Memories of the game

補足:サッカー日本代表への“最終提案”4つのキーワードに関して ~ “チーム作り”ということを忘れてはならない ~

このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回のエントリーを以て、当ブログのスポーツナビ+における最終投稿とする予定だったが、読み返して不十分な点があると感じたので、少し補足させていただきたい。

 この文章の趣旨は、サッカー日本代表(注:日本サッカーではない)に形作って欲しいスタイルとして、4つのキーワードを挙げたことである。前回と重複するが、再度記載する。

 ①チャレンジ(挑戦):世界の強豪に臆することなく立ち向かう姿勢は、今後も不可欠。

 ②ユニット(団結):選手全員の意思統一が図られ、一体感があることは、良いチームの条件。

 ③フェア(公正):アグレッシブさは必要だが、ラフプレーはいらない。

 ④インテリジェンス(知性):強豪と渡り合うには、知性で上回るしかない。

 記事を投稿した後、上記4つの内容に対して批判的なコメントが寄せられた。特に②の「ユニット(団結)」に関しては、“昭和の匂い”“部活の延長線上”と切り捨てておられた。反対意見はむしろ歓迎するのだが、一読して、この方は「チーム作り」という視点を持っておられないと感じた。

 私はここで、意図的に「チーム作り」という表現をしている。

 では、「チーム」とは何か。スポーツライターとして著名な藤島大氏は、ネットコラム「友情と尊敬」の記事の中で、次のように述べている――監督が選手の能力と個性を把握、くっきりとした大枠のもと鍛練を続け、ひとつずつ段階を積み上げながら、大局的には「構成員が信頼で結ばれている」集団を示す(第84回「走って結束」より)――と。

 藤島氏が「くっきりとした大枠のもと鍛練を続け、ひとつずつ段階を積み上げながら」と書かれているように、チームとは“作っていくもの”なのだ。優れた選手を集めただけでは、チームにはならない――それは単なる“寄せ集め”だ。そこで一緒にトレーニングしたり、互いにコミュニケーションを図ったり、といった過程を経て、少しずつチームは作られていく。

 コメントを書かれた方は「理詰めの守備とフィジカルでの肉弾戦、個の輝きからの勝利」を求めておられるそうだが、「理詰めの守備」にしても「フィジカルでの肉弾戦」にしても「個の輝き」にしても、そこに“チーム”がなければ望むべくもない……ということに考えが至っておられるだろうか。

 海外の名門クラブで、有名選手が本来の力を発揮できないというケースは枚挙に暇がない。背景を探っていくと、選手間あるいや選手と指導者との軋轢が生じており、選手個人というよりチーム自体に問題があるということも多い(本田圭佑が所属していた頃のACミランは、まさにチームの体を成していなかったと想像される)。

 そして、正しくチームが作られているかどうかを示す基準が、②の「ユニット(団結)」がどれくらいのレベルにあるかという指標である。

 先に言っておきたいのだが、いわゆる体育会的な“シゴキ”“上下関係”“精神論”といったものを嫌悪したくなる心情は、よく理解できる(そんなものは、私だって大嫌いだ)。だが、ここで言うユニット(団結)とは、そんな表面的なものではない。

 ユニット(団結)の説明として、私は「選手全員の意思統一が図られ、一体感があること」と書いた。何気ない記述のように思われるかもしれないが――選手全員の「意思統一」が図られており「一体感」がある――これこそ、私の考える“チームが完成している状態”だ。

 サッカーにおいて「意思統一」を図ること。これがどれだけ難しいかは、日本サッカーの歴史を辿っていくと、容易に見えてくるはずだ。あのドイツW杯のオーストラリア戦、小野伸二投入後に選手個々人がバラバラの判断をしてしまい、そこから悪夢のような3失点を喫したこと。後に「ドーハの悲劇」と言われた、あのイラク戦――リードを奪ってからの時間の進め方を誤り、終盤にショッキングな同点弾を浴びてしまったこと。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー日本代表
タグ:
川崎フロンターレ
鹿島アントラーズ
サッカー日本代表

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

サッカー日本代表への“最終提案”と、ハリルホジッチへの要望 ~ スポナビブログ編・最終章 ~【Memories of the game】

サッカーライターもアテにならなくなってきた【スポーツ えっせい】

ハリルホジッチでいいのか【困ったfootball】

ブロガープロフィール

profile-iconstand16

 サッカーと高校野球を中心に、印象的な試合についての分析を述べていきます。
  • 昨日のページビュー:135
  • 累計のページビュー:384008

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 金子達仁氏への反論と、一部同意できる点――日本とオーストラリアの比較に見る“スタイル”ということ
  2. 「大阪桐蔭勝利」のシナリオを書き換えた、“決死の盗塁”――仙台育英2-1大阪桐蔭<戦評>
  3. 美来工科を苦しめた〝未体験ゾーン〝の駆け引き――興南、記録的な猛打で2年ぶりの甲子園へ
  4. 悪いことは言わないから…… ~ 強豪・浦和レッズの不調に思うこと ~
  5. 沖縄県大会、準決勝・決勝の展望
  6. 特別企画(1)――智弁和歌山・甲子園名勝負 ~5選~
  7. あのミスよりも、気になったこと ~ 浦和レッズ-大宮アルディージャ戦より ~
  8. 祝賀ムードを吹き飛ばした、後味の悪い最終戦――日本0-1サウジアラビア【雑感】
  9. 戦力分析ーー興南(2017年・夏)
  10. “強者”の空気が漂い始めた鹿島アントラーズ +追記

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss