Memories of the game

サッカー日本代表への“最終提案”と、ハリルホジッチへの要望 ~ スポナビブログ編・最終章 ~

このエントリーをはてなブックマークに追加

 前々回のエントリーにて、サッカー日本代表のハリルホジッチ監督を「解任すべき」と書いたが、一方で彼が就任して良かったと思うことがある。

 長らく日本サッカーの“スタイル”だと信じられてきた、ショートパス主体のサッカー及びポゼッションサッカーが、必ずしも絶対の型ではないという見方が、多少なりとも周知されたことである。それは間違いなく、ハリルホジッチの数少ない“功績”の一つだろう。

 念のため付け加えておきたいのだが、私はハリルホジッチの言う「デュエル」「カウンター」主体のサッカーが、間違っていると言いたいのではない。「デュエル」も「カウンター」も、いずれも日本代表には必要だ。この点、誤解のないように。

 残念なのは、ハリルホジッチが「デュエル」「カウンター」サッカー“だけ”を重視して、従来の「ショートパス主体」「ポゼッション」サッカー自体を全否定している(あるいは全否定しているように見える)ことだ。

 もしかしたら、ハリルホジッチには「ショートパス」「ポゼッション」を全否定するつもりはないのかもしれない。

 だが、やたらと体脂肪率にこだわったり、海外サッカーの例ポゼッションの低いチームが勝った試合)を持ち出したりするあたり、自らが得意とする「デュエル」「カウンター」を絶対視し、「ショートパス」「ポゼッション」を全否定したがっているように“見えてしまう”のだ。

 これこそが、ハリルホジッチの指導者としての“弱点”だと思う。彼自身のエキセントリックなキャラクターも相まって、極論を述べているように映ってしまう。それ故、ハリルホジッチは日本代表監督として、不適任であると結論付けた。そもそも外国人監督の場合、指導する際に微妙なニュアンスが伝わりにくい。だから後任として、五輪代表監督を務めた手倉森誠氏にバトンタッチするのがベターではないか、と私は考えている。

 しかし、問題はその先である。

 ロシアW杯で、日本代表がどのような結果に終わるかは、神のみぞ知る。ただ、確かなことがある。好結果を残すにせよ、惨敗に終わるにせよ、世論は間違いなく「結果に左右される」ということ。

 好結果を残せば「これからはカウンターサッカーだ」という声が、大勢を占めるに違いない。逆に、惨敗を喫すれば「やっぱり日本はポゼッションサッカーだ」という意見に大きく傾くだろう。

 こうした“イデオロギー論争”は、そろそろ打ち止めにできないものだろうか。

 振り返れば日本サッカーを巡る言説は、いつも単純二元論に終始してきた。ポゼッション“よりも”カウンター、規律“よりも”自由、組織“よりも”個、パス“よりも”シュート。この“よりも”が問題なのではないか。

 もっとも、日本サッカーの“スタイル”を決めることを否定はしない。サッカーがチームスポーツである以上、監督を含めたコーチングスタッフ、選手達の間で、大まかであっても「どんなサッカーをするか」というイメージを共有することは不可欠だ。またチームが苦境に陥った時、戻るべき原点が曖昧では、立て直しが効かない。そうした点を考えると、やはり“スタイル”はないと困る。

 ただサッカー日本代表の場合、どうもスタイル=戦術という固定観念があるように思えてならない。確かに戦術もスタイルの一部ではあるが、本来はもっと広い意味で使われるものだ(だからあえて“スタイル”とカッコ書きにした)……ブラジルの“マリーシア”然り、イタリアの“カテナチオ”然り、ドイツの“ゲルマン魂”然り。

 ここで、思い出して欲しいことがある――我々は、どうしてサッカー日本代表を長年に渡り応援してきたのかと。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー日本代表
タグ:
サッカー日本代表
ハリルホジッチ
W杯
本田圭佑
岡田武史

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

サッカー日本代表への“最終提案”と、ハリルホジッチへの要望 ~ スポナビブログ編・ラストエントリー ~

 mostovoi2さん、コメントありがとうございます。

 一読して、おそらくあなたとはサッカー観そのものが違うと見受けられました。あなたが、日本代表にどのようなサッカーを求めるかは自由ですし、私が口を挟むことでもありません。

 ただ、あなたはサッカーをご自身の「好き・嫌い」で語っておられる。特に「チャレンジとかフェアとか、どうでもいいんですよね。ユニットとか知性とか興味ありません。」という部分に顕著なのですが、要するにあなた自身の好みではない、ということではありませんか。

 私は、自分の「好き・嫌い」を一切述べていません。本エントリーは、そういう趣旨ではありません。私は日本代表に何か「必要か」の考察を書いています。

 あなたが(団結は)日本代表に“必要ない”とおっしゃるのなら、意見としては理解できますよ。しかし、そういう文面ではありませんし、「なぜ必要ないか」という理由も書かれていません。そもそも視点がずれているので、ちょっとお話にならないなと感じた次第です。

 それと、「いまの日本人選手は、様々な情報が入るようになったためか、相当汚いプレーをします。
Jリーグをちゃんと見ていれば、審判の死角で服をひっぱる・押す・蹴る等は日常茶飯事です。」と書いておられますが、何が言いたいのかよく分かりません。

 私は「日本代表にフェアプレーを掲げて欲しい」と述べたのであって、「Jリーグの試合でフェアプレーができている」とは一言も書いていませんよ。某外国人選手の言うように、Jリーグにラフプレーが横行しているのなら、なおさらフェアプレーを日本代表には掲げて欲しいと思うのですが。

サッカー日本代表への“最終提案”と、ハリルホジッチへの要望 ~ スポナビブログ編・ラストエントリー ~

初めまして。
スポナビ+最後の記事に、初めまして、でコメントするのは心苦しいのですが、ごめんなさい。

さて、本記事を読んだのですが、あいにく共感できませんでした。
部分部分は理解できることをおっしゃっているのですが、それを組み合わせた後に出てきた結論2つがどうにも理解しがたいですね。
なぜなら、一番、重要な部分が共感できないからです。
「我々は、どうしてサッカー日本代表を長年に渡り応援してきたのかと。」
と問いかけられていますが、私は①~④の中で同意できるものは何もありませんでした。

私が日本代表を応援しているのは、私が日本人だからです。
日本人だからこそ、心底、日本代表を応援してます。
チャレンジとかフェアとか、どうでもいいんですよね。
ユニットとか知性とか興味ありません。
おもしろいサッカー(攻撃だけでなく、守備を含めて)をして、とにかく勝ってくれ!

そう思っています。

知性を磨く暇があったら、フィジカルを伸ばせ。
バスケやバレー選手なら、「動ける」190cm以上の日本人選手はゴロゴロいるのに、なぜサッカーにはいないのでしょうか?

また、いまの日本人選手は、様々な情報が入るようになったためか、相当汚いプレーをします。
Jリーグをちゃんと見ていれば、審判の死角で服をひっぱる・押す・蹴る等は日常茶飯事です。
ブンデスリーガから日本に移籍してきた某外国人選手は、NHKの取材に対し、「Jリーグはドイツよりも汚いプレーが多いので、それに慣れなくてはいけない」という主旨の発言していました。

私は、日本代表に「熱意と団結」のような昭和の匂いのするイメージを求めていません。
部活動の延長線上に、日本代表があるとは思ってないからです。
それよりも、理詰めの守備とフィジカルでの肉弾戦、個の輝きからの勝利を求めています。

昭和の延長線上での戦い方では、W杯ベスト8には永遠に辿りつかないと思っています。
だからこそ、いまはまだ、日本人監督では駄目だと思っています。
すぐ、団結とか熱意とか言い出しますからね。

こんな記事も読みたい

サッカーライターもアテにならなくなってきた【スポーツ えっせい】

ハリルホジッチでいいのか【困ったfootball】

2017年の日本代表の総括としてのハリルホジッチについての考察。【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-iconstand16

 サッカーと高校野球を中心に、印象的な試合についての分析を述べていきます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:384258

(01月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 金子達仁氏への反論と、一部同意できる点――日本とオーストラリアの比較に見る“スタイル”ということ
  2. 「大阪桐蔭勝利」のシナリオを書き換えた、“決死の盗塁”――仙台育英2-1大阪桐蔭<戦評>
  3. 美来工科を苦しめた〝未体験ゾーン〝の駆け引き――興南、記録的な猛打で2年ぶりの甲子園へ
  4. 悪いことは言わないから…… ~ 強豪・浦和レッズの不調に思うこと ~
  5. 沖縄県大会、準決勝・決勝の展望
  6. 特別企画(1)――智弁和歌山・甲子園名勝負 ~5選~
  7. あのミスよりも、気になったこと ~ 浦和レッズ-大宮アルディージャ戦より ~
  8. 祝賀ムードを吹き飛ばした、後味の悪い最終戦――日本0-1サウジアラビア【雑感】
  9. 戦力分析ーー興南(2017年・夏)
  10. “強者”の空気が漂い始めた鹿島アントラーズ +追記

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss