Memories of the game

にわかファンの叫び――鹿島アントラーズ、”復讐の年”来る

このエントリーをはてなブックマークに追加

 自分自身のことを、鹿島アントラーズの“にわかファン”だと思っている。  居住地が遠く離れた沖縄のため、鹿島の試合はおろか、Jリーグを一度も現地観戦した経験がない。完全なテレビ(ネット)限定サポーターだ。

 そんな“にわかファン”の私ですら、こんな有様である――正直、サッカーが嫌いになりそうだった。とりわけテレビで「川崎フロンターレ優勝」の映像やテロップが流れると、反射的にチャンネルを変えてしまう。

 鹿島ファンではないがサッカー好きな家族からは、「いつまで引きずっているんだ」と言われたりする。自分でも、みっともないかもしれないとは思う。

 それでも――ファンであれサポーターであれチーム関係者であれ、心の中に鹿島の“血”が流れている方ならば、きっと共感していただけるのではないかと想像する。この“血”を宿す者であれば、この“一敗”の痛みが、重さが、言葉にできないほど強く生々しく感じられるはずだ。

 来季にリベンジすれば良い? それは綺麗事だ。

 ほぼ手中に収めていた20冠目のタイトルを、土壇場で逃した。この事実から目を背けてはならない。涙を流してピッチに座り込むのではない。厳しいようだが、泣くのは単なる現実逃避だ。もちろん、時には泣き叫ぶことも必要かもしれないが、それだけでは足りない。

 どうして負けたのか、何が足りなかったのか……それを突き詰めて考える。この「答え」をおぼろげでも見つけ出し、ようやく前へ進める。

 そう、この敗戦を正しく真正面から“受け止める”ことである。苦しくとも、まずは、ここから始めるしかない。

 間違っても「勝ち点72取れたのだから、よくやった」などと慰めを求めてはいけない。全34試合のうち、たとえ33連勝したとしても、残り一試合で敗れて優勝を逃せば何の意味もない……そう考えるのが、鹿島というチームだったはずだ。

 リベンジを期す2018シーズン――個人的には、少しも楽観視できない。

 昨季、川崎との“2強独走”は、浦和レッズやガンバ大阪といった「従来の」ライバルチームの不調によるところが大きい。しかし、今季はそういうわけにはいかないだろう。さらには柏レイソル、セレッソ大阪といった新興勢力も、昨季以上に戦力を整えつつある。

 翻って鹿島はどうか。

 攻撃陣は、現状ではまだまだ金崎夢生頼りである。助っ人外国人は、レアンドロは活躍したが物足りないし(肝心のラスト2試合では無得点)、ペドロジュニオールは怪我もあり不完全燃焼。生え抜きの土居聖真は、明らかに伸び悩んでいる。遠藤康も、攻撃陣の中核を担うには力不足だし、鈴木優磨もスタメンで使うには不安な部分がある。

 守備陣は、相変わらずレギュラーと控えの差が大きい。もっと言えば、レギュラーの植田直通もまだまだ安定感に欠ける。昌子源も成長したとはいえ、かつて鹿島のCBとして活躍した秋田豊や中田浩二ほどの凄み、存在感はまだ感じられない。

 最も問題なのは、中盤だと思う。小笠原満男を除いて、誰も中盤でゲームメイクをすることができない。パスが上手いだけ、ボール奪取に長けているだけの選手はいても、ゲームそのものを“動かす”ことのできる選手が、現時点で誰も育っていないのだ。レオシルバも、三竿健斗も、永木亮太も、ボランチとしての能力は高いが「司令塔タイプ」ではない。

 多くの方が指摘しているように、私もラスト2試合で小笠原を起用しなかった大岩剛監督の采配は、はっきり言ってミスだったと考える。しかし、意図は分かる――おそらく「小笠原抜きでも優勝できた」という事実を手に入れたかった。そうすることで“結局は小笠原頼み”という現状から脱却し、チームとしての底力を上げたかったのではないかと想像する。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
鹿島アントラーズ
タグ:
川崎フロンターレ
小笠原満男
鹿島アントラーズ
Jリーグ

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

明けましておめでとうございます。【ピッチに紫の風が吹く】

2017グランパス選手評 背番号1 楢崎 正剛【赤の血潮と、青の魂】

2017年J1・J2・J3順位予想の結果【蹴鞠談議2】

総覇【 TRABALHO LEALDADE RESPEITO 】

飽くなき勝利へ【アントラーズ晴れ時々曇り】

【E-1選手権】 vs 北朝鮮。クラブで培った連携を一度バラバラにするハリル【常勝紅鹿】

刃を研ぎ、復讐の準備を…… ~ 鹿島アントラーズ、悪夢の“敗戦”から一夜明けて ~【Memories of the game】

【鹿島】連覇ならず。甘さを捨てなければ再びのタイトルはない【常勝紅鹿】

ブロガープロフィール

profile-iconstand16

 サッカーと高校野球を中心に、印象的な試合についての分析を述べていきます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:384008

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 金子達仁氏への反論と、一部同意できる点――日本とオーストラリアの比較に見る“スタイル”ということ
  2. 「大阪桐蔭勝利」のシナリオを書き換えた、“決死の盗塁”――仙台育英2-1大阪桐蔭<戦評>
  3. 美来工科を苦しめた〝未体験ゾーン〝の駆け引き――興南、記録的な猛打で2年ぶりの甲子園へ
  4. 悪いことは言わないから…… ~ 強豪・浦和レッズの不調に思うこと ~
  5. 沖縄県大会、準決勝・決勝の展望
  6. 特別企画(1)――智弁和歌山・甲子園名勝負 ~5選~
  7. あのミスよりも、気になったこと ~ 浦和レッズ-大宮アルディージャ戦より ~
  8. 祝賀ムードを吹き飛ばした、後味の悪い最終戦――日本0-1サウジアラビア【雑感】
  9. 戦力分析ーー興南(2017年・夏)
  10. “強者”の空気が漂い始めた鹿島アントラーズ +追記

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss