Football Memorandum

ヤマザキナビスコカップ 鹿島アントラーズvsFC東京 (鹿島スタジアム)

このエントリーをはてなブックマークに追加

色んな意味で悪い感じをC大阪との負け試合から引きずった感じがあったFC東京。
C大阪戦、ナビスコ鳥栖戦とハイプレスで来る相手に判断の余地を与えてもらえずやりたい事が出来なかった。
この状況からどう脱するんだろうな、とぼんやりと考えているうちに、また新たな試合がやってきた。
双方ともナビスコらしい若手起用で臨んだ試合。
結果は4−2で東京の勝ちだったけど、色んな事が考えられて面白い試合だった。



■大迫が交代しなければ、のたられば■

大迫が怪我で前半で退いてしまったのが鹿島にとっては大きな誤算だっただろう。
恐らくは大事をとっての交代ではあると思うが、あれだけ主導権を取っていた試合を後半だけで引っ繰り返されるとは、よもやベンチもサポーターも思っていなかったことだろう。
ダヴィの周りを衛星のようにクルクルと回りながら、トップしたからペナルティ幅のサイドまで、広いエリアをカバーする大迫をFC東京のDF陣もボランチも掴み切れなかった。
そうこうしているうちに、サイドからはどんどんとMF中村・遠藤、DF西・前野が飛び出してくる。
コンパクトにした陣形で後ろから前からFC東京ボールをつついては、直ぐさま奪って攻撃に転じる。
もはやそのサッカーは圧巻と言っていい程。
終了間際に渡邉のゴールで同点に追いついたものの、ハーフタイムには
「後半どうやって巻き返すのかが見えないな・・・」
と一人ごちるぐらいに蹂躙された感じを受けた。

しかし、その大迫に代わって野沢が入ると、東を投入したFC東京があれよあれよとペースを取り戻す。
野沢が決して悪いわけではないのだが、どちらかと言うと中央でのプレーよりもサイドに流れた微妙な位置でボールを持って違いを出す選手だけに、大迫が混乱させていたダヴィの後ろのスペースがぽっかりと空いてしまう感じになった。
そこで振り回されていた長谷川・野澤のFC東京ボランチが後半になって落ち着けたのは、大迫が退いてしまったから、というのが正直なところだ。
ペースを失った鹿島は、昌子・植田の若いセンターバックコンビが東・ルーカス・渡邉・李の4人に振り回される形になってしまい、誰も予想し得なかった後半だけで3失点。
サッカーとは分らない。
大迫がいれば、野澤の前に柴崎を入れていれば、などと対戦相手側のサポーターのくせに、あれやこれやと「たられば」を並べてしまったりした。

ただ、負けはしたものの鹿島の底の深さを感じた試合でもあった。
若いセンターバックにとってはこの経験は絶対にプラスに働くし、そういう選手をこのタイミングで使って来てしっかりと体験させるのは、鹿島の常套手段とも言える。
大迫しかり、柴崎が今では中心選手になったのも、そもそも持っている高いポテンシャルを経験させることで引き出したからであって、植田もその流れに乗るきっかけになるはずだ。
ダヴィの加入ばかりが注目されるが、ここで若い選手やまだ試合に出れていなかった選手に経験を与えたことは、今後数年先までの鹿島の財産になるだろう。

■水を運ぶ、と久々に思う■

一方のFC東京は、前半は中盤の選手がボールを持っても前の3人(李・渡邉・河野)の動きだしが遅く、時間の作れるルーカスばかりにボールを預けてしまう場面が続出した。
李と渡邉の距離感が近く、その分空くスペースを懸命に河野がカバーしようとするが、足下で勝負するタイプだけに、その動き出しでボールを引き出す点ではかなりの苦労を強いられてしまった。
その河野に代えて東が入ると、東がピッチをダイアゴナルに走り出すことで、鹿島のボランチ2枚と若いセンターバックコンビの間で東を誰が捉まえるのかが不明確になってしまった。
前半と打って変わって後手後手に回る守備を尻目に、東が作ったスペースをルーカス・渡邉・李が上手く使って中盤からボールを引き出す。
「水を得た"魚"」ではなくて、正にオシムの名言「水を運ぶ人」としてピッチを走り回る東によって、FC東京は息を吹き返し、混乱した鹿島守備陣を経験の差で翻弄したルーカスがゴールを捉えた。
オシムの薫陶を受けたポポヴィッチ監督もまた、この試合で「水を運ぶ"魚"」の重要性を感じただろうし、一方でまた東がいないと形にならない、という課題も得たのかもしれない。

■ボランチ争い激化か■

「ボランチで勝負したい」と言っていた長谷川が、新人の野澤と組んだボランチ。
正直言ってしまえば、野澤は苦い経験をした試合だったかもしれない。
前が動かないとはいえ、彼の判断が遅れることからボールを奪われるシーン多々。
大迫に翻弄され、本田にがつがつと当たられて、自分の持っているものの半分も出せなかったのではないか。
なんだかちょっとたより無さげに、長谷川のサポートをしようと走り回るように見えてしまったが、これはこれで大きな経験値を手に入れただろう。

一方で鳥栖戦に引き続き、この試合ではその野澤と代わって入った三田。
ペースを東京が握っていたこともあるが、パスを出したらスペースに出ていく、相手の嫌なところに入り込んでいくという徹底した動きは、鹿島DFを更に疲弊させた。
ボール捌きも落ち着いており、米本、高橋、長谷川とは違った試合の流れを変えられるボランチの出現を感じさせた。
恐らくこの2試合で彼は大きな信頼を勝ち取ったはずで、今後しばらくのベンチは約束されるだろう。
代表組が居ない試合においては、大きな役割を与えられ、試合の鍵を握る存在にもなり得る。
李の復帰初ゴール、東の非常に高い技術に裏打ちされた初ゴール、という喜びにも増して、三田のパフォーマンスはこの試合の大きな収穫だ。

■次世代以降の日本を背負う選手達■

三田・野澤のFC東京3選手、昌子・植田・梅鉢・前野といった鹿島の選手。
こういったリーグ戦でチャンスの少ない選手を見れる事がナビスコの面白いところだ。
既にレギュラーポジションを獲得している東、大迫、柴崎らも含めるとここに名前を挙げた選手は次代、次々代の日本代表を背負って立つ存在になり得る選手達だと思う。
こういった若手選手を一気に観れた、という意味でもこの試合の意義は大きい。
双方のチーム、勝って出た課題、負けて得た経験値と得る物が多い試合だっただろう。
相も変わらずベストメンバー規定の議論が取沙汰されることもあるナビスコカップだが、「ニューヒーロー賞」を用意する貴重な機会でもある。
これからも多くのファンの度肝を抜く、心躍るプレーを見せてくれる若手が登場する機会を楽しみにしたい。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
FC東京
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ナビスコカップ 二節 対磐田【北海道のエスパルスサポblog】

[札]神戸戦に見るハイボール戦績(守備編)【北海道とともに世界へ(J2発関東経由東南アジア行き)】

ナビスコ杯 第2節 VS横浜FM (H) 〜自分達の立ち位置〜【甲府=♂】

第3節 C大阪対FC東京【東と西の青赤】

セレッソ大阪 × FC東京 (2013年度J1リーグ第3節 長居)【ニコ小鉢その2(仮)】

第2節 FC東京対柏【東と西の青赤】

来るぞ!ためらうな。2013/03/09・FC東京vs柏(味スタ)【Musashino Blue ~Lion and Raccoon dog~】

FC東京・黄金時代に向けてのチーム作り【東京蹴球記】

ブロガープロフィール

profile-iconstanger

【覗いて下さる皆様へ】
気まぐれ&思いつき更新の"Football Memorandum"へようこそ。
時折思い出したように更新します。
最近は色々とガジェットを入手したので、こま目に頑張ります。

基本FC東京まみれのBlogですが、審判問題や指導者目線でも書いていきます。
また、相手チームに対しても良いところを見て投稿していきたいと思います。
完全活字中毒患者のため、長文です。長文なので目がちかちかしますのでご注意を。

2014/06/05 stanger@管理人

お陰様で40万viewとなりました。
覗いて頂ける皆様には、心から感謝申し上げます。

【プロフィール】
サッカーを愛し、サッカーを憎み、サッカー無しでは生きていけない偏愛サッカー主義者。
一応少年サッカー指導者。元2級審判員なダメパパ。

【好きなチーム】
Leeds United、Chelsea、Leverkusen、Barcelona、FiorentinaそしてFC東京。

【好きなプレーヤー】
ピエール・リトバルスキー、アンドレアス・ブレーメ、リオ・ファーディナンド、ジョナサン・ウッドゲート、アラン・スミス、宮沢正史、茂庭照幸、吉本一謙、阿部巧、大竹洋平、加賀健一。

【ポジション】
センターバック

【職業/年齢】
IT系マーケティング/40歳。

苦情、嫌がらせ、イタヅラなどは
defiance.reload"アット"gmail.com
でお待ちしております。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:456148

(09月26日現在)

関連サイト:www.htogai.com

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 天皇杯2回戦 FC東京vs横河武蔵野FC(味の素スタジアム)
  2. デル・ピエロはJリーグにやってくるのか!?
  3. サッカーとインターネット〜審判批判に起因して〜
  4. ナビ杯準決勝2nd Reg. 清水エスパルスvsFC東京(アウトソーシングスタジアム)
  5. 日本vsコートジボアール戦 Review
  6. 育成と大人
  7. ヤマザキナビスコカップ 鹿島アントラーズvsFC東京 (鹿島スタジアム)
  8. ワールドカップ・ブラジル大会メンバー決定!!〜鍵は山口が握るはず・・・〜
  9. FC東京 vs 川崎フロンターレ(J1 第8節 味の素スタジアム)
  10. 日本vsギリシャ Review 〜終わっちゃいねーよ〜

月別アーカイブ

2015
03
2014
06
05
2013
05
04
03
2012
10
09
04
03
2011
05
03
01
2010
07
06
02
2009
03
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
2007
05
02
2006
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss