Memories of the game

即刻解任すべきである ―― <東アジア選手権>日本1-4韓国 【雑感】

このエントリーをはてなブックマークに追加

 試合後、ハリルホジッチ監督は「韓国の方が格上だったと思う」と述べた。まったくその通りだと、私も思う。

 ただしそれは、選手の個人能力ではない。戦術やモチベーションも含めたチーム力が、確かに日本と韓国の間には大きな差があった。それが、ほぼそのままスコア上にも表れたのだろう。

 では、その“差”は何に起因するのか。繰り返すが、選手個々の能力にそれほど開きがあったとは思えない。ACLを見ても、日本勢が韓国勢にさほど圧倒されているわけではないのだから。それがなぜ、1-4という屈辱的な結果となってしまったのか。

 それは、ハリルさん「あなたですよ」と言いたい。

 代表チームは、所詮が“寄せ集め”である。まして、今回は代表経験の浅い選手も多かった。クラブチームのように細やかな連携は、元より望むべくもない。だからこそ、最低限の“約束事”だけでも決めておくべきだ。それがないと、各人が勝手な判断をするようになり、急増チームがますますバラバラになってしまう。

 相手のレベルどうこう、ではない。今夜の日本代表は、そもそもサッカーチームとしての体をなしていなかった。

 とりわけ試合序盤から気になったのは、ボールの取りどころ、プレスを掛ける位置がはっきりしなかったことだ。前線からプレッシャーを掛けていくのか。それとも、中盤ではある程度相手にボールを持たせ、自陣に引き込んでから人数を掛けて奪うのか。……この辺り、Jリーグの上位チームの方がよほどきちんと出来ている。

 相手から如何にしてボールを奪うか、これはサッカーの基本だろう。この基本的な部分でさえ曖昧なのだから、他の部分は推して知るべしである。

 守備時には、人数が揃っているにも関わらず、奪いに行くのかコースを消すのかはっきりせずに、突破を許してしまう。攻撃時には、ショートパスで崩していくのか、ドリブル突破を図るのか……どうやってシュートまで持っていくのかが分からない。そうこうしているうちに、相手にボールを奪われ、カウンターを浴びてしまう。攻めるにしても守るにしても、一体何をしたいのかがよく分からない。

 はっきり言って、これは監督の責任である。

 ハリルホジッチ監督は、自分が招集した選手達に、彼らがなるべく迷わずにプレーできるように最低限の約束事を伝えているだろうか。その疑問さえ浮かんできた。いや、伝えたつもりだろうが……おそらく選手達には伝わっていない。きっと伝え方が“下手”なのだろう。

 とにかく、基本的な約束事さえ曖昧なままピッチ上に放り出されて、それで上手くいかないからといって選手を責めるのは、アンフェアである。「だから国内組はダメだ」などと斬り捨てないで欲しい。むしろ、よく北朝鮮と中国を破り、韓国に「引き分け以上で優勝」という状況にまで持ち込めたものだ。本当に“国内組”の能力が低ければ、一勝もできなかったに違いない。

 どうやら今夜で、結論が出たようだ。

 本ブログで、私は再三ハリルホジッチを批判してきた。理由は、戦い方の「引き出しの少なさ」である。W杯アジア予選の時から、こちらの戦術と相手との特徴が上手く嵌れば良いが、そうでない時には明らかな格下チームにも苦戦する傾向があった。

 それでも、ハリルホジッチの戦術は「格上のチームに対してより効果的だ」という言説も聞かれていたから、期待もしていた。ところが、先日の欧州遠征の二試合(ブラジル戦、ベルギー戦)と今日の韓国戦を見る限り、そこも怪しいと見た。

 何より「日本より強いことは戦う前から分かっていた」などと、試合前から白旗を上げていたと疑われかねないような情けない発言をするようでは、チームとしての士気が上がるはずがない。何より本気で勝とうとしなかった監督の指示に従わされる選手が、とても気の毒だ。コメントを聴いて、ハリルホジッチに不信感を持つ選手が出てきてもおかしくない。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー日本代表
タグ:
ハリルホジッチ
東アジア選手権
韓国
日本

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

即刻解任すべきである ―― <東アジア選手権>日本1-4韓国 【雑感】

 aaakkkさん、コメントありがとうございます。

> 組織の練度を高める気がなく、個の力の見極めに注力していたそうなので、

 私も「組織の練度を高める気」がなかったことを批判しているのではありません。なるべく選手達が迷わないように、最低限の“約束事”が決められていない(ように見えた)ことを批判しています。少なくとも、どこでプレスを掛けるのか、あるいは自陣に引いて無理に取りにいかないようにするかくらいは、共通認識を図るべきだったのではないかと。

 個の力と言いますが、それも選手が迷わずにプレー出来て初めて、発揮されるものではないでしょうか。選手達を迷わせ、つまり力が発揮できない状況にさせておいて、それで「個の力が足りない」と断じることがアンフェアだと思います。

即刻解任すべきである ―― <東アジア選手権>日本1-4韓国 【雑感】

コメント失礼します。

>代表チームは、所詮が“寄せ集め”である。まして、今回は代表経験の浅い選手も多かった。クラブチームのように細やかな連携は、元より望むべくもない

そんな状況下で、
E1の3試合、フォーメーションも先発メンバーも総て異なっていました。
勝つことを目的としてなかったように感じます。

っと、他のプロガーさんも書いてました。

組織の練度を高める気がなく、個の力の見極めに注力していたそうなので、

>ハリルさん「あなたですよ」と言いたい。
>これは監督の責任である
>選手達には伝わっていない

は、まさに、その通りなのですが・・・
ハリルさん的には想定内の試合内容だったのかもしれませんね。

こんな記事も読みたい

完敗!〜なでしこvs北朝鮮女子代表(12月15日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

中国戦選手評価 【 山本脩斗。植田直通。昌子源。三浦弦太。東口順昭。川又堅碁。阿部浩之。 】【FCKSA66】

なでしこジャパンvs北朝鮮 E-1選手権最終戦【球マニアのBLOG】

ブロガープロフィール

profile-iconstand16

 サッカーと高校野球を中心に、印象的な試合についての分析を述べていきます。
  • 昨日のページビュー:126
  • 累計のページビュー:384383

(01月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 金子達仁氏への反論と、一部同意できる点――日本とオーストラリアの比較に見る“スタイル”ということ
  2. 「大阪桐蔭勝利」のシナリオを書き換えた、“決死の盗塁”――仙台育英2-1大阪桐蔭<戦評>
  3. 美来工科を苦しめた〝未体験ゾーン〝の駆け引き――興南、記録的な猛打で2年ぶりの甲子園へ
  4. 悪いことは言わないから…… ~ 強豪・浦和レッズの不調に思うこと ~
  5. 沖縄県大会、準決勝・決勝の展望
  6. 特別企画(1)――智弁和歌山・甲子園名勝負 ~5選~
  7. あのミスよりも、気になったこと ~ 浦和レッズ-大宮アルディージャ戦より ~
  8. 祝賀ムードを吹き飛ばした、後味の悪い最終戦――日本0-1サウジアラビア【雑感】
  9. 戦力分析ーー興南(2017年・夏)
  10. “強者”の空気が漂い始めた鹿島アントラーズ +追記

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss