Football Memorandum

Review ベガルタ仙台vsFC東京(2012/4/21)

このエントリーをはてなブックマークに追加

綿屋、日高見、山和。
僕は酒飲みではあるけれど、正直日本酒は得意ではない。
でもこの日はどうしても日本酒が飲みたかった。
せっかく仙台まで遠征に行ったのだから、地酒を味わうことをしなければ、酒飲みの名折れだ。
東京駅でMaxやまびこに乗り込んだ時点でそれは決めていたのだけど、よもや自棄酒になるとまでは予想していなかった。
0−4。
屈辱の完敗。むしろ寒敗。
せめてもの救いは、綿屋純米吟醸の味わいがその日の全てを忘れるくらいに美味かったことと、お邪魔した「おはな」のスタッフさんの素晴らしい接客だった。



■美しきスリーライン

この日は東京の課題がどうこうと言う以前に、仙台の素晴らしいサッカーを褒めなくてはいけないと思う。
前に進むための統一された意識、ボールを奪ってからいかに効率的にゴールへ向かうかの意識、速攻を仕掛けられない時にはどこにボールを預けて自分達の陣形を整えるのか。
一つ一つの動きに、観ている者も意思を感じずにいられなかった。
中でも僕が感心したのは、FC東京がボールを持った際には、必ず綺麗な4−4−2陣形が組織されていたことだ。
リトリートという言葉が昨今良く言われるけれど、そういう引いて守るということではなく、
「守備になったら自分達の戻るのはここだよ」
という戻るべき場所がしっかりと構成されているように感じた。
アウェイゴール裏から観ても、そのスリーラインの構成はきっちりと把握出来たし、攻めから守りに切り替える際に必ず3本線がピッチに引かれていた。
さらにはスリーラインが形成されるだけでなく、そのトップからボトムまでが非常にコンパクトであり続けていた点もまた素晴らしかったと思う。
守備戦術というと語弊があるかもしれないけれども、チームが立ち返るポイントを持っていることがまず今シーズンの仙台の快進撃を支えている(むしろ昨季もなのだろうけど)と実感したポイントだった。

■サッカーはパスを回す競技ではない

敢えて厳しい言い方をさせてもらうと、この日のFC東京にはなんらの魅力もなかった。
確かにポポヴィッチ監督が標榜する「パスを回し続ける」というサッカーは実践していたかもしれない。
でも、あれだけコンパクトな陣形を維持し続け、かつ守備時にはきっちりと4-4-2のラインを構成して、ボールホルダーを挟み込みに行くことを徹底している仙台に対して、その他の工夫は全く観られなかったように思う。
個人的には、再三DFラインの裏を取ろうと走り込んでいる石川直を見て、チャレンジングなロングパスを出す選手がいなかったことが残念でならない。
中盤でパスは回るものの、自分達のミスもあり、攻守が目まぐるしく変わる中において、中盤を省略したパスを何度か試みても良かったのではないかと思う。
そうすることで、仙台のDFラインも多少なり下がったのではないかと思う。
そうなればなったで、バイタルに若干のスペースが出来、得意のパス回しだってもう少しゴールの匂いを感じられるようになったのではないか、と思った。

もっと言うと、僕個人としては谷沢の投入は無くて良かったと思っている。
あの場面では平山を使って、仙台ベンチに対して
「高さもあるかも」
と思わせることだって必要だったのではないか。
結局谷沢を投入してしまったことで
「攻め方は変えて来ないんだな」
ということを仙台の選手に伝えてしまったのではないかと思う。

DFラインの裏を狙ったロングボールや、アーリークロスといった飛び道具を放てる選手がいるのだから、それはそれとして、割り切って使ってみるのもありではないだろうか。
サッカーはパスを回す競技ではなく、ゴールを目指す競技であるはずだ。
だからこそ、パスがダメなら飛び道具、飛び道具がダメならゴリゴリ突っ込んでみる、というのも必要なのではないだろうか。

■急募!ドリブラー

バルセロナとFC東京を比較するつもりはさらさらない。
言いたいのは、
「メッシのドリブルがあるからバルサのパスサッカーが尚活きる」
ということだ。
メッシがスーペルな選手であることを差し置いても、パスばかり回していると相手からすれば、
「とりあえずきっちりとリトリートして、マーキングだけずらさなければピンチは招かないな」
と思われてしまう。
そのような局面を打開するためには、先述の飛び道具も然り、やっぱり独力で仕掛けて行ける選手だって必要なのではないか、と思ってしまうのだ。
メッシだってドリブルで毎度毎度相手をチンチンに出来るわけではない。
でも油断をするとドリブルで仕掛けて来て抜かれてしまうからこそ、気を遣わなくてはならないのだ。
そういう「見せ方」を相手DFにすることも立派な戦術だと思う。
かつて縦に速い、という印象だけをもたれていた石川直が得点を量産したが、あれだって
「石川=縦、速い」
という刷り込みがあったからこそ、石川が中に切れ込む動きに相手DFが翻弄され、阻止出来なかったのも一因だったはずだ。

河野広貴が怪我のため戦列を離れてしばらく経つが、彼のように仕掛ける、パスも出せるという選択肢を持った選手が入ってくれれば、ポポ東京の選択肢がかなり増えるように思う。
そこに石川が持ち味のドリブルを復活させてくれれば、尚更この日の試合のような局面打開が図れるのではないかと思う。

■無理矢理でも前を向く

悲観材料しか持てない試合結果だったが、一方で僕にとっては良かったと思えることが2つあった。

一つは、この日一緒に連れて行ったのがズブのサッカー素人だったのだが、
「FC東京の方が、パスが速くて上手いよね」
と言ってくれたことだ。
本当にサッカーなんて、体育の授業以外で観たことないような人間から観ても
「FC東京の方が魅力的」
と言ってくれたのは、ポポ東京が向いている方向性が、人を魅了する可能性を秘めているという事だと思う。

二つ目は23日に発表された日本代表候補合宿に4人が選出されたことだ。
GKの権田はもはや常連だが、徳永、高橋、太田という3人が選出されたことは意義深い。
個人のパフォーマンスという意味ではリーグ内で傑出しているということだ。
だからこそ、そういう選手が本当の意味で組織力を持ったら、間違いなくもっともっと良いサッカーが出来るのではないか、と思ってしまう。

いずれにせよ、ど素人からも、専門家集団(であるはずの)代表から認められていることに変わりはないのだから、ここから更に組織力を向上させて、より魅力的なサッカーを見せて欲しい。

0-4という大敗だからこそ、ここまでを振り返って、新たなエッセンスを加えたポポサッカーを作り上げて欲しいと思う。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
観戦記
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ベテラン選手の示すモノ【J1 第7節(AWAY)C札幌戦レビュー】【J特】【青と黒の勇者たちと共に】

15分の転機と45分の発露 ~鹿島vsC大阪【鹿の角】

J2第8/9節 まとめて【ロアッソ熊本を見て】

第7節 ベガルタ仙台×FC東京【残さず食べつくします。青赤丼】

完敗の対価 第7節仙台戦@ユアスタ【hold your head up high! 】

POPO RHYTHM【Football Odyssey スポナビ分室】

梶山陽平の後継者現る FC東京vs北京国安【太鼓スポーツコレクション】

借りは返した 4/17ACLGL対北京国安@東京スタジアム【hold your head up high! 】

ブロガープロフィール

profile-iconstanger

【覗いて下さる皆様へ】
気まぐれ&思いつき更新の"Football Memorandum"へようこそ。
時折思い出したように更新します。
最近は色々とガジェットを入手したので、こま目に頑張ります。

基本FC東京まみれのBlogですが、審判問題や指導者目線でも書いていきます。
また、相手チームに対しても良いところを見て投稿していきたいと思います。
完全活字中毒患者のため、長文です。長文なので目がちかちかしますのでご注意を。

2014/06/05 stanger@管理人

お陰様で40万viewとなりました。
覗いて頂ける皆様には、心から感謝申し上げます。

【プロフィール】
サッカーを愛し、サッカーを憎み、サッカー無しでは生きていけない偏愛サッカー主義者。
一応少年サッカー指導者。元2級審判員なダメパパ。

【好きなチーム】
Leeds United、Chelsea、Leverkusen、Barcelona、FiorentinaそしてFC東京。

【好きなプレーヤー】
ピエール・リトバルスキー、アンドレアス・ブレーメ、リオ・ファーディナンド、ジョナサン・ウッドゲート、アラン・スミス、宮沢正史、茂庭照幸、吉本一謙、阿部巧、大竹洋平、加賀健一。

【ポジション】
センターバック

【職業/年齢】
IT系マーケティング/40歳。

苦情、嫌がらせ、イタヅラなどは
defiance.reload"アット"gmail.com
でお待ちしております。
  • 昨日のページビュー:7
  • 累計のページビュー:460417

(11月15日現在)

関連サイト:www.htogai.com

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 天皇杯2回戦 FC東京vs横河武蔵野FC(味の素スタジアム)
  2. デル・ピエロはJリーグにやってくるのか!?
  3. サッカーとインターネット〜審判批判に起因して〜
  4. ナビ杯準決勝2nd Reg. 清水エスパルスvsFC東京(アウトソーシングスタジアム)
  5. 日本vsコートジボアール戦 Review
  6. 育成と大人
  7. ヤマザキナビスコカップ 鹿島アントラーズvsFC東京 (鹿島スタジアム)
  8. 審判問題を考える~2級審判員の独り言~ (上)
  9. ワールドカップ・ブラジル大会メンバー決定!!〜鍵は山口が握るはず・・・〜
  10. FC東京 vs 川崎フロンターレ(J1 第8節 味の素スタジアム)

月別アーカイブ

2015
03
2014
06
05
2013
05
04
03
2012
10
09
04
03
2011
05
03
01
2010
07
06
02
2009
03
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
2007
05
02
2006
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss