Football Memorandum

FC東京 vs 柏レイソル(J1 第2節 味の素スタジアム)

このエントリーをはてなブックマークに追加

開幕戦後の投稿で「次はどのくらいやれるのだろう」なんて書いてしまったわけだけど、思いの外、どうやら今季のFC東京は強いようだ。
サポーターの一端に居ながら「思いの外」なんて言ってはいけないのだろうけど、大分戦とは違う勝ち方を見ると、引き出しの多さから強いと思わざるを得なくなる。



■柏らしさ見えず■

レアンドロ・ドミンゲス、クレオ、工藤、狩野と攻撃陣には錚々たる面子が揃う。
ボランチから後ろも茨田、大谷、鈴木、近藤と実力者が名を連ねる。
同じ4-2-3-1のフォーメーションでどれだけぶつかり合えるのか、前年の天皇杯王者に対してFC東京はリーグ戦10位。
勝ちたいと思えど、胸を借りると言う方が正確だったのかもしれない。
が、試合開始早々の渡邉のゴールで柏のゲームプランが狂った、というよりも、FC東京のプレッシャーが途切れなかった事自体が、ゲームプランを狂わせたのかもしれない。
レアンドロには米本が食らいつき、米本-徳永-森重のトライアングルから逃れるように下がったりサイドに出るレアンドロは迫力に欠け、見るからにいらだちを募らせていた。
右サイドバックの増嶋もまた早々にルーカスに対する2度目のファールでイエローカードを提示され、遠慮がちに82’を過ごさざるを得なくなった。
東京のボランチ二人にDF4枚が構成するトライアングルまたはスクエアに絡めとられるまいと、柏は外へ外へと逃げ続けて、更に迫力を欠いてしまった。
唯一柏らしさが垣間見えたのは、ボランチの大谷が東京選手の足下にボールが入った瞬間に厳しく寄せていたところと、茨田がクレオに2、3度良いボールを供給していた点、工藤の鋭いターンからDF2枚を置き去りにしたシーンだけのように思う。
天皇杯によるオフの短期化、ACLと柏を苦しめる要因は多々あるが、なんとか持ち直してもらいたい。
と思うのは、やはり柏というJ2時代からの継続性と効果的な補強を繰り返してきたチーム作りが好きであり、何より僕が千葉県人だからでもある。

■米本!!■

大分戦で米本が縦パスを入れていた事を高く評価していたが、この日はその米本の縦パスが見事にゴールへ繋がった。
本人曰く、狙ったところには行ってないようだが(笑)、それを別としても、奪ってチャンスと見るやDFの裏を狙うという事を、1試合で終わらせずにこの日も続けていたことに価値がある。
ボールを奪ってから一度前に当ててスペースに出て行く姿といい、2008年のナビスコ杯を取った時のようなトップフォームが戻ってきた。
ここ数年は怪我との戦いで苦しんで来た米本だが、開幕戦とこの日の2試合を見るだけでも、彼がピッチの外で学んだ事は大きかったのだろう。
現役日本代表である高橋も出色の出来だったにもかかわらず、その彼が霞んで見える程、この日の米本はダイナミックに躍動していた。
見ていて気持ちのよい選手が帰ってきてくれた、と心から思えた。

■どうした太田!■

いい意味で太田がカメラに映し出されると「どうした!?」と感じる。
昨シーズンの彼は、表情こそ気合いが入っているように見えても、どこか気弱な感じが見受けられた。
が、大分戦も柏戦も、アップダウンを繰り返す時の太田の表情は本当に気合いが漲っている感じがする。
事実この日は2点目のきっかけとなるクロス→競り合いは太田の貢献度が高かった。
森重-高橋と連携して作るトライアングルのバランス、どこで受け渡すのか、が昨シーズン通して出来上がったのかもしれない。
それにしても時に工藤、時にレアンドロに食いついて離れない姿勢、全体のバランスを見ながらも上がる・上がらないの姿勢は、どうにも昔5番を背負って、今や遠くイタリアに行ってしまったあの人にだぶって仕方がなかった。

■次もまた大事な試合■

ポポヴィッチ監督はこの柏とのゲームを「試金石」と評していたという。
となると、試金石は次にもまた待ち構えている。
同じく開幕連勝したセレッソ大阪戦。
セレッソは2試合とも内容的には褒められたものではないのかもしれないが、甲府戦は1点とって気の緩んだところを暫し攻め込まれた上に追いつかれた。
が、そこからきっちりと突き放しに行くあたりは、柿谷一人の力とは言えない。
懐深くボールを持ててスピードもある杉本はチャン・ヒョンスの手にも余るだろうし、何より石川直をして
「いい年の仕方をしてる」
と言わしめる我らが茂庭がいる。
持ち前の身体能力ではなく、積み重ねた経験をベースにした守備を、どこまで渡邉千真が苦しめられるか。
ロンドンの盟友である山口・扇原を東がどれだけ翻弄出来るか。
次節もまた楽しみな試合だ。
個人的には鍵はルーカスが握っているかと・・・。

次節は仕事でロンドンなので、スカパーオンデマンドで楽しみに観戦したいと思います。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
FC東京
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

熊本戦 雑感【いつもそばにJEFイエロー】

J2第2節 ジェフユナイテッド千葉戦【ロアッソ熊本を見て】

VS東京ヴェルディラグビー部 + 高原【アルイワ-のはんなりサンガブログ】

今でしょう!? 第2節 柏戦@味スタ【hold your head up high! 】

FC東京観戦記2013 其の弐 ~3月9日~【SEXY SPORTS】

千真、2ゴール! 何か違うぞ、東京‼【スタジアムの隅っこで。】

次節が待ち遠しくなる快勝劇!(まだ2節だが)今季は本当にかなりやりそうだ!【◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎】

第1節 大分対FC東京【東と西の青赤】

ブロガープロフィール

profile-iconstanger

【覗いて下さる皆様へ】
気まぐれ&思いつき更新の"Football Memorandum"へようこそ。
時折思い出したように更新します。
最近は色々とガジェットを入手したので、こま目に頑張ります。

基本FC東京まみれのBlogですが、審判問題や指導者目線でも書いていきます。
また、相手チームに対しても良いところを見て投稿していきたいと思います。
完全活字中毒患者のため、長文です。長文なので目がちかちかしますのでご注意を。

2014/06/05 stanger@管理人

お陰様で40万viewとなりました。
覗いて頂ける皆様には、心から感謝申し上げます。

【プロフィール】
サッカーを愛し、サッカーを憎み、サッカー無しでは生きていけない偏愛サッカー主義者。
一応少年サッカー指導者。元2級審判員なダメパパ。

【好きなチーム】
Leeds United、Chelsea、Leverkusen、Barcelona、FiorentinaそしてFC東京。

【好きなプレーヤー】
ピエール・リトバルスキー、アンドレアス・ブレーメ、リオ・ファーディナンド、ジョナサン・ウッドゲート、アラン・スミス、宮沢正史、茂庭照幸、吉本一謙、阿部巧、大竹洋平、加賀健一。

【ポジション】
センターバック

【職業/年齢】
IT系マーケティング/40歳。

苦情、嫌がらせ、イタヅラなどは
defiance.reload"アット"gmail.com
でお待ちしております。
  • 昨日のページビュー:2
  • 累計のページビュー:456140

(09月22日現在)

関連サイト:www.htogai.com

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 天皇杯2回戦 FC東京vs横河武蔵野FC(味の素スタジアム)
  2. デル・ピエロはJリーグにやってくるのか!?
  3. サッカーとインターネット〜審判批判に起因して〜
  4. ナビ杯準決勝2nd Reg. 清水エスパルスvsFC東京(アウトソーシングスタジアム)
  5. 日本vsコートジボアール戦 Review
  6. 育成と大人
  7. ヤマザキナビスコカップ 鹿島アントラーズvsFC東京 (鹿島スタジアム)
  8. ワールドカップ・ブラジル大会メンバー決定!!〜鍵は山口が握るはず・・・〜
  9. FC東京 vs 川崎フロンターレ(J1 第8節 味の素スタジアム)
  10. 日本vsギリシャ Review 〜終わっちゃいねーよ〜

月別アーカイブ

2015
03
2014
06
05
2013
05
04
03
2012
10
09
04
03
2011
05
03
01
2010
07
06
02
2009
03
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
2007
05
02
2006
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss