Memories of the game

美来工科を苦しめた〝未体験ゾーン〝の駆け引き――興南、記録的な猛打で2年ぶりの甲子園へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

【決勝戦】興南 15-1 美来工科

 いやぁ、参りました……と言うほかない。

 春から夏へかけて、興南がかなり戦力的に上積みされていることは理解していた。ロースコアの試合が続いてはいたものの、“ここ”という時には確実に得点する打線の集中力の高さも、感じ取っているつもりだった。

 それでも、ここまでとは。過去二度も敗れている難敵を相手に、この決勝戦でその力を爆発的に発揮するとは予想し得なかった。

 単純な選手個々の能力では、むしろ美来工科の方が総合的に上回っていたと思う。

 だが、さすがに百戦錬磨の興南。決勝へ向けてのコンディションの持っていき方、相手投手の攻略法、選手起用、その他様々な面――まさしく“チーム力”という部分で、大きく相手を凌駕していた。

 敗れた美来工科は、この決勝戦への備えという点において、明らかに経験不足を露呈してしまった。有り体に言えば、少しウブだったように思う。

 具体的に言えば……興南は、美来工科が“されたら嫌なこと”をすべて実行した。一方の美来工科は、自分達が“得意なこと”しかできなかった。

 お互いの弱点を突き合い、それでも粘り強く凌いでいく。そういうレベルの戦いは、新興勢力の美来工科にとっては未体験ゾーンだった。

> 特に、先発の山内は全体的のボールが浮き気味で、高さを見極めベルト付近に入ってきた球を狙い打ちすれば、十分攻略できたと思うのだが。どうも速球自体に目が慣れていないようだった。離島で練習試合が組みにくいというハンデもあったかもしれない。

> 逆に興南は、できれば変化球は捨て(見逃すかファールに逃げる)、真っすぐを狙いたい。準決勝を見る限り、山内は低めの制球はあまり良くなかった。明らかなボールは見極め、例えば肘からベルトまでというふうにコースを絞り、逆方向へライナーで打ち返す。そういうバッティングができれば、相手バッテリーにプレッシャーをかけることができる。

(前回エントリーより)

 決勝戦でも、山内は初回から真っすぐが高めに浮いていた。速球派投手に慣れていないこれまでの対戦相手であれば、通用したのだが……この日は相手が悪かった。速球を狙い打ちされ、いきなり2点を失う。

 美来工科バッテリーは、この時点で“変化球主体”の配球に切り替えるべきだったと思う。

> 興南のここまでの試合を見る限り、変化球を捉えて打ち返す技術は、そこまで高くないように見受けられる。逆に真っすぐは、高めに入れば捉えられるだろう。  外角寄り、できれば低めに変化球を集めたい。何本かヒットにされても、連打を浴びなければそうそう点を失うことはないはずだ。

(同じく、前回エントリーより)

 だが、なまじ球威に自信があったためか、それとも制球自体に不安を抱えていたせいか分からないが……いずれにせよ、バッテリーは速球主体の配球を変えなかった。

 そこを興南打線が、徹底的に狙ってきた。

 試合のVTRがある方は、確認してみると面白いと思う。初回から、山内慧が降板するまで、興南の各打者はすべて「高めの真っすぐ」に手を出している。しかも、ただ狙うだけでなく、2ストライク取られた後は変化球をカットし、相手バッテリーが真っすぐを選択せざるを得ない状況に追い込んでいる。

 こんな執拗な攻め方をされた経験は、もしかしたら初めてだったかもしれない。バッテリーだけでなく野手陣の動揺をも誘い、それが一~四回までの大量得点へとつながった。

 さらに、おそらくもう一つの“誤算”があったように思う。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
沖縄の高校野球
タグ:
山内慧
宮城大弥
美来工科
興南
甲子園
沖縄の高校野球

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

沖縄県大会、準決勝の戦評&決勝戦の展望【Memories of the game】

好投手の三条件――“勝てる投手”であるために、不可欠なもの【Memories of the game】

工藤が名電、江川が作新 意外な進学先決定への道!江川は早大を辞退!工藤は槙原をこう見ていた!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconstand16

 サッカーと高校野球を中心に、印象的な試合についての分析を述べていきます。
  • 昨日のページビュー:5399
  • 累計のページビュー:92595

(07月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 美来工科を苦しめた〝未体験ゾーン〝の駆け引き――興南、記録的な猛打で2年ぶりの甲子園へ
  2. 沖縄県大会、準決勝・決勝の展望
  3. 一本のクリーンヒットよりも…… ~ 沖縄尚学、まさかの準々決勝敗退 ~
  4. 戦力分析ーー興南(2017年・夏)
  5. 沖縄県大会、準決勝の戦評&決勝戦の展望
  6. “特別なこと”は必要ない――【Jリーグワールドチャレンジ】鹿島アントラーズ2-0セビージャ<戦評>
  7. ザッケローニの功績と、足りなかったもの――痛恨のブラジルW杯敗退から学ぶこと
  8. あまりにも明らかなサッカー日本代表の“攻略法”――「歴史」から見えてくる、戦い方のポイント
  9. 好投手の三条件――“勝てる投手”であるために、不可欠なもの
  10. あえて鹿島アントラーズの“死角”を探すなら――さらなる進化を遂げるための改善点

月別アーカイブ

2017
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss