦っていく中で一つのパターンになっていくのではないかとみられる。 これまでのFC東京は、太田という精度の高いCKを蹴ることが出来る選手が居ながらも、セットプレーからの得点が多いとは言えなかった。 今季は森重とカニーニという空中戦に強い選手をペナルティ中に配することが出来るようになったことで、これまで以上の得点機とすることが出来るようになるはずだ。 守備面での安定については昨シーズンから構築されているため、この試合のようにセットプレーで先制出来れば、相手の攻撃を受けとめながらカウンターで一気に決着を付けに行く戦い方が出来るようになる。

カニーニがフィットしたこと、石川が復帰したこと、また怪我をしてしまったが林という縦に抜ける力を持ったFWが居ることからも、このような90分間を過ごすパターンが出来上がったことは極めて大きな収穫だったのではないか。

しっかりして欲しいJリーグ

最後にこのことは触れておかなければならない。 この日も決定的な誤審があった。 贔屓目を排しても、FC東京という1チームの公式戦4試合において得点に直結する誤審が2回もあったということは看過してはならないだろう。 Jリーグはこの試合においても誤審のシーンが各報道において繰り返し流されていたことをどう見るのか。 過去にも言い続けてきたことだが、人間が審判を行う以上誤審はつきものである。 しかしながら、こうまでも得点に直結する誤審が行われるというのは、2008年のワールドカップと同様なぐらい異常な状態である。 その背景にはサッカーそのもののスピードが3人+1人の審判員で判断するにはもう限界を超えているということがある。 選手個々の肉体強化、ボールやスパイク等ギアの先進化、これらによって生まれるプレースピードの向上に比して審判員の肉体が追いつけない事態になっていることは世界のサッカーにおいて自明である。 これらの事に対してJリーグが従来通りの「審判育成」で対応するには無理がある。 審判員の昇級方法等含めた育成方法の変革はもちろんのこと、誤審の排除に向けたテクノロジー導入など、Jリーグは過渡期にあるということに今一度しっかりと向き合うべきではないだろうか。 一朝一夕にはいかないが、来シーズンに向けて具体的な議論をしっかりと行ってくれることを強く期待したい。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

札幌対福岡 変わったものと変わらないもの【とれくぁるてぃすた】

十分に納得のドロー VS仙台【毎日フットボール】

3分12秒で読むJ1リーグ【第3節】昇格組の山形、松本が初勝利。鹿島、名古屋はいまだリーグ戦未勝利のまま【高校サッカー小説「9人サッカー」 by スポーツライター・五味幹男】

今季リーグ戦初勝利はやっぱり嬉しいぞ東京【サッカー馬鹿僧の東京STYLE】

初勝利はやっぱり嬉しいぞ東京【サッカー馬鹿僧の東京STYLE】

まだ2節目だよ東京!【サッカー馬鹿僧の東京STYLE】

FC東京 vs 横浜 期待外れだったホーム開幕戦!【◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎】

2015 J1 1stステージ第2節 FC東京 vs 横浜Fマリノス Review【Football Memorandum】

ブロガープロフィール

profile-iconstanger

【覗いて下さる皆様へ】
気まぐれ&思いつき更新の"Football Memorandum"へようこそ。
時折思い出したように更新します。
最近は色々とガジェットを入手したので、こま目に頑張ります。

基本FC東京まみれのBlogですが、審判問題や指導者目線でも書いていきます。
また、相手チームに対しても良いところを見て投稿していきたいと思います。
完全活字中毒患者のため、長文です。長文なので目がちかちかしますのでご注意を。

2014/06/05 stanger@管理人

お陰様で40万viewとなりました。
覗いて頂ける皆様には、心から感謝申し上げます。

【プロフィール】
サッカーを愛し、サッカーを憎み、サッカー無しでは生きていけない偏愛サッカー主義者。
一応少年サッカー指導者。元2級審判員なダメパパ。

【好きなチーム】
Leeds United、Chelsea、Leverkusen、Barcelona、FiorentinaそしてFC東京。

【好きなプレーヤー】
ピエール・リトバルスキー、アンドレアス・ブレーメ、リオ・ファーディナンド、ジョナサン・ウッドゲート、アラン・スミス、宮沢正史、茂庭照幸、吉本一謙、阿部巧、大竹洋平、加賀健一。

【ポジション】
センターバック

【職業/年齢】
IT系マーケティング/40歳。

苦情、嫌がらせ、イタヅラなどは
defiance.reload"アット"gmail.com
でお待ちしております。
  • 昨日のページビュー:9
  • 累計のページビュー:460307

(11月05日現在)

関連サイト:www.htogai.com

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 天皇杯2回戦 FC東京vs横河武蔵野FC(味の素スタジアム)
  2. デル・ピエロはJリーグにやってくるのか!?
  3. サッカーとインターネット〜審判批判に起因して〜
  4. ナビ杯準決勝2nd Reg. 清水エスパルスvsFC東京(アウトソーシングスタジアム)
  5. 日本vsコートジボアール戦 Review
  6. 育成と大人
  7. ヤマザキナビスコカップ 鹿島アントラーズvsFC東京 (鹿島スタジアム)
  8. 審判問題を考える~2級審判員の独り言~ (上)
  9. ワールドカップ・ブラジル大会メンバー決定!!〜鍵は山口が握るはず・・・〜
  10. FC東京 vs 川崎フロンターレ(J1 第8節 味の素スタジアム)

月別アーカイブ

2015
03
2014
06
05
2013
05
04
03
2012
10
09
04
03
2011
05
03
01
2010
07
06
02
2009
03
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
2007
05
02
2006
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss